八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

メタボリックスキンシンドローム ~メタボリックシンドロームとアトピー性皮膚炎、そして腸内フローラの乱れ(dysbiosis)~

近年肥満やメタボリックシンドロームと
関連した皮膚疾患がしられるようになり
メタボリックスキンシンドローム」と提唱されています。
今ではアトピー性皮膚炎は、皮膚のみに問題がある疾患ではなく、
全身性の臓器が関連する慢性炎症性疾患
と考えるべきといわれています。
皮膚のみをコントロールするのではなく、
全身性に管理する必要性があります

アトピー性皮膚炎と
肥満や脂肪肝、心疾患、脳卒中、糖尿病など
メタボリックシンンドローム近縁の疾患との関連性に
ついての報告がありますので紹介します。

 

まずはアトピー性皮膚炎の方の食生活習慣の傾向について。
大阪大学およびその関連施設における調査によると*1、
「なんらかの皮膚疾患のある患者262人において、
アトピー性皮膚炎の患者では、そうでない患者に比べて
朝食を摂る頻度が少ない一方で、夜食を摂る頻度が
多かった。また食事時間が不規則な傾向を認めた。」
とのことです。
食生活習慣の影響はありそうですね。
朝食を摂ることについては賛否両論ありますが、
傾向として、アトピー性皮膚炎の方ではとらない
方が多いのは興味のあるところです。

また、
過去に食物アレルギーと診断されたこと
がある人がアトピー性皮膚炎の患者では約31.1%

アトピーではない方では9.2%とあります。
アトピー性皮膚炎の発症、悪化、現在の症状との関連は
分かりませんが、
何らかの関連があることが示唆されます。
免疫機能を整える腸でのバリア機能が壊れることにより、
食物抗原が侵入してアレルギー反応を起こす遅延型フード
アレルギーとの関連が議論されている中で、
非常に興味深いデータです。
腸内(腸内細菌)の乱れ(dysbiosis)と
アレルギー性疾患、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎
との関係については以前に述べました。>>>

 

肥満とアトピー性皮膚炎
肥満は炎症を引き起こすTNF-α、IL-6などの
炎症性サイトカインや
炎症を抑えるアディポカインの発現量に影響する
ことから、アトピー性皮膚炎の病勢に関与しても
おかしくはないと考えます。
現にこのアデポカインがアトピー性皮膚炎の患者に
おいて、アレルギーの指標であるIgEの値に有意に
負の相関を示したという報告もあり*1、
今後肥満との関連のさらに明らかとなっていくもの
と思われますが、現時点では、
肥満とアトピー性皮膚炎とは関連があるという
報告もありますが*2*3、関連がないという報告もあり*4
まだ議論されるところです。
ただし肥満そのものとの関連はまだ結論がついて
いないものの、メタボリックシンドロームの症状でもある
心疾患や糖尿病、脂質代謝異常(高脂血症など)、
高血圧そして脂肪肝などとの関連に関する報告は多くあり
*5、
前回述べた乾癬と同様に>>>
皮膚のみを管理するのではなく、
アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐためのみならず、
全身的な管理、肥満対策(日本人においては必ずしも
外観が太っているとは限りません)、
そして肥満にも食物アレルギーにも関係する
腸内フローラ管理を行うことは重要と考えます。

これからは「変わる皮膚科診療」
「皮膚のみを診てもらっていても治らない!」です。

 

*1.室田浩之ら:メタボリックシンドロームと
アトピー性皮膚炎:皮膚アレルギーフロンティア
vol.13.no1.2015 25-27
*2.J L Cilverberg et al: Association between atopic
dermatitis and obesity in adulthood. The British
journal of dermatology.2012 Mar;166(3)498-504
*3.Jpnathan L Silverberg et al:Central obesity and
high blood pressure in pediatric patients withatopic
dermatitis. JAMA dermatology.2015 ;151(2);144-52
*4.Darlenski R et al:Clin Dermatol 32:409-413,2014
*5.Jonathan L Silverberg et al:Eczema and
cardiovascular risk factors in 2 US adult population
studies. The Journal of allergy and clinical immunology.
2015 135(3);721

投稿日:2015年6月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, アトピー性皮膚炎

「メタボリックスキンシンドローム」~メタボリックシンドロームと皮膚疾患~

近年は「肥満」は「慢性の炎症」といわれるように
なりました。

img167

 

肥満からはじまるメタボリックシンドロームは高脂血症や糖尿病、動脈硬化、心疾患のみならず、
アレルギーや自己免疫疾患の原因になります
そして、さまざまな皮膚疾患も、
肥満、メタボリックシンドロームとの関係が
明らかとなり、
メタボリックスキンシンドローム」といわれるようにも
なりました。
そしてそのメタボリックシンドロームは
腸内細菌叢(腸内フローラ)とも密接に関与し、
さらには皮膚疾患もこれらと関係してしていることが
明らかとなっています。

「アトピー性皮膚炎がある」
「乾癬がある」
「花粉症になった」



皮膚疾患がある人、
皮膚疾患になった人、
アレルギー体質の人、
アレルギー体質になった人!
は、メタボリックシンドローム、肥満
そして腸内細菌(腸内フローラ)を改善せよ!
という時代です!

これらの関係について
しばらく連載していきたいと思います。

 

 

投稿日:2015年6月26日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, アトピー性皮膚炎, 乾癬

変わる皮膚科診療 ~皮膚だけを診るのでは治らない!~

これまでの皮膚科の治療は、
皮膚局所を治すことに専念されていました。
ニキビ抗生物質で増えた菌を減らす
アトピー性皮膚炎できた湿疹を塗り薬で抑える
乾癬発疹を抑える塗り薬や内服薬、注射

生じてしまったあくまで「結果」を治す治療に
すぎません。

これは現在の保険診療の中心的な治療内容になります。

 

当院では、生じてしまった症状を治すだけでなく、
その根本にある、病気の素因を追及して、
症状の出にくい体作りを目指しています。
皮膚は体の中のことを反映します。
皮膚症状があるからには、何か体の不調がある。
そう考えています。
「皮膚は内臓の鏡です」>>>

 

そしてもう一つ。
その生じた皮膚疾患が、とくに慢性化した場合には、
「その後なりやすい、さらなる疾患」があります。
それを予防する必要があります。
当院ではそこもケアしたいのです。

 

最近ようやく、その必要性について
保険診療医にも知る機会が多くなりました。
先日保険診療医に配布された、皮膚科の情報誌です。
img159
その中では、肥満やメタボリックシンドロームと
皮膚疾患、腸内細菌と皮膚疾患など
皮膚症状に関連した周辺の体の中のケアを
行わないと、病気の悪化、悪循環、
そして更なる病気の惹起の注意まで書かれています。

この中で
高知大学医学部皮膚科学講座教授の
佐野栄紀先生は
img160

とおっしゃり、

「ライフスタイルによって皮膚病は大きく変わると実感されます。
特に皮膚病そのものの種類が変わっており、
その背景を科学的に解き明かすことが求められます。」

「腸内細菌叢についても、アトピー患者に乳酸菌を
摂らせるプロバイオティクスの話題も出てきました。」

「乾癬などは肥満と炎症で機序が説明できる
皮膚疾患の一つ。
腸内細菌叢によっても大きく変わるようですから、
便を調べてみるのも面白いかもしれない。」

(当院ではこれはすべてすでに実施しています。)

 

千葉大学大学院医学研究院皮膚科学准教授の
神戸直智先生は、
img161

 

とおしゃっています。

 

 

トップレベルの医療では、
日本でもこのような方向性ですが、
まだまだみなさんが遭遇する医療現場では、
お粗末なケアです。

 

病気の素因の改善や更なる悪循環を回避するケア、
そして持病による将来的な病気の予防の対策においては、
保険診療では賄うことができないため、そのことを
知っていても、患者様に実際に医療として提供できていない。
それが日本医療の保険診療の現実です。

 

この私のブログでは、
医療のトップではトピックスになっていながら、
エンドの皆様になぜか届かない
最新医療情報をお届けしています。

一緒に勉強してまいりましょう(^^)/

 

投稿日:2015年6月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, アトピー性皮膚炎, 乾癬

繰り返す膣カンジダ症や尿路感染症にも、腸内フローラを整えることが予防になるようです

膀胱炎などの尿路感染症や
膣カンジダ症などの感染症は
繰り返すことが多く、悩んでいる女性が
多いといわれています。

腸内フローラを整えると、繰り返す
これらの感染症を予防できる可能性についての
報告があります。
*G Reid et al:Urogenital infections in women:
can probiotics help?.Postgrad Med 2003;79:
428-432

腸内フローラ(腸内細菌叢)を整えると
なぜ膣や尿路系の細菌叢も整うのか。
それば女性の体の構造に関係しています。
img158

このように尿路系、膣、腸の開口部が
隣接しているため、腸内フローラの影響を
受けやすいとのことです。
したがって、腸内フローラを整えておくと、
尿路感染症、膣感染症(多くはカンジダ)の再発を
予防できるそうです。

プロバイオティクスで腸内フローラを改善させる
他にも、最近では、乳酸菌の発酵代謝産物と、
乳酸菌の菌体成分のみ抽出した、生きた菌ではない
「乳酸菌生成エキス」を膣に直接散布させることで
膣内のフローラを整える試みもされています。

繰り返す尿路症に対して頻回に抗生剤を使用すると、
腸内フローラが乱れ、さらにまた再発しやすくなる
という悪循環になります。
膣カンジダ症も、抗菌剤を使用すれば治りますが、
また再発する人が非常に多いです。
悩んでいらっしゃる方は、お試しいただくとよろしいですね。

当院の腸内フローラ改善 プロバイオティクスについて
>>>

投稿日:2015年6月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

4~5年ぶりに風邪ひいてしまいました((+_+))

めっ珍しくわたくし風邪をひきました。
4~5年前ぶりです((+_+))

いつもは、なんか風邪ひきそうって時に、
オリーブ葉エキスをかぽかぽ飲むと
セーフでした。
そしてビタミンCもたくさんとっていましたので
風邪ひかなかったんですが、
お食事会が連日続き、ビタミンC飲むのもサボっていました・・・。
そして、これまた珍しく二日酔い?と思ってしまって
風邪の初期対応が遅れてしまいました。
風邪とは思わす、オリーブ葉のみのが遅れました( 一一)
慌ててビタミンC点滴しています”(-“”-)”

14350110285280

お昼ご飯食べながら点滴。

なんだがひどくそして長引く風邪が
まわりでも流行っていますが、
風邪ひいて3日目、のどを痛めていたのに、
診療でしゃべり続けたために
ガラガラ声ですが、
風邪の症状はかなり軽快しましたし、
元気です♪

 

みなさんもお風邪にお気を付けください!
高濃度ビタミンC点滴すると早く治りますよ♪

高濃度ビタミンC点滴について>>>

ビタミンCは風やウイルス感染を早く治してくれる>>>

 

 

投稿日:2015年6月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

対 悪習慣 タイプ別推奨サプリメント( *´艸`)

やめられない「3大 悪習慣」

お酒
タバコ
甘いもの

どの方もこの3つのうち1つは
習慣になっているのではないでしょうか。

抗酸化・抗糖化・抗炎症治療で著名な
辻クリニックの辻先生
以前に【酒とタバコとケーキによる肌老化】について
Facebookに書かれていました。
そこでは
「どれも「好きな人」にとってはやめられないもの。
しかし、どれも『確実に老化を促進するもの』だといえます。

皮膚老化と聞くと『しみ』『くすみ』『しわ』
『たるみ』が代表的ですが、これらを引き起こす生体内の
反応は、『酸化とAGE』といってよいでしょう。…
特に糖/アルコールと活性酸素の反応による
『AGEs:糖化最終産物』は皮膚だけでなく骨の老化
(骨粗鬆症)にも大きな影響を及ぼします。

皮膚や骨を含む人体の組織は『タンパク質』で作られ
ており、代謝(破壊と再生)によって常に新しいものと
入れ替わっています。
そのタンパク質が糖と活性酸素によって変性を起こした
ものが『AGEs』です。」

・・・ 詳しくは辻先生のFacebookをご覧ください>>>

*医療法人社団医献会 辻クリニック

 

この「糖化」や「酸化」を抑制するのに
当院でも水素サプリメントをお勧めしていますが、
それ以外にも、この「やめられない悪習慣」に対しての
「対 悪習慣 おすすめサプリメント」をご紹介します( *´艸`)

 

まずは
「タバコ」
cigarette en main, fond vert

喫煙する方は、活性酸素がいっぱい(*_*;
老化の促進や病気、癌の原因になります。
体内のビタミンcを測定すると枯渇しているといわれています。
したがって抗酸化対策として
水素」「ビタミンC」
そして喫煙する方は腸内フローラが悪いといわれています。
腸内フローラの悪い方は、さまざまの不調や病気の原因になります。
したがって悪玉菌を減らして善玉菌を増やすための
プロバイオティクス

よっておすすめは
水素カプセル」、「リポC」、「コンプリートバイオティックです。

 

 

次に「お酒」
Ein schnes Bier
お酒も活性酸素、糖化を引き起こします。
よって水素
そしてアルコールを代謝するのに必要な酵素には
亜鉛が必要です。したがってアルコールを多く
摂取する方は亜鉛が欠乏しやすいです。
亜鉛が欠乏するとお肌のターンオーバーが悪くなる、
髪が減る、風邪ひきやすい、生殖機能が衰えるなど
さまざまな影響を及ぼします。
したがって亜鉛
また、糖質の多いアルコールでは、糖質の代謝にビタミンBが必要で、不足しやすいので「ビタミンB」
肝臓への負担を考えて、肝機能障害の治療にも
使用される「プラセンタ」

したがって、おすすめは
水素カプセル」「亜鉛」「ラエンネックP.O.」「ビタミンB」

 

 

そして「甘いもの」
cake and pastry display
糖化を抑えるためにまずは水素
そして糖質の代謝にはビタミンBが必要です。よってビタミンBが欠乏しやすくなるので「ビタミンB

したがって水素カプセル「ビタミンB」です。

 

どうしてもやめられない
悪習慣には、それによる影響を減らすために
このようなサプリメントはいかがでしょうか ♪
血液検査から不足している栄養素を確認して、
自分に必要なものを摂ることもお勧めです。
栄養解析検査について>>>

投稿日:2015年6月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

腸内フローラ検査

数回にわたりお届けした
腸内フローラの話題ですが、
自分の腸内フローラ調べたくなりませんか?( *´艸`)

従来の腸内細菌の検査は、便中の細菌を培養する方法でした。
ですが、腸内細菌は空気に触れると死んでしまうため、
正確に検査できませんでした。
img149

腸内環境検査フローラチェックFlora Check」では、
便中の細菌の遺伝子を用いて検査いたしますので、
培養法よりも正確です。

6種類で腸内細菌のバランスを提示します。

・善玉菌2種(ビフィズス菌・乳酸菌)
・悪玉菌(クロストリジウム)、
・日和見菌2種(バクテロイド、プレボテラ)
・その他

悪玉菌にも役目はあるので必要ですが、
善玉菌の割合が大切です。

img150

みなさんの不調や体質は、
腸内フローラによるものかもしれませんよ。

食生活の見直しや、効果的にプロバイオティクス
サプリメントを摂ってから、再検査にて前回との結果を
比較することもできます。

 

アレルギー体質の方、
食事に気を付けているのに太りやすい方、
慢性的な便秘・下痢の方、
体の不調のある方などなど

ぜひご自分の腸内フローラを調べ、
食生活習慣を見直しましょう♪

腸内環境検査フローラチェックFlora Check 
1回 ¥29,160

 

投稿日:2015年6月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

旅行に行くと必ず下痢をする「旅行者下痢症」や便秘する人は腸内フローラに原因があります

そろそろ夏休みのご計画もされているのではないでしょうか ♪

Manager hält seinen schmerzenden Bauch fest
海外旅行に行くと必ず下痢をしてしまうという方
いらっしゃいますか?
これを「旅行者下痢症」といいます。
逆に旅行に行くと便秘になる。
これも同じで、
実は腸内フローラが原因です

旅行者下痢症の大多数は、細菌やウイルス、寄生虫などの
病原体により発症します。
そのほか食事の変化(食用油の違い、香辛料など)や
飲料水の硬度の違い、時差や旅行のストレスが影響する
場合もあります。
米国CDC(疾病管理予防センター;Centers for Disease
Controland Prevention)によると、
細菌が80~85%と大多数を占めているそうです。
*Connor BA: Travelers’ diarrhea. ed Arguin PA et al,
in CDC health information for international travel 2008,
Elsevier,Philadelphia, 2008; 322-332.)。
その中でも病原性大腸菌が最も多く、コレラ菌と類似の
毒素を分泌するものもあり、水様性の激しい下痢をおこします。
発熱がみられ寝込んでしまうこともあります。

この旅行者下痢症。
平気な人はまったく平気ですよね。
この差は腸内フローラの差によります。

良い腸内フローラをもっていると、病原菌からのバリア
機能が高く、感染しにくいです。
このことから、プロバイオティクスによる旅行者下痢症の
予防効果が認められています。
* Oksanen PJ, Salminen S, Saxelin M, Hamalainen P,
Ihantola-Vormisto A,Muurasniemi-Isoviita L, Nikkari S,
Oksanen T, Porsti I, Salminen E et al.:Prevention of
traveller’s diarrhoea by Lactobacillus GG. Ann Med
22:53-56,19

このプロバイオティクスは、旅行者下痢症の予防ばかり
でなく、子供たちのノロウイルスの感染予防にも応用
でき、当院では流行期にはおすすめしています。

 

プロバイオティクスは蠕動運動や粘液産生などを促進し、
腸管透過性を整えます。
またプロバイオティクスの産生する有機酸が
病原菌に対する殺菌効果および免疫力を活性化します。
ただし、無効な例もありますので、過信せず、手洗い、
食事など衛生面には気を付けてください。

旅行に行くと便秘になる人も、ストレスや環境の変化で
影響を受けやすい腸内フローラの持ち主です。
腸内フローラによる蠕動運動が低下し、便秘になりやすい
ので、プロバイオティクスを投与しておくと予防できる
ことがあります。

 

米国では、旅行者下痢症の予防としての
抗生剤の投与を禁じています。
そして
旅行者下痢症に対する旅行中の抗生剤の使用は、
抗生物質が効果を示さなくなる薬剤耐性菌を
保菌するリスクが高くなるので注意が必要との
報告もあります。
*Anu Kantele et al:antimicrobials Increase
Traveler1s Risk of Colonization by Extended-Spectrum
Betalactamase-Producing Enterobacteriaceae.
Clinical infectious disease:an official publication of the
Infectious Diseases Society of America.2015 Jan 21
国外旅行前後のフィンランド人430人を調査したところ、
熱帯・亜熱帯地域に旅行した人のうち、約5人に1人が、
抗生物質に耐性のある腸内細菌を保菌して帰国していた
とのことです。それらの人には、旅行者下痢症の既往と
旅行中に抗生物質を使用しています。

旅行者下痢症になりやすい方は、
あらかじめ腸内フローラを整え、かつプロバイオティクス
で予防したいものですね。

 

当院プロバイオティクスについて>>>

 

 

 

投稿日:2015年6月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

長寿成分「ポリアミン」も腸内フローラのおかげ♡

体内において、ポリアミンは細胞分裂に重要な
役割を担っており、細胞分裂の激しい臓器に多く存在します。
ポリアミンがないと、細胞の生まれ変わりが
できなくなってしまいます。
全身の新陳代謝に影響しますので、
もちろんお肌の新陳代謝にも影響します。
またポリアミンは血管壁の炎症を予防し、
動脈硬化を予防する効果などが期待されている成分です。
このように多くの作用から、健康寿命に重要な成分として
注目されています。

ポリアミンは体内でつくり出される成分ですが、
加齢に伴って体内のポリアミンの量は減少していき、
老化が加速する原因になるといわれています。
ポリアミンを食べ物などから補うことで、
不足を補うことが必要です。

以前に健康で長寿な人は、ポリアミンを多く
含む食品をよく食べていることについて
お話いたしました>>>

★ポリアミンを多く含む食品
白子、貝類、きのこ、納豆、大豆、小豆、チーズなど
Quesos diferentes variedades - Different cheeses varieties納豆

積極的に摂るようにしましょうね♪

 

そしてこのポリアミンの体内合成は 、
腸内細菌によって主に合成されます。
共同乳業株式会社の松本光晴研究員らによる
「健康寿命伸長のための腸内ポリアミン濃度コント
ロール食品の開発」の研究によると、
プロバイオティクス ビフィズス菌の摂取により、
ポリアミン濃度が上昇し、
マウスの寿命伸長効果が認められたと報告されています。
ポリアミンを食べて摂取した場合は、
ビフィズス菌の投与と比較するとポリアミン濃度の上昇は
弱かったという結果です。
したがって、
ポリアミンの多い食品を多く摂取することも
大切ですが、ビフィズス菌などのプロバイオティクスを
摂取することは、もっと有用だということですね ♪

 

ポリアミンはアレルギー疾患にも有効
腸管には、栄養や水分を吸収する役割と同時に、
腸管内に現れる病原菌や有害物質、食物アレルゲンを
体内に侵入させないバリア機能があります。
腸管は一層の上皮細胞で、細胞どうしが密着して
物理的にバリアしていますが、これに関わる種々の
タンパク質合成が、ポリアミンにより活性化されます。
また、この腸の上皮細胞は粘液を分泌して粘液層を
形成し、さらに抗体(sIgA)を出すことで有害物質の
侵入から守っているのですが、この働きをポリアミンが
促進します。
このように、ポリアミンは大腸のバリア機能を高めて、
炎症物質やアレルゲンが生体内に侵入するのを物理的に
防ぎ、炎症やアレルギー予防に役立っていると考えられます。
プロバイオティクスがアレルギー疾患に有用なのは、
ポリアミンが増加することも一因ですね。

 

摂りましょうプロバイオティクス

当院のプロバイオティクスについて>>>

投稿日:2015年6月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

いま流行りの「夜ヨーグルト」はタイミングに注意

ヨーグルトは腸内フローラをよくする
プロバイオティクスとして良いですね。

Nice product shot from a bowl and spoon with yoghurt.
でもこのプロバイオティクスは胃酸にやられやすいです。
そのためせっかく摂った菌も、
腸まで届くのはわずかになってしまいます。

空腹時に摂取した方が、腸まで届きそう?
と考えてしまうかもしれませんが、
実は食事と一緒にとった方が胃酸にやられにくいそうです
先日のステファン・オルムステッド先生によると
胃のpHは空腹時で1.5
食事中2-3
食事が胃に入ると胃酸の分泌は高まり、
pHが下がりそうですが、
食物で干渉されてpHは空腹時よりも高くなることが
多いようなのです。

したがって、プロバイオティクスは
食事と一緒にとりましょう(^^)/

夜にとる方がいいといわれている「夜ヨーグルト」
も、夕食後ならOK。でも寝る前ですでに胃に食物が
残っていない時間にはNGです★

プロバイオティクスは効果的に摂りましょう♪

投稿日:2015年6月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング