八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:汗管腫・エクリン汗のう腫

 

これも汗管腫です

当院では汗管腫の治療を
炭酸ガスレーザー治療AGNES(アグネス)
行っております。

汗管腫にはバリエーションがありますので
どちらの方法で行うのか、両方必要であるのかは
症状よります。

001_%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8a20160709103147

 

例えばこの方は一見 えっ?汗管腫??稗粒腫?と
思ってしまいますが、
よく見ますと稗粒腫様の白い粒の下に結節(小さな盛り上がり)があります。
通常皮脂や角質がたまっただけの稗粒腫ではみられません。
また同じ様に見えるこの白い粒も、
汗管腫ではかなり硬さがあり、
容易には取り除けないところが異なります。

003_%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8a20160709103204
病理組織検査で確定診断はできませんでしたが、
そのような理由から汗管腫で良いと考えます。

別の症例ですが、典型的な汗管腫です。
通常この程度の白い内容物は汗管腫でよく見られるものです。
img_1298

 

では治療ですが、このように白く内容物が浮いたものではまず炭酸ガスレーザーで削ります。

治療前
003_%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8a20160709103204



炭酸ガスレーザー1回治療後
co2%e5%be%8cimg_1219-1

 

 

これでもかなり目立たなくなりましたが
汗管腫の結節をさらにAGNESで治療予定です。

経過はまたお知らせいたします。

汗管腫 炭酸ガスレーザー治療 1回 片側上または下まぶた ¥15,000(税別)

別途初回カウンセリング料 ¥3,000
または再診料¥2,000が必要です
(SSCプレミアム倶楽部会員様は診察料がかかりません)

 

 

 

投稿日:2016年9月21日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

汗をかくと目の周りに水疱、水ぶくれ、ぶつぶつ それは汗管腫ではなくてエクリン汗のう腫です

この暑い時期には
エクリン汗のう腫という汗をかくと目の周りに
ぶつぶつ水疱ができてしまう方の
マイクロボトックス治療です。
ほぼ毎日行っています。>>>

このようにエクリン汗のう腫は
img_1246

汗をかいたときにぶつぶつ膨らみます。
汗を抑えるボツリヌストキシン注射を
出る場所に細かく注射をすると
かなり出なくなります。

とても喜んでいただいています。
毎年暑くなる6月頃から注射をしておきますと
夏の間効いています。

この9月でも、お調べになって初めて治療をお受けに
いらっしゃる方もまだまだ連日多いです。

この注射でかなりでなくなりますが、
何年も凝り返し水疱が出ていた方は、汗の分泌成分が
たまるようで、汗をかいていないときでもぶつぶつが
残っている方が多いです。
早めに対処をしておかれるほうが良いと考えています。
そのように汗を止めても出てしまっているぶつぶつは
他の方法の(汗管腫と同じ様に)治療を加えます。

マイクロボトックス注射費用は範囲によりますが、
目の周りからこめかみでおよそ4-5万円です。

 

 

投稿日:2016年9月9日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★

汗管腫(syringoma)治療 「AGNES」アグネス

汗管腫関連のページはこちら>>>

目の周りやひたい、こめかみ、首などに
細かいぶつぶつが多発する
「汗管腫」という遺伝性の肌質です。
綺麗に治すのが非常に難しい皮膚の症状です。

これまでは炭酸ガスレーザーやエルビウムレーザーで
皮膚表面から削って平らにする試みが主流でした。
ですが、汗管腫の病変のメインはもう少し皮膚の奥です。
そこまでを削り摂ると、跡になりやすいため、
治療をしたほうが目立たなくはなりますが、
すっきりつるつるの綺麗な肌にすることは困難でした。

汗管腫 AGNES

 

AGNESでは表面の皮膚を温存し、
皮膚の内側の汗管腫の病変のみを治療することができます。
かんかん腫

極細の針を汗管腫一つ一つに刺し、
深部のみ焼灼します。

当院は汗管腫の治療数が多く、連日レーザー治療を
行っており、多数の症例を診てまいりましたが、
汗管腫は、実際には症状にバリエーションがあります。

Ⅰ.内容物が目立たず、細かい隆起のみの場合
AGNESがもっとも有効なタイプです。
ase
Ⅱ.白い内容物が浮いて見えている場合
無題
Ⅲ. ⅠとⅡが混在している場合

Ⅳ.  黄色い色が目立つタイプ
汗管腫.

Ⅴ. 以前に治療を受けていて、傷跡が主な場合(赤い跡)

したがって、このタイプによって治療法が異なり、また
数種類の治療を組み合わせる必要があります。

 

汗管腫関連のページはこちら>>>

AGNES汗管腫治療直後の赤みと腫れはこのような感じです>>>

1回では綺麗になりませんが数回行うと良くなることが多いです>>>

体の汗管腫治療>>>

汗管腫細かいタイプ>>>

治療後数年かけてゆっくりと縮むこともあるようです>>>

ワキの下の汗管腫もAGNESがおすすめです>>>

体の汗管腫のAGNES治療 白い跡は残りません>>>

AGNESモニターさんの経過>>>

目の周り以外の汗管腫にも>>>

無治療でいると加齢とともに目立ってきます>>>

男性の汗管腫>>>

汗管腫関連のページはこちら>>>

デコルテの汗管腫の治療>>>

 

< 汗管腫治療 料金 >※個数は多くても料金は変わりません。

炭酸ガスレーザーまたはエルビウムYAGレーザー
上または下まぶた 片側 1回 ¥15,000(税別)

エルビウムフラクショナルレーザー
(治療跡の治療)
上または下まぶた 片側 1回 ¥15,000(税別)

AGNESのみ
上または下まぶた 片側 1回 ¥50,000(税別)
額全体 1回 ¥70,000(税別)
片側こめかみ 1回 ¥35,000(税別)
首 1回 ¥100,000(税別)
下腹部 1回 ¥80,000(税別)

モニターサービスがあります♡ 詳しくはスタッフまで。

炭酸ガスレーザーまたはエルビウムYAGレーザー +AGNES
上または下まぶた 片側 1回 ¥60,000(税別)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2016年5月6日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

汗管腫にアダパレン(にきび治療薬 ディフェリンゲル)が有効である可能性について

目の周りや額、デコルテ、陰部など
ブツブツができるる汗管腫は、
医療技術が進歩した現代においてもなお、
消しゴムで消したようには
綺麗に治ることの難しい難治性の皮疹です。
アジア人に多く、遺伝性です。

私も幼少時より目の下にあり、当時は
どこの皮膚科にいっても治療法はないと
言われました。自分なりに調べたところ
レーザーで治療をすると多少改善するという
ことがわかり、近所の皮膚科で聞いてみましたが
保険診療ではないためか、治療をしている施設の
紹介ですらされず「治らない」の一言にひどく
心が傷つきました・・・。

さて本題です!
そのにっくき汗管腫!!
アダパレンというにきび治療薬を塗ると
皮疹が平坦化し、有用であるという報告が
以前にありました。
*矢作榮一郎ほか:汗管腫―アダパレン外用療法
による臨床効果―.西日皮 74巻6号・2012

アダパレン(ディフェリンゲル)は
レチノイド様作用を示し、
毛穴の角化を抑えてにきびをできにくくする
お薬です。
それ以外にも美容医療においては毛穴治療、
小じわの治療、キメを整えるためなどに
使われる成分です。

私自身、美肌目的に通年使用している成分です。
年齢とともに増える汗管腫ですが
たしかに範囲は広がりませんし、
以前よりも増えていく印象はありません。
当院では全国から汗管腫の治療に患者さまが
たくさん訪れます。これまで無治療の汗管腫の方に、
アダパレンよりも作用の強いレチノイン酸
(トレチノイン酸)を試していただきました。
なんとなくつるつるして少しはいいかもしれない
という感想です。私がみた印象としては、
決して消えるほどの効果はありませんが、
汗管腫特有の細いしわを伴うのですが
その改善と色調も明るくなるため
若干良くなったようにみえます。
ですが結局は最終的にはどの方もレーザー治療を
おうけになりました。

先ほどの報告では、アダパレン使用前後の
臨床写真において盛り上がりが減り、
若干改善しておりますし、
その部分の皮膚を切り取って、実際にどのくらい
減っているかをみていますが、確実に数の減少と
一つ一つが縮小しています!!
しかしその効果の作用機序はまだ不明とのことです。

基本的に汗の腺からできたちっちゃなできもの
(腫瘍)なので完全に消えるというのは
機序が良くわかりません・・・。

目の下等は、皮膚にハリがでて
多少目立たなく見える可能性があるのかもしれませんが・・・

 

 

投稿日:2014年8月28日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★

汗管腫と以前に診断されていても、診察すると2種類あるんです。暑いとき、汗をかいたときだけ膨らむのはエックリン汗嚢腫です。マイクロボトックスが有効です♪

汗管腫は私もある
目のまわりのぶつぶつ(>_<)
IMG_1169 - 汗管腫

 

 

 

 

アジア人に多い遺伝性のものです。
思春期ころから年々目立つようになり、
増えます。
季節変動はあまりなく、一度ぷつっとできると
自然に消えることはありません。
これが典型的な汗管腫です。

もう一つ。比較的高齢の方に多い
消えたりでたりを繰り返すエクリン汗嚢腫
(汗管腫と診断されますが別ものです)があります。
夏の暑い時期に汗をかいたときだけ水疱のように
ぷつぷつと目のまわりを中心に、顔にでます。
でも顔を冷やしたり、夜になって涼しくなると
ひいたり、冬ににはほとんど現れません。
同じように汗の腺に関係していますが
別のものです。

これまではこの後者のものは治療法がないと
されてきましたが、ボツリヌストキシンという
ワキ汗治療に使用するお注射で改善できます。
マイクロボトックスという方法で細かく病変部に注射
しておくと顔に汗をかかないため、ぶつぶつが
でてきません。
1回の治療で3~4ヶ月効果が持続します。
毎年夏になったら治療をしておく必要がありますが、
このマイクロボトックスは、しわ改善効果が高いので
ついでに目の周りや額のシワが減るので
喜ばれます( ´艸`)一石二鳥です♪

 

 

 

投稿日:2014年8月2日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★