八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

第47回 点滴療法研究会実践セミナー in 福岡

1368920992778-1

 

2013.5月19日に福岡で開催されました
点滴療法研究会のセミナーに参加しました。
朝6時半の飛行機で福岡まで。4時起きでした(*_*)

 

1368921076671-1各地から医師、歯科医師の先生方が多数いらしています。
すでに点滴療法を導入している私は、今回はより新しい情報を得るための
参加です。
とくに歯科領域での点滴療法の効能に興味があります。

当院は皮膚科ですので、主に点滴療法の目的は美肌♪
私もこの効果には驚いています。
全身の皮膚が若返り、赤ちゃんの肌のような忘れていたぷにぷに感が
よみがえりました♪

他科のクリニックでは、ビタミンCの抗酸化作用による内臓のアンチエイジングから
癌の進行抑制、癌予防としての治療などいろいろな目的で行われています。
欧米ではあたりまえなこの治療も日本ではまだまだ導入している施設が少ないのが
現状です。先進国でありながら、QOLを高めるケアは遅れています。

さて今回私が注目したのは、歯科で点滴療法が行われていること。
もちろん美容が主な目的ではありません。
近年、歯周病や虫歯など口腔疾患が心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、肺炎、癌など
全身疾患との関連が示唆されています。
ビタミン点滴による口腔内のアンチエイジングは全身疾患のリスクを軽減させるのです。
勉強になりました。

また3.11以降、医師が奨める放射線被ばく対策として、高濃度ビタミンC点滴があげられています。
放射線によるガン関連遺伝子の異常はビタミンCなどの抗酸化栄養療法で改善することが明らかとなっています。
私たち点滴療法研究会では、長期にわたる低濃度放射線被ばくにより生じる
健康被害を抑えて、可能な限り次世代への影響を防ぐため、
該当地域に移住する人へのビタミンCなど抗酸化サプリメントの摂取を提唱しています。
また高濃度放射線被ばく環境で働く作業者の健康を守るために、
直ちに高濃度ビタミンC点滴療法と抗酸化サプリメントの摂取を実施すべきとの
公式声明を政府へ提出しました。

★これからも続く可能性が考えられる内部被ばく対策として
高濃度ビタミンC点滴療法は注目されています!

DSC_1463-2

 

点滴療法研究会 会長の柳澤厚生 先生と。

 

 

 

 

DSC_1478-1クリニックのスタッフへ福岡のお土産(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

DSC_1465-1-1

 

 

 

 

 

私は中州の屋台で長浜ラーメン♪ 豚骨スープです(*^_^*)
2013-05-20_14.45.18

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★