八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

ヒアルロン酸で新たなボリュームを加えるのではなく、できるだけボリュームは足さずにリフトアップが理想的♪~ほうれい線の皮膚のかぶり、目の下のくまなど中顔面の下がり(たるみ)はヒアルロン酸注入よりスレッドリフトをお勧めしています~

以前であれば
ほうれい線のシワは第一選択はヒアルロン酸注射!
という時代でしたが、
ほうれい線のかぶりはそこが膨らんでなったわけではなく
そのうえの皮膚やお肉がたるんで下がってかぶってできたふくらみです。
なのに下がったまま、その段差をヒアルロン酸で埋めるのは・・・
理想的ではない!!と思うのです。
元の位置にリフトアップして戻してあげれば改善します。

したがって最近では
なるべくヒアルロン酸で注入して治すのではなく、
なるべく元の状態に戻し、余分なボリュームを加えないように
することをお勧めしています。
ただし、脂肪がやせてボリュームが減ったことによるたるみには
ボリュームの追加が必要です。

20歳代のこの方はとってもかわいらしい方ですが💛
目の下のお肉が少したるんで下がり
目の下がさみしい印象です。

そして下がったお肉が少しほうれい線にかぶっています。

目の下の頬にヒアルロン酸注入をしたり
ほうれい線にヒアルロン酸を注入して改善させるのではなく
スレッドで下がったお肉を元の位置にもどして差し上げました。

N-cogスパイラル(Nコグスパイラル)を両側に2本ずつ挿入して
頬の下がりを持ち上げました。

治療前


治療後

このように中顔面をリフトアップしてあげますと
元気で明るい印象に変わります

余分なボリュームを加えず、
元の位置にリフトアップ。
そうすれば小顔が保てます💛

スレッドの先端を少し伸びた鼻下を
上げるようにしたので
上唇のかぶりも改善して口元も元気になりました。

料金はこの方は¥80,000です。
状態によって使用する糸の種類や本数が変わりますので
まずはご相談ください。

 

カニューレを使用して溶ける糸を挿入しますので
内出血は生じることは稀です。

麻酔薬(液)の使用は少量ですので
余り腫れることもありません。

2週間は糸のちくちくを感じることもありますが、その後は違和感は消失します。

投稿日:2018年12月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング