八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

乾癬治療。医師と患者様との治療目標のギャップから見えてくること。私たちは初診時に病気の説明、悪化因子、生物学的製剤含めた治療の選択、合併症の予防などについての詳しい説明をしています。

当院では、アトピー性皮膚炎、乾癬、酒さ、ニキビ等
難治性の慢性疾患をとくに多く診ています。
全国各地、遠方からのご来院も多いですが
状態が良くなられても、10年以上にわたり定期的に通院
してくださっている方が大勢いらっしゃいます。
その中で、私が特にいつも気を付けていることは、
日進月歩変わる治療や病気についての情報について、
最新の情報を漏らさず皆様にお伝えしていくことです。
私が情報を提供しなかったばかりに、治療の選択の幅を
狭めてしまうことがないように心がけています。
そして気を付けなければならない合併症のチェックです。
皮膚疾患、特に慢性炎症性の疾患においては、
長い期間において生じてくる可能性のある合併症や
治療の副作用が出てきていないかを診ていく必要があります。
長期間治療に通っていただくということは、
その方の一生を診る責任があります。
例えば
開業14年目になりますと、アトピー性皮膚炎のお子さんが成人されて
その患者さんがご妊娠されたということも
しばしばあります。
アトピー性皮膚炎は遺伝性がありますので
生前からそのお子さんのアトピー性皮膚炎の予防の指導をしたり、
生まれたお子さんのスキンケア、食事指導をしたり、
ご家族を診ていくことにもなります。
また
乾癬の方においても、関節症状が出てきたり、
メタボになりやすいので、あれ?少し太ったかしらと
思いましたら食生活指導をしたりしています。
たわいのない会話の中で、患者様の小さな変化を
診ています。
いつも変わり映えしない診療じゃないか!!と
思っていらっしゃる方もあるかもしれませんが
そんな「変わりのない(問題ない)」ことを確認していますので
許してくださいね。

さて先日、このような記事をみました。

ここでは54施設で425の医師と患者のペア回答を集計し、「乾癬の治療におけるギャップに関する調査」について調査された結果について書かれています。

乾癬はなかなか完治が難しいですが、
皮疹の少ない良いコンディションを保つために
さまざまな治療があります。
その治療目標を
「皮疹の完全な消失」
「皮脂のほぼ完全な消失」
「前回治療よりも経過」等の7項から選択してもらった結果、
患者、医師ともに
「皮疹のほぼ完全な消失」を選んだ割合が
患者42.5%、医師44.4%でした。
その他の67.9%は、医師と患者で治療目標が不一致で、
患者のほうが医師よりも、より高い治療目標を持っていることがわかりました。
この中では、乾癬の患者様との対談についても書かれていますが、
治療をしていくなかで、目標の設定を変えていっていることがわかります。
「完全に皮疹がない状態」の目標から
現実的には、治療が大変なので完璧を目指すのではなく、
支障なく日常生活が送れればそれでいいと思うようになったり、
外用剤を塗る手間や通院に要する時間が負担になっていたので
それらの負担をなるべく減らしたいという目標に変わったり、
自分に無理をしないように気持ちの置き方を変えていかれているのですね・・・。

この対談に出ていらっしゃるお二人の先生は、
ともに初診時の病気に関する説明に力を入れていらっしゃるとのことです。
私も、非常に大切なことだと考えています。
「乾癬」という病気の病態の説明、遺伝の有無、
一般的な治療の経過、
生物学的製剤、免疫抑制剤、アプレミラストの適応の有無、
食生活習慣との関与、腸内環境との関連、
入浴時の注意などなど
たくさんお伝えしておきたいことがあります。

「乾癬」と診断されていても
「乾癬について」の説明を受けていない患者様
大変多くいらっしゃるのです。

当院へは、すでに乾癬の治療を他で受けているが、
「乾癬についての話をもっと詳しく聞きたい」とか
「ここに通院はできないが、自分の乾癬の状態を一度診てほしい」
「今の治療でよいのか診てほしい」

など、ご遠方からのご来院がしばしばあります。
時々中国等海外からご来院される方もいらっしゃいます。

それはやはり、医師からの説明に十分満足されていない
現状が多いからだと思います。

当院ではこのように
通院はできないけれど、一度治療の相談に乗ってほしい
という方もたくさんお受けしています。
今現在受けている治療内容のわかるものを
ご持参いただき、お気軽にいらしてください♡

 

 

投稿日:2018年7月30日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬