八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

冬の足の臭いにご用心( ˘ω˘ ) ぷ~~ん 

冬のこの時期意外と足の臭いのご相談が増えます。
足が蒸れやすくなる原因蒸れると臭ってしまう原因

足の臭いの原因成分は
主に「イソ吉草酸」「イソ吉草酸アルデヒド」
といわれています*1。
いわゆる「むせるような甘酸っぱい焦げた臭い」です。
皮脂や角質中の「ロイシン」というアミノ酸が、
皮膚の常在菌によって分解されて産生される成分です。
足が蒸れて高温多湿になると皮膚環境が変わり、
これらの臭いの成分が増えると考えられます。

パンプスよりもブーツにおいて、
特に菌数が増えるとも言えませんが、
ブーツのほうが高温多湿になるといわれていますので*2、
より臭いが出やすくなる可能性があります。

*1.植村 清美 他:新規足臭成分の探索,に保温味と匂学学会誌 vol.22 no3 433-436 2015
*2.川角 浩 他:婦人用ブーツの最近学的検討,日本未病システム学会雑誌 6(2):25-28,2000

 

足の蒸れや臭いを放置することで、起こりやすい症状

一番問題になるのは菌の繁殖。最も多いのは水虫です。
水虫は真菌というカビの感染ですので、湿気を好んで繁殖しやすくなります。
以前は夏場に多かったのですが、
最近はブーツを履くなどの靴環境も影響してか
冬場にも多くなりました。

 

足の蒸れや臭いを予防する上手な方法

靴の中の湿度と温度は、履いて5分後には急激に上昇します。
素足の場合と靴下をはいた場合とでは、湿度に差があり、
素足>ストッキング着用>靴下着用の順で多く湿潤します*3.
したがって素足でなく、靴下など何か一枚履くことがまずは蒸れの予防になります。

また足の発汗の量には個人差があります。
もともと多い方は制汗作用のある塗るタイプのケア用品を使用するのがお勧めですよ。

 *3.白井喜代子他:妊娠期の足部の衛生保持を目的に蒸れに着目した久都内環境,岡山県母性衛生(23):41-42,2007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2017年12月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング