Weblog

院長ブログ・医療情報

 

関節症性乾癬の15.5%は見逃されて(診逃されて)います・・・6ヶ月以上診断治療が遅れると予後不良です。初期の爪所見は診療経験の豊富な医師でないと診断できません。

ひじやひざ、頭皮そしてからだのあちこちに
湿疹に似た赤い皮疹がみられる乾癬。
食生活習慣の欧米化により近年増加しています>>>
その皮膚症状は多彩で、非常に誤診の多い皮膚疾患でもあります。

当院でよく見かける間違った診断名は
「湿疹」
「アトピー性皮膚炎」
「脂漏性湿疹」
そして
「爪白癬」です!爪だけの乾癬もあります。

軽症の場合や、ほかで治療をすでに受けていて
皮疹が修飾されていますと、私たちも診断がつきにくいこともあります。

「乾癬」は塗り薬だけもらっているケースも非常に多いですが
メタボリック症候群との合併が多く
心血管系の疾患リスクが急速に増加するため
生活指導が重要な疾患です。

また関節症状を見逃すと、20年後には5関節以上の不可逆的な変形を生じるといわれています。

6か月以上診断治療が遅れますと、予後不良な関節炎となります。
その初期症状は爪症状です。
痛みや腫れ、変形が生じる前に治療を開始することが重要です。

こうなってしまいますと
元には戻りにくいです。

 

お写真は聖路加病院 リウマチ膠原病センター医長 岸本暢将先生、ノバルティスファーマ株式会社さんよりお借りしました。

 

当院にいらっしゃる乾癬の患者様でも、
そんな話これまでに一度も生活指導を受けたことがない
という方を多く見かけます。
医師の診療が専門の分野に偏ることも問題となっているのですが、
これだけ診断および治療が複雑かつ高度になって参りますと
新しい薬の情報や新しい治療、最近の治療方針の流れなど日進月歩です。
専門的な知識が常にアップデートされていませんと
治療を受ける医師の力量により
患者様の予後に大きく影響するということが生じてまいります

よって私は、「標榜科目」について
見直すすべきと最近強く感じます。
「皮膚科」と標榜されていても
乾癬の診断、生活指導ができない。
膠原病を診断できない。
アトピー性皮膚炎の子供たちの食生活指導について熟知していない。
爪白癬が診断できない。

などなど

先日も数年診断のついていなかった皮膚筋炎という自己免疫疾患の方を
大学病院へ紹介しました。
内科・皮膚科数件で湿疹、かぶれ、手湿疹
美容皮膚科・皮膚科で赤ら顔の治療・・・
だるいのは疲労・・・
悪性腫瘍に先行することの多い疾患です。
皮膚科の専門医であれば一瞬で確実に即診断できます。
もとにある悪性腫瘍がどうなってしまっているのか・・・とても心配です。

湿疹と診断され、5-6年ステロイドの外用を続けていた
悪性リンパ腫。
みためは慢性湿疹に似ていますが
治療をしたことのある医師であれば診断できます。

などなど。

 

本題に戻りますが、
そんなわけで関節症状を伴うまたは伴うようになる乾癬、関節症性乾癬の
15.5%は見逃されており治療が遅れてしまう現状があります。
関節症状がでてからでは間にありません。
治療開始のスピードが大切です。

最も多く間違えられているのは
爪白癬です。
これは爪白癬ではありません。

いったん爪白癬と他で診断をされていると
患者さんに爪白癬ではないことを修正するのが大変なのです・・・
もちろん乾癬の方で本当に爪白癬になっていることもありますが。

皮膚疾患には皮膚科の専門医でないとわからない難しい病気がたくさんあります。
そして皮膚科専門医でないと認められていない治療があります。
受診される際には皮膚科の専門機関で治療をお受けください。

投稿日:2018年6月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

慢性じんましんの新たな治療薬「オマリズマブ(ゾレア®)」今後は皮膚科専門医のいるクリニックでも治療できる可能性が出てきました。

これまで喘息で使用していた「オマリズマブ(ゾレア®)」
慢性じんましんに適応拡大になり、その実際の効果安全性について
情報が多く出て参りました。
昨日、診療時間をはやめに切り上げさせていただき、
その勉強会に参加しました。

神戸大学大学院医学研究科内科系講座 講師の
福永 淳先生より
今度改訂されるじんましんの治療ガイドラインについてと新しい慢性じんましんの治療薬「オマリズマブ(ゾレア®)」についてご講演いただきました。

 

慢性じんましん(6週間以上続くもの)の約45%は
自己免疫性といわれ、
そのほかのほとんどが原因不明です。
でも何かの食べ物で出ていると言うことはまず考えられません。
急性じんましんとは異なります。
従って不必要な原因検索のためのアレルギー検査は
行わないのが原則ですが、未だに行われていることがあり
今回の慢性じんましんの治療ガイドラインの改訂版ではびしっと。
「原因検索のための検査はするべきではない!」と書かれます。
やみくもに不必要な検査(アレルギー検査など)が未だにされていることがよくあります。(ほかの疾患との鑑別が必要な場合には行うこともあります)

 

そして治療については
海外では
一般的な抗ヒスタミン薬が効かない場合には
4倍量まで増量しますが、
日本では現在2倍量まで増量が認められています。
それでも効かないない場合には、
薬の種類の変更や2剤併用を試みます。

それでも効かない場合には
海外では「ロイコトリエン受容体拮抗薬」での効果の
エビデンスが高いです。

そしてそれでも効かない場合には
ステロイドを投与しておりましたが、
長期投与は糖尿病、骨粗鬆症諸々の副作用が生じることがあるため
現在も1ヶ月以内の投与にとどめるように
されています。
そこで、今回新しく登場した
「オマリズマブ(ゾレア®)」が選択肢に加わりました。

この「オマリズマブ(ゾレア®)」の治療の適応となる人の目安は
上記の治療で無効で、
↓の「UCTスコア(Urticaria Control Test)」で
12未満の人が「オマリズマブ(ゾレア®)」を検討した方がよい
適応になります。

そんないい薬でたなら早く受けたい!
と思う方もいらっしゃると思いますが
まずは非常に費用が高いです。
月に1回皮下注射しますが、3割負担で1回の注射の自己負担額は
27,000円かかります。(高額医療費控除の対象にならない金額・・・)

この「オマリズマブ(ゾレア®)」の慢性じんましんに対する
実際の効果について、実際はどうなのか。
神戸大学での効果の評価は今のところは
おおよそ
9割の人で「効果あり」
6割の人で「かなり効果あり」後で述べるUCT6以下
3割の人で「治療を続けていれば皮疹はでない」
1割の人は「治療をやめても再燃しない」
という結果だそうです。
もちろん無効な例もあります。

ある程度「オマリズマブ(ゾレア®)」が効きやすい人の
じんましんのタイプも見えてきたようです。
その特徴は
①血液中の「IgE」が高い人
この薬の作用機序が「IgE」という免疫抗体が、
じんましんを引き起こすヒスタミンを放出する肥満細胞に
くっつかないようにして効果を発揮することに関連して
血液検査で「IgE」の高い(高値出なくと、正常より高い)場合に
奏効しやすいこと。
②血液中の「Dダイマー」が高い人
最近のトピックスとして、慢性じんましんが血液凝固反応に関与することについて
広島大より発表がありましたが、それに関連してやはり
血液検査にて「Dダイマー」の高い人
③自己血清皮内テストの陰性の人
すなわち自己免疫性のじんましんの人(自己血清皮内テスト陽性)
は無効か効いてくるのに12週間以上かかる反応の遅いタイプが多いとのことです。

 

この治療はまた指定機関病院でないと
受けられませんが、副作用も少なく
スタート時のアレルギー反応も少ないので
今後はクリニックでも行えるようになりそうです。
ただし日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医でなければ注射できません。
(専門医資格者の皮膚科医であればクリニックの医師紹介に、
必ずその旨を記載しておりますので
近隣でお探しの際はご確認のうえ受診されてください)
当院で行えるようになるまでは、近隣の病院へご紹介しております。
この治療の適応になるかどうかにつきましては
私の診察のうえ判断させていただいております。

 

 

 

 

投稿日:2018年6月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

スカートに乗っかるお肉を縮めます!脂肪誘拐レーザー「スカルプシュア」で

脂肪融解レーザースカルプシュアについて>>>

「スカートに乗っかるお肉をまずとりたい!」と
まずはおへその上のところにスカルプシュアを4回行い
効果を実感されて次は下腹部も4回行いました。

 

 

スカートのウエストラインに乗っかるお肉は減りましたし、
全体にしぼみました♡

「迫力減った感じですよねー?!」とおっしゃり(^□^)
迫力(笑)・・・減りました♡
効果を実感されて、本日は二の腕も追加で開始されました。

 

二の腕って、鍛えてもなかなか細くなりにくいですよね・・・(^^;)

 

ノースリープで
さわやかな笑顔を作ってパチリとお写真を♪
体を細く見せようとして腕をぎゅーーっと締めて
斜め立ちして
完璧(^_^)v
が、
押しつぶされてさらに太く見える二の腕が
どーーんと前面に写ってしまい
(-_-;)失敗・・・
っていうのありません????!(笑)

それ以来(-_-;)、
私は腕は締めずに
ふわーーっとさせて撮るようにしていますが
スカルプシュアをしてからは
そんな気遣いもいらなくなりました♡

部分やせで最も難しい部位は二の腕です。
トレーニングしても引き締まりにくい部位。
そして女性はホルモンの低下によって太くなると言われています。>>>
やせても皮膚がたらーーんと垂れ下がり
通称「振り袖」がなくなりません・・・
スカルプシュアはレーザーを照射して脂肪を溶かすため、
皮膚表面にも少し反応し、皮膚が引き締まる作用があります。
ほかの痩身機器にはない効果ですよ。

夏にむけてすっきりボディー作りお手伝いいたします♡♡♡

スカルプシュアについて>>>

1回(4パート)¥60,000
モニターサービスについてはスタッフまでお尋ねください♡
別途初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000が必要です。
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

 

投稿日:2018年6月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

ひざやひじの黒ずみの治療の料金がお得になりました(^_^)☆

この時期当院で多い治療は
ひじやひざの黒ずみの治療です。
以前は状態によってレーザーピーリングかメラクリアピールを
選択していましたが、両方行った方が効果がよいので
なんと!
メラクリアピールの料金でレーザー治療も込みにいたしました!!

くわしくはこちら>>>

投稿日:2018年6月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

今後注目のホームケア用品♡韓国よりU-BioMedの社長さんがクリニックを訪問してくださいました。

当院で人気のあの「ReGenAF」Gold&EGFマスクパック
製造販売している韓国のU-BioMedの社長さんが
当院を訪問してくださいました。

「ReGenAF」Gold&EGFマスクパックについて>>>

他にも韓国で人気の美容治療の製品を多数取り扱っている
大手の会社で、韓国の大統領夫人も使用しているそうですよ!!

成長因子入りも「ReGenAF」Gold&EGFマスクパックを、当院が日本一たくさん購入しているそうで、他の商品のご説明もかねてたくさんお土産をいただきました。

この細かい針のついたTAPPY TOKTOKというものを使用して、美容液を浸透させるものがこの会社の主力商品です。
ホームケア用のものとクリニックでしようするものとでは針が異なります。
ホームケア用のもので早速昨晩試してみました♡

軽くちくちくする程度です。
押すと小さな針とともに美容液があふれ出てきます。

そして美容液の浸透したパックもついてきて
チクチクをした後に乗せておきます。


今回試したのはこれ。

若い人向けの商品だそうで韓国で5,000~6,000円ほどらしいです。

そしてこちらが6~7万円くらいするものらしいです!!

がんがんやってみて、その効果については私が評価いたしますが、皆さんこういうホームケア用品ご興味ありますか??
クリニックにいらしたときにご意見お聞かせくださいませ♡

 

投稿日:2018年6月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

男性のポッコリお腹も「スカルプシュア」でスッキリ。

脂肪融解レーザースカルプシュアは
男性の方のご希望も多いです。
「このお腹何とか引っ込めたい」
「最近履けるズボンのサイズがなくなってきた💦」
お若い方から中年、ご高齢の方まで
幅広い年齢層に人気があります。
運動してもなかなかお腹でけお肉が取れないという方も
多いですね。

 

あと何回か治療をするといいですが、すでにズボンが緩くて下がってしまうとのことでした。

スカルプシュアについての詳しくはこちら>>>

1回(4パート)¥60,000
モニターサービスについてはスタッフまでお尋ねください♡
別途初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000が必要です。
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

 

投稿日:2018年6月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

夏にむかい、薄着になるとお腹まわり気になりますね。スカルプシュアでぽっこりお腹のぜい肉をすっきりと。

講演終わって
また講演💦

今度は脂肪溶解レーザー「スカルプシュア」
講演です。
スカルプシュアを使用されている先生方に、
当院での効果的に結果を出す工夫について
その秘訣をお教えしてしまおうという企画です♪

実は同じ機器を使って治療を行っても
どの機械もそうですが
結果、同じではないのです。

当院では施術者によって効果の変わる可能性のある
治療機器は、すべて私が施術しています。
スカルプシュアも、スタッフ任せのクリニックが
多いと伺っていますが、当院では皆さんのお腹を
私がじっくり観察し、どこにどのようにレーザーを照射したら
効果的にスリムになれるかを考えて、すべて私がセッティングしています。
それ以外にもいくつかの秘訣があるので
そこを教えてしまいます!

そして症例報告もたくさん出してまいります。
効果の大きい症例、軽度の症例は多少あります。
でも当院では食事制限や運動指導等は全くせず、
むしろそれができない方のための痩身機器ですよとご説明しています( *´艸`)

一番多い女性の悩み「ぽっこりお腹」
一番ポッコリ出ているところを4回照射すると
効果的です。

2回で効果のでる方もいらっしゃれば

3回でしぼむ場合もありますし

5回でようやく
という方もいらっしゃいます。

食事制限や運動は特に指導していません。
スカルプシュアは体重を減らすのではなく、ポッコリ出っ張っているところをシェイプして形を整えるものです。

どーしてもここだけとれない!!という場所に照射するのがよいのです。

熱い感じですが痛みは少ないです💛
まれに筋肉痛のような違和感が生じますが、自然に消えます。
わずかに赤みがでることがありますが、すぐに消えることが多いです。

3ヵ月かけてじわじわ脂肪細胞が死んで数が減っていきます。(他の機器にはない効果です。米国FDA承認機器)

今年の夏は、ぴったりした洋服でかっこよく♪
ウエストをきゅっと絞ってキュートに♪
水着も行けちゃう?!( ´艸`)

スカルプシュアについての詳しくはこちら>>>

1回(4パート)¥60,000
モニターサービスについてはスタッフまでお尋ねください♡
別途初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000が必要です。
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

投稿日:2018年6月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

皮膚の老化に対抗するためのサプリメント! のまとめ ~本日の講演内容から~

お肌にいいサプリメント。

なんとなーーくで選んでいないでしょうか。

本日薬剤師さん受けに講演をしてまいりますが
そのうちの一部を紹介します。

皮膚の老化に対抗するために
摂っておくとよいサプリメント。

皮膚の老化は外側からと体の中からと
襲われます💦

この内的要因にいかに対抗するかなのです。

この4つです。

まずは
老化の原因活性酸素を抑えるためのさび止め「抗酸化サプリメント」

この中でお断トツとった方がよいおすすめは
「ビタミンC」です。
1日2000mg-3000mgはとりたいですね。

でも消化の影響を受けやすいため、
「ビタミンC1000㎎配合」と書いてあっても、実際に吸収されるのはおよそ半量。

当院の「リポカプセルC」は1袋で1000mgがほぼ全量に近く吸収されます。(シナール27個分)
30包¥7,200
詳しくはこちら>>>

そして「レスベラトロール」
市販のものもありますが、私が調べた中では一番高濃度でお安いです。
60粒¥11,498
詳しくはこちら>>>

 

そして「水素」です。

水素は次の抗糖化作用もあります。

「抗糖化サプリメント」

「糖化」はさまざまな病気の原因や肌のハリの低下、シワやたるみの原因になることについてお話しました>>>

先ほどの抗酸化サプリメントも抗糖化に役立ちます。
そして「水素」です。
抗酸化作用と抗糖化作用の療法があります。>>>

 

そして「ビタミン、ミネラルの栄養素の補給」

例えば皮膚のコラーゲンは、壊して、作ってを繰り返していますが、その材料となるタンパク、鉄、ビタミンcが不足しているとコラーゲン産生が悪くなり、肌のハリの低下、しわ、たるみの原因となります。
その人によって欠乏しているビタミンやミネラルが異なりますので
それを血液検査から解析して
足らないものを補充します。

 

そして「ホルモン補充」

 

そして人間の体はおおよそ寿命を50歳として設計されていますので、
それ以降は急激にホルモンが低下し、さまざまなホルモンの低下による症状が出てきます。
女性が減るのは女性ホルモンだけではなく、
閉経頃には男性ホルモンのテストステロンも0に近くなります。
女性ホルモンのエストロゲンとともに
それらの減少は急激なシワ、たるみの原因となります。
更年期の不調の時期の5年程度のみ補充する
保険診療で行うホルモン補充療法は、合成ホルモン(薬)
のためその代謝産物に発がん性があり、長期投与はしないほうがよいと
されていますので、治療できるのは5年間までが目安です。
それに対してナチュラルホルモンは私たちの分泌している
ホルモンそのものと全く同じなため、有害な代謝産物はなく
発がん性はありません。
当院でも処方しております。

そして
最近話題のこれ「飲むコラーゲン」

以前はコラーゲンいあるロンさんを摂取しても効果がないとされいましたが、実は素晴らしい効果があったのです。
それらを摂取することで、摂取したコラーゲンが
直接肌に到達することはないですが、
コラーゲンを増やそうと働く因子が増えて
実際にお肌でコラーゲンが増えることがわかってきました。

当院でもさっそく導入いたしました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どろどろしたコラーゲンをくいっと飲みます(笑)

28本 ¥10,000(税別)

 

投稿日:2018年6月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

明日は講演のため診療を18時までとさせていただきます。

明日は夜、講演があるため
診療を18時で終了させていただきます。
明日は薬剤師さん向けの講演です。

約1時間半ほど、薬剤師の先生方に、皮膚の老化のメカニズムと、最新の皮膚アンチエイジング治療の現状についてお話してまいります。

皆さんも薬局で
「ケシミ〇」とか「ハイチオー〇」とか買うときに、どのくらいの効果があるのかないのか
販売している薬剤師さんに伺うことありますよね。

きっと知識がないと薬剤師さんも
皆様にアドバイスをするのが難しいと思いますので、
ご参考にしていただけたらと思っております。

 

 

 

 

投稿日:2018年6月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

「汗臭い」を強力消臭。デオドラント「デオナール」入りました!首筋、ワキ、足等全身に使用できます。

じめじめ梅雨の時期、暑い夏に向かい
汗ばんで体の臭いが気になってきますね💦💦

当院では医療用の制汗剤や消臭剤を取り扱っております。
詳しくはこちら>>>

 

そしてこの度さらに強力最新デオドラント製品を導入しました。

「デオナール」

抗原抗体反応を利用して、ニオイの原因菌のみに吸着し
消臭します。

 

ニオイの原因菌のみを吸着して消臭。
良い菌は 殺菌せずに肌の常在菌フローラを整えます💛

美肌成分も配合し、刺激がないので、首筋やワキ、足等臭いの気になるところにどこでもご使用いただけます。

1本40ml ¥4,000(税別)

投稿日:2018年6月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング