八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

花粉症対策はじめていますか?!今年もまだ薬に頼りますか?(*_*)

img198
今年の花粉の飛散予測は、
関東地方では平年並みもしくはやや少ないようですね。
でもそろそろ
花粉症のある方は、対策始めてください。
例年症状の強い方は、飛び始める前からの抗アレルギー薬の服用開始!
サプリメントによるお薬を使用しない花粉症対策!
そして今年から花粉症になってしまわないように
粘膜の強化!

詳しくはこちら

★ 花粉症になる人。ならない人。 >>>

★ 薬に頼らない花粉症対策(その1) >>>
★ 薬に頼らない花粉症対策(その2) >>>
★ 薬に頼らない花粉症対策(その3) >>>

薬に頼る対症療法から脱出して
健康な体つくりを目指しましょう(^^)/

花粉症体質は食生活習慣、生活習慣の改善が必要です。
(気を配っている→気を付ける点が、実は間違っているかもしれませんよ)
花粉症になった=花粉症だけではない免疫システムの異常
やさまざまな病気の元になる不健康状態を反映しています。
お薬だけ飲んで花粉症の症状だけを改善しても
健康な状態には戻せません。
根本から改善しましょう♪

 

 

投稿日:2016年1月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

今話題の「リポ・カプセル ビタミンC」の販売は当院は「最優秀販売医院」です!その効果をどこよりも熟知しています。

高吸収ビタミンC「リポ・カプセル ビタミンC」
最近ではファッション雑誌などメディアでも
たびたび取り上げられるようになり
知名度も上がってまいりました。
IMG_5197

 

ぱらっとみても
こんなに多くの雑誌に載ってます(^_-)-☆

当院でも美容施術を受けられている方の
多くの方が飲んでいらっしゃいます。

このたび「リポ・カプセルビタミンC」の
販売数がとても多いとのことで
最優秀販売者!( *´艸`)なんていう
こんなのいただきました(笑)
IMG_5200

「リポ・カプセルビタミンC」について>>>

ビタミンCはシミ対策や美白効果に対して
服用されている方が多いようですが、
それだけではありません。

皮膚でコラーゲンを増生するには
たんぱく質、鉄、ビタミンCが材料として必要です。
これらが欠乏していると、ハリのないだら~っと垂れた
シワの多い肌になってしまいます。
また、光治療、たるみ治療器、スレッドリフト(糸の挿
入によるリフトアップ治療)などの美容施術の多くは、
治療後のコラーゲン増生を高めることのより
効果を発揮するものが多いです。
したがってこれらの材料の乏しい人は、
治療効果が悪いのです!
治療後はとくに、たんぱく質、鉄、ビタミンCをたっぷりとりましょう(^^)/
というわけで、当院では治療に併用して
リポカプセル ビタミンcを摂取している方が多いのです。

他のビタミンCとはくらべものにならない吸収率!
多くのビタミンCは消化の影響を受けてしまいますので
製品含有量の半分ほどしか吸収できていません。
でもリポ・カプセル ビタミンcはリン脂質によって
できている超微細なカプセルに包まれているため、
消化の影響を受けずほぼ全量近くが吸収できます。

飲めば違いは実感できますよ♪

1箱30袋入り ¥7,200(税別)

 

 

投稿日:2016年1月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

タイタン newバージョンは熱くない!痛くない!

先日ご案内した、たるみ治療器タイタンの
スペシャリストであるクリニカタナカの田中洋平先生
から教えていただいた
新しいタイタンの照射方法を最近取り入れております。
>>>

従来の照射方法よりも、熱さや痛みがほとんどなく
効果も遜色ありません。
お試しください ♪

先日結婚式を目前に控えられた50歳代の方が
ご来院されまして、フェイスラインのもたつきを
改善させたいとのことで、ダウンタイムのない
タイタンを行いました。
そして式を終えられて、素敵な結婚式のお写真をもって
いらしてくださいました♡
フェイスラインがとてもシャープになり、
ご主人もその効果に驚かれていらしたそうです ♪
もともととてもお綺麗でチャーミングな方なのですが
きゅっとしまった顎周りは、さらに美しさを引き立たせています♪
若々しく美しく魅せる秘訣は、やはりファイスラインがシャープ
であることだと実感しましたし、
このタイタンの良さも改めて確認しました。

タイタンはリフトアップ系の治療機器の中では
痛みが少ない方に入るとはいえ、
最大限に効果を発揮させるには
痛いくらいに強く当てる必要がありました。
よーし!と気合を入れないと頑張れなかった方もいらっしゃったと思います。
ですが最近取り入れている新しい照射方法なら
そんな方でも大丈夫です♪
ほんのりぽかぽかと温かい程度です。

この新しいやり方を命名しました( *´艸`)

「ハイパワームービング タイタン」(笑)
そのまんまですね。
これまでよりも高出力で、ショット数も増やしますが、
リフトアップ方向へ動かしながら照射をすることで
熱さや痛みが軽減できます。
これまでよりもたくさん近赤外線を吸収でき、
その後のコラーゲン増生、引き締まり効果の増大もより期待できます♪

料金はもちろん従来と変わりありません。

試してみてください♡

たるみ治療器 タイタンとは>>>

投稿日:2016年1月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

今日のopeにむけて( *´艸`)

明日の夜、私のまぶたのたるみの手術を
します!私が受けます!
美容外科手術は毎月第4木曜日の明日が治療日ですが、
無理をいって今日来てもらい、手術をしていただきます。

眉の直下で切って、たるんだ余剰な皮膚を
切り取ります。
術後も眉を書けばお傷は目立ちませんが、
前髪をパッツンと切り、
より目立たないようにする作戦にしました( *´艸`)

前髪を切る前
14500547201703



前髪を切った後
14506582343820

だいぶ雰囲気が変わりましたね( *´艸`)

診察の際に、
患者さんがこの私の前髪にびっくりされて
「すっすいません(*_*;先生の前髪に驚いて、今話聞いてませんでした!(笑)」
とおっしゃってました( *´艸`)

手術の経過はまた(^.^)/~~~

投稿日:2015年12月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

保険適用になっているホルモン補充療法はあくまで「薬剤」 薬の投与です!当院で使用している天然型のホルモンとは別物です!ご注意を

医師の間でもごちゃごちゃになっている
ホルモン補充療法の知識。
情報の混乱となっている原因は
「薬のホルモン剤」と「天然型のホルモン」と2種類
あることによります。

保険診療内でも一部のホルモンのみ
補充療法が適用されていますが、
保険で処方されるホルモンは
正確には「ホルモン作用をする薬剤」です。
したがって薬の副作用が問題となります。
たとえば女性の更年期症状に
使用する保険で処方される女性ホルモン剤は長期間使用
による発がん性の問題があるため、その影響をうけにくい
5年間以内の使用という制限があります。
そして男性の更年期治療で保険で使用される
男性ホルモン剤も薬剤であることはもちろんのこと、
注射投与のみのため、
ホルモンの値の調整がむつかしく、
症状のコントロールがうまくいかなかったり、
ホルモン値の調整が難しいため高くなりすぎるなど、
多血症による心筋梗塞、脳梗塞など血栓症の副作用の
リスクに対して注意が必要です。

それに対して、「天然型のホルモン」による補充療法
では、ホルモンそのもののため、
異常な代謝産物は生じることなく、発癌性はありません。
むしろ予防効果があります。
また男性ホルモン補充においても、血中濃度に変動を
生じにくい経皮ホルモン(塗るホルモン)を使用する
ため、注射での補充のような副作用が生じるリスクは限りなくすくないです。

ホルモン療法の効能効果を否定するものや、
副作用などさまざまな報告がありますが、
そのほとんどは薬である「ホルモン作用をする薬剤」
による報告です。
副作用の多くは薬の代謝産物による副作用です。
またさまざまな症状に対して効果がなかったとする論文に
おいても、薬のホルモン剤を使用しているものが多く、
またその投与量も適量とは言えず ばらばらです
私たちが使用している「天然型のホルモン」による
補充療法とは別物とお考えください
驚くことに、ホルモン補充療法をされている産婦人科の
先生がこの2つのホルモン療法があることを
ご存じない方が多いことを知り、最近大変驚きました・・・。
情報が混乱するのは当たり前ですね。
保険診療外の治療については、これほど世界的には常識
となっている治療でさえ知識としてもないのが日本の医療の現状です。

このホルモン補充療法による効能効果は、
薬剤のホルモン剤によるもの、
天然型のホルモンによるもの、
投与量、投与方法によって大きく異なってしまいます。
この点を正確に区別したうえでもう少し
議論しなければならないところであると思います。

 

患者さんには治療を選択できる権利があります。
それは保険診療内の治療ばかりでなく、
エビデンスのある治療のおいては保険診療外の知識も
熟知すべきであり、それらも含めて患者さんが治療方法を
選択すべきです。
出会った先生によってその患者さんの人生が変わって
しまうようではいけない思います。
保険診療外の療法の中にはいわゆる根拠の少ない療法も
残念ながら存在します。
そこを医師の目で見極めて患者さまにご紹介できる
医師でありたいと私は考えております。

投稿日:2015年12月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

ラエンネックP.O.の値上がりまじかです( ノД`)

納入価の値上げに伴い
その前に大量に購入しておりました在庫も底をつき、
残り17個となってしまいました。

現在1箱¥14,580ですが
在庫が無くなり次第¥21,060になってしまいます。
スタッフも買いだめ(*_*)

本年は26日(土曜日)18時までの診療です。
ご購入予定の方はお早目にどうぞ!

投稿日:2015年12月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

プチスレッドリフト

最近たるみ治療にはスレッドリフトが大人気で、
多種類の糸が開発され種類が非常に多くなりました。
そこで先生方といろいろな糸を使用して
さまざまなやり方、効果を検証しました。

その中で
従来のスレッドリフトの方法に
プラスすることで、さらに効果的なリフトアップ
ができる方法をとりいれています。
skin check before cosmetic surgery

図のように細い糸を、
下がった頬のお肉をぐっと引き上げた状態で、それを支えて止めるように挿入しておきます。
口角下のたるみが気になる方も同様に
たるみを引き上げた状態にして、それを支えるように糸を挿入しておきます。
これらだけでもそこそこリフトアップ効果はありまずが、
これらを行ってからさらに通常のN-COGリフトを
併用します
リフトアップ効果もさらに高くなり、
また持続性もよくなると考えられます。

以前にご紹介した口角upプチスレッドリフト>>>
との併用も素晴らしいと思います。

口角プチスレッドリフト ¥48,600
今回ご紹介した頬のプチスレッドリフトは 4本で¥21,600

これらのプチリフトを併用する場合は
N-COG、360度COGともに10%offとさせていただきます。

 

モニターさんの経過>>>

 

投稿日:2015年11月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

やはり「インターバル速歩」がいいようです♪

以前に、アンチエイジングに良い適度な
運動方法として「インターバル速歩」について
ご紹介しました。>>>

1日1万だらだら歩くだけでは、筋力や持久力は
向上できないそうで、
インターバル速歩は
「ゆっくり歩き」と「さっさか歩き」を交互にくりかえす
ウォーキング方法です。
388e8fa9-932c-4d5d-b525-e380aeb08e1b

このインターバル速歩が良い点について
裏付ける報告がありました。

*Nidhi Seethapathi et al:The metabolic cost of
changing walking speeds is significant,implies
lowe optimal speeds for shorter distances,and
increases daily energy estimates.,Biology letters,2015 Sep

通常のウォーキングは、カロリー消費に優れた方法
ですが、さらに歩行速度を変えながら歩くと、
最大で20%多くエネルギーが消費できるとのことです。

この研究では、歩行速度を変えた時の
エネルギー消費を測定しています。
その結果、一定の速度で歩くよりも、速度に変化を与えて
行うと有意にエネルギー消費が増加したということです。

通常のウォーキングは、一定の速度で行う場合が
ほとんどです。
どんな速度でもエネルギーを消費しますが、
歩行速度を変える動作は体の運動エネルギーを
変えることになり、この過程は確実にエネルギー消費を
さらに増加させると述べられています。

まさに「インターバル速歩」ですね!

みなさんもウォーキングされるときや、
日々の生活の中であるくときには、
インターバル速歩で(^^)/

 

投稿日:2015年11月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

小児期の抗生物質の使用は、生涯にわたる体重増加をまねく

腸内細菌と肥満との関連が最近話題ですね。
当院でもダイエットの目的でプロバイオティクスを
処方しています♪

成人の腸内細菌は大きくわけて主に2種の菌群から成り立っています。
グラム陽性菌の「フィルミクテス門」
グラム陰性菌の「バクテロイデス門」です。

そしてそれらの菌は、私たちの体への作用の仕方から
善玉菌(有用菌)、悪玉菌(有害菌)、
日和見菌(時と場合によって有用にも有害にも働く菌)
にわけていますが、正確に良い菌悪い菌とは
区別することが難しく、全体の菌の割合のバランスが大切
といわれています。
そして腸内細菌が分泌するさまざまな成分は、
腸から吸収されて全身に影響します

いわゆる善玉菌を含む「バクテロイデス門」の細菌が排出
する短鎖脂肪酸は、脂肪細胞に働きかけると脂肪の
取り込みが止まり、肥満を防いでくれます。

「フィルミクテス門」は、クロストリジウムなどの悪玉菌
やヨーグルトなど発酵食品に含まれている菌などです。
フィルミクテス門の細菌は食事から取り込むエネルギー量
が多く、肥満の原因になるといわれています。
肥満の人ではフィルミクテス門の細菌が多く、
バクテロイデス門の細菌が少ないことが明らかにされています。
*Turnbaugh, P.J et al. Nature.2006,444:1027-1031

複数の標準体型の人と肥満の人に
標準カロリーの食事を3日間食べさせた後、
高カロリーの食事を3日間食べさせ、
それぞれの期間の排泄物に含まれたエネルギー量と腸内細菌を検査しています。
肥満の人は標準カロリー食でも高カロリー食でも
エネルギー量に変化はありませんでしたが、
標準体型の人が高カロリー食を摂取するとエネルギー量は
減少するという結果が出ました。
また、高カロリー食を摂取すると、
フィルミクテス門の細菌が増加し、バクテロイデス門の
細菌が減少したということもわかっています
*Am J Clin Nutr. 2011 Jul;94(1):58-65

このように腸内フローラによる肥満の影響、
食事によっても悪化する、そして太ることで腸内フローラも悪化する
と考えられています。

そのような肥満と腸内細菌との関係についての
報告が多くなる中で、幼少期から腸内細菌を大切にして
おかないと生涯にわたり肥満のリスクが高くなるという報告がありました。

「小児期の抗生物質の使用と成人期のBMIとの関係」
B S Schwartz et al.Antibiotic use and childhood
body mass index trajectory:International journal of obesity 2015.Oct 21

米国の3歳から18歳の若者16万3820人を解析した結果、
小児期に7回以上の抗生剤投与をされた群の
15歳時の体重は、7回未満の群に比べて1.4kg多かったとのことです。
小児期の抗生剤投与で、BMIが生涯にわたり影響を受ける
可能性があり、成人になるとさらに悪化する可能性が高い
と述べられています。

以前に米国のプロバイオティクス専門家である
ステファン・F・オルムステッド氏の講演会の際に
伺ったところでは、一度抗生剤投与を受けると確実に
腸内フローラは乱れ、プロバイオティクス投与しても
回復するのには2か月かかるとおっしゃっていました。
したがって抗生剤を投与したら、必ず腸内細菌を整える
ケアを最低でも2か月するべきだといっています。
日本は抗生剤大国です。
保険診療が充実しているため、高価な抗生剤使用にも
遠慮することなく、あまり意味のない抗生剤投与や
無駄に長く投与されがちです。そして投与時投与後の
dysbiosisに対するケアはなされていません。
日本では、抗生剤を投与する医師は、
腸内細菌叢を乱してしまうことについての
重大な問題に、
まったく配慮していない現状といえます
腸内細菌の異常による肥満のみならず、
さまざまな影響について、
抗生剤を使用する医師自身に啓蒙する必要があると思います。

投稿日:2015年11月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

第18回日本胎盤臨床医学会のご報告<その2>プラセンタの学会ですが、ここでも腸内環境治療が話題でした

プラセンタについての研究発表がメインの学会
ではありましたが、
やはりアンチエイジング、病気の予防や治療において
腸内環境を整えることが必須となりつつある今、
この学会でも話題になりました。

腸内細菌叢(腸内フローラ)の善玉菌と分類される、
主に良い作用をする菌の割合を増やすことが
病気の改善や予防に効果があることは多くの報告がそろいました。
ですが、その菌がどのようなシステムで
作用しているかについては、まだわからない部分が多くあります。

この善玉菌の作用が、
どうやら生きた状態での菌の摂取(プロバイオティクス)
でなくても効果がある報告が出てきており、
滅菌して死んだ菌の摂取でも同等な効果が得られることがわかってきています

以前にも生きた菌(プロバイオティクス)がいいのか
死菌でもいいのかについて書きました >>>

 

現在この善玉菌による効能を得る手段には
善玉菌を増やす手段と善玉菌の成分を摂取する方法です。

<善玉菌を増やす餌を与える>
★プレバイオティクス
食物繊維やオリゴ糖など、腸の善玉菌を増やすための菌のエサです。

<菌を摂取する>
★プロバイオティクス
生きた善玉菌を摂取する
腸まで生きた状態で届く工夫がされていても
実際は死菌の状態で腸に届く場合が多いといわれては
いますが、治療実績も長くエビデンスが多い方法です。
ただし、生きたまま腸に届いても定着する菌は少なく
「良い影響」を残し、通過していると考えるのが
最近の考えです。

★善玉菌の死菌を摂取する
殺菌した状態の菌を摂取する
善玉菌の「良い影響」は菌の外側部分(細胞壁)
が腸に作用していることによるとわかってきており、
死菌の状態でも「良い影響」をうけられるという報告が増えています。
ですが核酸、なかでも1本鎖RNAが重要成分である
との報告もでており >>>
生菌と同等の効果が本当に得られるのか、
もしくは死菌である方がいい可能性があるのかについては
まだまだ研究実績がすくなく、今後のデータの蓄積が
待たれます。

<菌の成分のみを摂取する>
★バイオジェニックス
菌体抽出エキス(菌体成分、菌の代謝産物、
菌の分泌成分のみを抽出したもの)で菌そのものでは
ない有効成分を凝縮して多く摂取できる利点があります。

 

これらのうち、どの方法がもっとも
腸内細菌叢(腸内フローラ)を整えて腸内環境を改善する
ことができるかは決着がついていません。

今のところは当院では、治療実績の多い生菌の摂取である
プロバイオティクスをおすすめしていますが、
今後の研究結果をみて選択していきたいと思っています♪

当院のプロバイオティクス>>>

 

投稿日:2015年11月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング