八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

かゆみ止めの飲み薬。じんましんには奏功するけど、どれもアトピー性皮膚炎のかゆみに効きにくい理由<その4>

このシリーズ最後は
中枢性のかゆみです。

 
img270

 

アトピー性皮膚炎では、
この中枢性のかゆみにおいて、
かゆみを誘導するβ-エンドルフィンやμ-レセプターの発現は正常で、
かゆみの抑制系のダイノルフィンやκ-レセプターの発現が低下していることにより
かゆみが誘導されているといわれています。

同様のことが、血液透析患者で起こっています。
このκ-レセプターの活性化をすることで
かゆみを抑制するのがナルフラフィン(レミッチ®)
という内服薬が現在では透析患者さんのかゆみ止めとして
使用されており、とても有用です。

同じような状態が生じているアトピー性皮膚炎の
中枢性のかゆみに対しても有効であると考えられて
いますが、アトピー性皮膚炎に対する有効性についえは現在検証中です。

この中枢性のかゆみは、これまであるかゆみ止めでは
効きません。
レミッチがアトピー性皮膚炎に使用できるように
なりますと、今よりもかゆみを抑えることができそうですね。

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, アトピー性皮膚炎