八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

男性の薄毛治療について 医師向けのWEBセミナーで講演をしてまいりました 「ザガーロ」は効果の発現が早く、長期フィナステリドで治療後にザガーロに変更しても効果が増すケースが多く認められました

昨日は診療を少し早めに切り上げさせていただき、
全国約3000人の医師に、男性の薄毛治療について講演をいたしました。

当院では10年以上AGA治療に取り組んでおり、
全国稀にみる長期継続治療実績が多数ございます。
このWEBセミナーは今回で3回目となりました。

新しく登場したザガーロの効果について、当院での評価、考察についてお話いたしました。

これまでのフィナステリドでも十分効果がありますが、
新しく登場したザガーロにおきましては治療開始3ヵ月と、
早期から効果が実感できるケースが多くみられます。
当院では、ザガーロ0.5mgで治療を開始した方の40%の方で3ヵ月ですでに効果が確認できています。効果の発現が早いのが特徴です。

また、当院で10年以上フィナステリドで治療をされている方もいらっしゃいますが、
長期間、フィナステリドで治療をし、効果が横ばいになっている場合に、
ザガーロへ切り替えると効果がさらに増すのかについてみてみました。
当院では、フィナステリドからザガーロへ切り替えた患者様は37名いらっしゃいます。
そのうち8年以上フィナステリドで治療をしてからザガーロへ切り替えた方が4名いらっしゃり、そのうちの2名が頭頂部がさらに改善しました。
5年以上8年未満の切り替えの方が5名いらっしゃりその中でM字部分の改善がさらに得られた方が1名、
5年未満で切り替えた方におきましては頭頂部は10例がさらに改善、M字部分は6例がさらに改善することができました。
したがって、フィナステリドで長期間治療をし、効果が横ばいになった際でも
ザガーロでの治療に切り替えてみるとさらに改善が得られることがあります。

 

当院では、長期間の安全性を重視し、ミノキシジルの服用は併用せずに
AGA治療を行っております。
フィナステリドやザガーロの服用とミノキシジルの外用治療のみでも
十分効果があります。
AGA治療は継続し続ける必要があります。
長期間使用することを前提に、最小限のお薬で治療をすることをお勧めしています。

2017年に改訂された脱毛症診療ガイドラインにおいて
「ミノキシジル」内服治療は男性女性ともに
推奨度D(行うべきではない)と追記されています
>>>

投稿日:2019年6月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング