八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

うつ病と診断されてしまいやすいホルモン低下による症状 ~副腎疲労症候群など~

栄養解析検査やホルモン検査を希望される方で、
もっとも多い相談は
「疲れやすい」「疲れが取れない」「常にだるい」
といった慢性的な疲労感です。
そのうちの約20%くらいの方は、精神科や心療内科を
受診した方が良いのかとも考えているという方が
いらっしゃいます。
疲労感だけでなく、やる気がおきない、楽しめないなど
精神的な症状を伴っている場合が多いからです。
そのため、すでに精神科などで抗うつ薬を処方されている
方もあり、それでも「薬が増えるばかりで改善しない」
「本当に抗うつ薬を飲み続けていくしかないのか疑問がある」
「本当にうつ病なのか疑問がある」などで、
当院で検査を希望される方もいらっしゃいます。
Headache

ホルモンといっても女性ホルモンや男性ホルモンといった
性ホルモンばかりではなく、ストレス反射系、免疫・代謝
系、甲状腺系などホルモンは多種類あります。
どのホルモンが低下しても、疲労感は起こりうるといえます。

女性の更年期頃に女性ホルモンのエストロゲンの低下
による疲労感や抑うつ状態。
男性でも同じく男性ホルモンのテストステロンの低下による場合。
甲状腺ホルモンの低下によるもの。
そして副腎疲労症候群と呼ばれるコルチゾール低下の症状です。
さらにはビタミンBや鉄など必要栄養素の不足による愁訴の場合もあります。

本来これらをすべて除外してから、抗うつ薬を出される
べきだと思うのですが、検査を受けてから処方されて
いる方はまずいないのが現状です。

その理由として考えられるのは、
コルチゾールの日内変動(唾液検査)など、
保険診療ではできない検査があること。
精神科領域の先生のみでは、必要栄養素の不足状態の
把握やホルモンの低下を見つけたり、それを治療する
スキルがない。
ホルモン低下の治療が安全で長期間使用できる天然型ホル
モンの補充療法は、保険診療では使用できない。
などによります。

事実、ホルモン補充療法や栄養療法で、
疲労感や抑うつ状態が改善する方を多く経験します。

 

そのうちの一つ
副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)

副腎はコルチゾール、アルドステロン、DHEAなどの
多種のホルモンを分泌しています。
副腎に器質的異常がない(病的な異常がない)のに、
副腎ホルモンの分泌が低下する状態のことを、
副腎疲労症候群といいます。
コルチゾールはいわゆるステロイドと言われるもので、
副腎疲労症候群の主たる原因となっている低下している
ホルモンです。
DHEAは、テストステロンやエストロゲンに変化します
ので低下すると性ホルモンも低下します。
その結果、以下のような症状をきたします。

 

症状
慢性的に疲れている。眠っても疲れがとれない。
気力がない、集中力の低下
何に対しても興味がわかない、楽しくない
物忘れ、決断できない、思考の混乱
・めまい、立ちくらみ、不眠
・うつ状態、他人に対してイライラする
・ストレスに弱くなった
・性欲低下
・低血圧
・筋力低下
・アレルギーが増えた
・月経前症候群の悪化
などです

特に最初の4つは多い症状といわれています。

この副腎疲労の原因は多数あります。
精神的ストレス、肉体的ストレス、
睡眠不足、アレルギー疾患、食事(砂糖、ダイエット、
カフェイン、遅延型フードアレルギー)そして過度な運動です。
すなわち、誰にでも、身近な原因で起こりうるということです。

治療
副腎が正常に機能するためには、ビタミンC、Eや
マグネシウム、セレンなど、さまざまなビタミンやミネラ
ルをはじめとする栄養が必要です。
副腎でのホルモン合成にはビタミンCを大量に消費します。
したがってビタミンCの服用や超高濃度ビタミンC点滴は
非常に有効です。
また他のホルモンも低下していることも多いので
総合ホルモン補充療法が必要となることもあります。

 

検査
栄養解析検査 ¥21,600

コルチゾール日内変動 唾液検査 ¥21,600

総合ホルモン検査
男性¥15,120
女性¥16,200

検査及び治療は保険診療適用外となります。
別途初回カウンセリング料¥3,240
再診料¥2,160が別途必要となります。

 

投稿日:2015年3月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

成長ホルモン低下は顔貌に現れる!成長ホルモンを増やすもの、減らすもの。

前回のお話の「ホルモン低下も顔貌に現れる!」>>>

その例として挙げた成長ホルモン。

成長ホルモンはアンチエイジングにおいて
もっとも重要ともいえるホルモンです。
加齢とともに誰でも必ず減少します。
img139

成長ホルモンの働き
* たんぱく質の合成→筋肉をつける
* 糖質代謝→血糖値を上げてエネルギー消費を高める
* 脂肪代謝→脂肪細胞中の中性脂肪を分解し、体脂肪を減少
* ミネラル代謝→骨形成を促進、小児では身長を伸ばす
* プロラクチン様作用→乳腺の発育や乳汁生成に関係
* 免疫力賦活化
* 記憶力アップ
 創傷治癒力アップ→傷の治りが悪くなったと感じたら低下しているかも( *´艸`)

 

若い人では午前0時から朝5時に、
1日の約70%が分泌されるため
ゴールデンタイムと呼ばれています。
そして入眠時の最初の90分でもっとも多く分泌される
ので、寝入りはじめの質の良い深い睡眠が重要です。

年齢とともに減少するホルモンではありますが、
運動をすると上昇することが知られています。
加圧トレーニングもそれを応用したものです。
でも運動しすぎて成長ホルモンが上昇しすぎると、
ネガティブフィードバックがかかり、他の大切な
ホルモンが下がってしまうそうです。
例えば加圧トレーニングなら週に1回までが良いそうです。

そのほか、ファステイングなどの絶食による低血糖状態や
ストレスで上昇します。アミノ酸の摂取でも上がる
ことから成長ホルモンを増加させるサプリメントの多く
は、アミノ酸を豊富に含むものが多いですね。
それに対して、甘いものを食べると成長ホルモンは
下がってしまいます。
せっかく運動しても、そのあとに甘いものを食べていたら
台無しなんですよ。

成長ホルモンのホルモン補充療法もありますが、
非常に高価です。なかなか取り入れることは難しです。
そこで、成長ホルモンを上昇させるサプリメントがあります。
当院ではサルコトロピンを取り扱っています。

IMG_3137

 

サルコトロピン(成長ホルモン分泌促進剤)
1本 約1か月分 ¥32,400

FDA認定のメディカルフード
有効成分のGhrelin、GHRP-2が成長ホルモン放出ホルモン様作用として働き、成長ホルモンの分泌を高めます、

でも 高いですね(*_*;
たんぱく質(アミノ酸)摂取して運動で成長ホルモンupしましょう(^^)/

投稿日:2015年3月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

ホルモン低下も顔貌に現れる!

日曜日は第3以外は休診日ですが、
ほぼ毎週セミナー、講習会、勉強会などなど
なんだかんだお仕事関連の行事です・・・( ;∀;)
完全にoffの日は2か月に1日くらいです( 一一)

昨日は、点滴療法研究会の勉強会でした。
この会では、高濃度ビタミンC点滴のことだけではなく、
最新のアンチエイジング医療、予防医療情報を
学べるというところでも非常に勉強になります。
お隣にお座りの先生は長野県からお越しとのことでした。
昨日も全国各地から先生方がいらしていましたよ。

14270716553270

朝9時30分から開始でしたので、
前の方の席を確保するために、9時10分に会場につきましたが
え~~っ?!( ゚Д゚)
もっもう前から4列目しかとれませんでした”(-“”-)”

それほど、どの先生方も熱心です。

みなさんは、学生の頃、なるべく先生から
見えにくい席を選ぶタイプでしたか( *´艸`)?
私は学生の頃から、比較的授業がよく聞くことができて、
黒板がよく見える位置に座り、事細かにノートをとり、
テストの前にはみんながわたくしのノートを借りにきました(^_-)-☆
無遅刻無欠席な真面目な学生でしたよ( *´艸`)
学生の頃は控えめなタイプでしたが、
医者になってからは、学会やセミナーでは、
手を挙げて積極的に質問します。
自分で言うのも何ですが、勉強していないと質問って出ませんよね(^_-)-☆

さて、今回も充実した内容のセミナーでしたが、
銀座上符メディカルクリニックの上符正志先生から、

これからホルモン補充療法を始める先生方への
基礎知識をメインにお話しいただきました。
その中で、とても興味深かったことは、
以前は
老化ホルモン低下
といわれてきましたが、最近では
ホルモン低下老化
と、ホルモン低下が老化の原因の一つとされているとのことです。
したがって、ホルモン低下により生じた症状を改善する
ために投与することの多かったホルモン補充療法は、
今はホルモンが低下しないように補充して整えておく
ことが老化や病気を予防するという流れになってきています。
ホルモンの低下は、さまざまな健康障害に影響します。
骨粗しょう症、動脈硬化、メタボリックシンドローム、
心筋梗塞、脳梗塞、癌・・・。
健康の中心軸はホルモンです。

自分のホルモン状態を定期的にチェックして、
病気の予防に役立てたいですね。

総合ホルモンチェック
検査代
女性¥16,200
男性¥15,120
(別途 初回カウンセリング料¥3,240または
再診料¥2,160が必要です)

そして、ホルモンの低下は顔貌に現れる!そうです。
男性の方がテストステロン(男性ホルモン)が低下
すると、おなかがポッコリ出るというように、
体型には現れることは常識なのですが、顔貌もなんですね。

特に成長ホルモンが低下すると
顔のたるみ

髪がうすくなる
目の下の皮膚がうすくなる
垂れ目になる
皮膚がたるむ

そして成長ホルモンを増やすと
顔つきも多少戻るそうです!
顔のたるみ

 

 

 

こんなには戻るのは難しいと思いますが、元気になってはつらつとするのでしょうね。

やはり見た目は体の中の健康状態を反映しますね!

 

 

投稿日:2015年3月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

萎縮性胃炎やピロリ菌に感染していると、骨粗しょう症になりやすい。→顏の老化もすすみます

先日のブログで、
「顏は骨から老ける」ことについて
お話ししました。
その原因の一つの骨粗しょう症ですが、
萎縮性胃炎やピロリ菌に感染していると、
なりやすいようです。
胃腸機能が悪いと、消化吸収が悪いため、
必要栄養素の吸収が悪く、さまざまな栄養障害を
引き起こします。
ピロリ菌の感染は、胃癌の原因になることは
皆様もよくご存じであると思いますが、それだけでは
ありません。
長期間患っていることは、健康面ではもちろんのこと、
美容にとってもかなり損です( ゚Д゚)!

*Shigeto Mizuno et al.:Serologically Determained
Gastric Mucosal Condition is a Predictive Factor for
Osteoporosis in Japanese Men.;Digestive diseases
and sciences.2015 Feb 8
ピロリ菌の感染や萎縮性胃炎では、有意に骨密度の
低下リスクが高く、骨粗しょう症に影響することが
示されました。
胃にピロリ菌が感染しているかどうかや萎縮性胃炎
の有無は、医療機関での検査で容易にわかります。
一度もお調べになったことのない方は、ぜひ
検査してみましょう。
(当院でも検査を行っております)

投稿日:2015年3月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

顔も骨から老け顔になる・・・骨粗しょう症を予防しましょう

加齢とともに生じやすい、骨の老化現象
骨粗しょう症
骨の密度が低下して、もろくなり
ちょっとしたことで骨折しやすくなります。
寝たきりにならず、健康長寿でいられるために
予防しておきたいですね。
実はこの骨粗しょう症は、背骨や脚だけでは
ありません。
顏の骨も骨粗しょう症になり、まるでとろけたかの
ように、くずれていくということをご存じでしょうか。
高齢になると、鼻は低くなり、目の周りのくぼみが
広がり、顎も減ってシャープでなくなり、フェイスライン
もはっきりしなくなります。

模型の頭蓋骨のクローズアップ

 

顏の土台である骨から老け顔になっていくのです。

顏の土台のボリュームが減った分、
しぼんで、たるんでしわになりますし、
顏の筋や脂肪が付いている足場が崩れるわけですから、
顏表面も崩れるのは言うまでもありません。

骨粗しょう症は、女性はとくに更年期以降に、急速に
進行しやすいです。
いかにこの骨粗しょう症を予防するかは、
美しく若々しい顔を保つためにも重要な要素です。

1、骨粗しょう症にならないように食生活習慣を整えること。
(30歳代までの食生活が影響します)
食事だけでは十分とは言えませんので、
補助食品としてのサプリメントも活用しましょう。
当院の「骨粗しょう症対策サプリメント」¥9,887

2、骨粗しょう症の原因となる女性ホルモン低下を整える
ホルモン補充療法について>>>

3、骨粗しょう症の予防効果が知られているエクオール
サプリメントを摂取する>>>

など、骨粗しょう症の原因の予防と対策をとりましょう。

やはり、体の中から美しく、健康でないと
お顏も美しくは保てませんね(^_-)-☆

投稿日:2015年3月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング