八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

先週の土曜日は、診療を抜け出してm(__)m 「ヒアルロン酸注射における合併症」についてのカンファレンスに参加しました

 

20160618_121727-1

顔のヒアルロン酸注射は、私たちの老化に伴う脂肪のボリュームダウンを補ったり、しわを改善したり、リフトアップ効果、肌質改善などさまざまなアンチエイジング治療に有用です。
ですが、近年さまざまなヒアルロン酸製剤、ヒアルロン酸以外の製剤が開発され、またあらたな手法も登場し、
効果や持続性も高まった一方で、合併症も増えてきています。

そのようなヒアルロン酸注射治療による合併症に詳しい
Dr Joel L. Cohenが来日され、その回避方法、また
やむを得ず起きてしまった際の
対処法などについて今回レクチャーしてくださいました。

土曜日の診療時間内ではありましたが、
非常に大切な内容ですので、予約をご変更させていただき
参加してまいりました。

医師6名とDr Cohenとの少人数でのカンファレンスで、
直接聞ける機会は貴重でしたが、午後の診療に
戻らなければならず中座したのは残念でした。

まず、ヒアルロン酸注射における合併症の一つに
感染症があります。
入れたヒアルロン酸部分にばい菌がついて、腫れたり、
膿がでたりします。
私は皮膚科の医者を20年やっていますが、一度も経験がありません。
この感染症の原因の一つは製剤の問題です
当院では、一度開封したヒアルロン酸製剤を長く保管して
再使用することは致しません。
施設によっては半年以上も保管し、再度使用するところもあるそうです。
冷蔵庫に保管していても、普段皆様もお存じなように、
食品が腐ったり雑菌が繁殖している経験があると思います。
一度開封して空気に触れたものを
注入することはこのようなリスクを起こす原因になるといえます。
また、不衛生な施設で製造された品質の良くないものを
注入することも、このような感染症を起こすリスクになると思います。
そして肌の不衛生
またDr.cohenもおっしゃっていましたが、施術前の消毒はもちろんのこと、
施術前にはきちんと洗顔してメイクを落とし、
注射後は患部に化粧をしないようにするのもそのような感染のリスクを避けるポイントです。
当院でも、化粧は落としたくないとおっしゃられても、
必ず洗顔していただいています。
またニキビがたくさんできていたり、
肌が健康でないときに治療を受けるのも細菌感染のリスクとなりますので避けましょう。

 

次に過敏症(アレルギー)。
ヒアルロン酸製剤に対するアレルギー症状です。
注入直後に生じるものと、
かなり時間がたってから生じるものがあります。
つい最近私も経験しました。
注入直後より腫れて、とくに血管にさしたわけでも
ないのに、注入部位すべてに異常な内出血を伴いました。
その製剤は、ヒアルロン酸以外にも美容液が
入っている人気の製剤です。
おそらくはその何かの美容成分に反応しているのではないかと考えました。
もう一つは大変まれではありますが、
何か月もしてかなり時間がたってから
硬いしこりになったり、赤みがでて消えなかったりする遅発性のアレルギーです。
これも製剤内の添加物による反応であったり、
ヒアルロン酸以外の充填物によるアレルギーの可能性もあります。
このようなアレルギーは、個体の敏感度の問題もあり、
あらかじめ回避できない場合もあります。
また、そのようなしこりができて除去する手術を
したところ、ヒアルロン酸ではなかったこともあります。
注入する製剤について患者さまご自身も知っておくことも大切です。

そしてもっとも深刻なのは、ヒアルロン酸の血管内の塞栓です。
最近、ヒアルロン酸ではありませんでしたが
鼻を高くするための注入において、
目の方を栄養する血管にその製剤が入り、
失明したという症例についての報道がありました。
ヒアルロン酸製剤が詰まった場合には、ヒアルロニダーゼ
というヒアルロン酸を溶かすお薬があるので、
詰まったものを除去する手段があるのですが、
その使用した製剤にはそのような溶かせるものがない
ためにその合併症を抑えることができません。
効果もよく、持続性も高いのですが、
このような危険部位へのこのような製剤の使用には極度の注意を要します。
よって私は、溶解できない製剤は使用しておりません。
ですが、必ずしも溶かすことができても、
このような合併症が絶対起こらないとも言えません。

顔に走る血管の中でも顔面動脈という血管が
顔の下の方からほうれい線の脇、鼻の脇を通り、
目の方へ、額の方へ栄養しています。
その血管にヒアルロン酸が詰まると、血流が閉ざされて
皮膚が潰瘍になってえぐれたり、
目の方に血行がなくなると失明するリスクさえあります。
私たちは、この血管走行を理解し、十分注意して注入しています。
すなわちいうまでもなくこの解剖を理解せず注入すること
は、塞栓させるリスクが高まります。
また一度に硬い製剤をたくさん入れることも
血管を圧迫し、血流を閉ざす原因になっているという考え
もあり、何度かにわけて注入することも推奨されています。
そして、動脈に入りやすい危険エリアが分かっています。
このようなことにどんなに注意して行っても、
どんなベテランの医師でも、塞栓させてしまうリスクは
あります。
そこの注入を避けることもやむを得ないと私は思っています。
そしてそのような事態が生じた際の対処方法を
しっかり身に付けたうえで施注することが重要です。

このような合併症は非常に非常にまれですが、
どの医師に、どの施設で受けても起こりうる可能性が
ありますので、そのことを理解している医師に治療を受けるようにしましょう。

 

 

投稿日:2016年6月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

私と一緒にためしますか?new ダイエットサプリメント 「メタソーブ」♪

夏が近づいて
体の露出度が増えると
ぷに肉 気になりますよね(´・ω・`)

二の腕の脂肪融解注射
ただいまキャンペーン中>>>

 

当院でのダイエットサプリメントは
便秘気味で皮下脂肪の多い方、ストレスの多い生活の方にはBBXがおすすめ ♡
IMG_0676[1]

ストレスの多いライフスタイルでは、コルチゾール値が上昇します。
高コルチゾール値が持続すると、
満腹感の異常や脂肪の蓄積により体重が増えます。
BBXには、このコルチゾールの分泌を整える作用があります。
そのほか脂肪燃焼させるATPの産生を増やしたり、摂取カロリーを約50%カットさせます。

タイのFDA承認。医学的根拠に基づいた本格的で安全なダイエットサプリメントです♡

BBX 1箱 30粒 (1日1~2粒) ¥9,000(税別)

 

 

IMG_0673[1]

 

そしてnewダイエットサプリメント ♪

実は私はもともとおなかが緩くなりやすいのでBBX飲むとおなかピーピーなんです(´・ω・`)

それで先日お友達の先生に、これを教えてもらいました♡
飲んでいるだけで3kgはやせるよと言われているようです( *´艸`)
飲みはじめて1週間なのでまだ効果は分かりませんが、
おなかの調子にはあまり影響していませんので継続できそうです。
私と一緒にこのnewダイエットサプリメント試しますか?( *´艸`)

メタソーブ「META SORB」
京都府立大学の研究チームにより開発された国産のサプリメントです。
糖や脂肪を消化して吸収するために必要な酵素の働きをブロックします。
食事と一緒にとることで血糖値の上昇、を抑え中性脂肪の値を低下させ、
肥満を改善させます。
この消化酵素に対する抗体は、ダチョウの卵から精製されています。
そのほかにもキャンドルブッシュエキス(ハネセンナ)
による便通改善効果、
ブラックジンジャーによる糖質・脂肪分解燃焼作用、
白いんげん種子粉末(ファベルノールフォース)
による炭水化物抑制作用
そして難消化性デキストリン(水溶性食物繊維「)により便通改善は
もちろんのこと、食後の血糖や中性脂肪の上昇を抑えます。

メタソーブ 1パック 120粒(1回2~4粒を1日2回) 0.5~1か月分
 ¥11,000(税別)

 

 

投稿日:2016年6月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

「エクエル」が2日分増量になって、クリニックで買う方がお得です♡

最近はテレビのCMでも流れるようになって
知らない女性はいないくらいに有名になった
エクオールサプリメント「エクエル」。

このたびクリニック販売用はボトルから
パウチタイプとなり、
お値段かわらず2日分増量♡
クリニックで購入する方がお得です(*^^)v
IMG_0520

ミドルエイジの女性の健康維持をサポートしてくれます♪

1. エストロゲン様作用
女性ホルモンに似た働きをして、更年期障害の症状の
緩和、
メタボリックシンドロームの予防、骨粗しょう症の予防や改善効果

2.抗エストロゲン作用
エストロゲン様作用をするとともに、
過剰な作用を抑える抗エストロゲン作用も有します。
このことは乳がんのリスクを下げる可能性が期待されています。

3. 抗アンドロゲン作用
女性のみならず、男性にも良い効果があります。
前立腺肥大や前立腺癌、脱毛の原因となる
DHT(ジヒドロテストステロン)の受容体に結合し、
過剰な作用を抑制します。

4. 抗酸化作用
美白作用、しみの改善など美肌効果があります。

5. しわ改善効果
エストロゲン作用によりシワの改善効果があります。

1袋 120粒入り(1日4粒 30日分) ¥4,000(税別)

 

投稿日:2016年5月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

乾癬は塗り薬だけ塗っているだけではだめですよ! 乾癬とメタボリックシンドロームについての講演のスライドを作っていまして、昨日ブログをアップするのを忘れてしまいました(._.)

再来週、乾癬の治療薬「ドボベット®」をとり扱う
協和発酵キリンさんの社員講演をします。
そのスライドを仕上げておりまして
ブログをアップするのを昨日わすれてしまいました(-.-)

さて、その講演の内容ですが
スクリーンショット (10)

乾癬は皮膚症状のみでなく、
メタボリックシンドロームや高尿酸血症、脂肪肝など併発することが多いといわれています。

乾癬に限らず、全身の慢性炎症性疾患では、インスリン抵抗性が増し、その結果動脈硬化の進行、心筋梗塞等心血管イベントが増加するといった「psoriatic march乾癬マーチ」という悪循環が生じます。
そして乾癬は肥満とも関連し、太ると脂肪細胞から
TNF-αに代表される炎症性アディポカインの産生が
過剰になり、乾癬は悪化します。
また炎症を抑える抗炎症性のアディポカインの産生は
減少し、乾癬の症状の持続につながります。
このアディポカインの分泌異常が
メタボリックシンドロームの原因にもなり、
また乾癬も悪化させるという悪循環になるのです。
よってダイエットして減量する乾癬の症状が改善する
ことが以前より知られています。

また肥満の原因として腸内フローラの乱れも関係
していることがわかってきましたので、

乾癬・肥満・メタボリックシンドローム・腸内細菌は
密接に絡んでいるといえます。
スクリーンショット (11)

というわけで、乾癬の治療は紅斑を抑える塗り薬を塗ることばかりに
医者も患者さんも専念してしまいがちですが、
このような生活指導、管理が非常に重要であることに
ついてお話しする予定です。

 

投稿日:2016年5月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 乾癬

デリケートゾーンのエイジングケア開始します♪(美白、引き締め、潤い、におい対策)

Ⅰ.膣(ちつ)のアンチエイジング
「Petit Ladyプティレディ」

日本ではあまりまだ知られていませんが、
婦人科領域のアンチエイジングです。

お顏の皮膚のみならず、膣も老化します。
粘膜のひだがなくなりハリがなく、べたっとして薄っぺらくなります。
粘膜の分泌機能も低下しますので乾きやすく、
かゆみやにおい、性交痛の原因にもなります。
35歳を過ぎるますと、どの女性もホルモンの減少により
このような膣の老化が始まります。

またお顏もたるむように、膣の周辺組織もたるみます。
出産をしていればなおさらのことです。
弾力に乏しく締まりがない膣になり、
パートナーの満足度の低下や尿漏れの原因にもなることがあります。

これらを解消するのが「Petit Ladyプティレディ」
お顏の肌の若返りに使用するレーザー治療を
応用し、膣内から360度リジュビネーションレーザーを
照射して、粘膜を再生、膣全体の引き締めを行います。
img203

img204

これまでの機器は、
表面粘膜のみ浅く照射して、粘膜の再生のみを図るもの。
またはじんわり膣周囲組織まで作用し、
皮膚粘膜の再生力は若干弱いものの引き絞め効果の高いものの大きく2種類がありました。
この「プティレディ」でのデュアルモードでは、この2つのレーザーをオートマティックに一度に連続照射することができるところが最大の進化点です
粘膜の若返りと引き締めを同時に得られます

そして「Petit Ladyプティレディ」では
Er:Yag(エルビウムヤグ)という種類のレーザー光を使用しています。
粘膜再生にはこれまでは炭酸ガスレーザーが使用される
ことが多かったのですが、エルビウムヤグでは治療後の
粘膜再生が早く、ダウンタイムが短く、帯下の増加などの
不快な症状もかなり軽減されています。

 

 

Ⅱ.膣口・陰唇の引き締め
Ⅲ.陰唇の美白

加齢に伴ってや日々のさまざまな刺激(摩擦や蒸れなど)
によってくすみが増しやすいデリケートゾーン。

ACTIONⅡレーザーによるエルビウムフラクショナル照射
によってみずみずしく、明るいお色に若返らせる治療が可能です。
ハリが無くなりしわしわっとなったり、
ピロピロがビロビロっとなってきたり、
何となくくすみが強くなったような?
久しぶりに観察してみてください( *´艸`)
レーザー照射によって
柔らかく、でもハリのあるピンク色の陰唇へ
導きます。

 

 

< 料金 >

Petit Ladyプチレディー):膣の引き締め
2~3週間おきに3回治療

1回目 ¥100,000(税別)
2回目以降 1回あたり ¥80,000(税別)

 

Petit Lady Plusプチレディー プラス):腹圧性尿失禁
2~3週間おきに3回治療

1回(毎回) ¥100,000(税別)

 

Petit Lady Stylishプチレディー   スタイリッシュ):膣口と陰唇の引き締め
2~3週間おきに3~5回治療

1回(毎回) ¥50,000(税別)
Petit Ladyとの併用の場合は 1回  ¥20,000(税別)
Petit Lady Glossとの併用の場合は 1回¥20,000(税別)

 

Petit Lady Glossプチレディー グロス):膣の潤い・美白
2~3週間おきに3~5回治療

1回(毎回)  ¥50,000(税別)美白クリーム10gを含む
Petit Lady Stylishとの併用の場合は 1回 ¥20,000(税別)

 

 

 

 

投稿日:2016年5月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

汗管腫(syringoma)治療 「AGNES」アグネス

汗管腫関連のページはこちら>>>

目の周りやひたい、こめかみ、首などに
細かいぶつぶつが多発する
「汗管腫」という遺伝性の肌質です。
綺麗に治すのが非常に難しい皮膚の症状です。

これまでは炭酸ガスレーザーやエルビウムレーザーで
皮膚表面から削って平らにする試みが主流でした。
ですが、汗管腫の病変のメインはもう少し皮膚の奥です。
そこまでを削り摂ると、跡になりやすいため、
治療をしたほうが目立たなくはなりますが、
すっきりつるつるの綺麗な肌にすることは困難でした。

汗管腫 AGNES

 

AGNESでは表面の皮膚を温存し、
皮膚の内側の汗管腫の病変のみを治療することができます。
かんかん腫

極細の針を汗管腫一つ一つに刺し、
深部のみ焼灼します。

当院は汗管腫の治療数が多く、連日レーザー治療を
行っており、多数の症例を診てまいりましたが、
汗管腫は、実際には症状にバリエーションがあります。

Ⅰ.内容物が目立たず、細かい隆起のみの場合
AGNESがもっとも有効なタイプです。
ase
Ⅱ.白い内容物が浮いて見えている場合
無題
Ⅲ. ⅠとⅡが混在している場合

Ⅳ.  黄色い色が目立つタイプ
汗管腫.

Ⅴ. 以前に治療を受けていて、傷跡が主な場合(赤い跡)

したがって、このタイプによって治療法が異なり、また
数種類の治療を組み合わせる必要があります。

 

AGNES汗管腫治療直後の赤みと腫れはこのような感じです>>>

1回では綺麗になりませんが数回行うと良くなることが多いです>>>

体の汗管腫治療>>>

 

< 汗管腫治療 料金 >

炭酸ガスレーザーまたはエルビウムYAGレーザー
上または下まぶた 片側 1回 ¥15,000(税別)

エルビウムフラクショナルレーザー
(治療跡の治療)
上または下まぶた 片側 1回 ¥15,000(税別)

AGNESのみ
上または下まぶた 片側 1回 ¥50,000(税別)
額全体 1回 ¥70,000(税別)
片側こめかみ 1回 ¥35,000(税別)
首 1回 ¥100,000(税別)
下腹部 1回 ¥80,000(税別)

モニターサービスがあります♡ 詳しくはスタッフまで。

炭酸ガスレーザーまたはエルビウムYAGレーザー +AGNES
上または下まぶた 片側 1回 ¥60,000(税別)

 

 

AGNESモニターさんの経過>>>

目の周り以外の汗管腫にも>>>

無治療でいると加齢とともに目立ってきます>>>

男性の汗管腫>>>

汗管腫関連のページはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

投稿日:2016年5月6日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

当院は再生医療提供施設として認可されました

「再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行
に伴い、再生医療を提供する医療機関は、
施設許可および治療内容の届出が義務付けられました。
したがってこれまで再生医療を提供していた施設でも、
国の認可を受けていないクリニックでは
再生医療を行うことができなくなりました。

当院は2016年3月29日付けで再生医療提供施設として
認可されました。

これまで通りに再生医療をご提供できます。
また新たに導入する再生医療もございますので
追ってお知らせいたします。

投稿日:2016年4月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

ナチュラルホルモンではbirth control(避妊)目的の使用はできません

現在避妊目的でピルを使用している方より
ナチュラルホルモンでできないか
というご質問をたびたび受けます。
残念ながら、ナチュラルホルモンではFSH/LHを十分に強く
抑えられませんので
子宮機能をしっかり止めることができず
birth control(避妊)はできません。

従来のホルモン製剤のピルをご使用いただくこととなりますm(__)m

投稿日:2016年3月30日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

もっと手軽に蛋白質を♪ 鈴廣xオーソモレキュラー.jpコラボ商品「お魚ペプチド」 が加わりました!

ぷるぷる美肌には
タンパク質の摂取が重要です!
どんなに良い化粧品を使っていても、
よい施術を受けても、
コラーゲンを増生するための材料が不足している人は
ぷるぷる美肌はgetできません!

img216

 

コラーゲンを増生させるには
タンパク質、鉄、ビタミンCが必要です。

市販のアミノサプリメントもいいですが、絶対的に量が取れません。

とは言えプロテインをとるのも大変です(-.-)

img214

 

そこで今回登場した
かまぼこでおなじみの鈴廣さんとのコラボ商品
「おさかなペプチド」がおすすめです♪
かまぼこの原料の魚肉すり身から作られています。
余分な成分を取り除き、分子量も小さい高品質な
ペプチドとなっています。

吸収されたタンパク質の体内利用率を示す
生物価も高いです。

これまでの大豆プロテインよりも溶けやすく、
しょうが風味の鶏ガラ味のおだしもきいているので
料理に少しずついろいろなものに取り入れやすくなっています。
img215

わたくしも、お昼ご飯の時に
お味噌汁に入れて飲んでいます♪

IMG_5945

1袋 150g ¥2,500 (税別)

 

 

投稿日:2016年3月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

昨日は日本の医療におけるサプリメント外来の現状と展望についての取材でした

14533821540580
昨晩は、UDXヒラハタクリニックの平畑徹幸先生との対談形式の取材をうけました。

平畑先生のご専門は遺伝子診断・治療ですが、
天然型のホルモン補充療法やサプリメントにもご精通され予防医療にも力を入れていらっしゃいます。
そして日本よりも統合医療や臨床医のサプリメントの活用
の進んでいる米国事情についてもお話しくださいました。

日本における医療機関でのサプリメントの使用・普及の
現状についてや、どうしたら日本の医師がもっと予防医療
疾患の治療にサプリメントを活用できるようになるのか。
予防医療を充実させて、将来を見据えた医療を目指すには
医師自身の教育があらためて必要であることなど対談しました。

日本では病気になってからの治療に耽溺しすぎている
ところがあり、疾患の予防を医療機関で行うという
システムが普及していません。
自己の素人的な管理に任されてしまっています。
医療現場で、そして社会全体として予防対策を
充実させていかなければ、
病気は増える一方で、健康寿命もなかなか延びません。

昨年の医療機関におけるサプリメントの販売、
アドバイスの解禁によって、医療サービスの転換が
期待される中、依然として医療現場全体としては
まだまだ充実しているとは言えません。

そしてTPPによって今後は米国のヘルスクレイム表示
(科学的に証明されている効果効能の表示)の
サプリメントが多く出回ることが予想されます。
どのようにみなさんに、安全で効果的なサプリメントを
選択していただけるお手伝いができるのかが、
今後の課題になりそうです。

 

さて、対談後、平畑先生のご専門の遺伝子診断、治療
についてお伺いしました。
最先端の癌予防医療、そして治療といえます。

遺伝子診断は、
がん細胞が増殖して大きくなってからではなく、
「遺伝子変異の蓄積」の段階で超早期発見することで、
より早期にがんをみつけます。
身体のどの部分でどのようながんが発生する可能性があるか。
また、がんが既に発生している可能性が高いかを調べます。
私も近々検査を受けに行こうと思っています。

UDXヒラハタクリニックの癌遺伝子検査について>>>

 

がん遺伝子治療(抑制遺伝子治療)は、
正常ながん抑制遺伝子を体内入れることにより、
がんの死滅や遺伝子の正常化を促す治療法です。
各大学病院でも研究、治療が進められています。

UDXヒラハタクリニックのがん治療について>>>

ご相談のある方は私までお知らせください。
ご紹介も可能です。

投稿日:2016年1月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング