八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

アトピー性皮膚炎にドコサヘキサエン酸(DHA)が有効

先日、アトピー性皮膚炎モデルマウスの実験において、
ドコサヘキサエン酸(DHA)が有効であるという報告
がありました。
*Han SC,et al.J Invest Dermatol.2014 Nov 18

 

img091

 

n-3系の油:亜麻仁油、いわしやさんまの魚油、えごま油、しそ油など

n-6系の油:コーン油、ひまわり油、紅花油、大豆油、ごま油など

 

 

以前にこのn-6系の油の過剰摂取により、
動脈硬化、心筋梗塞、癌、アレルギー疾患などの
生活習慣病と関係していることについて
お話いたしました。
n-3(EPA)/n-6(アラキドン酸)比が0.8以上が理想的です。

そしてこのn-3系の脂肪酸からできる
EPAやDHAは炎症やアレルギーを抑えることが
わかっており、当院でもアトピー性皮膚炎や
乾癬などの慢性皮膚疾患の治療に、EPAとDHAを使用
しています。

EPAやDHAへ変換する酵素は弱いため、n-3系の油を
摂取してもごく微量しかEPAやDHAにはなりません。
したがってEPAやDHAを直接をとったほうがよいです。

 

当院のサプリメント EPAにはEPAの半量のDHAも配合
しています。

今回の報告のように、
薬を塗ったり飲んだりして、症状を抑えるばかり
ではなく、食生活の改善や食品である サプリメントで
必要栄養素を補充して、私たちの体の中のシステムを
整えて、症状を改善させる治療が、今後は進んでいくと
考えられます。
体に優しく、安心で安全な治療へ。
お薬に頼らない治療方法へ。

 

慢性皮膚疾患の方におすすめ
EPAサプリメント 60粒 (1日2-3粒)¥4,250

副作用はありません。
妊娠授乳中でも服用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★