八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:健康情報・アンチエイジング

 

ホルモン低下も顔貌に現れる!

日曜日は第3以外は休診日ですが、
ほぼ毎週セミナー、講習会、勉強会などなど
なんだかんだお仕事関連の行事です・・・( ;∀;)
完全にoffの日は2か月に1日くらいです( 一一)

昨日は、点滴療法研究会の勉強会でした。
この会では、高濃度ビタミンC点滴のことだけではなく、
最新のアンチエイジング医療、予防医療情報を
学べるというところでも非常に勉強になります。
お隣にお座りの先生は長野県からお越しとのことでした。
昨日も全国各地から先生方がいらしていましたよ。

14270716553270

朝9時30分から開始でしたので、
前の方の席を確保するために、9時10分に会場につきましたが
え~~っ?!( ゚Д゚)
もっもう前から4列目しかとれませんでした”(-“”-)”

それほど、どの先生方も熱心です。

みなさんは、学生の頃、なるべく先生から
見えにくい席を選ぶタイプでしたか( *´艸`)?
私は学生の頃から、比較的授業がよく聞くことができて、
黒板がよく見える位置に座り、事細かにノートをとり、
テストの前にはみんながわたくしのノートを借りにきました(^_-)-☆
無遅刻無欠席な真面目な学生でしたよ( *´艸`)
学生の頃は控えめなタイプでしたが、
医者になってからは、学会やセミナーでは、
手を挙げて積極的に質問します。
自分で言うのも何ですが、勉強していないと質問って出ませんよね(^_-)-☆

さて、今回も充実した内容のセミナーでしたが、
銀座上符メディカルクリニックの上符正志先生から、

これからホルモン補充療法を始める先生方への
基礎知識をメインにお話しいただきました。
その中で、とても興味深かったことは、
以前は
老化ホルモン低下
といわれてきましたが、最近では
ホルモン低下老化
と、ホルモン低下が老化の原因の一つとされているとのことです。
したがって、ホルモン低下により生じた症状を改善する
ために投与することの多かったホルモン補充療法は、
今はホルモンが低下しないように補充して整えておく
ことが老化や病気を予防するという流れになってきています。
ホルモンの低下は、さまざまな健康障害に影響します。
骨粗しょう症、動脈硬化、メタボリックシンドローム、
心筋梗塞、脳梗塞、癌・・・。
健康の中心軸はホルモンです。

自分のホルモン状態を定期的にチェックして、
病気の予防に役立てたいですね。

総合ホルモンチェック
検査代
女性¥16,200
男性¥15,120
(別途 初回カウンセリング料¥3,240または
再診料¥2,160が必要です)

そして、ホルモンの低下は顔貌に現れる!そうです。
男性の方がテストステロン(男性ホルモン)が低下
すると、おなかがポッコリ出るというように、
体型には現れることは常識なのですが、顔貌もなんですね。

特に成長ホルモンが低下すると
顔のたるみ

髪がうすくなる
目の下の皮膚がうすくなる
垂れ目になる
皮膚がたるむ

そして成長ホルモンを増やすと
顔つきも多少戻るそうです!
顔のたるみ

 

 

 

こんなには戻るのは難しいと思いますが、元気になってはつらつとするのでしょうね。

やはり見た目は体の中の健康状態を反映しますね!

 

 

投稿日:2015年3月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

萎縮性胃炎やピロリ菌に感染していると、骨粗しょう症になりやすい。→顏の老化もすすみます

先日のブログで、
「顏は骨から老ける」ことについて
お話ししました。
その原因の一つの骨粗しょう症ですが、
萎縮性胃炎やピロリ菌に感染していると、
なりやすいようです。
胃腸機能が悪いと、消化吸収が悪いため、
必要栄養素の吸収が悪く、さまざまな栄養障害を
引き起こします。
ピロリ菌の感染は、胃癌の原因になることは
皆様もよくご存じであると思いますが、それだけでは
ありません。
長期間患っていることは、健康面ではもちろんのこと、
美容にとってもかなり損です( ゚Д゚)!

*Shigeto Mizuno et al.:Serologically Determained
Gastric Mucosal Condition is a Predictive Factor for
Osteoporosis in Japanese Men.;Digestive diseases
and sciences.2015 Feb 8
ピロリ菌の感染や萎縮性胃炎では、有意に骨密度の
低下リスクが高く、骨粗しょう症に影響することが
示されました。
胃にピロリ菌が感染しているかどうかや萎縮性胃炎
の有無は、医療機関での検査で容易にわかります。
一度もお調べになったことのない方は、ぜひ
検査してみましょう。
(当院でも検査を行っております)

投稿日:2015年3月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

顔も骨から老け顔になる・・・骨粗しょう症を予防しましょう

加齢とともに生じやすい、骨の老化現象
骨粗しょう症
骨の密度が低下して、もろくなり
ちょっとしたことで骨折しやすくなります。
寝たきりにならず、健康長寿でいられるために
予防しておきたいですね。
実はこの骨粗しょう症は、背骨や脚だけでは
ありません。
顏の骨も骨粗しょう症になり、まるでとろけたかの
ように、くずれていくということをご存じでしょうか。
高齢になると、鼻は低くなり、目の周りのくぼみが
広がり、顎も減ってシャープでなくなり、フェイスライン
もはっきりしなくなります。

模型の頭蓋骨のクローズアップ

 

顏の土台である骨から老け顔になっていくのです。

顏の土台のボリュームが減った分、
しぼんで、たるんでしわになりますし、
顏の筋や脂肪が付いている足場が崩れるわけですから、
顏表面も崩れるのは言うまでもありません。

骨粗しょう症は、女性はとくに更年期以降に、急速に
進行しやすいです。
いかにこの骨粗しょう症を予防するかは、
美しく若々しい顔を保つためにも重要な要素です。

1、骨粗しょう症にならないように食生活習慣を整えること。
(30歳代までの食生活が影響します)
食事だけでは十分とは言えませんので、
補助食品としてのサプリメントも活用しましょう。
当院の「骨粗しょう症対策サプリメント」¥9,887

2、骨粗しょう症の原因となる女性ホルモン低下を整える
ホルモン補充療法について>>>

3、骨粗しょう症の予防効果が知られているエクオール
サプリメントを摂取する>>>

など、骨粗しょう症の原因の予防と対策をとりましょう。

やはり、体の中から美しく、健康でないと
お顏も美しくは保てませんね(^_-)-☆

投稿日:2015年3月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング