八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

運動後だけじゃない!痛み止めの飲み薬でも 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(食物アレルギーの一種)と同じ症状が出ることもあります

小麦を食べたあとに運動で誘発される
食物依存性運動誘発アナフィラキシーという
重篤な食物アレルギーがあります。
小麦を食べただけではアレルギーを起こさず、
食後安静にしているとならないのですが、
食べてすぐに運動をした時にだけ
呼吸困難、血圧低下、失神、腹痛、嘔吐、
かゆみ、発疹などの重篤なアレルギー症状を
起こします。

そもそも食物アレルギーは、消化が不十分な
おもにタンパク質が、腸で良くない異物と認識
されると獲得してしまいます。
次にその物質が体に入ってきた際に、
速やかにそれらを排除しようとする反応が
強く起こるようになったものがアレルギーです。

消化しにくい食物や消化機能が低下していると
アレルギーになりやすいといわれています。

乳幼児に食物アレルギーが多いのは、
この消化機能が未熟なためです。
十分に消化されないまま腸にとどまる
ことによります。
したがって乳幼児期の食物アレルギーは、
胃腸機能が成熟する2歳頃には
食べられるようになることが大半です。

加熱をしたり、食事の形態を工夫して
消化をよくすることや、胃腸の調子のわるいときに
消化の悪いものをいただかないようにするのも、
食物アレルギーにならないための予防になると言えます。

そして胃酸は蛋白質の消化に重要です。
不必要に胃酸を抑える薬を服用することも、
食物の消化が悪くなり、アレルギーを獲得しやすくなる
可能性があります。

そして冒頭にお話した食物依存性運動誘発アナフィ
ラキシーについて書かれたもののまとめを以下抜粋
いたしました。
(SEMINARIA DERMATOLOGIE
「食物の形態および消化・吸収食物アレルギー」
西神戸医療センター皮膚科部長 堀川 達弥先生
より)
食事依存性運動誘発アナフィラキシーは小麦
によるものが多いのですが、その大多数は小麦成分の
グリアジンという蛋白質に対するⅠ型アレルギーのある
個体におこります。小麦を食べるだけではアレルギー
症状はおきませんが、小麦を食べた後に運動すると発症
します。その機序は、島根大学の研究グループによって
明らかにされました。
 小麦を食べて安静にしていると、グリアジンは十分に
消化されてから吸収されるため血中には検出されませんが、
小麦を食べた後に運動すると、血中にグリアジンが検出
されるようになります。非常に激しい運動をしたときには
消化管への血流が80%に減少し、消化管粘膜の障害が
おこるとされています。

そしてさらには
食事依存性運動誘発アナフィラキシーは食物摂取と
運動の組み合わせだけでなく、食物摂取とNSAIDs内服
でもおこります。NSAIDsは胃だけではなく、小腸の
障害も起こすことが判明しました。
実際に、NSIDs内服後に小麦を食べると、運動をした
ときと同様に血中にグリアシンが検出されるように
なります。
 つまり、NSAIDs内服は消化障害を来すため、小麦
を食べたときに通常では吸収されないグリアジンが
吸収されてしまいます。
* NSAIDsとは痛み止めのことです。

またストレスでも消化管障害により、
同じようなことが起こりうるとも述べら
れています。

 

このようにアレルギー疾患は
胃腸機能が原因の場合が多く見られることが
わかってきています。
健康な胃腸すなわち粘膜が健康であることが
アレルギーを予防するうえでとても
重要です。

当院ではアレルギー疾患の方や、
胃腸粘膜を整えるために
ラクトフェリンのサプリメントを
処方しております。

ラクトフェリンは腸内のビフィズス菌を増やし、
腸の免疫機能を整えます。
ビフィズス菌がアレルギーの予防やアトピー性皮膚炎
を改善させる効果については多数報告があります。
(*Xiao JZ,Kondo S, Yanagisawa N,et al:
Effect of probiotic Bifidobacterium longum BBS36
in relieving clinical symptoms and modulating plasma
cytokine levels of Japanese cedar pollinosis during the
pollen season.
*Kalliomäki M,Salminen S,Arvilommi H,et al:Probiotics
in primary prevention of atopic disease : a randomized
placebo-controlled trial. Lancet 357: 1076-1079,2001)

 

アレルギー体質を改善したい方は
ぜひお試しください。

 

美肌と健康は腸から♪

 

バイオラクト(ラクトフェリン) 20錠 ¥1,050

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★