八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

3月1日より乾癬の治療薬「オテズラ」の長期処方が可能になります。

乾癬治療薬としては
25年ぶりの新薬である「オテズラ(アプレイラスト錠)」が
2018年3月1日で、
発売開始から1年を経過し、

処方期間制限が解除され、長期処方が可能になります。

これまでは2週間に1度来院しなければなりませんでしたが
有効性が高く、乾癬の方にとって大変期待できるお薬であり、
当院では欠かすことなく、2週間に1度この1年間きっちり
通われていた方がとても多いです。
本当にお疲れさまでした。
皮膚科専門医であっても、まだまだオテズラの使用経験の
少ない施設も多く、
当院へはとても遠方からの来院も多かったです。

処方開始から1年がたち、以前とは違って
医師の治療経験も増えていると思いますので
症状の安定している方でご遠方の方は、近隣の施設での通院へ
戻られてもよろしいですね。
ご希望の方はこれまでの治療経過についてを記載し
紹介状をお書き致しますのでご相談ください。

投稿日:2018年2月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬