八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

生後すぐからの保湿ケアはアトピー性皮膚炎を予防!

国立成育医療研究センター生体防御系内科部
アレルギー科医長の大矢幸弘先生他より
新生児期からの保湿剤の塗布により、
アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上
低下するという発表がありました。
*Kenta Horimukai, Yukihiro Ohya et al:
Application of moisturizer to neonates prevents
development of atopic dermatitis.
Journal of Allergy and Clinical Immunology
;vol.134:824-830

両親もしくは兄弟にアトピー性皮膚炎の既往歴があり、
アトピー性皮膚炎の発症リスクの高い新生児118人を
対象に、保湿剤の2e[ドゥーエ]を1日1回毎日、
生後1週間から32週にわたり、
全身に塗布するように指導した群(59人)と
乾燥した局所のみワセリンを塗布した群(59人)で、
アトピー性皮膚炎の累積発症率を比較しています。
IMG_2435

32週間におけるアトピー性皮膚炎(4週間以上続く
かゆみや湿疹などの皮膚症状と定義)の発症者数は、
2e(ドゥーエ)で連日保湿ケアをしていた群が19人、
乾燥部位のみワセリンを塗布していた群28人となり、
全身の保湿ケアを行っていた群が、有意に長い期間
アトピー性皮膚炎を発症していないことが明らかに
なりました。

また、卵白とオボムコイドについての
血清IgE抗体価(アレルギー検査)を測定しましたが、
両者に有意差は認められなかったそうです。

そこで、アトピー性皮膚炎もしくは湿疹を生じた
患児43人と、湿疹はなくアトピー性皮膚炎を来して
いない患者49人において、卵白とオボムコイドの
血清IgE抗体価を比較したところ、
皮膚症状のある患者の大部分が有意に高い値を
示しました。
これらの結果から、湿疹やアトピー性皮膚炎を
発症した新生児では卵白抗原の感作が多い、
すなわち
卵白アレルギーになりやすいということが
示された
ことになります。

*オボムコイドとは、加熱してもアレルギーを起こす
性質を失わない卵たんぱくのこと。

 

以上のことから、
新生児において毎日の保湿剤の使用が、
アトピー性皮膚炎や湿疹発症のリスクを減らすこと。
さらには、これら症状の発症を防ぐことが、
アレルギーを獲得してしまうリスクを
減らす可能性があると述べられています。

 

このように、生後すぐからのスキンケアが、
アトピー性皮膚炎を予防するという報告は他にも
あります。

入浴剤での保湿ケアも有効なようです。
*B K Kvenshagen,K-H Carlsen et al:
Can early skin care normalise dry skin and possibly
prevent atopic eczema?A pilot study in young infants.
Allergologia et immunopathologia.2014 sep
ノルウェーの乳児を対象とした検討において、
早期のスキンケアが皮膚を正常化して、乾燥を防ぎ、
アトピー性皮膚炎の予防にもつながる可能性が
示唆されています。
この論文では軟膏の塗布による保湿や、オイル浴にて
スキンケアを行った結果です。

 

新生児のみでなく、乳幼児期や小児期、もちろん
成人においてもに保湿スキンケアを行うことは、
さまざまなアレルギーの獲得のリスクを軽減すると
言えます。
また、ピーナッツオイルが含有された皮膚保護剤
の使用により、海外ではピーナッツアレルギーに
なってしまった子供たちが多かったこと。
また日本においても茶のしずく石鹸に含有されていた
小麦加水分解物により、使用していた方が重篤な
小麦アレルギーを生じた件は、大きな社会問題と
なりました。
ご存じな方も多いのではないでしょうか。
オーガニックや高品質なものが、アレルギーについては
必ずしも安全とは限りません。
先ほど使用されていた2e(ドゥーエ)ミルキーローショ
ンのように、
アレルギーを起こしにくいと、
安全性が確認できて
いるものをご使用いただくことを
おすすめいたします。

 

<当院おすすめの保湿ケア用品>
IMG_2441

 

IMG_2444

 

こちらが今回使用されていた保湿液です。

 

 

 

 

 

 

IMG_2442

 

 

 

IMG_2443

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2440

コラーシュメディパワー 保湿入浴剤
¥3,240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★