八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

単純疱疹(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)の「1day treatment」開始と事前処方解禁

かぜをひいたり、熱が出たり、免疫力が低下した時にできる
ヘルペス。
病院へお薬もらいに行こう!っと思っているうちにどんどん水疱になってしまいますね。


これからはむずっと、ひりっときたその時にすぐ服用が開始でき、
6時間以内であれば「ファムビル®錠」を
1回4錠(1000mg)を1日2回

たった1日の服用で治療が可能になりました。

この「再発性の単純疱疹に対するファムビル®錠のPITによる短期間投与」
PIT : patient Initiated Therapy あらかじめ処方された薬剤を初期症状に基づき患者さんの判断で服用開始する治療方法

は、以下の条件に当てはまる方が治療可能です。

・単純疱疹(口唇ヘルペス又は性器ヘルペス)の同じ病型の再発を繰り返している場合
・同じ病型の再発頻度が年間3回以上の場合
・再発の初期症状(患部の違和感、灼熱感、そう痒感)を判断可能な場合

です。

上記に当てはまる方で処方をご希望の方は、
ヘルペスが出ていなくても事前処方が可能になりましたのでご来院ください。

 

投稿日:2019年2月27日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★