Weblog
 
院長インスタ スタッフインスタ

院長ブログ・医療情報

 

脂肪幹細胞培養上清液「GFS」は「RichExosomeリッシェゾーム」と名称が新しくリニューアルいたしました

今注目の再生医療。

当院で扱っております脂肪幹細胞由来の幹細胞培養上清液による治療は
私が様々な製剤の分析を行い、厳選した製剤を使用しております。
そのこれまで使用していた「GFS」は
「RichExosomeリッシェゾーム(RE)」へ名称を変更しリニューアル。
美肌治療、育毛治療、ホームケア用品について
私の監修のもと他の施設でもご使用可能となりました。
早速この実際の効果をご評価いただきご採用いただく施設が増えてきております。

 

RichExosomeリッシェゾーム最大の特徴は、細胞修復効果に欠かせない「エクソソーム」の含有量の高いこととその安定した活性状態です。

私たちの体の中にはエクソソームが体内を循環し、細胞同士の情報伝達機能、コミュニケーションツールとして働き
痛んだ細胞の修復、再生を主に行っています。

お肌に投与しますと紫外線によりダメージを受けた肌細胞の修復や肌細胞の活性化。
育毛に関わる細胞の活性化などを行います。

脂肪の幹細胞を培養する際に得られる脂肪幹細胞培養上清液には
様々な成長因子、サイトカインそしてエクソソームを含みます。
脂肪幹細胞培養上清液「RichExosomeリッシェゾーム」では200種類以上のサイトカイン類の検出を確認しております。

そしてとくに重要と考えられる「エクソソーム」は、幹細胞の培養条件によりその量、活性は格段に違ってきます。高濃度に抽出することは非常に難しい技術が必要となります。

様々なエクソソーム製剤を分析したところ、RichExosomeリッシェゾームは高濃度のエクソソームを含んでいることが確認でき、当院で採用。そして私監修のもと他施設の先生方にもご使用いただけるようになりました。

図1 Nanosight社 測定結果

 

 

図2 qNano社 測定結果

 

図3 ELISA法 測定結果

現在行われているエクソソームの測定方法で多いのはエクソソームの顆粒の大きさでカウントする方法でNanoSight社とqnano社の2社が日本ではメインで測定しています。エクソソームの顆粒の大きさは約40~120 nmといわれていますが、NnoSightでは10~1000nm、qNanoでは50~330nmの顆粒をカウントしているため、実際にはエクソソームではない顆粒も含まれます。このように測定している顆粒の大きさが2社は異なるため、エクソソーム以外の顆粒もカウントしてしまうのが欠点です。同じ製剤でも両社でかなりの差があるのは、エクソソーム以外のものをカウントしていることを示しています。そしてこの結果をみますと幹細胞培養上清液を凝縮しただけでなく、別の成長因子を明らかに添加しているとしか考えられない異常な結果の製剤も確認できます。

そこで私どもがエクソソームの測定方法で採用しているのはエクソソームの顆粒の表面に標識されるCD63をマーカーとして定量するELISA法を用いて確認しています。確実にエクソソームをカウントできますが、1個のエクソソーム顆粒に1個のCD63とは限らず数個標識をカウントしてしまうことがあり若干のオーバーカウントになっている可能性があります。またプラセンタ製剤のように加水分解処理されて顆粒がばらばらになっても、顆粒表面のCD63の標識は残るため、本来の顆粒のエクソソームの状態で残っていない場合でもカウントされてしまうところが欠点です。

現在他にもエクソームの測定方法は進化してきていますが、現実的にはまだ上記のような方法になりますので、多種の測定方法でもって総合的な判断が必要です。

その結果RichExosomeリッシェゾームは高いエクソソーム数を含有していることが確認でき、当院で採用しました。

このエクソソームの量、活性は幹細胞の培養条件で大きく変わります。
エクソソームにおいては自身の組織から抽出した物が安全な印象を受けますが、培養条件がよくなければこのような結果は得られません。また幹細胞のソースが骨髄なのか臍帯なのか脂肪なのかということよりも培養条件に大きく左右されます。

RichExomeリッシェゾームはなぜこんなにエクソソームが多いのか。

実際に培養施設を見て参りました。


とてつもなく広い敷地で、かなり厳密な衛生環境、培養環境でRichExosomeリッシェゾーム(海外では製剤名Perfectin®)は製造されています。日本では考えられない広大な規模です。

Unico Cell社は台湾にある日本厚生労働省細胞培養基準を満たした厚生労働省承認の海外の細胞培養施設です。
従って、海外にある施設でありながら日本の厚労省の認可によって厚労省の厳しい基準により培養している施設です。
そしてエクソソームを多く抽出できる技術は特許を取っている3D培養法によります。

ここで製造されている幹細胞製剤、幹細胞培養製剤は今後日本において医療現場でも活躍することが期待されます。

当院ではこのRichExosomeリッシェゾームを使用した様々な治療を行っております。
生上清を使用した点滴療法、スレッドリフト(糸リフト)において同時注入を行う「MWデュアルリフト®ディープリバース」
フリーズドライを用いたエソセラピー、ダーマペンとの併用、エレクトロポレーションでの肌への浸透治療などを行っております。

今後はこれらの効果について皆様にご紹介していきたいと思っております。

 

当院での脂肪幹細胞培養上清(RichExosomeリッシェゾーム)治療 >>>

*ご予約が大変込みあっておりこれからのお申し込みは7月以降のご予約となる可能性が高いです。
7月のキャンペーンのメニューにも入れておりますのでぜひそちらをご利用くださいm(__)m
詳しくはクリニックスタッフまでお尋ねください。

 

 

投稿日:2021年5月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

まぎらわしい「ヒト幹細胞コスメ」という表記。惑わされないように「ヒト幹細胞」という言葉

化粧品、美容治療そして疾患治療において期待できる注目の分野は
ヒト幹細胞を使った再生医療。
「幹細胞」そのものを使う治療と
「幹細胞培養上清液」を使う治療とがあります。
この二つは全く別のものです。←ここのところ、、、医師でも混同している場面によく遭遇します、、、

化粧品に幹細胞そのものを配合しても、、、いやできないし、、、
すごそうですごくはできず、、、大変難しい現状です。
化粧品で最近目立つ「ヒト幹細胞コスメ」は
幹細胞が入っているわけではなく
幹細胞を培養した培養液のエキスが入っているだけです。
この紛らわしい表記がOKになっていること自体
OKにした方々の認識もおそらく甘いとしか言わざるを得ませんが、、、
その細胞ではなく、培養液がどのくらいの量配合されているのか、、、
その培養液中の成長因子、サイトカインそして最も難しいエクソソームが入っているのかいないのか、多いのか少ないのかは不明(;´Д`)。

点滴や美容医療で使用する幹細胞培養液であっても、
抽出条件によって、それに含有される有効成分の量や状態はかなりの差があります。

したがいまして
「ヒト幹細胞コスメ」で、、、
納得のできるものがない、、、

なので自分で作ります!
もうプロジェクト開始しております。

当院では
私が実費でさまざまな製剤、幹細胞培養上清液を3種の方法で分析、定量して確認し(ここまでやってる医師はいません←検査機関調べによる)、
とくに重要と考えている「エクソソーム」の含有量の高い厳選した脂肪細胞培養上清液を当院では使用していますが近々、それを使ったコスメを私の監修にて製造し、販売予定です♡しかも吸収を高める方法に気がついた★
様々な皮膚疾患治療のサポートにもいいはず、、、♡等 ワクワクしています。

で、それができあがるまではこれを☺

私の作るものとはそれでも、、、(失礼ながら)満足にはいたりませんが
少し皆さまにさわりとしてお使いただこうかなと、、、
これを置くことにしました。

 

写真ぼやーーーとしておりますが、
ご興味のあるかたはクリニックいらしたらおたずねください♡

これがきにいったのは、
「ヒト幹細胞コスメ」と言いつつも
上記の私の懸念についてしっかりと記載しています☺そこです。

 

当院の患者様は代引き郵送もいたしますのでお電話(混雑しておりつながりにくいです、、)かメールでお問い合わせください。

投稿日:2021年5月5日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

他院でのスレッドリフト後の左右差調整、糸による段差など。MWデュアルリフトで整えた症例2例

最近では他院でスレッドリフトをしたが
効果がよくわからなかった、すぐに元に戻った、左右差ができた、糸の段差がきになる、、、
といったご相談が増えています。

まずは、、、治療を受けたクリニックに必ずご相談してください。
それでも解決しない場合のみご相談をお受けします。

この2症例は、同じような症状で、
他院でスレッドリフトを受けたところ、片方が食い込んだように引き上がり
左右差が気になる方です。


これらの原因は、おそらく糸の挿入の深さがこの部分が深くなり、先端部は浅く入ってしまったため
糸を引き上げた際に食いこんで上がってしまっていると考えられます。
皮膚をつまんで挿入されるやり方で多く起こりえる症状だと思っています。

もり上がってしまっているお肉をなだらかにするように
MWデュアルリフト®で調整いたしました。

症例1 治療前


治療後

症例2 治療前


治療後

MWデュアルリフト®は当院の商標登録治療です。
この技術を正確にお伝えしていくために、私がマンツーマン指導をしています。

MWデュアルリフト®は
5種類の糸から症状に合わせて使用する糸を選んでおります。

引き上げ専用の糸で引き上げた後、
固定用の糸で動きをlockします。そこが他のスレッドとの違いです。
側頭腱膜には固定しませんので痛みが持続することもありません。

引き上げ力の強さと少ない本数でも効果の持続が長いのはそこに秘訣がありあす。

挿入方法にテクニックが必要なので、今現在MWデュアルリフト®を行っている先生方ともたびたび症例検討を行い、技術の維持、さらなる技術upをめざして日々議論を重ねております。

現在私が直接指導をし、全国にMWデュアルリフト®を行える施設を増やしております。
私が厳選した医師ばかりですので
ご遠方の方は以下にご案内しましたお近くのクリニックをご利用ください♡

またPCLは糸が溶けていくとコラーゲン増生が高まって、お肌のハリやキメも良くなります。(MWデュアルリフト®プレミアムの場合にはPCL以外の素材も含みます)

効果の持続はヒアルロン酸と同じくらいで数年間です。
当院では費用もヒアルロン酸と同じくらいです。

料金
A.フェイスラインと頬側リフト(両側で10本使用) ¥250,000
B.フェイスラインのみ (両側で6本使用)          ¥200,000

AまたはB施術後2ヵ月以内の追加片側2本 ¥60,000
AまたはB施術後2ヵ月以降6ヵ月以内の追加 片側2本~3本 ¥80,000~150,000

MWデュアルリフトプレミアム(挿入部位・本数お任せ)¥300,000
アゴ下MWデュアルリフト ¥200,000

幹細胞培養上清液同時注入は +¥200,000>>>

別途診察料等が必要です。(税別)

モニターサービスもございます。

詳しくはこちらを>>>

 

現在MWデュアルリフトをお受けいただける施設

東京
当院 スキンソリューションクリニック
銀座みゆき通り美容外科 銀座院>>>
光伸メディカルクリニック(新宿)>>>
池袋サンシャイン美容外科(池袋)>>>

千葉県
市川スキンクリニック(市川)>>>

横浜
マスダクリニック形成外科・皮膚科(綱島)>>>

愛知
new うえだ皮膚科内科クリニック>>>

京都
いわき形成外科・皮膚科>>>

大阪
81(エーティーワン)クリニック>>>
銀座みゆき通り美容外科 大阪梅田院>>>
つかはらクリニック (大阪天王寺あべのハルカス)>>>

神戸
さわこ形成外科クリニック>>>

中国地方
林原医院(鳥取県米子)>>>
津山クリニック(岡山県津山)>>>

九州地方
みやざき美容クリニック(宮崎)>>>
ビスポーククリニック(博多)>>>

 

投稿日:2021年4月26日  カテゴリー:MWデュアルリフトⓇ(スレッドリフト), ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

予約空き状況・キャンペーンの送付について

皆様、心身ともに気をつけてお過ごしください♡

当院では、感染対策に十分気をつけて、
換気よい部屋で、広く余裕のあるスペースで診療を行っております。

現在予約が大変込みあっており、6月の予約もとれなくなってきております。
従いまして、これまでご希望の方に前月に自費診療のキャンペーンのお知らせを
お送りしておりましたが、お知らせが届いた頃にはすでに予約がいっぱいでお取りすることができないという状況が続いております。
従いまして、そのようなお知らせの送付と院内でのご案内を2ヶ月前にしていきたいと思います。

まずは7月のキャンペーンのお知らせを
お送りいたします。
大変込みあっておりますので、お早めにご計画くださいm(__)m

医師のが直接施術を行わないメソナJ、ハイドラフェイシャル等には若干の余裕がございますのでお問い合わせください。

このような混雑状況を改善するため
現在一大プロジェクトを計画しております!
お楽しみに♡

投稿日:2021年4月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

男性のたるみ治療 糸リフト おすすめの「MWデュアルリフト®」

女性ばかりでなく男性にもおすすめのMWデュアルリフト®

この方はHIFUをたくさんしてきたそうなのですが
思ったようにたるみが改善されなかったとのことでお
今回は糸リフトを行いました。
くちびるの下隆起は、他院での注入物とのことです。
たるみがさらに加わって口周りが重い印象。
次回溶解を試みる予定です。

治療前


治療後
MWデュアルリフト®フェイスライン+頬側

 

治療前


治療後
MWデュアルリフト®フェイスライン+頬側

 

次回口の両脇の注入物を溶解する予定です☺

MWデュアルリフト®は当院の商標登録治療です。
この技術を正確にお伝えしていくために、私がマンツーマン指導をしています。

MWデュアルリフト®は
5種類の糸から症状に合わせて使用する糸を選んでおります。

引き上げ専用の糸で引き上げた後、
固定用の糸で動きをlockします。そこが他のスレッドとの違いです。
側頭腱膜には固定しませんので痛みが持続することもありません。

引き上げ力の強さと少ない本数でも効果の持続が長いのはそこに秘訣がありあす。

挿入方法にテクニックが必要なので、今現在MWデュアルリフト®を行っている先生方ともたびたび症例検討を行い、技術の維持、さらなる技術upをめざして日々議論を重ねております。

現在私が直接指導をし、全国にMWデュアルリフト®を行える施設を増やしております。
私が厳選した医師ばかりですので
ご遠方の方は以下にご案内しましたお近くのクリニックをご利用ください♡

またPCLは糸が溶けていくとコラーゲン増生が高まって、お肌のハリやキメも良くなります。(MWデュアルリフト®プレミアムの場合にはPCL以外の素材も含みます)

効果の持続はヒアルロン酸と同じくらいで数年間です。
当院では費用もヒアルロン酸と同じくらいです。

料金
A.フェイスラインと頬側リフト(両側で10本使用) ¥250,000
B.フェイスラインのみ (両側で6本使用)          ¥200,000

AまたはB施術後2ヵ月以内の追加片側2本 ¥60,000
AまたはB施術後2ヵ月以降6ヵ月以内の追加 片側2本~3本 ¥80,000~150,000

MWデュアルリフトプレミアム(挿入部位・本数お任せ)¥300,000
アゴ下MWデュアルリフト ¥200,000

幹細胞培養上清液同時注入は +¥200,000>>>

別途診察料等が必要です。(税別)

モニターサービスもございます。

詳しくはこちらを>>>

 

現在MWデュアルリフトをお受けいただける施設

東京
当院 スキンソリューションクリニック
銀座みゆき通り美容外科 銀座院>>>
光伸メディカルクリニック(新宿)>>>
池袋サンシャイン美容外科(池袋)>>>

千葉県
市川スキンクリニック(市川)>>>

横浜
マスダクリニック形成外科・皮膚科(綱島)>>>

愛知
new うえだ皮膚科内科クリニック>>>

京都
いわき形成外科・皮膚科>>>

大阪
81(エーティーワン)クリニック>>>
銀座みゆき通り美容外科 大阪梅田院>>>
つかはらクリニック (大阪天王寺あべのハルカス)>>>

神戸
さわこ形成外科クリニック>>>

中国地方
林原医院(鳥取県米子)>>>
津山クリニック(岡山県津山)>>>

九州地方
みやざき美容クリニック(宮崎)>>>
ビスポーククリニック(博多)>>>

 

 

 

投稿日:2021年4月23日  カテゴリー:MWデュアルリフトⓇ(スレッドリフト), ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

毎日のお手入れに刺激が欲しいぃーー(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾ 欲しくないですか?(笑)

なんだかお出かけもできませんし、、、
家時間の過ごし方にも刺激がなくなってきてません?(笑)

頭皮にはこれでチクチク刺激を与えています

 

小さなとげとげがついた「タッピー」を使って育毛成分を気になる部分に浸透。
このちくちくが段々と、、、ストレス発散になってくる(*´з`)

 

15種類のペプチド配合
ストロングヘアアンプル ¥27,500 週に数回使用で数ヵ月分です☺

そしてそして
顔にも刺激をーーー(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾)!)

あのちくちくがさらにチクチクが増えたこれ  ↓↓↓

 

顔につけるとだいぶチクチクします💦
臍帯血幹細胞培養液をコーティングしたイノスピキュールの量が
かなり多いです💛
1瓶で3日間分くらいでしょうか。首やデコルテにも使用できます。
1週間に1瓶で1か月分くらいです。

お肌が柔らかくキメ細かくなるのがわかりますよ★

セレンベーネトリートメント 1箱 33,000

当院受診歴のある方にはご郵送もいたします ♪

投稿日:2021年4月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

昨日の乾癬のweb講演の内容の一部をご紹介いたします

昨日は診療時間を短縮させていただきWeb講演に参加させていただきました。

化粧ばっちりしてのぞみましたが、、、

ご挨拶の後はずっとマスクで(*´з`)関係なかった(笑)(笑)


さすが新井先生と感心した講演でした。

乾癬の方に役立つ情報を一部ご紹介したいと思います。

「塗薬はすりこまないで塗りましょう」と指導を受けることが多いと思いますが、乾癬の方においては鱗屑という熱い角質が付いていることが多いので塗薬を乗っかる程度の塗布では浸透が悪い可能性があり、こすりつけるまでではないですが良くなじませる必要はあります。
さーっと薬を伸ばすだけでなく、皮疹になじませる!していてくださいね。

それと同じように、体毛が濃い方は、毛があると毛にばかり薬がついてしまい
薬の浸透が悪くなりやすいので、剃った方が効果が高まるそうです。

乾癬の方が冬に悪化しやすい。以前からそう言われてきましたが、
乾癬の有効な紫外線の量が減るからと、、、考えられていますが、
それだけではなく、「肌の乾燥」もその原因の一つとされているようで
私も最近は乾癬の方にも保湿剤の併用を指導するようになりました。
以前は痒みの少なかった乾癬が、最近は60%くらいの方に痒みの症状があります。理由はわかっていませんが乾燥もその一つの要因になっているようです。
とくに治りにくいすねは乾燥しやすく、乾癬のお薬のみでなく、
保湿剤の併用で乾癬が改善する報告が出てきています。

乾癬の皮疹は角質が厚く、薬の浸透が悪いです。
アトピー性皮膚炎と同じようにチュビファーストを付けると浸透がよくなり治りが早くなるそうです。当院でもアトピー性皮膚炎の方にはお使いいただいていました!乾癬のかたにもおすすめしたいと思います。

そして乾癬の爪症状
掌蹠膿疱症の方にもみられますが
爪の症状によって病変が異なりますので、それに合わせた塗り方が重要。
剥離しているタイプ、爪甲下が角質増殖して厚くなりガサガサしているタイプは爪床(爪を乗せているところ)の病変のため
剥離している爪はできるだけcutして爪床を少しでも露出し、お薬を塗布すること。
点状陥凹や横溝は(爪の根本の奥)の病変のため、爪の根本の皮膚にしっかり塗ること。
同じ塗るといっても病変部を考えてぬると効果的です。

乾癬の方(^^)/ 今日からやってみてください💛

 

投稿日:2021年4月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

来週の月曜日は医師向けWEB講演のため診療を早く切り上げさせていただきます

4月12日月曜日は、医師受けのWEBセミナーに参加するため
診療を18時までとさせていただきます。

乾癬の外用治療薬の新たな剤計 フォームタイプが年1月には製造販売承認を取得され、使用可能になります。

2014年にはドボベット軟膏
2018年よりドボベットゲルが発売されました。

価格が安く、反応性の早いストロンゲストの強いステロイドのみに依存しがちな乾癬の外用治療から脱出し、
ビタミンD3軟膏の併用により、ステロイドによる皮膚萎縮や赤みの持続等のステロイドの副作用を軽減し、またD3により角化を抑制して相互作用により皮疹の再発までの時間の延長を期待できます。このドボベットなどビタミンD3含有軟膏での治療に移行していただく外用指導、患者様指導のコツについて、乾癬治療を多く行っている聖路加国際病院皮膚科部長の新井 達先生にご講演いただきます。

投稿日:2021年4月5日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

MWデュアルリフト®長期経過 1年3ヵ月 

この方は、最初に当院にいらしたのは5年前。
問診票に溢れそうなくらいにお悩みをたくさん書かれていました☺
肌のくすみも毛穴も気になる、たるみも気になる、、、。

これまでに、肝斑にレーザートーニング、PRP注射、ヒアルロン酸注射を
りたんまり受けられていらっしゃいました。
それでも肌の悩みは解決されず、
注入を繰り返し繰り返し受けても何かが違い、納得できず、、、
もはや自分でも何をしていいのかがわからなくなっていらっしゃいました。

それでも
さらに注入を強く希望され、
当時はまだ行っているクリニックの少なかったごく少量でリフトアップするヒアルロン酸注入方法(SSCヒアルロン酸リフト)をみつけていらっしゃったとのことでそちらを行いました。
そしてその後は説得して、ボリュームの出すぎていたお顔の脂肪を溶解したり、
スレッドリフトをしたりなどしてこの5年間で少しずつ、少しずつ、お悩みを一緒に考えながらSolution解決してきました。

今では、「肌に悩みが本当になくなった。悩みがないからなかなか先生に会いに来れない(笑)」といってくださっています。

そして久しぶりにご来院。
長年通ってくださっていますと、家族や友人のような感覚になっいますので
久しぶりにお会いできてちょっとウルってしちゃいました(笑)

前回スレッドリフトをした後、
ご妊娠され、この1年美容施術は全く何もせずいらっしゃいましたが、
まだまだフェイスラインのシャープさが維持できていて
MWデュアルリフト®の持続にとても喜んでくださっていましたよ。
フェイスラインはまだスレッドの効果が残っていますが、
ほうれい線が気になってきたとのことでしたので
今回はフェイスラインの輪郭ではなく、ほうれい線の改善させるデザインでMWデュアルリフト®とN-COGリフトの追加を行いました。

この方ともお話をしていたのですが、
スレッドリフトの効果が1年くらいもてば、1年に1回のスレッドリフトでたるみのケアができるので
HIFUや他の機器でのリフトアップする必要がないのです。
私も全くHIFUなどはしておらず、1年に1回くらいのスレッドリフトだけしています。

初診時
注入治療によりシワはないのですが、、、
ボリュームのバランスが良くなかったのです、、、

フウセンウオちゃん💛みたいでかわいいですが、、、(←大好き💛)

  • ふうせんうお に対する画像結果
  • ふうせんうお に対する画像結果

 

 


MWデュアルリフト®
治療前


治療後 フェイスラインをリフトアップし、また中顔面のボリュームをこめかみの方へ流してスッキリさせました。


1年3ヵ月後 出産後で体重はまだ2kg多いそうです。輪郭はまだキープされていますが、目の下の中顔面のたるみやほうれい線が目立ってきているのでそこをリフトするデザインで追加しました。


今回追加後

 

もう一度
5年前の初診時と今を比較してみましょう

5年前


現在

ボリュームの位置が変わって洗練された感じしませんか?
お肌質もツルピカで毛穴も目立たなくなっています💛

MWデュアルリフト®は当院の商標登録治療です。
この技術を正確にお伝えしていくために、私がマンツーマン指導をしています。

MWデュアルリフト®は
5種類の糸から症状に合わせて使用する糸を選んでおります。

引き上げ専用の糸で引き上げた後、
固定用の糸で動きをlockします。そこが他のスレッドとの違いです。
側頭腱膜には固定しませんので痛みが持続することもありません。

引き上げ力の強さと少ない本数でも効果の持続が長いのはそこに秘訣がありあす。

挿入方法にテクニックが必要なので、今現在MWデュアルリフト®を行っている先生方ともたびたび症例検討を行い、技術の維持、さらなる技術upをめざして日々議論を重ねております。

現在私が直接指導をし、全国にMWデュアルリフト®を行える施設を増やしております。
私が厳選した医師ばかりですので
ご遠方の方は以下にご案内しましたお近くのクリニックをご利用ください♡

またPCLは糸が溶けていくとコラーゲン増生が高まって、お肌のハリやキメも良くなります。(MWデュアルリフト®プレミアムの場合にはPCL以外の素材も含みます)

効果の持続はヒアルロン酸と同じくらいで数年間です。
当院では費用もヒアルロン酸と同じくらいです。

料金
A.フェイスラインと頬リフト(両側で10本使用) ¥250,000
B.フェイスラインのみ (両側で6本使用)          ¥200,000

AまたはB施術後2ヵ月以内の追加片側2本 ¥60,000
AまたはB施術後2ヵ月以降6ヵ月以内の追加 片側2本~3本 ¥80,000~150,000

MWデュアルリフトプレミアム(挿入部位・本数お任せ)¥300,000
アゴ下MWデュアルリフト ¥200,000

幹細胞培養上清液同時注入は +¥200,000>>>

別途診察料等が必要です。(税別)

モニターサービスもございます。

詳しくはこちらを>>>

 

現在MWデュアルリフトをお受けいただける施設

東京
当院 スキンソリューションクリニック
銀座みゆき通り美容外科 銀座院>>>
光伸メディカルクリニック(新宿)>>>
池袋サンシャイン美容外科(池袋)>>>

千葉県
市川スキンクリニック(市川)>>>

横浜
マスダクリニック形成外科・皮膚科(綱島)>>>

愛知
new うえだ皮膚科内科クリニック>>>

京都
いわき形成外科・皮膚科>>>

大阪
81(エーティーワン)クリニック>>>
銀座みゆき通り美容外科 大阪梅田院>>>
つかはらクリニック (大阪天王寺あべのハルカス)>>>

神戸
さわこ形成外科クリニック>>>

中国地方
林原医院(鳥取県米子)>>>
津山クリニック(岡山県津山)>>>

九州地方
みやざき美容クリニック(宮崎)>>>
ビスポーククリニック(博多)>>>

 

投稿日:2021年4月4日  カテゴリー:MWデュアルリフトⓇ(スレッドリフト), ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

腋臭症、多汗症の脇の手術後の傷跡や色素沈着の治療に「プラズマNEOGEN evo ハイエナジー」

腋臭症(ワキガ)や多汗症の手術後の傷跡や色素沈着の治療を行っております。

● プラズマNEOGEN evo ハイエナジー
● レーザートーニング
● マイクロニードリング療法(ダーマペン)
● エレクトロポレーション

上記を組み合わせて治療をしています。

この方は右脇のみまず手術をされた方ですが、
色や傷跡がきになるとのことでまずプラズマ照射をご紹介しました。

3回照射後です。ハイドロキノンの外用も併用しています。

治療前


治療後

かなりきれいになりましたので、先日左側の手術もうけられ左の治療も開始します。

プラズマ照射費用
両測 脇 1回 照射範囲と強さにより ¥5,500~13,200
別途 初回カウンセリング料¥3,300 再診料¥2,200が必要となります。

★ 治療後は赤みがでたり、色素沈着が一時的に増すことがあります。
★ ハイドロキノン等の外用剤を併用いただくことが多いです。
★ お痛みはごく軽度です。

 

Skin Solution clinic  では創意工夫をモットーとし、
オリジナリティーのあるクリエイティブな治療を心がけております。

すなわち機器での治療はだれが扱っても同じ結果になりがちですが、
安全性を第一に、その治療の理論から、デフォルト設定、マニュアル通りのやり方のみでなく、最大限にその機械の威力を最大に活用できるよう相違工夫をしております。

また、スレッド治療、注入治療など
手技においてもより良い結果を出せるように
安全性を最優先にとことん追求し、オリジナルの手法を日々編み出しております。

どんな治療においても、納得できる結果がでるまでとことん追求!
日々勉強、研究を忘れず、努力いたします。

他でうまくいかなかった治療こそ
当院にご相談ください。
精一杯一緒に考えて、S0lution(解決)できるように頑張ります💛

 

 

投稿日:2021年4月3日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング