八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

「腸から動脈硬化を予防する」時代到来です!~腸管粘膜バリア機能に着目した新たな動脈硬化治療薬が発表されました~

横浜市立大学医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学 の
研究チームより、

腸管粘膜バリア機能に着目した新しい動脈硬化治療薬について発表がありました。
>>>

動脈硬化には腸内細菌が血中に漏れ出すリッキーガット症候群(腸管壁漏洩症候群)が関係していること。
クロライド・チャネル活性化剤Lubiprostone(アミティーザ)は、
リッキーガット症候群を改善することで動脈硬化症の進展を抑制する。
というものです。

腸と動脈硬化???と思われると思いますが、
以前より腸内細菌が種々の疾患に関連していることについて
私のブログでもお伝えしてまいりました☺
近年「腸内環境、腸内細菌」は脚光を浴びており、続々と研究結果が出てきております。

動脈硬化をもとに発症する心筋梗塞、脳梗塞といった動脈硬化性疾患は日本において死因の第2位をしめています。
動脈硬化を抑制するために、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の管理・治療が行われていますが、有効に抑制できていない現実があります。
近年では食の欧米化により、若年発症の動脈硬化性疾患も見られるようになり、動脈硬化の予防対策は深刻です。

動脈硬化は血管の慢性炎症性疾患であるとされ、炎症や免疫反応との関与がわかっています。腸は体の中で最大の免疫臓器であり、全身の免疫機能に影響しています。
そこで「動脈硬化を腸管免疫修復により予防する」とか「腸から動脈硬化を予防する」といわれるように腸管免疫に着目した動脈硬化の研究が急速に進んでいます。
私も以前から、肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームと腸内細菌叢の異常(dysbiosis)との関連について、そしてそれらと皮膚疾患との関係(乾癬、アトピー性皮膚炎等メタボリックスキンシンドローム)についてお話してまいりました。>>>

したがって腸内環境、腸内細菌叢(腸内フローラ)を整えることは、動脈硬化の予防に役立ちます。

腸内細菌叢の相違が、動脈硬化のなりやすさやなりにくさに関わっていることが想定されています*2。

腸内細菌叢を整えることは、腸内環境、腸管バリア機能を整えることにつながります。
これらは食生活習慣により大きく影響を受けます。
食物繊維の多い食事、オリゴ糖等は善玉菌(有用菌)を増やします。
発酵食品は善玉菌を元気にします。
善玉菌の摂取(プロバイオティクス)を摂取すると、必ずしもその菌が定着しませんが、腸管粘膜に良い信号を与え、腸内環境を整えてくれます。

その他にも、口から摂取したものが、腸で働き、全身の免疫反応にも影響を与えることがわかっており、ビタミンD3を経口摂取すると、動脈硬化を抑制する効果があることが報告されています*1。

そして先日お伝えした亜鉛>>>
亜鉛は細胞分裂や核酸代謝に補酵素として大きく関与しているため、
腸管粘膜バリア機能に重要な栄養素です。
亜鉛は複数の起点により腸粘膜のtight junctionを介した腸管バリア機能を保護あるいは強固にすることが明らかとなっています。
上述したリッキーガットシンドロームや薬剤性潰瘍等の消化管粘膜障害に、亜鉛補充療法が有効です。*3
日ごろから亜鉛が不足しないようにすることは、腸環境を整えることに役立ち、
結果動脈硬化の予防にもつながるといえます。

 

皆様も腸内環境を整えて、病気の予防をしましょう

 

*1.Takeda M,Yamashita T ,et al.:Oral administration of an active form of vitain D3(calcitriol)decreases atherosclerosis in mice by inducing regulatory.T cells and immature dendritic cells with tolerogenic functions.Arteriscler Thromb Vasc Biol 2010;30:2495-2503.

*2.山下 智也 他:腸から動脈硬化を予防する~腸内細菌叢と動脈硬化性疾患との関わり~.日医大医会誌13:205-209,2017

*3.東村泰希他:腸管バリア機能における亜鉛の重要性.ビタミン91:437-440.2017

 

 

投稿日:2019年8月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

コンビニ食、加工食品を多く摂取する人要注意!亜鉛欠乏が脱毛の原因に(そればかりでない多彩な病気の原因となる亜鉛欠乏症)

食品添加物の多いコンビニ食や加工食品を
よく召し上がる方では、
ミネラル不足が起こりやすく、
体の不調やさまざまな病気の原因となっています。

たとえば、加工食品の原材料の表示をみてみると
「食品添加物」なんていう言葉では書かれておらず「決着剤」などわかりにくい表示で書かれていることが多いですが、ミネラルを低下させてしまう「ポリリン酸ナトリウム」を代表とする「リン酸塩」が含まれている場合があります。
EU諸国ではすでに使用禁止になっています。日本では食品添加物に対する心配よりも、食品が早くいたまないように、食中毒にならないように等といった配慮の方が優先されていて、食品添加物に対する問題意識が低いのでまだまだこれらの添加物があふれています。

リン酸塩ばかりではありません。
加工品の原材料の表示を見ると
亜硝酸ナトリウム(発色剤)、アスパラテーム(甘味料)、安息香酸ナトリウム(防腐剤、防カビ剤)、グリシン(日持ち向上)、加工デンプン(増粘剤、安定剤、乳化剤)、カラメル色素(着色剤)、酵素(触媒)、コチニール色素(着色料)、タール色素(着色料)、ナイシン(保存料)、、、、
こういったカタカナがいっぱい、、、
ぞっとします💦
とても口に入れる気がしません。

コンビニ食、加工食品、ジャンクフードは、その物自体ビタミン、ミネラルの含有量が少ないことは言うまでもなく、
例えば「ポリリン酸ナトリウム」は亜鉛のキレート作用があります。
亜鉛と結合してしまい、腎臓や体毛に沈着してしまいます。
よって体内で働く亜鉛が減ってしまいます。

このような食品ばかりを日ごろから摂取していますと、
必要なミネラル、ビタミンが不足し、さまざまな不調が生じます。

ある地域での血中亜鉛濃度の世代別調査によりますと、女性の20歳代から40歳代、60歳以上においてその4割近くで不足しており、潜在性亜鉛欠乏が確認されています*1。

*1.吉永眞人,池田裕子,他:当院健診受診者における血中亜鉛濃度の世代別調査について.総合健診46:273-275,2019

そしてアルコールをよく摂取される方でも、亜鉛が欠乏していることが多いです。
体内でのアルコールの代謝はまずアルコール脱水素酵素(アルコールデヒドロゲナーゼ)によりアセトアルデヒドに転換され、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素により無害な酢酸へと代謝されます。亜鉛はアルコール脱水素酵素の構成成分としてアルコールの代謝に関わります。不足するとアルコール分解にも影響が出ます。

そして
亜鉛不足が薄毛の原因に

体内では亜鉛は、300種類以上の酵素の活性中心元素として必要な必須微量元素です。細胞分裂や核酸代謝に補酵素として大きく関与しているため、
亜鉛が欠乏しますと、細胞分裂の盛んな組織が影響を受けやすいです。
とくに皮膚、髪、粘膜、生殖器などです。
傷が治りにくい、皮膚炎、薄毛、味覚障害、口内炎、性腺機能低下等が生じます。

薄毛でお悩みの方。
その食生活も原因かもしれませよ。

亜鉛が欠乏しているかどうかは保険診療で検査が可能です☺
上記のような症状がある場合にはご相談ください。
そして亜鉛欠乏症の診断基準に該当してしまった場合には保険で亜鉛の処方も可能です。

 

 

 

投稿日:2019年8月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

肥満を有するメタボリックシンドロームの方は腸内細菌サプリメントが症状改善に有用ですよ☺

数兆個の細菌から成る腸内細菌は、代謝や免疫防御、
脳の機能にいたるまで、多岐にわたり影響することが示唆されています。
この腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)は、インスリン抵抗性や体重増加を発生する原因である炎症性因子に影響を与える可能性があり、肥満や自己免疫疾患、うつ病などのリスクとの関連性について最近では広く周知されるようになりました。

よって当院では、アトピー性皮膚炎や乾癬、慢性じんましん、花粉症等の患者様に対して、腸内細菌叢の改善のための食事指導、サプリメント療法を10年以上前より試みております。

今回ご紹介する報告ではAkkermansia muciniphiaという腸内細菌サプリメントがメタボリックシンドロームの症状の改善に役立つというものです。

*Clara Depommier et al.Supplementation with Akkermansia muciniphia in overweight and obese human  volunteers:a proof-of-concept exploratory study.Nature medicine,1096-1103.doi:10.1038/s41591-019-0495-2

以前より肥満者や2型糖尿病の人の腸内には、Akkermansia muciniphia(アッカーマンシア・ムシニフィラ)少ないことが知られています。
過去にルーヴェン・カトリック大学の研究により、この生菌を与えられたマウスでは、高脂肪食を摂取しても体重増加が抑えられることが発見されています。
今回の研究では、過体重または肥満で、インスリン抵抗性のある32人を対象に、12人には低温殺菌処理したAkkermansia muciniphiaを投与し、9人には生菌のサプリメントを投与、11人にはプラセボについて3ヵ月効果を検証しています。

その結果、低温殺菌処理したAkkermansia muciniphiaを
投与した群では、プラセボ群に対して体重が平均2.27kg減少し、
インスリン感受性は30%向上し、総コレステロール値は9%減少したことが明らかとなっています。

このAkkermansia muciniphia以外にもメタボの改善にエビデンスのある菌があります。

【メタボリック・フォーミュラ】は、エビデンスに基づき、厳選された7種類のプロバイオティクスを1カプセルあたり250億個以上含有し、糖代謝を促進し、健康的な体重管理が期待されています。

 

主要成分(1カプセルあたり):
プロバイオティクス・ブレンド(250億個)
Lactobacillus acidophils, Lactobacillus plantarum,Lactobacillus rhamnosus,
ifidobacterium lactis, Lactobacillus, gasseri, Bifidobacterium breve,
Bifidobacterium longum

 

¥7,020税込み

当院で販売しておりますので
ご希望のある方はお尋ねください♡

 

投稿日:2019年8月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

手足が細く、お腹ぽっちゃりの「リンゴ体型」の方が「洋ナシ体型」よりも心疾患リスクが3倍高い

体型によって心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中、高血圧など)になりやすいリスクが異なるようです。

とくに閉経後の女性においては、たとえ適正体重であっても、
腕や脚は細く腹部に脂肪がたまるりんご」体型の場合は、
下半身に脂肪がたまる「洋ナシ」体型の女性に比べて心血管疾患のリスクが高いそうです。

米国の16万人をこえる50歳以上の閉経後の女性を対象
にしたデータから、適正体重の閉経後女性2,683人を対象に、
2017年2月まで追跡調査したものです。
分析の結果、全身の脂肪と心血管疾患のリスクとのあいだには有意な関連は見られませんでしたが、ウエスト周りの脂肪の蓄積は、リスクの上昇と関与していたとのことです。そして脚については脂肪量が少ない女性よりも多い女性ではそのリスクは40%も低かったという・・・脚太めな方(*’▽’)★朗報ですね💛(私も)

今回の研究報告によると、腹部の脂肪を37%以上から27%未満にまで減らせば、
下肢の脂肪量が変わらなくても女性1,000につき年間6件の心血管系疾患を予防できると推察しています。
頑張りましょう💛

*Guo-Chong Chen et al.Eur Heart J.2019 :ehz391

投稿日:2019年8月10日  カテゴリー:健康情報・アンチエイジング

難治性のウイルス性のイボ(尋常性疣贅)。液体窒素で治らないときには「ブレオマイシン注射」や「レーザー治療」をお試しください。

数年間 液体窒素の治療を受けていらっしゃいましたが
改善しないとのことで当院を受診されました。

治療前
前医での液体窒素の治療の影響で黒いかさぶたになっています。

ブレオマイシン注射とYAGレーザー治療後

料金(税別)
保険適用外のため
診察料も自費となります。
初診料¥3,000
再診料¥2,000
指の場合 神経ブロック麻酔代¥5,000

ブレオマイシン注射 1回 ¥15,000
YAGレーザー 1発 ¥1,000

ともに治療後は数日から1週間痛みがあります。
ともに内出血が生じます。
状態により治療回数が異なります。
再発することもあります。
レーザー治療の場合は傷跡が残る場合があります。
どちらの治療で行うかにつきましては、診察にて判断させていただきます。

 

投稿日:2019年8月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

「夏の紫外線対策はスキンケアのみでなく、内側からも☺」

正しい食生活と、
不足している必要栄養を補充し、筋肉、骨、皮膚、神経・・・
全身を整えて
健康維持や病気を予防する

オーソモレキュラー療法の医師向けの記事です。>>>
専門用語で難しいのですが
「夏の紫外線対策」について書きました。>>>

肌の老化には、加齢による自然な老化である経年性の老化と、
主に紫外線による光老化があります。
紫外線は1年を通じて降り注いでいますが、夏がピーク。
紫外線を浴びますと活性酸素が生じ、それによる酸化ストレスによりさまざまな生体反応が起こることで光老化をきたします。
サンスクリーン剤の使用で、紫外線の吸収を予防することが最も重要ですが、
それでも浴びてしまった紫外線の影響を残さない対策をしたいものですね。

紫外線が肌に当たった後の肌への影響を最小限に抑えるためには、
スキンケアのみならず体の中から整えることも重要です。
すなわち美しく健康的な肌を保つには、健康的な食生活そして
それだけでは補いきれない必要栄養素を補充することが役立ちます。
それがオーソモレキュラー的光老化予防対策です。

紫外線を浴びるとミトコンドリアが損傷し、お肌の老化につながります。
糖質を制限すると増加する「ケトン体」
肌細胞のミトコンドリアを活性化、保護してダメージに強い肌になります。
そして紫外線を浴びて生じる活性酸素は、
ビタミンc、アスタキサンチン、レスベラトロール、水素等の抗酸化サプリメントの摂取で守りましょう。

さらにダメージを受けたコラーゲンを新しく再生させなければ、
痛んだコラーゲンが蓄積し、肌のハリや弾力が低下します。
コラーゲンを作るための材料として必要なビタミンCそしてタンパク質をたっぷり摂ることも大切です。
またコラーゲンの摂取も皮膚のコラーゲンを増加させる信号を送ってくれますよ。
最近ではプラセンタエキスのコラーゲン増生作用、そしてコラーゲンそのものの摂取もコラーゲン増生刺激を与えたり、血行改善効果等により肌の弾力が増し、シワの改善や保湿作用が高まると言われています。

これらの栄養素をたくさん摂って、紫外線の影響が、
シミやシワ、たるみとして残らないように、体の中からも整えましょう☺

ちなみにこれらのサプリメントは、私はすべて摂取しています💛

 

投稿日:2019年8月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

腸内環境を整えて内側から若々しく健康で美しい肌に。あの高級なプロバイオティクス「コンプリートバイオティック」のパウダータイプで自家製ヨーグルト!!

腸内環境を整えるのに必要なのは善玉菌を増やす事。
プロバイオティクスとして乳酸菌のサプリメントを摂取することをお勧めしています。
当院で取り扱っておりますクレア・ラボ社のプロバイオティクスは天然改装フィルムが胃酸や胆汁等の強酸や強アルカリから守り、生きた状態で腸まで届けます。

そして実はコンプリ―トバイオティックはカプセルよりもパウダーの方が菌数が多いんです☺

 

でも、パウダーは飲みにくいので私もカプセルで摂っていました。

先日、栄養療法で著明な知人の先生が、このパウダーを使ってヨーグルトを作っているのを見て!!!
なぜ今まで気が付かなかったのか!!
そうなのです。このコンプリートバイオでヨーグルトを作れば
最高の菌種をgetでき、しかも少量のパウダーで発酵させてヨーグルトつくれば
一人分のサプリメント量を家族分にかさ増しできるのです💛
小さなお子様も摂りやすいですね。

素敵すぎる♪ので早速作ってみました。

豆乳ヨーグルトの作り方>>>

 

 

トッピングにはナッツやドライフィグ(いちじく)やデーツ(ナツメヤシ)などを入れたりしています。甘みは腸の善玉菌の餌となるオリゴ糖。そして香り付けにシナモンパウダー等を入れます。

このコンプリートバイオヨーグルト!本当に画期的 ♪
お勧めですよ☺

 

投稿日:2019年7月1日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

パラリンピックの日本代表を目指す選手たちのケアに同行しました

みなさま、GWいかがおすごしですか~?

私はクリニックはお休みをいただいておりますが、
月初めは事務仕事が多く、ちょこちょこクリニックで仕事していますよ💦

昨日は、パラリンピックにむけて練習に励む選手の体のケアに同行しました。
お台場にパラアリーナという体育館があります。

バスケットの女子選手たちの練習にお邪魔いたしました。

競技用車いすに乗り換えて練習。
今回練習していた選手たちは、生まれつきの障害ではなく、
事故等で後天的に障害を持ってしまった方々です。
頸椎損傷等で下半身がマヒし、動かすことが困難なため
車いすで競技をします。

その動きは、私の想像していたものよりも
はるかに複雑な動きで、ハードなスポーツでした。
みんなで「まるで人魚のようだね」と話すように、
車いすと体が一体化し、その動きはとてもしなやかで、でも力強く機敏で。
ドリブルしながら、そしてシュートしたり。車椅子に乗ってですよー!。
すごい・・・。

そんな彼女たちは、上半身のみを使ってプレイをしますので、
体幹の大きな動きと腕や肩の柔軟性が要求されます。

ケアチームの先生は、
彼女たちの動きをみて、関節の動きの悪いところ、筋肉の硬いところ等
滞りのある部分を診断し、「ある方法」でほぐしていきます。
一瞬にして関節の可動域が広がり、動きが良くなります。
選手たちの体感も大きく
「すごい!!!」「良くなった!!」
と素晴らしいので、みていてとても感動的です。

この「ある方法」。
最近私が勉強をしている治療方法です。

皮膚疾患と関係ある???
と思われるかもしれませんが、
本当に病気を治したいと思うと・・・
行きつくところは「医食同源」そして「身体調律」なのです。
薬は症状を抑えるだけに過ぎない。もちろん漢方も・・・。
そして病気を予防しなければっ。

食事の改善やサプリメントでの不足している栄養素の補充が
疾患治療や予防に役立つことは周知されてきており、
クリニックでも指導する時代となりました。
数年前より厚労省より医療機関でのサプリメント販売が解禁になったのにはそのような背景があります。

そして、私が次に必要だと考えているのが
「身体調律」
とくに、体の姿勢や関節、筋肉を整えること。
それがどうして疾患に関係するのか・・・。
筋肉や骨格により臓器の位置が変わったり、血行が悪くなったり、
神経を圧迫したり。それがさまざまな影響を及ぼす事についてわかってきました。
それを整える方法の一つとしてこの「ある方法」をただいま勉強中です。

この日も、掌蹠膿疱症だったという方にお会いしましたが、
乾癬やアトピー性皮膚炎等の改善についてもあるようですので、
早く技術を習得して、皆様にご提供したいです☺

 

投稿日:2019年5月3日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

炭酸ガスレーザーで削ったり、AGNESで焼く必要がなくなりました!「ラパリムスゲル」が承認され、結節性硬化症の「顔面血管線維腫」の外用療法を当院でも行っております。

「結節性硬化症」は6000人に一人くらいの頻度でみられます。
皮膚症状が98%の患者でみられるため、皮膚科で診断されることも多い疾患です。
心臓の疾患、てんかん等の神経精神症状、腫瘍性病変など他の合併症を伴う場合もありますので定期的に診察を受けていただく必要があります。
良いお薬が出てきていますので、症状に合わせて治療が行われています。

皮膚症状として、白斑や顔の血管線維腫が認められます。
生下時より白斑がみられる場合。
血管線維腫は幼児期より顔に赤い斑点がでてきて学童期以降に盛り上がり、
数も増えてきます。
ニキビと間違えられることもあります。
合併症の予防、対症療法が必要ですので皮膚症状からの診断は非常に重要です。

内服薬のラパマイシンの誘導体のエベロリムス(アフィニトール)が2014年に承認され、皮膚症状にも有効ですが、中止により再燃するため
結節性硬化症の皮膚症状に対して外用剤が開発されました。
2018年3月23日より「ラパリムスゲル」が「結節性硬化症の皮膚病変」の効能・効果で承認されました。

当院でも治療を行っております。

患者様にご承諾いただきましたので、この素晴らしい効果についてご紹介いたします。
これまでは、幾度となく、レーザー治療等を繰り返し受けなければ進行し、
皮疹が目立ってくるため、QOLを低下させていました。
塗るだけでこのような効果は結節性硬化症の方々にとってはとても朗報です。

治療開始前
この方はこれまで炭酸ガスレーザーにて加療されていました。


外用開始1ヵ月


外用開始2ヵ月後
赤みがかなりひいてぼりあがりも目立たなくなってきています。

 

3歳以上のお子さんにも使用できます。

大きな副作用は出ていませんが皮膚の乾燥症状が出ることが多いようです。

治療をご希望される方は、安全性と有効性の再確認のため、一般使用成績調査の全例調査対象となっております。
効果、副作用の有無などを詳細に確認させていただきます。
治療開始から4週後、12週後、26週後、38週後、52週後に経過の診察がございます。

 

投稿日:2019年4月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

第17回 日本フットケア学会に参加しました ~魚の目やタコにはできる原因がある!削ったり、芯をとってるだけでは根本治療ではない!~

先週末は名古屋へ「第17回日本フットケア学会」に参加していました。

この学会の副理事長は、聖路加病院に勤務していた頃よりかれこれ15年以上お世話になっていた皮膚科の看護師の金児玉青さんです。
学会で久しぶりにお会いできました💛

この学会は皮膚科のみでなく、整形外科、形成外科、糖尿病内科、循環器内科、心臓血管外科、透析・腎臓内科、リハビリ病テーション科、小児科そして医師ばかりでなく、看護師、理学療法士、臨床工学技士、装具、靴製造会社などの業者などなど
さまざまな業種が集まり、科を超えて議論できるすばらしい学会です。

子どもから高齢者まで、さまざまなシーンでこの「フットケア」が重要な役割をします。

皮膚科では、鶏眼(うおのめ)や胼胝(たこ)の治療をしますが、
削ればいい、芯をとればいいわけではなく、
どうしてそれができてしまったのかを追及し、
その原因を改善することが重要です。
芯を深く削ったり、手術で切除しても、、、それば根本治療ではありません。
当院では足の関節の変形、形、アーチの状態を診察したり、
体の傾き、ゆがみの有無、そして歩き方の指導をしています。
そしてさらに、関節のゆがみや骨格のゆがみを整える
新しい治療を最近勉強にいっています。
また、これまでも足の変形に合わせた足底板や靴のオーダーを
してまいりましたが、
より本格的な計測に基づいた最先端三次元足圧測定機による
「3DOシステム」高機能オーダーメイドインソールの作成を導入します。
(詳細がきまりましたらご連絡いたします)
それは従来のものとは異なり、
変形した足やゆがんだ姿勢に合わせた靴作りというよりは
その骨格補正を目的とします。

魚の目やタコの治療は削ることではなく
できる原因の追究とその歪みの改善が根本治療の時代です。

また子どもにおいては、粗悪な靴による足の変形、姿勢のゆがみ、運動能力の低下の問題は深刻であり、当院の林原医師が、以前より問題提起しています。
骨格形成される幼少期の靴が大きく影響します。
今後はそのような林原医師の啓蒙活動にも当院も関わりたいと考えています。

 

投稿日:2019年2月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 小児皮膚科