八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 
院長インスタ スタッフインスタ

カテゴリ:乾癬

 

昨日の乾癬のweb講演の内容の一部をご紹介いたします

昨日は診療時間を短縮させていただきWeb講演に参加させていただきました。

化粧ばっちりしてのぞみましたが、、、

ご挨拶の後はずっとマスクで(*´з`)関係なかった(笑)(笑)


さすが新井先生と感心した講演でした。

乾癬の方に役立つ情報を一部ご紹介したいと思います。

「塗薬はすりこまないで塗りましょう」と指導を受けることが多いと思いますが、乾癬の方においては鱗屑という熱い角質が付いていることが多いので塗薬を乗っかる程度の塗布では浸透が悪い可能性があり、こすりつけるまでではないですが良くなじませる必要はあります。
さーっと薬を伸ばすだけでなく、皮疹になじませる!していてくださいね。

それと同じように、体毛が濃い方は、毛があると毛にばかり薬がついてしまい
薬の浸透が悪くなりやすいので、剃った方が効果が高まるそうです。

乾癬の方が冬に悪化しやすい。以前からそう言われてきましたが、
乾癬の有効な紫外線の量が減るからと、、、考えられていますが、
それだけではなく、「肌の乾燥」もその原因の一つとされているようで
私も最近は乾癬の方にも保湿剤の併用を指導するようになりました。
以前は痒みの少なかった乾癬が、最近は60%くらいの方に痒みの症状があります。理由はわかっていませんが乾燥もその一つの要因になっているようです。
とくに治りにくいすねは乾燥しやすく、乾癬のお薬のみでなく、
保湿剤の併用で乾癬が改善する報告が出てきています。

乾癬の皮疹は角質が厚く、薬の浸透が悪いです。
アトピー性皮膚炎と同じようにチュビファーストを付けると浸透がよくなり治りが早くなるそうです。当院でもアトピー性皮膚炎の方にはお使いいただいていました!乾癬のかたにもおすすめしたいと思います。

そして乾癬の爪症状
掌蹠膿疱症の方にもみられますが
爪の症状によって病変が異なりますので、それに合わせた塗り方が重要。
剥離しているタイプ、爪甲下が角質増殖して厚くなりガサガサしているタイプは爪床(爪を乗せているところ)の病変のため
剥離している爪はできるだけcutして爪床を少しでも露出し、お薬を塗布すること。
点状陥凹や横溝は(爪の根本の奥)の病変のため、爪の根本の皮膚にしっかり塗ること。
同じ塗るといっても病変部を考えてぬると効果的です。

乾癬の方(^^)/ 今日からやってみてください💛

 

投稿日:2021年4月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

来週の月曜日は医師向けWEB講演のため診療を早く切り上げさせていただきます

4月12日月曜日は、医師受けのWEBセミナーに参加するため
診療を18時までとさせていただきます。

乾癬の外用治療薬の新たな剤計 フォームタイプが年1月には製造販売承認を取得され、使用可能になります。

2014年にはドボベット軟膏
2018年よりドボベットゲルが発売されました。

価格が安く、反応性の早いストロンゲストの強いステロイドのみに依存しがちな乾癬の外用治療から脱出し、
ビタミンD3軟膏の併用により、ステロイドによる皮膚萎縮や赤みの持続等のステロイドの副作用を軽減し、またD3により角化を抑制して相互作用により皮疹の再発までの時間の延長を期待できます。このドボベットなどビタミンD3含有軟膏での治療に移行していただく外用指導、患者様指導のコツについて、乾癬治療を多く行っている聖路加国際病院皮膚科部長の新井 達先生にご講演いただきます。

投稿日:2021年4月5日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

12月4日は「乾癬」のWeb講演の司会として参加するため、一時休診とさせていただきます

慢性の難治性の皮膚疾患の一つである乾癬の
医師向けのWebセミナーの司会として参加するため
12月4日お昼前後のお時間12時~14時30分まで休診とさせていただきます。

乾癬についての当院のブログはこちら>>>

乾癬の治療は近年飛躍的に進歩し、とくに生物学的製剤の登場により大きく治療方針が変わってまいりました。
とはいえ、外用療法はいぜんとして基板となる大切な治療です。その外用治療をいかにストレスが少なく乾癬の患者様に継続していただくか、その秘訣を五十嵐先生よりアドバイスをいただきます。

投稿日:2020年12月1日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

「掌蹠膿疱症」に生物学的製剤の初!適応追加 ヒト型抗ヒトIL-23p19モノクローナル抗体製剤「トレムフィア®」

先日は診療を少し早めに切り上げさせていただき、
乾癬の勉強会に参加させていただきました。

乾癬やアトピー性皮膚炎で有効性の高い
生物学的製剤のなかで 初の掌蹠膿疱症に対して「トレムフィア®」が昨年11月に適応追加となりました。
その実際の効果や適応症状について。
そして掌蹠膿疱症の治療の最新の情報について。
また聖路加病院での「乾癬」に対するトレムフィアをはじめとした
生物学的製剤の効果についても
皮膚科部長の新井達先生よりご講演いただきました。

 

掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれるブツブツができたり、硬い皮がぼろぼろとついたりはがれたりします。手足以外にもひ皮疹ができたり、関節症状を伴うことがあります。
まだまだ不明な点の多い疾患です。
こちらのサイトに詳しい情報が掲載されておりますのでご参考になさってください。
掌蹠膿疱症ネット>>>

掌蹠膿疱症は、以前は金属アレルギーとの関連がよく知られ、
金属アレルギー検査を行い、陽性の金属を含む歯科金属の換装を行うとよいとされていましたが、最近では病巣感染とくに歯性病巣による影響が半数以上とされており、より重要とされています。そのほか副鼻腔炎扁桃腺炎が関与していることもあります。
すなわち歯周炎や根尖病巣といったばい菌の巣を退治することが大切で、
その歯性感染症のコントロールをすることにより、
6割ほどは改善するようです。

そして喫煙者が80%ほどをしめるこの疾患ですが、禁煙をすると
完治は難しくても、症状が改善することもあります。
掌蹠膿疱症の患者さんの汗管や表皮ではニコチン性アセチルコリン受容体の発現が健常人より強く、ニコチンの影響を受けやすい可能性が示唆されています。
また喫煙により末梢血のTH17細胞が増加することや、血中のIL-17価が上昇することが報告されています。

なかには皮膚症状のみでなく関節症状を伴います。

乾癬では手指、掌蹠膿疱症では胸肋関節の関節炎が多いですが、
ともに腰痛として現れることもあります。
他の原因の腰痛と鑑別が難しいですが、
「起床時に強い腰痛、長時間寝ると腰痛が悪化する、朝腰痛が強く動き出すと軽減する腰痛」は乾癬性関節炎を疑う腰痛とのことです。

乾癬と掌蹠膿疱症は、ともにリンパ球T細胞性免疫に基づく、
慢性炎症性皮膚疾患で、その中でも中心をなすIL-23がTh17細胞を増加・活性化し、IL-17の産生亢進により皮膚角化細胞の炎症性変化をきたします。
両者は類似・近接する疾患と考えられていましたが、
最近ではその違いも明らかとなってきています。
乾癬も掌蹠膿疱症においても、関節炎を伴うことがありますが、
関節部の骨が破壊性の変化をきたす乾癬に対して、
掌蹠膿疱症では骨増殖性病変すなわち骨が太くなります。
似て非なる疾患であることがわかってきました。

ともにIL-23がTh17細胞を活性化し、IL-17の産生亢進により皮膚角化細胞の炎症性変化をきたす疾患であるため、
乾癬においては従来のTNF-αを阻害するものの他に
IL-17を阻害するもの、IL-23を阻害する生物学的製剤などがあります。
このたびIL-23受容体への結合を阻害する「トレムフィア」が乾癬のみでなく
掌蹠膿疱症に適応が拡大されました。

ただし、原因、悪化因子の除去がまず大切です。

トレムフィアは関節症状を伴う場合や皮疹が著しい場合、既存の治療で無効な場合などに適用となります。
そのような方は、主治医にご相談ください。

投稿日:2019年5月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

第107回 日本美容外科学会JSAS シンポジウム 講演内容について 「脂肪融解レーザースカルプシュアを用いた部分的痩身治療」部分的痩身でありながら全身の皮下脂肪や内臓脂肪の減る症例の機序についての考察

脂肪融解レーザー「スカルプシュア」で痩身治療をたくさん行ってきた中で学んだこと①>>>に続き
今回は脂肪融解レーザー「スカルプシュア」で痩身治療をたくさん行ってきた中で学んだこと②です☺

 

スカルプシュアの効果について80名のモニターさんの結果について報告いたしました。

その中で今回特に興味深い症例について考察いたしました。

スカルプシュアは脂肪層にレーザーをやわらかに照射をし、脂肪細胞を破壊するというよりはダメージをあたえ、3ヵ月くらいかけて、じわじわと脂肪細胞をアポトーシス(自然死)に誘導し、脂肪細胞を減らしていく治療です。

本来は、レーザーを照射した治療部位の脂肪が減少するのみであるはずが、特にダイエットをしたわけではないのに内臓脂肪や他の部位の皮下脂肪まで減る症例に多く遭遇しました。

 

この方は、臍下の下腹部にたったの2回の治療ですが、2回目の治療後3ヵ月後には治療部位以外にも全体に脂肪が減少しています。

 

 

 

 


次の方は、かなり内臓脂肪と思われる腹部のボリュームがあります。糖質制限等やってみたけれど、痩せることができなかったそうです。
スカルプシュアは皮下2-3cmに作用するのみなので、太刀打ちできないと考えていましたが治療を続けていくと、あきらかに内臓脂肪も減っていると考えられるボリュームの減少が得られました。
そして最後の治療から11ヵ月後には、別人のように痩せていました。本人にお尋ねましたが、特にその後ダイエットを頑張ったわけでもなく自然にやせていったとのことです。

 

 

この方も、治療部位は下腹部のみですが、体幹全体の皮下脂肪が縮んでいます。

 

このように少ない回数の治療でレーザー照射をしていない部位の皮下脂肪や内臓脂肪が減るケースは全員ではありませんが多く認められました。その原因として治療によって全身的な脂肪を減少させる因子の発動が起こっていると考えました。

このことの裏付けとなる症例があります。
この方は、当院で10年以上、乾癬という皮膚疾患で通院されています。
ここ最近はパラパラと発疹があるのみでしたが、
スカルプシュアの治療をしますと、数ヵ月後に、全身の乾癬が悪化をすることがわかりました。3ヵ月ほどでまた元におどりますが、
治療のたびに悪化を繰り返しています。
長く経過を診ていますが、これほどまでに発疹が出ることは少なく、
明らかにレーザー治療が悪化因子となっています。
ですが、痩身効果も出ているため本人のご希望で4回治療をしております。

この方の治療部位は腰の側腹部のみです。
2回目治療後1ヵ月後に写真で、赤い小さな斑点が全身に出ているのがわかります。

 

乾癬は急に太ったりして、脂肪細胞が膨張するとTNF-α等の炎症を引き起こす悪玉アディポカインの脂肪組織からの分泌が盛んとなり、乾癬が悪化することがわかっています。

脂肪組織は、ただの油滴の貯蔵庫のみならず、
最近ではさまざまな生理活性物質を分泌している組織であることがわかってきています。
おもにはメタボリック症候群に関係する因子です。

スカルプシュアでの脂肪融解は、脂肪細胞を直接破壊するというよりは、
少しダメージを与えて、ゆるやかに脂肪細胞を自然死(アポトーシス)を誘導させ脂肪細胞の数を減少させます。
その過程において、それらの因子が分泌され、先ほどの症例においては、
TNF-α等の悪玉のアディポカインが放出されて乾癬が悪化している可能性が考えられました。
残念ながら、途中で気が付いたため数回のTNF-αのみの測定では有意な結果は得られませんでしたが今後も調査を続けたいと思っています。

そこで、悪玉のアディポカインが分泌亢進された可能性があるとしますと、
脂肪の代謝を促進し、メタボリック症候群を改善する作用のある善玉のアディポカインも分泌が亢進され、局所的なレーザー照射にも関わらず、
全身的な皮下脂肪や内臓脂肪に働いた可能性を考えました。

今後も、この点について研究を進めていこうと考えております。

投稿日:2019年4月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング, 乾癬

症状の強い「乾癬」や「アトピー性皮膚炎」には「生物学的製剤」の適用となる場合があります。その場合の医療費サポート制度についてご案内いたします。

乾癬やアトピー性皮膚炎において症状が強い場合で
既存の治療で効果が不十分の場合、
または関節症状を伴う場合等において、
「生物学的製剤(抗体医薬)」という
最先端のバイオテクノロジー技術によって開発された医薬品による
治療が適応になる場合があります。
病態に深く関与するサイトカインを直接的に作用し、
炎症反応、アレルギー反応を抑制します。
ただし、もちろん保険適用ではありますが
それでも薬剤費用が高額なため、
治療を受けられないまま重症になってしまわれる患者様もいらっしゃるようです。
特に乾癬におきましては、爪症状の有無等から
早期に関節症状の合併の可能性の有無を
診断し、
症状の出現する前や軽症のうちに進行を抑える治療を
取りませんと
骨破壊が始まってからでは治らなくなってしまいます。
この治療の適応の有無に関しましては、
日本皮膚科学会認定「皮膚科専門医」にご相談ください。

現在この高額医療費におきまして、
医療サポート制度がありますので、ご紹介します。ご参考ください。

「コセンテュイクス」を例にご紹介いたします。

このようにかなり高額です。
そこで申請をしますと医療費のサポート制度が受けられます。



かなり複雑で、収入によっても最終的な自己負担額が異なります。
生物学的製剤は現在指定病院でしか治療を受けられませんが、その多くの施設にはソーシャルワーカーがいますので、個々に対応してもらえます。

まずは治療について詳細を聴きたいという方は、皮膚科専門医の診察をお受けください。

投稿日:2019年4月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬

乾癬の治療には保険適用「エキシマ光線療法」を併用することで、難治性の皮膚症状の改善、ステロイド剤の使用量の減量に役立ちます。

乾癬は難治性の慢性皮膚疾患です。
さまざまな内因性の要因が関与し、その悪化因子の改善とともに
皮膚症状の改善の治療が必要となります。
乾癬についての医療ブログはこちらです>>>

皮膚症状治療の一つに保険適用となっている「エキシマ光線療法」があります。
エキシマ光線療法について>>>

現在使用されている方の多い「オテズラ」を服用中の方も
併用できます。
オテズラについて>>>

症例1

症例2

症例3

 

名古屋市立大学大学院 森田明理教授監修
小樽皮膚科クリニック前田和男先生の症例写真をお借りいたしました。

エキシマ光線療法は乾癬を完治させる治療ではなく、外用治療や内服治療でも改善の難しい皮膚症状の改善と、ステロイド等のお薬の使用を減らす事が目的です。
一度改善しても、その後も治療間隔をあけて継続が要する場合もございます。

オテズラ服用やエキシマ光線療法においても難治性の場合や関節症状を伴う場合には「生物学的製剤」の適応となるケースもあります。

次回はこの「生物学的製剤」およびその医療費サポート制度についてご説明いたします。

 

投稿日:2019年3月19日  カテゴリー:美容・アンチエイジング, 乾癬

手足にぶつぶつ「掌蹠膿疱症」には保険適用「エキシマ光線療法」は有用です

皮膚科における慢性難治性疾患のひとつ
掌蹠膿疱症

手のひらや脚の裏に、膿疱と呼ばれるぶつぶつを伴った
ガザガザと角質が厚くなる症状です。
鎖骨の周囲や頸部、腰ー臀部の関節痛を合併することあります。

さまざまな原因、体質が多因子性に絡み発症すると考えられ、
いまだに詳細は不明な点が多い疾患です。

80~90%の人が喫煙者であること。
金属アレルギーを伴う場合があり歯科金属を変えたり、
アレルギーのある金属を多く含む食品を除去する食生活、
キレート治療を行うと改善する例もあります。
(保険診療で金属アレルギー検査を行っています)
また口腔内病巣感染との関与もあり、
慢性扁桃腺炎のある場合の扁桃摘出術で改善する例*1
う歯、歯周病など歯科領域の歯性病巣感染の改善による効果も多く報告されています*2。

*1.高原 幹ら:掌蹠膿疱症に対する扁桃摘出術の効果と術後の皮疹改善に寄与する臨床的因子の解析.耳鼻免疫アレルギー,36(2)135-136,2018
*2.村井 治ら:掌蹠膿疱症と歯周治療.日歯周誌,60(3):131-138.2018

 

これらの誘因となりうる原因の改善をする根本治療を試みるとともに、
外用療法による治療、ビオチン療法が多く行われていますが、
人目が気にならない程度までの皮膚症状にすることは非常に難しいのが現状です。

そこで
現在保険適用となっている「エキシマ光線療法」
(3割負担の方で1回1000円ほどです)は大変有用です。

 

当院の症例です。
外用療法やビオチン療法等でもなかなか皮疹が良くならず
難渋していた症例ですが、
たったの2回のエキシマ光線照射でかなり改善しています。

治療前


エキシマ 2回照射後

根本治療を行いますと同時に「エキシマ光線療法」を併用することをお勧めします。

エキシマ光線療法は終日込み合っておりますので、必ずご予約の上、受診いただきますようご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

投稿日:2019年3月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

保険適用「エキシマ光線療法」によるアトピー性皮膚炎、乾癬、白斑、掌蹠膿疱症等への治療。「塗薬を塗るだけの治療」から「副作用のより少ない治療」へ治療法は進化しています。

最先端の医療をクリニックでも!

当院では保険適用となった「エキシマ光線療法」を導入いたしました。
大学病院や総合病院でしかなかなか置いていない大面積型のため
短い時間で治療が行えます。
1か所 約144cm2 を 10秒前後で照射できます。

当院の「セラビーム」は名古屋市立大学とウシオ電機による
共同開発による特別な光学フィルターを搭載することで、
これまでのエキシマライトよりも、
紅斑(赤み)とDNA障害を軽減でき、治療による日焼けも少なく済みます。

保険が適用になっているため
全身に何か所治療をしても、3割負担の方で1回治療費 ¥1,000ほどです。
痛みは全くなく、ほんのり温かい程度のため
お子さんにも使用できます。

治療に有効な紫外線のみを照射し、有害な紫外線を除去しています。
紫外線の過剰になっている免疫抑制作用を利用して、
皮膚の症状を鎮静化させます。
治りにくい症状の改善や、ステロイドの使用の軽減を図ることができ
その有効性については多くのエビデンスがあります。

週に1~2回の治療が推奨されていますが、症状が改善しますと
治療間隔をあけて維持できるようになります。

少しずつ強さを強めていく必要があるため、
効果が実感できるまでには10回前後の治療回数がかることもありますが、
かゆみの軽減は比較的早期に得られることが多いです。

これまでは、大きな病院へ通院する必要がありましたが、
当院でも受けることが可能になりましたので、
お仕事の合間やお仕事帰りに寄って
治療を受けることができます。

院長の私は日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医であり、
長年大学病院、総合病院にて光線療法を行ってまいりましたので
治療経験が豊富です。
大学病院等から当院への転院もお受けいたします。
当院で治療をご希望される場合には
紹介状をご持参ください。

また機械は1台しかございませんので、エキシマ光線療法のご希望の際は
必ずご予約をお願いいたします。

アトピー性皮膚炎、慢性痒疹の症例>>>

アトピー性皮膚炎 手湿疹の症例>>>

掌蹠膿疱症の症例>>>

乾癬の症例>>>

投稿日:2019年2月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬, 小児皮膚科

保険適用あり。アトピー性皮膚炎、乾癬、円形脱毛症、白斑等に有効な「ターゲット型エキシマライト(大面積タイプ)」を導入しました。

最先端の医療をクリニックでも!

アトピー性皮膚炎、乾癬、円形脱毛症、白斑等に有効な「ターゲット型エキシマライト(大面積タイプ)」を導入しました。
大学病院や総合病院にしかなかなか置かれていない
大型のタイプのエキシマライトです。

現在保険適用になっております。
治療費は 1回の照射で3割負担で約¥1,000です。

痛みはなく温かいだけ、
副作用もすくないので、お子様でも安心してお受けいただけます。
クリニックでの導入の少ない大型のタイプを導入しましたので、照射時間がかなり短く治療が可能となりました。

この「エキシマ光線療法」を併用することで
ステロイドの使用量も減らす事ができ、
またつらい痒みの軽減、塗薬だけでは治ることの難しかった皮疹にも有効な場合も多いです。

この「エキシマ光線療法」の効能につきまして
この後のブログでご紹介していきます。

ご希望の場合には必ずご予約をお願いいたします。

投稿日:2019年2月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬