お電話でのご予約はこちら

03-6455-5561

午前診療 10:00~13:00
午後診療 14:00~18:00

… 9:30〜17:00
… 第3⽇曜⽇のみ10:00〜17:00
【完全予約制】 診療カレンダーをご確認のうえご予約下さい。

             ご予約・お問い合わせ MWデュアルリフトご予約
スキンソリューションクリニック:ロゴ

MENU

 

BLOG

院長ブログ

まもなくクリニック開業17年、私は51歳。「老害と言われないように、優秀な若手とともに進化する!」

昨年50歳となり人生後半戦そしてまもなく51歳。
クリニックはまもなく開業17年となり18年目に突入。

社会に貢献できること 医療に貢献できること、クリニックの目標などを昨年考えました。

①唯一無二の自分の技術をこの世に残す(いくつ残せるか)

②老害と言われないようにする。
優秀な若い世代の能力をつぶさないように、自分の経験を若者の育成に役立たせ、よりよい美容医療になるようともに成長する。若い人たちとコミュニケーションを多くもつ

③日本の医療業界の弱点デジタル接点の強化
まず自身のクリニックから全面DX

④患者様の日常にもう少し深く介入し、体の中から心身ともに健康をサポートすること。well-beingを目指す
クリニック専用オンラインショップの開設

 

この4つです。

間もなくあれから1年が過ぎるにあたり、その課題が達成できたか振り返っています。

 

①「唯一無二の私しかできない技術をこの世に残すこと」

だれでも買えばできる機器を使用してだれでもできる治療を正確に行うだけに終わらない。

ある程度の知識をつければだれでも扱える化粧品や治療薬を使って治療を行うばかりではなく、自分のオリジナルをこの世に残すこと。

誰かひとりが素晴らしい技術を独占していても、医療(美容医療)は発展しません。より効果的で安全な医療を多くの方に提供できるように技術を広く伝承し、美容医療全体の医療技術を高めていくことに貢献する。自分はそういうステージにいると考えています。

この点については、昨年から本腰を入れ始めた私のオリジナルのスレッドリフト「MWデュアルリフト®」の講習会の開催を開始したことで一つ進展しました。これまで自身のみで行ってきた新しい発想のスレッドリフトの技術を、自分だけにとどめず、伝授していきたいという目的で、安全で効果的な技術を正確に伝授できるように講習システムを作りました。まだまだ時間が足りません。
新しい先生方のご意見を謙虚に伺い、今もなお日々進化しています。

 

②老害と言われないようにする。
優秀な若い世代の能力をつぶさないように、自分の経験を若者の育成に役立たせ、よりよい美容医療になるようともに成長する。若い人たちとコミュニケーションを多くもつ

これについては、日本の医療や経済において、若い世代を盛り上げ発展させていくにあたり、年功序列が身についてしまっている日本人気質は最大の変革すべき点だと思っています。悪戦苦闘してきた経験があるからそれを経由させないと気が済まないのか、、、。自分の経験が一番だと思い込み、世の中はどんどん加速度的に進化し、気が付いたら自分はマージナルなところにいて、あーあの人最近みないですねと、言われないようになりたいですね(笑)

このことは医療に限らず日本の経済全般においていえることのようです。

この連休とあるサミットに参加しました。今、旬の民間企業のトップ、政治家などが集まり「ポストコロナのグランドデザイン」をテーマに熱い議論が交わされました。

企業トップの方々が口をそろえて言うのは、能力のある新しい世代のほうが先が見えていたり、先をいっていることがある。大学生が起業してどんどんグローバルに活躍する時代。そのような人たちを邪魔しないように、老害とならないようにしなければならない。若い年齢の方々は修行の時期ではない。本当にエネルギーを持った人たちに我々はついていき、我々の経験から暴走しないようにアドバイスをしながら進化をスピードアップさせる。もはやそうしないと世界に追いつけない、発展しない。経済界とくにテクノロジーに関しては完全にそういう時代になっています。
医療においても同じであると思います。
そういう意味で私は昨年、新富町にあったクリニックを若手の医師に継承しました。
彼は医師としての経験のみではなく、ボストンコンサルティングにいた経歴があります。この発展しない効率の悪い日本の医療を、若い新しい視点と目線で変えてくれるきっかけになればいいと思いサポートしています。

今後もこのような優秀な若い世代の先生方とのコミュニケーションをたくさんとり、意見やアイデアを取り入れてともに戦って、そこに私の経験からのエッセンスを加えてさらなる医療の発展に貢献し、ともに成長したいと思います。

 

③日本の医療業界の弱点デジタル接点の強化
まず自身のクリニックから全面DX

このコロナというパンデミックにおいて、もはや先進国とはいいがたいこの医療体制が明るみになったと思います。コロナの感染者や重症化率が他国に対して低いのは、日本の医療体制が良かったからということよりも、欧米にくらべて生活習慣病、貧困が少ないことなどによる要因が大きいと思います。コロナのことで平時からの危機管理対策が日本では大変お粗末であると身に沁みました。

美容医療を中心にいる私は貢献できることは少ないですが、身近なところからも改革しようと思い、昨年末クリニックのシステムの全面DX化(digitaltransformasion ) にむけて始動しました。
クリニックの作業効率を考えてのことだけではなく、紙はリサイクルでき再生可能資源ではありますが、紙でなくてよいものは限りなくDXとしカーボンニュートラルに貢献すること。

いまだに紙カルテである施設はもはや論外なのですが、有事の際の速やかな対応のため当院もオンプレミス型の電子カルテからクラウド型にしていくことが必要と考えています。今回のようなパンデミックをきかっけに急速に改善すべき点となりました。

大規模な自然災害に備えた危機管理としてBCP(Business Continuity Planning)を作成することを次年の当院の課題といたします。

このDXは医療システムの発展において急ぐべきところでありますが、その重要性について医師の自覚がないことが最大の問題点と思っていますのでこの啓蒙活動もしていければいいなと考えています。

とくに美容医療においてはこのような意識は皆無にちかいと実感しています。有事の際になくても困らない情報が多いからなのか、、、。ただ平時からこのような対策を講じておくことで、万が一自分のクリニックが災害で崩壊しても、すぐに別の場所で診療できるといったようなクリニック運営面での危機管理対策までは考えていないのかもしれません。

昨年末スタッフに向けて
「2022年はCCS(Corporate Culsture Standard)を掲げ、クリニックの方向性、価値観を共有しながら進化する。そしてDXしすぎることでfastcasualにならないように配慮しながら、クリニックの全面DX化を目指します」と掲げたDX。こちらはまだまだ進行形。次年も引き続き進めていきたいと思います。

 

④患者様の日常にもう少し深く介入し、体の中から心身ともに健康をサポートすること。well-beingを目指す
クリニック専用オンラインショップの開設

こちらは近日open!お楽しみに💛

 

個人的なところでは。次年の目標はもう少し語学を高めようとも思いましたが、web3.0になったらメタバースの世界で自国の言葉でグローバルに対応できるようになるだろうからもういいかと思ったりして(笑)
プログラミングを勉強したほうがいいなと思っています。

そして今やSDGsを無視しては世界で相手にされません。
診療以外の場でも
2030年にむけてSDGsに貢献できることを考えたいと思います。

カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★  投稿日:2022年3月23日

   

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせフォームへ

TEL:03-6455-5561

 

●  平日10:00~13:00、14:00~18:00
◎  土曜9:30~17:00
▲  第3日曜日10:00~13:00、14:00~17:00
※日曜日の診察は変更することがございます。診療カレンダーをご確認下さい。

 

完全予約制です。
受診の際は、予約フォームまたはお電話にてご予約してからお越しください。

ACCESS

アクセス

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目3-12
交通:東京メトロ 青山一丁目駅から徒歩5分

お電話でのご予約はこちら

03-6455-5561

午前診療 10:00~13:00
午後診療 14:00~18:00

… 9:30〜17:00
… 第3⽇曜⽇のみ10:00〜17:00

【完全予約制】 診療カレンダーをご確認のうえご予約下さい。

         ご予約・お問い合わせ MWデュアルリフトご予約
×
ページトップへ
ページトップへ
オンラインショップはこちら