Weblog
 
院長インスタ スタッフインスタ

院長ブログ・医療情報

 

やけど(熱傷)

やけどは早期の処置が大切です。
受傷しまったらすぐにお電話でご連絡ください。
できるだけ早めに診察・治療をさせていただきます。

当院では湿潤療法(モイスト・ウンド・ヒーリング)とよばれる方法を積極的に行っております。
やけどの際にでる体液の中には、傷を早くきれいに治す成分が
豊富に含まれています。その成分を有効に生かせる処置方法が
湿潤療法です。
(傷の重症度やばい菌がついて不潔な場合は適応できないこともあります)

また形成外科医もおりますので、外科的なケアも対応できます。

すぐにご連絡ください。

★ 仕事中の受傷は労災保険の対象となる場合がありますので
職場でご確認いただき、手続きを取ってください。

投稿日:2013年7月13日  カテゴリー:やけど(熱傷)

ピアス穴あけ

 

IMG_2833

 

 

 

 

 

 

当院でのピアスの穴開けは
位置、角度などにこだわって
皆様と念入りにご相談して行っております。
耳の位置や形は様々ですので
もっとも映える位置をお探しいたします♪
また他院での穴の修正、再開通も行っております

ファーストピアス除去後の付け替え指導も行っておりますので
初めての方でも安心です。

開ける際は一瞬でおわりますのでお痛みは心配ありません。

金属アレルギーの非常に少ない純チタン製の
ファーストピアスを使用しております。

約1か月ファーストピアスを装着後
医師が穴の状態をチェックします。
まだ十分完成していない場合はもう1か月装着していただきます。
約1-2か月で完成します。

ファーストピアスは当院で専用のものをご準備いたしますので
好きなタイプをお選びいただきます。

ファーストピアス終了後のセカンドピアスのご用意もあります。
ピアスの付け替えになれない間のご使用をおすすめしております。
IMG_2837

1セット ¥2,700(税8%)

 

 

 

 

 

 

★ 料金 ★(税8%)

1か所 ¥4,320
2か所 ¥6,480、3か所以上は+1個につき¥2,160

消毒用ジェル ¥540

当院施術後再開通 ¥1,620
(他院施術後の再開通はファーストピアス装着の施術料金をいただいております)
再開通用ピアスご購入 1個¥2,700、 2個¥4,320

初回カウンセリングとして ¥3,240 が別途かかります

*ボディーピアス、軟骨部へのピアスは行っておりません

投稿日:2013年7月13日  カテゴリー:ピアス穴あけ

シャワー後のほってったお顔に(*^_^*)ひんやり

img20130712_073258

ドライヤー中
~~~
~~~
~~~ボーー熱い風 嫌っ!

あっつい(ーー゛)!!

 

 

 

 

 

 

暑い毎日ですね~(>_<)
シャワーを浴びてせっかくスッキリしても、
髪を乾かしていると
また汗をどっぷりかいてしまいますね(((^^;)

私はパックを冷蔵庫で冷しておいて
ひんやりクーリングしながらドライヤーをかけています(*^^*)
気持ちぃ~~&時間短縮!
ただ貼るだけのパックですらおっくうになるこの暑い夏には最高~♪一石二鳥♪

顔全体のパックだと、剥がれてきて作業がしにくいですが、
このナビジョンDRのパックなら邪魔になりませんよ。

おためしを(*^o^)/

IMG_2846
2つの美白有効成分 トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム 配合
ヒアルロン酸でうるおいケア♪

投稿日:2013年7月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

乾癬

乾癬・関連ブログはこちら>>
 

Schuppenpflechte-Psoriasis am Haaransatz und auf der kopfhaut

乾癬はフケのような鱗屑が付着して、
赤い発疹(紅斑)が全身または体の一部に
みられる体質です。
遺伝的な体質的素因があるといわれていますが、
それに加えて食生活やストレス、肥満、高脂血症
などが加わることと発症との関連が示唆されて
います。
または乾癬によってそのような肥満や高脂血症が
生じるやすくなるとも考えられており、
長期にわたり発疹を治療しないでいると、
糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞・狭心症のリスクが
高くなるといわれています。
定期通院をし、きちんと症状を安定させることが
大切です。

Psoriasis

 

乾癬の治療

* 外用療法(塗り薬)
ステロイド外用薬:赤みやかゆみを抑える
即効性があります
ビタミンD3外用薬:乾癬による皮膚細胞の異常な増加を抑えます

* 内服療法(飲み薬)
高まっている免疫反応を抑える免疫抑制剤を
使用することがあります

* 光線療法(紫外線治療)健康保険がご使用になれます
ナローバンドUV-B(有効な紫外線B波のみを照射
することができます)を患部または全身に照射します。
近年局所照射型の光線治療器もありますが、
乾癬では全身に照射をすることで
全身的に異常な免疫反応を抑える効果があり
ターゲット型(局所型)治療器よりも有効であると
いわれています。

* 注射・点滴治療(健康保険がご使用になれます)
2010年に乾癬においても受けられるようになり
ました。
生物学的製剤とよばれる異常な免疫反応を抑える
新しい治療薬です。
日常生活に支障のある方や関節症状のある方に
適用されます。
現在ではまだ承認施設でしか原則行えない治療のため
ご希望のある場合は専門施設をご紹介しております。

投稿日:2013年7月10日  カテゴリー:乾癬

レーザー脱毛で残った白髪も脱毛できます

ワキやⅤゾーンのレーザー脱毛を終了したと思ったところ
あっ!白髪が残っている!  っていう方時々あります。
またはじめから少し白髪があっても安心です。
レーザー脱毛は黒い毛しか脱毛できませんが
当院では針脱毛を行っております。
体毛であればどの部位でも可能です。
遠慮なくご相談ください(^_^)/

当院は最後の最後の細かいケアまで
あきらめずとことんこだわります!(^_-)-☆

投稿日:2013年7月10日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

「疲れてる?」って言われませんか?それ疲れ顔になってます!

IMG_2738

きっと目の下のたるみが
疲れた印象にしてしまっているのかも・・・

 

(モニターさんのお悩み)

 

 

 


↓     解決 (^_^)v

 

3日後IMG_2759 (1)

目の下と頬にヒアルロン酸を入れてあげました♪
治療後3日後です。

治療直後の写真
afterIMG_2743  afterIMG_2743 その2
頬はカニューレという尖っていない管を使っているので
出血は全くありません。
目のすぐ下は細かく点状に注射しているので
少し赤みがあります。まだなじんでいないので
少しぽこぽこしていますね。でも3日後にはなじみましたよ。

大満足とのこと(^_^)v
次はホウレイ線にヒアルロン酸注射をしてほしいそうです(*^_^*)
続きはまた今度(^_^)/

ヒアルロン酸注射 料金について

投稿日:2013年7月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ワキの臭い・足の臭いケア♪

ワキの臭いや足の臭い 気にせず快適にすごしたいものです。
だれでも汗をかくじめじめした皮膚では細菌の増殖により臭いを発生します。
臭いの強めの方も弱めの方も医療用成分配合の制汗剤、消臭剤をお試しください。

まずは洗浄 ♪
IMG_2817

コラージュフルフル石鹸シリーズ
カビまで洗えてすっきり

抗カビ成分ミコナゾール硝酸塩配合
細菌の増殖を抑える殺菌成分トリクロサン
加齢臭の元の成分といわれるノネナールや
足の臭いの原因となるイソ吉草酸も洗浄できます!
これまでの殺菌成分配合石鹸よりも低刺激なので
体中どこでもご使用できます♪

コラージュフルフル泡タイプ 1本 ¥1,800(税別)

 

 

 

 

ワキの臭いケア ♪

★夜のお手入れ★

 

 

ワキの汗を抑える「パースピレックス」が
パースピレックス  コンフォートに新しくなりました♪
主成分が乳酸アルミニウムから乳酸カルシウム
となり、よりかぶれにくく、かつ
効果の持続がさらに長くなりました。
お肌の弱い敏感な方でもお使いいただけます。
他の「塩化アルミニウム」が刺激になったことが
あるい方や以前のパースピレックスでも刺激を
感じた方も、新しくなった「パースピレックスコンフォート」を
お試しください。
効果の持続は最低5日間です!

ワキ汗注射の方が効果はよいですが、
注射に抵抗のある方や、注射治療に補助的に
ご使用いただくことをお勧めいたします。

汗の水分と反応すると汗の出口をふさぎ、
汗の分泌を一時的に抑制します。

これまでの塩化アルミニウム製品では
汗との反応により生じる副産物の塩酸が、
皮膚に刺激を与えて炎症やかゆみを引き起こすことが
しばしばありました。 パーピレックスでは乳酸アルミニウムを
添加(特許取得)によって この刺激が軽減されると同時に、
発汗抑制効果も増大します。

就寝前の発汗低下時に塗付し、よく乾かします。
翌朝石鹸と水で洗い流します。(塗り直しはしないでください)

パースピレックスコンフォート
ロールオンタイプ 1本 ¥3,500(税抜き) 

 

 

★朝のお手入れ★

D-bar(ディーバー)スティックタイプ 1本 ¥1,500(税別)

IMG_2822

ミョウバンにしゅうれん作用で毛穴を引き締め、
汗を抑えながら抗菌作用を促します。

イソプロピルメチルフェノールが臭いの原因菌をしっかり殺菌

 

 

 

強力デオドラントロールオンローション
デオナール 
¥4,000(税別)

汗を整え、ニオイ菌のみに「オードヴェール」が結合し消臭。
善玉菌はやっつけませんので、皮膚の常在菌のバランスを壊しません。
詳しくはこちら>>>

 

 

足の臭いケア ♪

D-tubu(ディーチューブ) 1本 ¥1,800(税別)

IMG_2823

ミョウバンとイソプロピルメチルフェノールが
足の臭い菌を殺菌します。

クリームタイプなので隅々まで塗りやすいです
お風呂上りにご使用ください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2013年7月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

お子様のアレルギー検査(*^_^*)

乳幼児期の皮膚症状の中には
卵などの食事のアレルギーにより悪化するものがあります。
授乳中の場合は、お母様に食事の制限をしていただくと
お子様の症状が軽快することがあります。

当院では約30分で結果のわかる即日アレルギー検査を
行っております。
ご心配のあるお子さんは医師までご相談ください。

検査結果が出るまでの間は キッズコーナーでお子様と
お待ちいただけます(*^_^*)
IMG_2820

投稿日:2013年7月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

陥入爪(巻き爪)

巻き爪になる原因は
●生まれつき爪が大きい、
●湾曲が強い(そりが強い)
●爪の切り方が悪い
(爪の端を短く切りすぎ、皮膚に食い込んでいる)
●爪白癬(爪水虫)があり爪が厚くなったり、
湾曲が強くなっている

など様々です。

まずは原因を診断し適切な爪のケアを行います。
重度の陥入爪は手術も行います。
皮膚を少し切開して爪の根本の細胞をとって焼灼し、
くい込む部分の爪が生えないようにする方法や
皮膚は切開せず薬品で爪の細胞を破壊する方法などが
あります。

以前に他で手術をうけて術後しばらくは調子が
良いのですが、
長い年月をかけて爪が変形してしまっている
(さらにくるりと貝のように巻いてしまう)症例を
たびたびみます。
したがって当院では特に年齢の若い方への手術は
できるだけ行わず、
保存的な方法で治療をするように心がけております。
ただしお痛みが強く、症状の強い場合には手術を
行っています。

なお自費診療では
痛くない巻き爪治療 巻き爪クリップによる矯正や
形状記憶チタンによる矯正治療も行っております。
詳しくは>>>

まずは皮膚科の保険診療のご予約をお取りください。
(手術は形成外科医師が担当、自費巻き爪クリップや
形状記憶チタン爪矯正は
皮膚科医師が担当いたします)

 

投稿日:2013年7月8日  カテゴリー:陥入爪(巻き爪)

第16回 Dermatology Clinical Meeting

IMG_2796

聖路加国際病院の皮膚科の先生方との
恒例の勉強会です。
今回は東京逓信病院の江藤隆史先生の
ご講演がありました。
また、当院からご紹介した患者さまの治療経過についてご報告していただけます。
紹介しているものとしてはとても安心です。DSC_1830-1東京逓信病院の江藤隆史先生、聖路加国際病院部長の衛藤光先生、
他聖路加国際病院の皮膚科の先生方と。
(脇田 太った太ったと皆さんからいわれました・・・(ーー゛)確かに・・・腕が・・・)

 

さて今回の江藤先生のご講演のテーマは
「アトピー性皮膚炎の最新治療戦略 ー  ”脱ステロイド” ブームをおこそう ー 」です。
皆さんもステロイドに対する情報が整ってきて、だいぶ抵抗なく使用できるようになってきたと思いますが、長期の使用になるとまだ多少は心配があるのではないかと思います。

適切に使用できればまず問題はありません。
ですがステロイドの強さの選び方、塗る量、塗る回数やタイミング、減量方法、
ステロイドを使用しなくてよくなった後のスキンケアの方法、
再度症状が悪化したときの再開の方法など適切に使用するには気をつけることがたくさんあります。
医師側もこれまで以上に充分指導に力をいれて、
ステロイドに対する誤ったイメージを取り除き、
アトピー性皮膚炎で悩む患者様にハッピーなっていただきましょう!と江藤先生より
ご教示いただきました。

私も日頃から、次回来院するまでの対処法についてご説明するように心がけています。
良くなってきたらどうするか、悪くなったときはどうするか。
(細かすぎてうんざりされている方もいらっしゃいますが・・・(*_*))

それでもまだまだ不十分なところがあるかと思います。
ご来院の際はどうぞ遠慮なさらず何でも聞いてみてください(^_-)-☆

 

投稿日:2013年7月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★