八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

薬に頼らない花粉症対策!(その2)準備開始時期ですよ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

すでに花粉症をお持ちになってしまっている
方に、症状を楽にさせるのに必要なサプリメントが
あります。

それはビタミンDとラクトフェリンリン、乳酸菌。

ビタミンD
免疫機能を整える作用のあるビタミンDは、
炎症を引き起こす炎症性サイトカインを
抑制して、アレルギーの症状を和らげます。

D3+
1日3粒  60粒入り ¥2,030

 

ラクトフェリン
腸とアレルギー疾患との関連は、
ようやく周知されてまいりました。
母乳や唾液などに含まれるラクトフェリンは
アレルギーに関係する腸管免疫を整え、
炎症性物質の産生を抑制する抗炎症作用があります。

バイオラクト(ラクトフェリン)
症状により1日6~12粒 90粒入り ¥4,500

 

乳酸菌(プロバイオティクス)
腸での免疫機能が乱れていると
全身性のアレルギー症状に関係します。
その腸管免疫に大きく関係するのが腸内細菌です。
善玉菌は腸のバリア機能を正常に保つのに関与しています。
善玉菌を投与したり、善玉菌の良い作用を増やすことで、
アレルギー体質が改善されます。

コンプリートバイオティック
1日1~2粒 60粒入り ¥7,500(税別)

ヨーグルトによる乳酸菌の摂取は手ごろですが、
乳酸菌の含有量はサプリメントの10分の1にも
満たないので、
治療としては不十分の場合が多いです。

 

★クリニックオリジナルサプリメント
ドクターズレシビ 花粉症セット
バイオラクト(ラクトフェリン)、ビタミンD、
粘膜を強化するビタミンA
ビタミンC、Eなどをバランスよく配合
30回分 ¥6,655(税別)

 

私たちの体の中の、過剰にアレルギー反応が生じない
ようにするシステムを整えて、お薬にばかりに
たよらない様にしましょう。

 

 

<ビタミンDの多い食品>
ビタミンDはお魚に多く含まれます
アンコウの肝がダントツに多いです!
アンキモ

 

魚や魚卵とくにサケやマスに多いです。
fresh salmon

 

 

 

 

いくら

 


食事から治療に充分な量を摂取することは
非常に難しいため、サプリメントでの
補充をおすすめしております。
花粉症の症状がでる前からの投与が重要です。

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★