八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

経皮感作でも発症する食物アレルギー。結局は皮膚・粘膜のバリア機能の強化が大切です。

当院では食物アレルギー、アトピー性皮膚炎を
はじめとしたアレルギー疾患の患者さんを
多く診察しています。

生まれつき遺伝的に皮膚のバリア機能が低下して
いるためにハウスダストやダニにアレルギーを
獲得してしまうアトピー性皮膚炎に多いアレルギーや、
特にアレルギー疾患がこれまでないのに
同じものを継続して摂食し、未消化の食物に対して
緩徐な反応のアレルギー症状を示す
遅延型フードアレルギーなど
今やアレルギーの発症機序と症状は多彩です。
それらの原因、感作経路についてもいまだ諸説あります。

食物アレルギーの中の即時型アレルギー(食べてすぐ
にじんましんや呼吸困難などの症状がでるもの)の
感作は従来は,消化管経由で食物系抗原が体内に
入り食物アレルギーを獲得するというのが主な感作
経路といわれていましたが,最近ではこれらの経路
に加え,皮膚においてもバリア機能の破壊されていると
食物のて種々の抗原が皮膚内、体内に入り,
アレルギーを獲得してしまうという経皮感作という
新たな経路が注目されています。

この典型的な例が、少し前に問題となった
「茶のしずく」石鹸による小麦アレルギーの獲得です。
この石鹸に含まれていた小麦成分のグルパール19Sが、
石鹸の界面活性剤によると考えられる皮膚のバリア機能
の低下により、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の既往の
ない人においてもその物質が皮膚から体内に入り,
小麦摂取によるじんましん,食物依存性運動誘発
アナフィラキシーが起こったという例で、経皮感作に
よる食物アレルギーに対する重要性を認識させるもの
でした。

この経皮感染での食物アレルギーが注目された結果、
スキンケアの重要性、湿疹を早く治してバリア機能を
早く回復させる重要性について広く認知されるように
なりましたがバリア機能を低下させないアプローチ
についてはいまだなされず、 保湿剤の塗布や薬の塗布
ばかりに専念しすぎているきがします。

なぜ、食物抗原やハウスダストやダニ抗原が
侵入してしまうような皮膚・粘膜のバリア機能の低下を
起こしているのかを考える必要があるのです。

新生児、乳幼児は皮膚が未熟なため、容易に乾燥、
皮膚炎をおこします。
保湿剤を塗付してバリア機能を高める工夫も
大切ですが、肌を丈夫にしてバリア機能を
高めるための栄養素すなわち材料も必要です。
母親からの母乳のみから栄養を受けている
時期は、母親の食事の影響を受けます。
皮膚の材料となるタンパク質や鉄、ビタミンC、
そして亜鉛などの摂取が少ないと、子供にも
必要栄養素が欠乏して肌や粘膜が弱くなる。
すなわち皮膚にせよ、気道粘膜、腸管粘膜にせよ
バリア機能が低下してアレルギーを獲得しやすく
なります。

当院ではこのさまざまなアレルギー疾患を
予防するために、授乳中は母親の栄養状態を
血液検査で確認することがあります。
妊娠・出産で鉄欠乏が進行していたり、
産後のダイエットでタンパク質摂取が欠乏
していたり、亜鉛が欠乏していたり。
その母親の欠乏状態を改善させると授乳中の
子供の皮膚の状態が改善することはよくあります。
子供のアレルギー検査ででたアレルゲンの摂取を
控えていただくことよりも大切なことと考えています。

また、遅延型フードアレルギーにおいても、
ただ単純に陽性物質の摂食を控えるのみならず、
腸管粘膜を強化して、腸の粘膜のバリア機能を
高め、免疫機能を正常化するアプローチが必要です。
原因物質を制限するのはあくまで対症療法です。
おなじように、アレルギーの食物をあえて食べさせて
脱感作させていく経口免疫法などの食物アレルギー
の耐性を誘導する場合においても、腸の粘膜機能を
高めておく必要があります。

 

まだまだ複雑で不明なことの多いアレルギーの機序、
治療も模索している医療の現状ですが、
いえることは皮膚・粘膜のバリア機能を
高めておくことが予防となるということです。

当院ではこのような腸管機能・皮膚・粘膜を
強化する栄養アプローチを行っております。
アレルギーでお悩みの方はご相談ください。

 

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 未分類