八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

音楽療法は不眠に有効だそうですよ

成人の不眠症に対する音楽療法の有効性を見た結果、
睡眠の質の改善に有効であることが示唆された報告がありました。
*Jespersen kV et al.Cochrane Database Syst Rev.2015;8

睡眠障害は心身ともに影響します。
でも睡眠導入剤に頼ることはお勧めできません。

音楽療法は有用とのことですのでぜひお試しください♪

私の知人の藤本幸弘医師が監修する音楽療法CDがぜひおすすめですよ♪

年末に海外に行きましたときに、
ANAの国際線でリラクゼーションミュージックとして
プログラムに入っていました!!♪♪♪


14533640852480


14533639747960

皆様も聞くことができますよ♪

「藤本先生の聴くだけで不眠がすっきり」について>>>

ご購入はこちら>>>

投稿日:2016年1月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

腸内フローラを改善しましょう(^^)/テレビでやっていましたね

1月12日ABC朝日放送の「たけしの家庭の医学」で
腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善すると
これまで難治性であった疾患の治療や肥満の改善など
さまざまな効果があることについて放送されていました。

順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生および
順天堂病院消化器内科助教 石川大先生より
腸内フローラを改善させる方法、最新の便移植治療など
について具体的にとてもわかりやすく
お伝えしていました。
ご覧になりましたか?

私が治療にとりいれはじめたころは
「腸内フローラ」といっても何のこと?という感じで
馴染みがなかったですが、最近メディアでも
よく話題にされるようになり、
みなさんにお話しをすると
「あ~~聞いたことあります」といっていただけます
ので、説明がしやすくて助かっています。

腸内フローラを改善させるというのは、
良い作用をする有用菌の善玉菌と悪玉菌の割合を
善玉菌の多い状態にすることを主に意味します。

14527419378191

 

14527418735561

 

 

 

 

14527419190530

 

 

善玉菌を元気にしたり増やすには
「エサ」と「助っ人」が必要です。と
テレビでも言っていましたね。

「善玉菌のエサは食物繊維とオリゴ糖です」
この言葉、私1日の診療で10回以上言っています(笑)
14527418230290

食物繊維の多い食品やオリゴ糖の多い食品について紹介されていました。

オリゴ糖は「オリゴ糖」が売っていますので、そのものを摂る方が手っ取り早いとも言えますね。

 

そして
「発酵食品をたくさん撮りましょう」
すなわち善玉菌を増やす助っ人と摂取をするという意味です。
14527418923462
14527417749090

 

どちらが足りなくても
腸内フローラは改善されません。

みなさんの食生活はいかがでしょうか?

 

 

そして
腸内フローラを改善させる手段として
近年は「便移植」という治療が試みられています。
良い結果が出てきているようですので
これまで難治性であった疾患の治療の一選択肢となりそうですよ。

 

腸疾患、便秘、肥満だけでなく
アレルギー疾患、精神疾患など多くの病態への関与がわかってきています。
美肌にも関係があります♡

みなさんも腸内フローラ改善対策始めてみてください。

 

 

 

 

 

投稿日:2016年1月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

ピロリ菌感染は鉄欠乏性貧血など栄養素の吸収障害の原因となります!

人間ドックや健康診断で胃にピロリ菌の感染が
あることがわかったら除菌しましょう!
胃癌との関連については周知されていますが、
実はそれだけではないデメリットが多いです。

ピロリ菌の感染による、鉄欠乏状態、鉄欠乏性貧血との
関連ついての報告が増えています。
ピロリ菌の除菌治療をうけたら鉄欠乏性貧血が改善
したとか、ピロリ菌感染者はフェリチン(貯蔵鉄)が
少ないなど関連が示唆されています。

なぜピロリ菌が胃に感染していると
鉄欠乏になるのかについてのメカニズムは
さまざまな仮説があります。
*島田忠人: 鉄欠乏性貧血とHelicobacter pylori感染症,
日本内科学会雑誌 第99巻 第6号 2010 37-42

食物中の鉄が、効率よく吸収されるためには
胃酸の存在と、胃酸中のアスコルビン酸(ビタミンC)
が極めて重要ですが、ピロリ菌の感染した胃粘膜では
それが少ないこと。

ピロリ菌の感染者では、胃粘膜でのラクトフェリンの
量が増加しており、ラクトフェリン内の鉄を供給源
として増殖するため鉄欠乏になりやすい。

このようにピロリ菌の感染は、体内の鉄のバランスに
負の影響を与えている可能性が考えられています。

鉄欠乏になる原因はたくさんありますので、
それらを除外したうえで、改善の悪い鉄欠乏性
貧血のある場合には、ピロリ菌の除菌治療を
受けるのが良いといえます。

ピロリ菌の感染により生じる栄養欠乏は
鉄だけではありません。

タンパク質、亜鉛、ビタミンB12など
健康を維持するため、美肌を保つために重要な
栄養素の欠乏にかかわります。
やはり除菌は必要ですね。

 

そしてピロリ菌の除菌には口腔ケアが必須です!
除菌治療を受けてもなかなか除菌できない人、
再発する人は口腔内のピロリ菌の除去が必要です。
私は、胃ピロリ菌感染のある方は全員口腔内の除去も
行った方が良いと考えています。
口腔内にピロリ菌がありますと、胃へ落下し、
また胃粘膜に感染をくりかえします。

口腔内ピロリ菌の問題についての報告は多数あります。
*歯肉縁下のバイオフィルムや唾液中からも
ヘリコバクター・ピロリ菌が検出される
Ferguson DA et al.J Clin Microb1993 32:10,2802-2804

*健康な歯周のヒトと比較して、歯周囲炎患者の方が
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染率が高い傾向にある
Souto R & Colombo APV.j Periodontal 2008 79,97-103

*ピロリ菌除菌後の口腔内を調べた結果、
口腔内のピロリ菌検出率は60%であった(30人中16人
の口腔内中に検出)
Gebera ECE et al.J Clin Periodontal 2006 33,329-333

当院では、ピロリ菌の除菌に成功しない方や、
再発する方には定期的な歯科での口腔ケアと
口腔内細菌叢を改善する口腔内専用プロバイオティクス
PB3」をおすすめしています。
健康な人の口腔内に存在する3種類の有用菌を配合。
お口専用の乳酸菌です。
ピロリ菌の除菌に有用なばかりではなく、
歯周病や虫歯の予防、口臭の改善、歯のホワイトニング
効果もあります。

PB3 1日1粒
30粒入り ¥3,620(税別)

 

 

 

 

 

投稿日:2016年1月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

花粉症対策はじめていますか?!今年もまだ薬に頼りますか?(*_*)

img198
今年の花粉の飛散予測は、
関東地方では平年並みもしくはやや少ないようですね。
でもそろそろ
花粉症のある方は、対策始めてください。
例年症状の強い方は、飛び始める前からの抗アレルギー薬の服用開始!
サプリメントによるお薬を使用しない花粉症対策!
そして今年から花粉症になってしまわないように
粘膜の強化!

詳しくはこちら

★ 花粉症になる人。ならない人。 >>>

★ 薬に頼らない花粉症対策(その1) >>>
★ 薬に頼らない花粉症対策(その2) >>>
★ 薬に頼らない花粉症対策(その3) >>>

薬に頼る対症療法から脱出して
健康な体つくりを目指しましょう(^^)/

花粉症体質は食生活習慣、生活習慣の改善が必要です。
(気を配っている→気を付ける点が、実は間違っているかもしれませんよ)
花粉症になった=花粉症だけではない免疫システムの異常
やさまざまな病気の元になる不健康状態を反映しています。
お薬だけ飲んで花粉症の症状だけを改善しても
健康な状態には戻せません。
根本から改善しましょう♪

 

 

投稿日:2016年1月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

今話題の「リポ・カプセル ビタミンC」の販売は当院は「最優秀販売医院」です!その効果をどこよりも熟知しています。

高吸収ビタミンC「リポ・カプセル ビタミンC」
最近ではファッション雑誌などメディアでも
たびたび取り上げられるようになり
知名度も上がってまいりました。
IMG_5197

 

ぱらっとみても
こんなに多くの雑誌に載ってます(^_-)-☆

当院でも美容施術を受けられている方の
多くの方が飲んでいらっしゃいます。

このたび「リポ・カプセルビタミンC」の
販売数がとても多いとのことで
最優秀販売者!( *´艸`)なんていう
こんなのいただきました(笑)
IMG_5200

「リポ・カプセルビタミンC」について>>>

ビタミンCはシミ対策や美白効果に対して
服用されている方が多いようですが、
それだけではありません。

皮膚でコラーゲンを増生するには
たんぱく質、鉄、ビタミンCが材料として必要です。
これらが欠乏していると、ハリのないだら~っと垂れた
シワの多い肌になってしまいます。
また、光治療、たるみ治療器、スレッドリフト(糸の挿
入によるリフトアップ治療)などの美容施術の多くは、
治療後のコラーゲン増生を高めることのより
効果を発揮するものが多いです。
したがってこれらの材料の乏しい人は、
治療効果が悪いのです!
治療後はとくに、たんぱく質、鉄、ビタミンCをたっぷりとりましょう(^^)/
というわけで、当院では治療に併用して
リポカプセル ビタミンcを摂取している方が多いのです。

他のビタミンCとはくらべものにならない吸収率!
多くのビタミンCは消化の影響を受けてしまいますので
製品含有量の半分ほどしか吸収できていません。
でもリポ・カプセル ビタミンcはリン脂質によって
できている超微細なカプセルに包まれているため、
消化の影響を受けずほぼ全量近くが吸収できます。

飲めば違いは実感できますよ♪

1箱30袋入り ¥7,200(税別)

 

 

投稿日:2016年1月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

タイタン newバージョンは熱くない!痛くない!

先日ご案内した、たるみ治療器タイタンの
スペシャリストであるクリニカタナカの田中洋平先生
から教えていただいた
新しいタイタンの照射方法を最近取り入れております。
>>>

従来の照射方法よりも、熱さや痛みがほとんどなく
効果も遜色ありません。
お試しください ♪

先日結婚式を目前に控えられた50歳代の方が
ご来院されまして、フェイスラインのもたつきを
改善させたいとのことで、ダウンタイムのない
タイタンを行いました。
そして式を終えられて、素敵な結婚式のお写真をもって
いらしてくださいました♡
フェイスラインがとてもシャープになり、
ご主人もその効果に驚かれていらしたそうです ♪
もともととてもお綺麗でチャーミングな方なのですが
きゅっとしまった顎周りは、さらに美しさを引き立たせています♪
若々しく美しく魅せる秘訣は、やはりファイスラインがシャープ
であることだと実感しましたし、
このタイタンの良さも改めて確認しました。

タイタンはリフトアップ系の治療機器の中では
痛みが少ない方に入るとはいえ、
最大限に効果を発揮させるには
痛いくらいに強く当てる必要がありました。
よーし!と気合を入れないと頑張れなかった方もいらっしゃったと思います。
ですが最近取り入れている新しい照射方法なら
そんな方でも大丈夫です♪
ほんのりぽかぽかと温かい程度です。

この新しいやり方を命名しました( *´艸`)

「ハイパワームービング タイタン」(笑)
そのまんまですね。
これまでよりも高出力で、ショット数も増やしますが、
リフトアップ方向へ動かしながら照射をすることで
熱さや痛みが軽減できます。
これまでよりもたくさん近赤外線を吸収でき、
その後のコラーゲン増生、引き締まり効果の増大もより期待できます♪

料金はもちろん従来と変わりありません。

試してみてください♡

たるみ治療器 タイタンとは>>>

投稿日:2016年1月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

今日のopeにむけて( *´艸`)

明日の夜、私のまぶたのたるみの手術を
します!私が受けます!
美容外科手術は毎月第4木曜日の明日が治療日ですが、
無理をいって今日来てもらい、手術をしていただきます。

眉の直下で切って、たるんだ余剰な皮膚を
切り取ります。
術後も眉を書けばお傷は目立ちませんが、
前髪をパッツンと切り、
より目立たないようにする作戦にしました( *´艸`)

前髪を切る前
14500547201703



前髪を切った後
14506582343820

だいぶ雰囲気が変わりましたね( *´艸`)

診察の際に、
患者さんがこの私の前髪にびっくりされて
「すっすいません(*_*;先生の前髪に驚いて、今話聞いてませんでした!(笑)」
とおっしゃってました( *´艸`)

手術の経過はまた(^.^)/~~~

投稿日:2015年12月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

保険適用になっているホルモン補充療法はあくまで「薬剤」 薬の投与です!当院で使用している天然型のホルモンとは別物です!ご注意を

医師の間でもごちゃごちゃになっている
ホルモン補充療法の知識。
情報の混乱となっている原因は
「薬のホルモン剤」と「天然型のホルモン」と2種類
あることによります。

保険診療内でも一部のホルモンのみ
補充療法が適用されていますが、
保険で処方されるホルモンは
正確には「ホルモン作用をする薬剤」です。
したがって薬の副作用が問題となります。
たとえば女性の更年期症状に
使用する保険で処方される女性ホルモン剤は長期間使用
による発がん性の問題があるため、その影響をうけにくい
5年間以内の使用という制限があります。
そして男性の更年期治療で保険で使用される
男性ホルモン剤も薬剤であることはもちろんのこと、
注射投与のみのため、
ホルモンの値の調整がむつかしく、
症状のコントロールがうまくいかなかったり、
ホルモン値の調整が難しいため高くなりすぎるなど、
多血症による心筋梗塞、脳梗塞など血栓症の副作用の
リスクに対して注意が必要です。

それに対して、「天然型のホルモン」による補充療法
では、ホルモンそのもののため、
異常な代謝産物は生じることなく、発癌性はありません。
むしろ予防効果があります。
また男性ホルモン補充においても、血中濃度に変動を
生じにくい経皮ホルモン(塗るホルモン)を使用する
ため、注射での補充のような副作用が生じるリスクは限りなくすくないです。

ホルモン療法の効能効果を否定するものや、
副作用などさまざまな報告がありますが、
そのほとんどは薬である「ホルモン作用をする薬剤」
による報告です。
副作用の多くは薬の代謝産物による副作用です。
またさまざまな症状に対して効果がなかったとする論文に
おいても、薬のホルモン剤を使用しているものが多く、
またその投与量も適量とは言えず ばらばらです
私たちが使用している「天然型のホルモン」による
補充療法とは別物とお考えください
驚くことに、ホルモン補充療法をされている産婦人科の
先生がこの2つのホルモン療法があることを
ご存じない方が多いことを知り、最近大変驚きました・・・。
情報が混乱するのは当たり前ですね。
保険診療外の治療については、これほど世界的には常識
となっている治療でさえ知識としてもないのが日本の医療の現状です。

このホルモン補充療法による効能効果は、
薬剤のホルモン剤によるもの、
天然型のホルモンによるもの、
投与量、投与方法によって大きく異なってしまいます。
この点を正確に区別したうえでもう少し
議論しなければならないところであると思います。

 

患者さんには治療を選択できる権利があります。
それは保険診療内の治療ばかりでなく、
エビデンスのある治療のおいては保険診療外の知識も
熟知すべきであり、それらも含めて患者さんが治療方法を
選択すべきです。
出会った先生によってその患者さんの人生が変わって
しまうようではいけない思います。
保険診療外の療法の中にはいわゆる根拠の少ない療法も
残念ながら存在します。
そこを医師の目で見極めて患者さまにご紹介できる
医師でありたいと私は考えております。

投稿日:2015年12月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

ラエンネックP.O.の値上がりまじかです( ノД`)

納入価の値上げに伴い
その前に大量に購入しておりました在庫も底をつき、
残り17個となってしまいました。

現在1箱¥14,580ですが
在庫が無くなり次第¥21,060になってしまいます。
スタッフも買いだめ(*_*)

本年は26日(土曜日)18時までの診療です。
ご購入予定の方はお早目にどうぞ!

投稿日:2015年12月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

プチスレッドリフト

最近たるみ治療にはスレッドリフトが大人気で、
多種類の糸が開発され種類が非常に多くなりました。
そこで先生方といろいろな糸を使用して
さまざまなやり方、効果を検証しました。

その中で
従来のスレッドリフトの方法に
プラスすることで、さらに効果的なリフトアップ
ができる方法をとりいれています。
skin check before cosmetic surgery

図のように細い糸を、
下がった頬のお肉をぐっと引き上げた状態で、それを支えて止めるように挿入しておきます。
口角下のたるみが気になる方も同様に
たるみを引き上げた状態にして、それを支えるように糸を挿入しておきます。
これらだけでもそこそこリフトアップ効果はありまずが、
これらを行ってからさらに通常のN-COGリフトを
併用します
リフトアップ効果もさらに高くなり、
また持続性もよくなると考えられます。

以前にご紹介した口角upプチスレッドリフト>>>
との併用も素晴らしいと思います。

口角プチスレッドリフト ¥48,600
今回ご紹介した頬のプチスレッドリフトは 4本で¥21,600

これらのプチリフトを併用する場合は
N-COG、360度COGともに10%offとさせていただきます。

 

モニターさんの経過>>>

 

投稿日:2015年11月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング