Weblog

院長ブログ・医療情報

 

男性の脱毛症(AGA)治療について、医師、医療関係者向けのWebセミナーをいたしました

昨日、診療を途中で抜けまして
男性の脱毛症の治療について医師、医療関係者向けの
Webセミナーを行ってまいりました。

約8000人の過去最高の視聴者数をとれたようです。
大変多くの先生方にご視聴いただき、診療のお役にたてましたら幸いです。

当院では月150人ほどのAGA治療を行っております。
そして現在当院で
5年以上治療を継続している方が66名、
10年以上治療を継続している方が22名いらっしゃいます。
これだけ長い期間、同じクリニックで治療を継続していただき、
経過をフォローアップできていることは
全国的にも貴重なことのようです。
そこで、長期治療を継続していただいている秘訣についてや、
新しく登場した「デュタステリド(ザガーロ®)」の効果について
発表させていただきました。

現在、厚生労働省で効果と安全性が承認されているお薬は
フィナステリド(プロペシア、フィナステリド)と
デュタステリド(ザガーロ)のみです。
ミノキシジルの内服薬は未承認です。
当院では、内服薬は承認薬のみで10年以上AGA治療をしております。

このうちの新しく登場したザガーロにて、
AGAの治療を開始した当院の55名のうち、
3ヵ月以上経過した方の効果についてまとめてみました。

 

このうちすでに3ヵ月を経過した20名のうち18名は
6ヵ月で効果が実感できています。

ザガーロはフィナステリドよりも、6か月における毛髪数の変化量は、
フィナステリドよりも1.5倍多いというデータが出ています。
当院でも治療開始時の改善は、
フィナステリドよりもザガーロの方が早い印象です。

このうちの一人は、1年間ザガーロを服用されて、
効果がありましたが、効果が横ばいになったと実感し、
フィナステリドに変更しました。
ですが半年後にM字部分がまた悪化してきたとのことで
再度ザガーロに戻しています。

今のところ副作用の相談は受けておりません。

そして
当院ではフィナステリドが承認された10年以上前より
AGAの治療を行っております。
ザガーロが登場するまで、
長期間フィナステリドで治療されていた方が多くいらっしゃいます。
その方たちが、ザガーロへ変更した場合に、
さらなる効果が得られるのかについてみています。
その結果
フィナステリドで治療3年未満の方々は
ほとんどの方が1年以内にさらなる効果の改善が得られています。
中には加速度的に改善することもあります。
8年以上フィナステリドで治療した後に
ザガーロで変更した場合には1年以内に改善は難しく、
1年半以上継続してようやくさらに改善がえられることがありました。

 

また、ザガーロは、前頭部やM字部分への効果がよいことが
期待されているお薬です。
始めてAGA治療を開始する際に、ザガーロで開始しますと
フィナステリドよりも前頭部・M字部分の改善は早く、
そして効果が高い印象です。
また、フィナステリドで治療後に、ザガーロへ変更した場合には、
頭頂部にくらべて、前頭部やM字部分の改善はややゆっくりと
時間のかかる傾向があります。
1年~1年半以上かけてですが確実な効果が得られているケースが多いです。

現在は、最初の治療をザガーロで開始し、
ある程度改善した後に、フィナステリドに戻すと
どうなるのかについて、症例を蓄積しております。

 

投稿日:2018年4月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

最近「フェイスパック」にこだわっています

ご自宅でお手軽に美容成分を浸透させる手段として
「パック」がお勧めです。
顔だけでなく、これから露出の多くなるデコルテ等にも
いいですね。

市販のものもたくさんありますが
クリニックで施術の際に使用するものは
内容成分の濃さが違います!!
施術の効果を高めるために「勝負」かけてますもの(笑)
厳選しています💛
多くのパックはしっとりするとかそんな感触だけで
本当に美肌成分が十分入っているのか不明です💦

皆様よりこのパックを買っていきたいとご希望がありますので
販売しています。
同じものが他クリニックのオンラインショップ等でも
売っていますが、当院の患者様のみ特別価格で院内販売しています!!
その代わり、ご来院いただかないとご購入できませんm(__)m

一番人気は
毛穴や肌質改善のプラズマ治療前後に使用したり、
肌細胞を若返らせる成長因子のメソセラピー後などに
使用している「SRS Mask Pack」です。
コラーゲン生成を高めたり、
加齢により傷ついた肌細胞を修復する
EGF,IGF-1,bFGF,SCF,PGF、ヒアルロン酸、ペプチド4種が配合。
ちょっとそこらに売っているパックとは異なりますよ。

1枚 ¥1,600
5枚 ¥7,500
(税別)

そしてこの「SRS Mask Pack」の簡略版の

「Regen AF GOLD&EGF マスク」はホームケア用パックとしてさらにお勧めです。
パックシートに美容液をしみこませているタイプでなく、allゲルでできているパックは珍しいです!

 

1枚¥1100
4枚 ¥4000
(税別)

pルンプルンのゲルが
ペロンっと肌に張りつくのでより密着、浸透。

 

お友達に韓国のお土産にこんなマスクいただきました(これは販売していません(笑))

うちのワンコと同じ「チワワ」のパック

(笑)

そしてこれは導入検討中の漢方薬たっぷりのマスク

通称「海苔パック」


これはまだ導入検討中です(笑)

 

投稿日:2018年4月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

フェイスラインのたるみ、もたつきの改善には「MWデュアルリフト」をお勧めしています

頬の下のもたつきやたるみを
シャープにピシッと引き締めるのには
私は溶ける糸で引きあげて引き締める
「MWデュアルリフト」をお勧めしています。

糸の入り口も出口も顔にはでないので
日常生活にも支障が出にくいです。

様々なスレッドリフトを行ってまいりましたが
糸の形状も固定しやすくなり、
素材はPCLになり持続時間が長くなりました。

ファイスラインをひきあげるように
フェイスラインのみに3本ずつ入れる場合と
さらにシャープにしたい方、ほうれい線も気になる方には
さらに頬にも2本ずつ追加する方法をお勧めしています。

急激に変わりたくない方はマイルドな引き上げ。
思いっきりシャープにしてという方にはグイっと(笑)
ある程度調節ができます。

 

このモニターさんは、あまり急激な変化ではなく
たるみを少し改善してほしいとのことで

フェイスラインのみのマイルドコースです。

治療前


MWデユアルリフト フェイスラインのみ
片側3本ずつ

 

「ここ」のたるみをとって、シャープにしたいという方は
ご年配の方はもちろんのこと、お若い女性の方のご希望もとても多いです。

この方はマイルドな仕上がりがご希望でしたので
ふんわり引き上げましたが、口角も上がり、ほうれい線も浅くなっています。

そしてさらに頬側に2本追加をしますとよりほうれい線の改善やフェイスラインをシャープにできますよ。

 

料金(税別)
スレッドリフト(溶ける糸によるたるみとり)
「MWデュアルリフト」
フェイスラインのみ¥200,000
フェイスライン+頬¥250,000
別途
初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000
が必要です。

投稿日:2018年4月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

手を若々しく しわの少ない手に  手の甲のヒアルロン酸注入

顔はメイクできますが
手の甲はお化粧で隠せません((+_+))

そして
意外に人から見られているのが「手」

ヒアルロン酸注射をしますと
キメの細かいしなやかな手になります。
当院では10年以上この施術を行っています。
さまざまなヒアルロン酸製剤をためしましたが
私は断トツ「レスレン リド」がきれいに仕上がると
考えています。
製剤によっては術後膨張して膨らみ、変に腫れぼったい
手になったり、手の甲の中心にヒアルロン酸が動いて寄っていって
しまったりするものもあります。
その点、レスチレンリドはそれがなく、
肌にうるおいと透明感がでて
仕上がりがなめらかでとても自然で美しいです。

今後はヒアルロン酸以外の製剤の併用の
効果と安全性についても検証していきます。

治療前


ヒアルロン酸「レスチレンリド」3本注入後

しわしわの小じわが減って
プルンと若々しい手になりました。

今回は前回のヒアルロン酸注射はとても満足されているとのことですが、
注入後肌質が良くなりキメが細かくなったので、
ボリュームは十分ですが、全体に小量をもう少し追加して
さらに肌をきれいにしたいというご希望で再度来院されました。

 

カニューラというとがっていない管を使って注入しますので
お痛みもほとんどなく、内出血もほとんど生じません。

めったに腫れることもありませんが、時々2-3日腫れぼったく感じることがあります。

この方は最初に3本、その後ご希望で肌質改善のために1本追加しました。

料金(税別)
手の甲
ヒアルロン酸注射 施術料¥20,000
ヒアルロン酸代 1本1ml レスチレンリド ¥25,000
麻酔クリーム代 ¥2,000
初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

 

投稿日:2018年4月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

本日より形成外科学会総会のため診療時間の変更、休診がございます。

本日より福岡で形成外科学会総会がはじまります。


おそらく全国の形成外科医、特に形成外科専門医の先生は
みな福岡に集まりますので
「神無月」のように「全国形成外科医がいない!」
です。お怪我などなさいませぬように。

というわけで私も参加いたします。

本日の診療は15時まで
明日は終日休診
明後日13日は午後の診療から(14時から)となります。

たくさん勉強してまいりますので
ご協力お願い申し上げます。

投稿日:2018年4月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

MWデュアルリフト追加してさらにたるみを改善させました。

先日ご紹介したモニターさん
前回のフェイスラインのみに加えて
もう少しほうれい線側のリフトも希望されていましたので
頬にもMWデュアルリフトを追加しました。

治療前


MWデュアルリフト 
フェイスライン+頬のリフト後

すごい逆三角形。
輪郭が変わると、見た目年齢変わりますね。

先日のフェイルラインのみに施行した際と
比較してみましょう。

治療前


MWデュアルリフト
フェイスラインのみ


MWデュアルリフト
頬追加

やっぱりフェイスライン+頬にすると
ぐっと引きあがりますね!!

いろいろなスレッドリフトを
されたことのある方ですが、
当院オリジナルのこのMWデュアルリフト
大絶賛とのことです。
こんなに上がった糸はないと喜んでくださいました。

料金
MWデュアルリフト フェイスラインのみ¥200,000
MWデュアルリフト ファイスライン+頬
¥250,000

別途初回カウンセリング料¥3,000
再診療¥2,000
(SSCプレミアム俱楽部会員さまは診察料はかかりません)

モニターサービスについてはスタッフまでお尋ねください。

投稿日:2018年4月8日  カテゴリー:未分類

5月で開業13周年を迎えます💛

当院は5月で13周年を迎えます!

疾患治療においては
充実した保険診療はもちろんのこと、
エビデンスに基づいた最新の医療をご提供できるよう
今後も精進していく所存です。
たゆまぬ努力と幅広い情報収集により
皆様の病状の「解決:SOLUTION」
を目標とし、

「対症療法でない治療」を目指しております。
「Skin Sloution Clinic」の名前は
そこからきています。
対症療法ばかりの多い皮膚科診療を変えたい!
そして難治性、慢性疾患こそ解決できるよう
もっと広い視点で診療を行いたいという気持から開業しました。

 

グローバルな視点と深い知識で
幅広い視野と専門性をもって
診断治療を行うことが当院のモットーです。
とくにアトピー性皮膚炎、乾癬、酒さ等の難治性慢性疾患
においては、全国から遠方よりご来院いただくことも多いです。
日本の医療は意外にも欧米諸国よりも
遅れており、治療の効果の安全性の確認のため以外にも
さまざまな要因で学会等で承認されるまでにはかなりの
年数がかかる場合もあります。
ニキビ治療においては20年の遅れをとりました。
したがって、当院では保険診療にこだわらず、
エビデンスのある検査・治療においては積極的に取り入れ、
グローバルな視点と深い知識で
幅広い視野と専門性をもって
診断治療を行うこと心がけております。

 

安全な美容医療。
そしてセンスのある満足度の高い
高度な美容治療を

ご提供することを常に心がけております。

開業して14年目に入り、
開業当初より毎年数台の最新医療機器を
そろえてまいりまして、今では10数台に及びます。
当院にご来院される方はご存知と思いますが
とにかく広いスペースで、余裕のある診療をと考え
150坪500㎡(140坪だと思っていましたら150坪だと最近わかりました(笑))
のスペースで診療を行っております。
それでも、毎日診察室や治療室が足りず、
レーザー機器の置き場も余裕がなくなり、最近では皆様の通路にまで置かせていただいております・・・。
美容医療も日進月歩でありますが、
常にその安全性と効果については細かく調査をし、
厳選して行っております。身をもって体験し、納得のできるものを
取り入れております。

 

当院に掲げてある理念は

これは職員詰め所に貼ってありますが、
自身に対する座右の銘としております。

 

向上心
これで良しとせず、常にもっといい治療がないか探究する精神を忘れないようにしています。

努力
医学の最新情報を得ること、技術の習得に努力し続けます。

本物指向
ヒトがよいといったことや物を安易に受け入れず
自らしっかりと慎重に吟味し、治療方針や治療方法を
決めています。

 

これらを心して日々の診療に励んでおります。

これからも皆様が健康で、そして楽しい人生のお手伝いを
させていただけるパートナーとしてありたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて
開業13周年を記念して、
皆様に楽しい美容医療をもっともっと体験してほしいと
おもいまして
4月9日~4月27日までの平日に1万円以上の施術をお受け
いただいた方にキャンペーン以外の施術を対象とした
割引券を差し上げています。〇〇%off💛💛💛
スタッフまでお尋ねください( *´艸`)
開業した5月には、またさらにプレゼントもご用意します。
またお知らせいたします💛

投稿日:2018年4月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

口角下のたるみ、フェイスラインのたるみに当院オリジナルリフト「MWデュアルリフト」モニターさんのご紹介

モニターさんのご紹介です。

フェイスラインのもたつきや
口角下のたるみが気になるとのことで
当院オリジナルのスレッドリフト(糸リフト)
「MWデュアルリフト」を行いました。

治療前


MWデュアルリフト
3本、3本 両側で6本挿入しました

シミ治療もされて行かれましたので、そのマーキングがついてますが・・・

 

フェイスラインがシュッとシャープになりました♡

 

気にされていた口元をみてみますと
治療前


治療後

ただいまキャンペーン中のため
最短でもこの施術のご予約は4月中旬以降となります。
GW前は込み合いますのでご予定の方は
お早目にご計画ください。

通常

MWデュアルリフト フェイスラインのみ
¥200,000
別途初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

割引のお知らせはクリニックスタッフまで
お問い合わせください。

 

なおゴールデンウィークはカレンダー通りで診療をしております。
4月28日(土曜日)診療
4月29日(日曜日)休診
4月30日(月曜日・祝日)休診
5月1日(火曜日)診療
5月2日(水曜日)診療
5月3日~6日 休診

投稿日:2018年4月3日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

鼻の毛穴治療は「引き締め治療」の前に「レーザー脱毛」を

鼻の毛穴の目立ちを改善する治療のご希望の方が
とても多いです。
特に最近では男性の患者様が増えています。

鼻の毛穴が黒いと
毛穴の汚れと思っている方も多いですが
鼻の毛穴にも立派に毛が生えていて
その毛の黒い断面で毛穴が黒くみえる方が多いです。

この黒い毛をとらずして
毛穴を目立たなくすることは難しいです。

まず
鼻の毛のレーザー脱毛。
毛がなくなったら引き締め治療をお勧めします。

多くの方は5回ほど行うとだいたい毛が目立たなくなっています。
黒い毛がなくなっただけでも
毛穴感はかなり改善されます。

鼻の毛のレーザー脱毛前


レーザー脱毛5回 終了後

 

そして毛が減るだけではなく
毛穴も引き締め効果もありますので
レーザー脱毛治療だけでも
鼻毛穴目立たなくなっていますね。

この後で毛穴の引き締め治療に入ります。

 

鼻に限らず頬等も同じです。

まずは毛穴の拡大写真を撮影して
毛穴が目立っている原因を診断。
毛が多い場合にはこのようにレーザー脱毛をお勧めしますね。

顔のレーザー脱毛の料金
鼻のみ 1回¥2,000
顔全体 1回¥10,000
別途 初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000が必要です
(SSCプレミアム俱楽部会員さまは診察料はかかりません)
(税別)

投稿日:2018年4月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

傷跡にプラズマNeoGen(PSR-EVO)とステロイド含有テープ

鼻の下は怪我をすると傷跡が盛り上がって残りやすい場所です。
このお写真をご提供いただいた方は50歳代の女性の方です。
転んで上唇の上を傷つけてしまい
その後傷が盛り上がってきたそうです。

初診時 治療前

ステロイド含有テープとリザベンを1ヵ月服用しましたが
改善が乏しかったため
プラズマNeoGen1回のみ照射しました。
ステロイド含有テープ貼付は計2ヵ月
(あまり貼ることができていなかったようです)一応継続しています。

ご本人はもう化粧をしたら何もわからなくなったので
治療終了でよいとのことでした。
光沢がありますのでまだ盛り上がってみえますが、実際はもうあまり隆起していません。

 

ステロイド含有テープ(エクラープラスター)でも
盛り上がりは改善して行きますが
こんなに早く治った経験はありませんので
プラズマ治療の作用が大きいと考えています。

他の方でプラズマ治療単独の症例も何例かありますので
ご本人に許可をいただけましたら
経過を掲載させていただきますね。

費用は傷の大きさと状態によります。
まずは保険診療にて症状を診させいただきます。

投稿日:2018年3月31日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★