八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

ボツリヌストキシンに新たにXEOMIN(ゼオミン)を導入します

眉間のしわに対して「ボトックスビスタ」
重度の原発性腋窩多汗症(ワキ汗)に対して
「ボトックス」
が日本国内において厚労省の承認する
ボツリヌストキシンとなりました。

ですが長年当院で使用してきた「リジェノックス」
の製剤品質における利点や価格の関係で引き続き
リジェノックスも採用しております。

もちろんご希望のある方はボトックスや
ボトックスビスタにて治療が可能です。

当院で「リジェノックス」にこだわっている点と、
今回「ゼオミン」を導入したのには大変大きな理由が
あります。

これまでボツリヌストキシン製剤は人由来の
タンパク質と結合させた形でないと製造、作用が
難しく、わずかながら他人のタンパク質を使用する
そのリスクとまたその複合タンパクに対する抗体が
生じて耐性ができ、ボツリヌストキシンが効かなく
なる体質になってしまうことがあるリスクは
やむをえませんでした。

「リジェノックス」はその人由来蛋白が、
「ボトックスビスタ」や「ボトックス」よりも
少ない点でそれらのリスクがより少なく
安心です。その他にもWorld Wideな他の製剤よりも
優れている点が多いのです。

そして今回あらたに導入する「ゼオミン」は
なんとこの人由来のタンパク質の含有が極めて
ゼロに近く少ないのです!!!!
他の製剤もこの複合蛋白を減らず努力を
これまでにも度々しており、20年前と比べると
1/2~1/5にまで減らしています。でもまだなお
ゼオミンと比べると多いのです。

この「ゼオミン」はやや高価であるため、
患者様に使用するには料金が高くなりopenに
使用している施設はまだまだ少ないのですが、
私の周りの美容に携わる医師には、
自分自身や家族には承認薬のボトックスや
ボトックスビスタではなく、
この「ゼオミン」を使用しているという方が
多数います。
医師も厚労省承認のものがもっとも安全で安心と
思っているとは限らないということですね・・・
・・・|゚Д゚)))
私も同感。

私自身にはこれまで「リジェノックス」を使用して
いましたが、このすばらしいボツリヌストキシンの
作用が効かなくなるのは悲しいので、ワキ汗治療など
たくさんの量を使用する施術には「ゼオミン」を
使っていこうかなと思っています。

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★