八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:美容・アンチエイジング

 

88才のおばあちゃま 額のシワ さらにツルンとさせました💛

前回ご紹介した
額のシワをヒアルロン酸注射できれいにしている方ですが、
表面のシワにも注射をして
さらにきれいにしました。

治療前
加齢とともに額がぼこぼこへこみ
眉毛のところの盛り上がりが目立ってきています。



ヒアルロン酸1本(1ml)注入にてボリュームアップ
額のへこみを改善して平坦に


さらにヒアルロン酸1本(1ml)ボリュームアップ追加
表面の浅いシワに柔らかいヒアルロン酸追加でしわ伸ばし♪

細かいシワも目立たなくなり、眉間にかけて注入しました。
88才の方のおでこには見えませんね。

およそ65才以上で
眼瞼下垂(まぶたのたるみ)があったり、
眉毛のところの骨が出っぱってきて、額中央がへこんできているような場合には
ボトックス注射よりもヒアル酸注射のほうが
若々しくきれいな額に仕上がります。
表面の細かいシワも、柔らかいヒアルロン酸で
目立たなくすることができます。

費用は
この方はボリュームアップ用のヒアルロン酸2本(2ml)
表面の小じわに柔らかいヒアルロン酸を注射して
およそ15万円です。
数年持続します。

注入する部位によって
私が厳選したお勧めのヒアルロン酸製剤をご紹介しています。

神経ブロック麻酔で額全体に麻酔をかけますので
お痛みはごくわずかです。
カニューレという先のとがっていない管で挿入しますので
内出血はまれです。

注入後の腫れを想定してあらかじめヒアルロン酸製剤を調合していますので
注入後にボリュームが出すぎたり、ボコついたり
しな工夫をしています。

投稿日:2018年12月10日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

鼻筋通らせたり、鼻高くしたいときにダウンタイムが少なくて自然な仕上がりの「鼻筋スレッドYKO または Gメッシュ」がおすすめですよ

当院の非常勤医師村川の隆鼻の治療には、
シリコンを挿入してほぼ永久的な手術の他、
最近では「鼻筋スレッドYKO」や「鼻筋スレッドGメッシュ」が人気です。
ヒアルロン酸のでの隆鼻術は、
世界各国、特にアジアで年間数例(実際にはそれ以上かもしれません)
失明症例が生じており、
原因がわかっていない部分もあり、経験豊富な医師が行っても起こりえます。
したがって当院で現在は行っておりません。
それにかわる治療として「鼻筋スレッド」を行っております。
しっかり筋を通したい場合にはYKOの倍量がお勧めです。
ナチュラル仕上げ、長持ちにはGメッシュがお勧めです。

どんな感じで仕上がるのか
症例写真をもっとみたいとのご意見が多いので
村川医師が院長をしております「81エーティーワンクリニック」での
モニター症例をご紹介します。

症例1

症例2

症例3
症例4

症例5

the 鼻にいれましたって感じでないところが
最近鼻スレッドが人気なところですね。

麻酔のお注射による内出血が生じることがありますが、治療直後よりお化粧が可能です。

糸は溶ける糸ですので
永久的な効果ではありませんが、コラーゲン増生や脂肪組織が増生し、長持ちします。

鼻筋スレッドYKO ¥180,000
倍量 ¥230,000
Gメッシュ 1回4本 ¥100,000
(YKOとGメッシュの併用やGメッシュ単独でも可能です。)

別途 初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000が必要です。

モニターサービス💛あります。

 

投稿日:2018年12月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

ウォータープルーフ日焼け止め「ファイター」の効果について林原医師が講演をしてまいりました

先週末に、当院の非常勤医師 林原が
アメリカンクラブで開催されました講演会で
ウォータープルーフ効果の高いひやけどめ「ファイター」の
効果について講演をしてまいりました。

市販されているよくみかけるウォータープルーフでは、実際にはスポーツ時には効果が落ち、
日に焼けてしまっているケースがあります。
「ファイター」ではそれがないことを証明しました。
以前のブログでご紹介しています>>>

その効果の違いは、多くのウォータープルーフの日やけどめは、外側からの水ははじくものの、
皮膚側から出る汗により日焼け止めが浮いてしまい、はがれて効果が低下するようです。
この「ファイター」は、外側からの水をはじく効果も高いうえに、
またアスリート用のものなので、汗にも強くwater proof&sweater proofといえます。

原材料も高品質のため、カブレにくく、お子様にも安心してご使用いただけます。

また、この学会では今後導入を検討している
治療機の講演もあり、見てまいりました。
今月末に借りて試す事にしています。
その結果についてもまたお知らせいたします。

投稿日:2018年12月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

プラズマNeoGenのセミナー~skin revitalizationには各国ハイエナジー(強め)で照射。そして米国ではプラズマNeoGen治療とスレッドリフトのコンビネーションによる相乗効果がトレンド~

先週末は学会、セミナーが多数重なり、
朝から晩まであちこち回ってきました💦
そして
帰宅するころは夜遅くなり・・・
ふと見上げたら
おっ💛
東京タワーにハートが( *´艸`)💛💛💛

さてまず一つ目のセミナーは
当院でも大活躍の「プラズマ」NeoGenネオジェンです。

NeoGenはイギリス生まれ。
本拠地イギリスよりアジアマネージャーのSteve Sutcliffe氏が来日され、NeoGenのユーザ10数名のDrとミーティングを行いました。

初対面のSteve氏に挨拶をしましたら、
「君のことはもう知ってるよ。さっき下のカフェテリアで会っているよ。あなたを見ていたよ(笑)」
といわれ・・・??(?_?)

あっ💦

私、ミーティング間での時間調整のため
近くのカフェで
気取って自撮りを何度もしてました(笑)(*´з`)
(そりゃー本物より良く撮れるまで撮りなおしますよね?(笑))

↓それがこれ(笑)  見られてた💦

と、仲良くなったところで
Steve氏からは、世界各国で使用されている
プラズマNeoGenの活用方法や効果等について
お話くださいました。

国によってやり方、照射の強さなどだいぶ違うと思いました。
「ニキビの瘢痕」の治療において、その効果と安全性についいてFDA(米国の厚労省にあたる機関)の承認を得ているNeoGenですが、
その使用目的はニキビよりも「肌の若返りrevitalization」にニーズが高く、圧倒的に多く特に目の周りの治療に使用されいるそうです。
当院でも9割は肌の活性化、再生目的で毛穴、シワ、キメ、
ハリの改善治療に使用しています。
オーストラリア、カナダ、中国、香港、インドネシア、
韓国、
マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、ロシア、
シンガーポール、
米国でのそれぞれの臨床現場での使用方法についてみせていただきました。

肌の色の違い、日焼けによる肌のダメージが多い、皮膚が薄いなど
skin typeの違いによって、治療の効果、治療後のダウンタイムが異なりますので
照射の方法がかなり異なります。
それ以外にも、中国や韓国では、
赤くなったり、皮がむけたり、ダウンタイムがそれなりに
あるくらいのほうが喜ばれるそうで、aggressiveな治療が行われているようです。

照射の強さは、
多くの国で
ハイエナジー(0.8J/cm以上3J/cmまで)での照射がメインで、
もしくはローエナジー(0.5-0.6/cm)で顔全体照射後に
同日または数回治療後にハイエナジーで照射を追加しています。
すなわち、肌の活性化skin revitalizationにはハイエナジーでの治療が必要といえます。
当院でも全体を0.7-0.8J/cmで照射し、部分的にハイエナジー1.3J/c以上で
照射をしています。

そしてほとんどの国が「目の周りのシワ」に対して
このNeoGenを多く活用していた点が印象的でした。
当院でももうすこし目の周りの照射をaggressiveに行って
治療効果を上げていこうと思います。

そしてもうひとつ。
米国ではスレッドリフト(糸で行うフェイスリフト たるみ治療)と
プラズマNeoGenを併用することによる相乗効果により
肌の再生を促進させる方法がトレンドなようです。

NeoGenでの治療は
皮膚表面の改善メインの「skin rejuvenation」ではなく、
表面のみでなくもう少し肌の内側から再生させる
「skin revitalizatuion」であるとSteve氏が強調するように
皮下に挿入したスレッド(糸)治療によるリフトアップ効果に加えて、
スレッド挿入刺激による創傷治癒の促進、コラーゲン増生といった
肌の活性化を、プラズマ照射により促進させる
というのが狙いのようです。

さっそく当院でも本日からスレッド後に併用してみました。

スレッド治療後のプラズマ照射(同日)は
20%offとさせていただきます💛

 

投稿日:2018年12月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

先日に「第24回 日本胎盤臨床医学会大会」に参加しました ~プラセンタの外用薬、化粧品の効能について 「酒さ」にも!~

先週末はお休みをいただきまして
日本胎盤臨床医学会大会という学会に出席しました。
「胎盤」すなわち「プラセンタ」の学会です。

この学会の理事の先生方に呼ばれて一緒に記念写真。

「胎盤機能の多様性と胎盤エキス薬理作用の多様性 外用剤を中心に」
の講演では、海外そして国内のプラセンタエキス含有の塗り薬の効能効果についてお話いただきました。

母親から胎児に栄養供給などを行うことが主な目的の組織だと考えられている「胎盤」ですが、
microRNAという遺伝子を調整する物質が、胎盤でも産生されており、
妊娠中の合併症(妊娠高血圧症候群など)や陣痛発来の予知等の
バイオマーカーとして注目されているばかりでなく、
最近では、実は母親のさまざまな遺伝子の発現をし、
免疫システムなども制御しているともいわれています*1。
もはや胎盤はただ単に栄養供給の場のみではない重要な器官であるであるといえます。
そのようなさまざまな重要な成分を含む「プラセンタエキス」
細胞の修復、抗炎症作用、抗アレルギー作用が私たちにさまざまな効能をもたらしてくれることが期待できます。

プラセンタエキスは注射投与、内服そして外用(塗る)こと
などにより摂取することができますが、
今回の講演では外用(塗る)によるプラセンタエキスの効能についてご講演いただきました。
改めてプラセンタの効果を認識しました。

酒さや脂漏性皮膚炎、湿疹、進行性指掌角化症(手荒れ)、ニキビなどなど
多くの皮膚トラブル、疾患に効果がある場合があります。
処方箋薬にはプラセンタエキス入りの軟膏はありませんが、
OTC(処方箋がなくても薬局などで買える医薬品)にもあります。
当院も取り扱っております。

プラセンタ軟膏 7g ¥1,100

 

また別の報告ですが、
プラセンタを含む「化粧品」についての効果についてもみたものがあります*2。
プラセンタにはアミノ酸による保湿効果、成長因子による細胞分裂増進効果、
メラニン色素の生成を抑える美白効果が期待され、化粧品に含有されているものがあります。
その実際の効果について検証したものです。

「ラ・プレシア化粧品」は当院でも取り扱っている
プラセンタのサプリメント「メルスモン」
エレクトロポレーションで使用している原液プラセンタ液
製造販売している会社の開発した化粧品です。
この化粧品のうち、
「ラ・プレシアローションU」と「ラ・プレシアエクストラクリームU」を
28に日間連続して使用した肌への効果を検証しています。
40歳から65歳の女性21名にて行っています。
シミの解析、赤い部分(炎症、ニキビなど)、毛穴、きめ、シワ、ポルフィリン(ニキビの原因となるPアクネス菌の代謝物、ニキビのできやすさを評価)
について解析しています。
結果は、きめ、毛穴、赤い部分において改善が認められています。
赤い部分はプラセンタが炎症を鎮静化する作用があることをしめしていています。
残念ながら、シミに関しての改善については今回は確認できませんでした。

炎症を鎮める作用があることから
肌の敏感な方、アトピー性皮膚炎等の基礎疾患のある方、
ニキビ肌の方、酒さ等にとくにお勧めできそうです。
美白効果も希望される方にはこの化粧品に別の美白化粧品を
組み合わせるといいですね。

*1.神人正寿:自己免疫疾患とmicroRNA.J.Clin.Imminol,34(6)439-446,2011
*2.伊藤公美恵ら:プラセンタ化粧品の肌への効果.臨床医薬,32(7):593-600

 

この度この「ラ・プレシア化粧品」のサンプルをたくさんいただきましたので、
ご希望のある方にご使用いただき、ご感想を頂戴して
当院のとり扱いの導入について検討したいと思います。

 

 

 

 

 

投稿日:2018年12月3日  カテゴリー:酒さ, ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

額のヒアルロン酸追加しました☺

当院には私以外にもDrが5名います。
自分自身でできない治療は、
その先生方の手が空いた時にしてもらっています。
昨日はおでこにヒアルロン酸を村川医師に追加してもらいました。
最近額のヒアルロン酸が減ってきて、
額にシワが少し寄るようになって気になっていましたので、
ペタンコな男っぽい額にボリュームを少しだして
丸みを持たせたいので
私はボトックスでなくヒアルロン酸で額のシワをケアしています。

注射前の写真を撮り忘れました💦
治療後の写真のみです💦

目をぱっちり開けると少し額にシワが寄っていたのが寄らなくなりました。
おでこつるっつるです💛

額のシワ治療はボトックス注射が一般的ですが、

おでこが狭い人、ペタンコな人、
眉毛のところが出っ張っている男前な額の方、
以前に額のボトックスで瞼が重く感じた方、
眼瞼下垂(まぶたのたるみ)のある方(ボトックス注射で瞼が重く感じやすくなりやすい)
眉毛と目との距離が狭く、額のボトックスでより狭くなりやすい人
などなど。
ボトックスよりもヒアルロン酸注射の方が向いている場合もありますし、
ボトックスでは4-6か月ほどで効果が切れやすいですが、
ヒアルロン酸は数年以上持続します。

いろいろなヒアルロン酸製剤を試した結果
額は「ニューラミスのボリューム」がボコつきにくく
断トツきれいに仕上がりますので最近はこちらをお勧めしています。
今回私も2本使用しましたが、
当院では2本(2ml)のヒアルロン酸で4本分(4ml)の
ボリュームにする技術を韓国で習得してきましたので
通常の費用よりもかなり価格を下げることができています。

2本のニューラミス ボリューム使用の場合で
約12万円です。
相場では通常1本10万円前後の施設が多いので
2本で当院ではこの価格。
そしてボリュームは4本分になります💛

神経ブロック麻酔のお注射をしますので、
痛みはほとんどありません。

カニューラという先のとがっていない細い管で注入しますので
内出血も起こすことは非常に稀です。

腫れはあらかじめ考慮してボリューム調整をする
手法のため、ほとんどありません。
お化粧も治療直後からできます。

他の症例はこちら>>>
ぼこつかない!そして少量でボリューム倍増SSCメッソッド>>>

投稿日:2018年11月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

new皮むけにくい美白 トレチの後はこれだっ!

最近患者様からも、スタッフからも、
そしてお友達からも

「肌白くなった」
「肌さらにきれいになった」
「最近肌のお手入れ何してる?」

といわれることが増えました💛

私自身もちょっとそう思っています( *´艸`)♪

当院では刺激を最大限に抑えて
赤みや皮むけを出にくい工夫をしているトレチノイン療法が
最強美白スキンケアです💛
今の時期は続々と(笑)トレチノイン療法を再開する方々の受診で
クリニックがあふれています( *´艸`)

そして3-4か月そのトレチノインを行った後の
美白治療のメニューを
増やしたいと思い、いろいろ試していたのですが、
今回ご紹介したいのはこちらです👇

私監修のハイドロキノン「リッシュブラン(贅沢美白)no1

ただいま大人気の マッサージコラーゲンピールのホームケア
グリコール酸配合「WiQoフェイスフルイド」によるピーリングと
「WiQo保湿ナリシングクリーム」
の組み合わせです💛

 

使い始めは少しピーリングの刺激で
塗ったときにピリピリしたり
少しだけ皮がむけたりおしますが、
ナリシングクリームをしっかり塗っていれば
段々刺激はなくなります。
ハイドロキノンの吸収も高まり
マイルドにピーリング美白ができます。

トレチノイン療法の後のメンテナンスや
刺激を極力抑えて美白したい
という方におすすめです。

リッシュブランno 1 30g ¥9,000
WiQo フェイスフルイド 30ml  ¥8,000
WiQo ナリシングクリーム 50ml   ¥9,500
(税別)

投稿日:2018年11月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

その1「アトピー性皮膚炎とビタミンC」 先週末は「オーソモレキュラー医学の最新動向2018秋!」に参加しました 

 

ビタミンCによる疾病予防と治療の最新の動向について
国際オーソモレキュラー医学会会長の柳澤厚生先生の
講演を聴いて参りました。
日本は先進国の中ではだいぶ遅れてはいるものの、
ようやく日本の大学病院でもビタミンcに対する効能について
様々な臨床治験がはじまりまっています。

さて
最近の注目の臨床研究の報告は、
イースタン・バージニア大学の発表による
死亡率の非常に高い重症敗血症(血液にばい菌が蔓延し、全身の臓器障害が生じている致命的な状態)の治療にビタミンCを追加併用することで死亡率が激減したというものです。
重傷敗血症において、従来の治療では40.4%であった死亡率が、
ビタミンCを併用した患者の死亡率は8.5%したという報告です。
この発表を機に、米国では敗血症に対するビタミンCの効果について
多くの臨床試験が開始されたそうです。
日本ではまだ全くされていないとか・・・

 

皮膚においてもいくつか重要な報告をききました。
ビタミンCをたくさん摂取したり、高濃度ビタミンC点滴をすると
お肌がしっとりつるつるになる理由の一つが
セラミドの合成の増加によるものです。
セラミドはお肌を外部刺激から守るバリア機能に重要な成分です。
加齢とともに減少し、またお肌のお手入れ方法を間違えると
減ってしまい、乾燥や肌荒れの原因となります。
アトピー性皮膚炎の方では、このセラミドが減少していると
いわれており、保湿剤として補充しますと、保湿機能が高まり
症状が改善することもあります。
このセラミドが、ビタミンCを摂取することで
増加し、そのほかにも様々なビタミンCの効能により
アトピー性皮膚炎の症状を改善することを助けてくれているようです。

*Kun pyo kim et al.Vitamin C Stimulates Epidermal Ceramide
Production by Regulating Its Metabolic Enzymes.
Biomolecules & Therapeutics 2015;23(6):525-530
ビタミンCはセライド合成代謝経路を刺激して、
皮膚セラミドの産生を促進するという報告。

*shin J et al.Associations among plasma vitamin C,
epidermal ceramide and clinical severity of atopic deratitis.Nutr Res pract.2016;10(4):398-403
アトピー性皮膚炎の重症度とビタミンC、セラミドとの関係をみたものです。
17名の重症のアトピー性皮膚炎の患者のビタミンC濃度と
皮膚生検にて皮膚セラミドとの相関をみています。
重症度の高いアトピー性皮膚炎の患者では血中のビタミンCが減少していること。
また皮膚セラミドが減少していること。
そしてこれらが相関していることについて報告されています。

 

私のクリニックでは、保険診療のおよそ1/4はアトピー性皮膚炎の方です。
小児のアトピー性皮膚炎から成人にいたるまで、
これまで大学病院をはじめとした様々な施設で治療をうけ、
よくならなかったケースや、免疫抑制剤の継続に症状および副作用
の問題で限界があり、離脱したいケース等々
その多くは従来の治療でうまくいっていないケースや、
薬のみの治療に疑問のある方々です。
このような方の治療の一つとして、オーソモレキュラー療法(サプリメントを活用した栄養療法)や食生活指導を行っています。
主には抗酸化治療、腸内環境の改善を目的として、
最も処方することが多いのはビタミンC、プロバイオティクスです。
その中で、高濃度ビタミンC点滴を定期的に受けるのは、費用や時間がとれず
難しい場合にはサプリメントの服用を行います。
高品質なサプリメントは高価ですので、それも取り入れることが難しいケース
ではビタミンC,ミヤBM(酪酸:腸内細菌叢の異常を改善させる)、ビオチン
などを工夫して処方しています。
長期の服用で劇的に改善する人、しない人(多くは様々な理由で服用が続かない・・・)がありますが、少なからずよい結果を伴うことが多いです。

最近ではこのようなエビデンスが多く出てきて、本当にうれしいです。
私が思う治療に熱心でない医者で耳にする言葉は
「それは学会でみとめられていないから・・・。」
「それは保険適用でないから・・・。」
です。
これをいう医者で、一見著名であったとしても
良医をみたこいとが私はありません・・・。

私は、リスクが少なく、エビデンスのあるもの、治療実績の高い
治療や検査は積極的に取り入れます。(ただし保険適用外です)
(たとえば・・・
ビタミンCくらい・・・ちゃんと取ってもらうように
指導したらいいんじゃん?(^^;)
というような感じです・・・(゜_゜))

それはそうしていかないと
学会を待っていては
かつての日本でのニキビ治療のように
他国よりも医療レベルが20年以上遅れるような事態になり得るからです。

ですので、決して押しつけではなく
こんな報告出ていますよと、いつも最新の情報を患者様に
ご提供ができるようにと情報収集に励んでいます。

で、私の希少な休日は終わりました・・・(^^;)

「その2」もお楽しみに♡

 

 

 

 

投稿日:2018年11月14日  カテゴリー:健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング, アトピー性皮膚炎

意外とそのウォータープルーフの日焼け止め効いていないかも?!

先日ゴルフに行ってきました☺
紫外線はきになりますが、
格好も気になるので(笑)
それなりにめかして行きます♡

ドイツに長くいたお友だち言わく、
このセーターはドイツ語で
「スイスに行こう」って書いてあるそうで・・・(゜_゜)何じゃそりゃ(笑)

 

あいにくお天気は厚い雲に覆われて曇り、
後には大雨(T_T)

でも曇りの日でも、紫外線はたくさん降り注いでいるので
油断はなりません!

汗をかいたり、雨に濡れたり
日焼け止めクリームが落ちてしまっているのではと心配になりますね。

でも私はこの2つが鉄板!

飲む日焼け止め
「ヘリオケア」¥6,000


この日焼け止めローション
「fighterファイター」62g¥3,500
以前にもご紹介したアスリート用の高品質&ウォータープルーフの日焼け止めです♡>>>

日焼けはやけどと同じ。
日焼けをしてしまいますと多くのエネルギーを消費してしまいます。
そして紫外線を浴びると活性酸素も発生し、その過剰な活性酸素は疲労物質の蓄積を招きます。
したがってトップアスリートの方々は、紫外線と活性酸素の対策で
身体パフォーマンスに悪影響が及ばないように
肌の防御にも気を使っていらっしゃるのです。
そのトップアスリート用の汗&ウォータープルーフ日焼け止めローションが
「fighterファイター」です。

皆さんはきっと
夏になるとTVでよくみるあの大手メーカーさんの
ウォータープルーフの日焼け止めを使っていませんか?

当院の医師でトライアスロンやロードバイクが趣味の
林原医師がそれらの市販の日焼け止めと「fighter」の
効果について検証し、報告しました。

www—市販のウォータープルーフの日焼け止めも
まあまあ効いていると思っていましたが
そうでもないですね(^^;)

一目瞭然!

「Fighter」(C)および市販の某有名化粧品会社のウォータープルーフを謳っている日焼け止め(D)を塗り、
紫外線を照射した結果です!
日焼止めを塗ってから、30分後に、
スポーツジムで2時間の発汗を伴う運動、
その後シャワーを浴び、
紫外線を照射した結果です!!!

Bは日焼け止めを塗っていないところ
Cは「fighter」
Dは市販の某有名化粧品会社のウォータープルーフを謳っている日焼止め

あれ焼けとるやないか(笑)!!(^^;)

ウォータープルーフ効果、こんなに差があるとは・・・

「fighter」のようにウォータープルーフおよび
スウェット(汗)プルーフ効果の高い日焼止めなら
塗り直しも必要なく安心ですね♡

私たち大人だけではなく、子供たちの紫外線対策も重要です。
18歳までに浴びた紫外線の量が、将来の皮膚がんの発生率に
影響するという報告があります。>>>

小児期、特に5歳以下は表皮が薄く、メラニンの産生能力も低く、
皮膚の少し奥の真皮の膠原繊維や弾性繊維も未熟です。
これらの機能や構造が発達するまでは、
紫外線の影響を受けやすいです。

先ほどの報告以外にも、
子供の日光暴露と皮膚がんの発生についての
データは多数あります(ただし白人)。
小児期の日焼けにより悪性黒色腫(メラノーマ)の
発症リスクが上がるという報告*1や
若年での日焼けマシーンの使用により基底細胞がんの発症リスクが上がったという報告*2
そしてサンスクリーン剤(日焼止め)の使用により悪性黒色腫の発症が予防できたとの報告*3

*1.Cestari T et al:Photoprotection in specific
population:Children and people of color.
J Am Acad Dermatol 76(3S1):S110-S121,2017
*2.University of California,San Franciscio:
Tanning deds linked to non-melanoma skin cancer.2012
*3.Green AC,Wiliams GM et al:Reduced melanoma
after regular sunscreen use:randomized trial follow-up.
J Clin Oncol 29(3):257-263,2011
*4.中野英司 国立がん研究センター中央病院皮膚科腫瘍科
:日焼けの成長期の皮膚への影響.SEMINARIA DERMATOLOGIE:24-28,2018

でも、日本では子供が日焼止めを使用する意識が
低く、学校などで塗り直すことは難しいですね。
でもfighterなら塗り直す必要がないので
朝おうちで塗れば一日安心ですね♡
べとつきも少ないので男性の方にもおすすめです♡

「fighter」ファイター ウォータープルーフ日焼止め
1本 62g ¥3,500

 

投稿日:2018年11月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

88歳のおばあちゃまをかわいらしくきれいに♡ヒアルロン酸リフト

当院ではご高齢の方の受診も非常に多く、
美容皮膚科通院の患者さまのおよそ1/3は60歳以上の方です。
大がかりな治療は望みませんが、
ちょっとだけきれいにしておきたい♡
そんな乙女心を応援しています(*^_^*)

その方々の大半は、ご紹介です。
周りの方からお肌を褒められて、当院をご紹介くださっているようですm(__)m

今回ご紹介する方も、2005年から13年間に渡り、
当院でお肌のお手入れを続けていらっしゃる現在78歳の方からの
ご紹介の88歳の方です!
(ちなみに私の美容治療の患者様の最高齢は93歳です♡)
とってもかわいらしくてチャーミングなおばあちゃまで、
「真っ赤や派手派での色でふりふりの衣装でダンスしてるの。
それがすごく楽しくて♡」と楽しそうにお話されます。
「88歳ですが、少しでもきれーーいになりたいんです♡」
とおっしゃり、お手入れを開始しました。

治療前


治療後
★頬のたるみに輪郭注射で脂肪を溶かしてすっきりさせました。
★額にヒアルロン酸を注射して、しわを改善、まぶたが少し持ち上がりおめめぱっちり。
ヒアルロン酸リフトでファイスラインもシャープになりました♡
★鼻の横皺や目尻にボトックス注射をしたので
今度来院されるときにはもっと素敵になっているはずです♪

鏡をお渡しして仕上がりをみていただきましたら、
キラッキラした目で
「うれしぃーー♡もっと早くこういうのに出会いたかったわ」
「全然痛くなかったー♡」
ととても喜んでくださいました。
さらにボトックスが効いてくるのがたのしみですね。

 

この方は私にすべてお任せコースです。
この方の今回の治療の総額は16万円ほどです☺★
ご予算に応じて、どのようなお手入れがよいかお選びしていますよ。

私もこんなかわいいおばあちゃんになりたいな♡

 

投稿日:2018年10月31日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング