八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

魚のアレルギーのいろいろ・・・加熱したら大丈夫な人とダメな人。などなど

 

お魚を食べると
じんましんなどのアレルギー症状が出る場合に
食べても平気な時と出てしまうときがあったり、
生はダメだけれど、加熱をすれば食べられるとか、
生も加熱も加工品もダメなど
実はとても複雑です。

その原因は、お魚のアレルギーには
人ぞれぞれアレルギー症状が出る原因が
異なるからです。

魚アレルギーの主要原因物質で最も多いのは
「パルブアルブミン」
全世界的には患者の95%がこれによる
アレルギー症状と言われています。
ところが日本では北欧などに比べて
魚の摂取量が多いにもかかわらず
魚アレルギーの患者は少なく、
原因物質は「パルブアルブミン」よりも
「コラーゲン」である場合が多いです。

 

★この原因物質が、
「パルブアルブミン」なのか「コラーゲン」なのかで
魚を食べる場合に気を付ける点が異なります。

①「パルブアルブミン」が原因の場合は、
耐熱性の物質のため、
加熱しても原因物質の抗原性は変わらないため、
食べられません。
でも水溶性の成分のため、鯉のあらいのように
水にさらせば抗原物質が荒い流されて
比較的食べられます

生でも加熱調理しても食べられない人は
このタイプが考えられます。

 

次に「コラーゲン」が原因物質の場合
日本人での魚アレルギーはこの原因が多いと
いわれています。
コラーゲンは水に溶けませんので
水にさらしても抗原性はなくなりません。
ただ、コラーゲンは過熱により抗原性が低下
しますので、加熱調理してあると
アレルギー症状が出ない人はこのタイプです。

 

そして意外にも多いのは
「アニサキス」が原因の場合です。
過去にアニサキスの寄生した魚を食べたときに
感作(アレルギーを獲得すること)されていて、
またアニサキスのついた魚を食べたときに出るアレルギー症状です。
この場合、加熱してもアニサキスの抗原の
アレルギー性は低下しないため
生でも加熱調理しても
その魚にアニサキスが入っていると
アレルギーが出てしまいます


そしてこれも多い原因ですが
魚にじんましんなどの原因になる
ヒスタミンの含有量が多くなっている場合です。
これは厳密にはアレルギー反応ではなく
誰にでも起こる可能性があります。
魚肉に含まれるヒスチジンは、
魚のヒスタミン産生菌により、
量が多くなるとアレルギー症状を引き起こす
ヒスタミンに変化されます。
この菌のうち低温細菌のタイプは冷蔵保温でも
発育する菌のため、長く冷蔵保存をしている場合に
ヒスタミンが多くなっている可能性があります。
それを摂食すると、その人それぞれ、また体調にも
より、ヒスタミンに反応しやすい状態であると
じんましんなどのアレルギー症状が起きます。
アレルギー検査をしても陽性にならない場合には
このタイプが多いです。
また日によって食べて大丈夫な時と、
アレルギーが出る場合とがあるのはこの原因に多いです。

 

このようにお魚のアレルギーは複雑です。
どのようなときにどのような調理方法で食べると
出るのかというエピソードが重要ですので、
医師に詳細にお伝えくださいね。

 

*原田 晋 他:魚類アレルギーの3例
ー原因抗原解析に関する検討とともに,
J Environ Dermatol Cutan Allergol,4(1):
41-46,2010
*中島陽一、近藤康人 藤田保健衛生大学:
甲殻・軟体・魚類 食物アレルギー総論,
小児科診療、9号 1227-1231,2015

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 健康情報・アンチエイジング