八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

アトピー性皮膚炎のかゆみ物質の産生に重要なたんぱく質を発見ー新しいかゆみ治療薬の開発に期待ー


以前にアトピー性皮膚炎のかゆみは
非常に多彩な要因があり、既存の内服薬では
充分な効果を出しにくいことについて書きました。

★「アトピー性皮膚炎においてかゆみ止めの飲み薬が奏功しにくい理由」
その1>>>
その2>>>
その3>>>
その4>>>

 

そのなかで、現在多くのかゆみ止めの飲み薬は
ヒスタミンというかゆみを引き起こす成分のみを
抑えるものが多く、現在かゆみの原因として
わかっている他のケミカルメディーエーターを
抑えられるものは少ないとお話いたしました。>>>
近年そのアトピー性皮膚炎のかゆみに関係している
ケミカルメディエーターの一つとして
「インターロイキン31(IL-31)」
という物質が注目されています。
*1 Dillon SR et al:Interleukin 31,a cytokine produced
by activated T cells,induces dermatitis in mice.
Nat Immunol.5:752-760,2004
*2 Raap U et al:Correlation of IL-31 serum levels with
severity of atopic demtitis . J Allergy Clin Immunol,122:421-423.2008

 

そして免疫抑制剤がこのIL-31を抑制できることが
わかっていますが、副作用の問題から汎用はできないのが現状です。
*3 Otsuka A et al:Effects of cyclosporine on pruritus and
serum IL-31 levels in patients with atopic dermatitis.
Eur J Dermatol.21:816-817,2011

 

先日、九州大学生体防御医科学研究所の福井宣規教授らの
研究グループは、近年アトピー性皮膚炎におけるかゆみの
惹起物質である「IL-31」の産生に、EPAS1という
タンパクが重要な役割をしていることについて発表しました。
このEPAS1を抑えることでIL-31の産生を抑制し、
アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えることができるため
今後新たなかゆみの治療薬の開発が期待されます。
ただし、前述したように、アトピー性皮膚炎のかゆみの
要因は多彩ですIL-31を抑えることは、かゆみのごくごく
一部の原因ですので、まだまだ開発の余地は大きいです。

ただ現実的にもう少し早くに期待できるものとして
数ヶ月後には乾癬の治療薬として
炎症性サイトカインを抑制する「PDE4阻害剤」の内服薬が発売になります。
免疫抑制剤よりも副作用がかなり少ないこと。そして
乾癬の症状およびかゆみを抑えることで期待されて
いますが、乾癬のみならず、アトピー性皮膚炎等のかゆみ
も抑えられる可能性がありますので今後期待できそうです。

アトピー性皮膚炎の方が、今よりもっと
かゆみに悩まされず、快適に過ごすことが出来るお薬が
早く開発されるとよいですね。

 

投稿日:2017年1月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎