八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:乾癬

 

第107回 日本美容外科学会 シンポジウム 講演内容について 「脂肪融解レーザースカルプシュアを用いた部分的痩身治療」部分的痩身でありながら全身の皮下脂肪や内臓脂肪の減る症例の機序についての考察

脂肪融解レーザー「スカルプシュア」で痩身治療をたくさん行ってきた中で学んだこと①>>>に続き
今回は脂肪融解レーザー「スカルプシュア」で痩身治療をたくさん行ってきた中で学んだこと②です☺

 

スカルプシュアの効果について80名のモニターさんの結果について報告いたしました。

その中で今回特に興味深い症例について考察いたしました。

スカルプシュアは脂肪層にレーザーをやわらかに照射をし、脂肪細胞を破壊するというよりはダメージをあたえ、3ヵ月くらいかけて、じわじわと脂肪細胞をアポトーシス(自然死)に誘導し、脂肪細胞を減らしていく治療です。

本来は、レーザーを照射した治療部位の脂肪が減少するのみであるはずが、特にダイエットをしたわけではないのに内臓脂肪や他の部位の皮下脂肪まで減る症例に多く遭遇しました。

 

この方は、臍下の下腹部にたったの2回の治療ですが、2回目の治療後3ヵ月後には治療部位以外にも全体に脂肪が減少しています。

 

 

 

 


次の方は、かなり内臓脂肪と思われる腹部のボリュームがあります。糖質制限等やってみたけれど、痩せることができなかったそうです。
スカルプシュアは皮下2-3cmに作用するのみなので、太刀打ちできないと考えていましたが治療を続けていくと、あきらかに内臓脂肪も減っていると考えられるボリュームの減少が得られました。
そして最後の治療から11ヵ月後には、別人のように痩せていました。本人にお尋ねましたが、特にその後ダイエットを頑張ったわけでもなく自然にやせていったとのことです。

 

 

この方も、治療部位は下腹部のみですが、体幹全体の皮下脂肪が縮んでいます。

 

このように少ない回数の治療でレーザー照射をしていない部位の皮下脂肪や内臓脂肪が減るケースは全員ではありませんが多く認められました。その原因として治療によって全身的な脂肪を減少させる因子の発動が起こっていると考えました。

このことの裏付けとなる症例があります。
この方は、当院で10年以上、乾癬という皮膚疾患で通院されています。
ここ最近はパラパラと発疹があるのみでしたが、
スカルプシュアの治療をしますと、数ヵ月後に、全身の乾癬が悪化をすることがわかりました。3ヵ月ほどでまた元におどりますが、
治療のたびに悪化を繰り返しています。
長く経過を診ていますが、これほどまでに発疹が出ることは少なく、
明らかにレーザー治療が悪化因子となっています。
ですが、痩身効果も出ているため本人のご希望で4回治療をしております。

この方の治療部位は腰の側腹部のみです。
2回目治療後1ヵ月後に写真で、赤い小さな斑点が全身に出ているのがわかります。

 

乾癬は急に太ったりして、脂肪細胞が膨張するとTNF-α等の炎症を引き起こす悪玉アディポカインの脂肪組織からの分泌が盛んとなり、乾癬が悪化することがわかっています。

脂肪組織は、ただの油滴の貯蔵庫のみならず、
最近ではさまざまな生理活性物質を分泌している組織であることがわかってきています。
おもにはメタボリック症候群に関係する因子です。

スカルプシュアでの脂肪融解は、脂肪細胞を直接破壊するというよりは、
少しダメージを与えて、ゆるやかに脂肪細胞を自然死(アポトーシス)を誘導させ脂肪細胞の数を減少させます。
その過程において、それらの因子が分泌され、先ほどの症例においては、
TNF-α等の悪玉のアディポカインが放出されて乾癬が悪化している可能性が考えられました。
残念ながら、途中で気が付いたため数回のTNF-αのみの測定では有意な結果は得られませんでしたが今後も調査を続けたいと思っています。

そこで、悪玉のアディポカインが分泌亢進された可能性があるとしますと、
脂肪の代謝を促進し、メタボリック症候群を改善する作用のある善玉のアディポカインも分泌が亢進され、局所的なレーザー照射にも関わらず、
全身的な皮下脂肪や内臓脂肪に働いた可能性を考えました。

今後も、この点について研究を進めていこうと考えております。

投稿日:2019年4月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング, 乾癬

症状の強い「乾癬」や「アトピー性皮膚炎」には「生物学的製剤」の適用となる場合があります。その場合の医療費サポート制度についてご案内いたします。

乾癬やアトピー性皮膚炎において症状が強い場合で
既存の治療で効果が不十分の場合、
または関節症状を伴う場合等において、
「生物学的製剤(抗体医薬)」という
最先端のバイオテクノロジー技術によって開発された医薬品による
治療が適応になる場合があります。
病態に深く関与するサイトカインを直接的に作用し、
炎症反応、アレルギー反応を抑制します。
ただし、もちろん保険適用ではありますが
それでも薬剤費用が高額なため、
治療を受けられないまま重症になってしまわれる患者様もいらっしゃるようです。
特に乾癬におきましては、爪症状の有無等から
早期に関節症状の合併の可能性の有無を
診断し、
症状の出現する前や軽症のうちに進行を抑える治療を
取りませんと
骨破壊が始まってからでは治らなくなってしまいます。
この治療の適応の有無に関しましては、
日本皮膚科学会認定「皮膚科専門医」にご相談ください。

現在この高額医療費におきまして、
医療サポート制度がありますので、ご紹介します。ご参考ください。

「コセンテュイクス」を例にご紹介いたします。

このようにかなり高額です。
そこで申請をしますと医療費のサポート制度が受けられます。



かなり複雑で、収入によっても最終的な自己負担額が異なります。
生物学的製剤は現在指定病院でしか治療を受けられませんが、その多くの施設にはソーシャルワーカーがいますので、個々に対応してもらえます。

まずは治療について詳細を聴きたいという方は、皮膚科専門医の診察をお受けください。

投稿日:2019年4月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬

乾癬の治療には保険適用「エキシマ光線療法」を併用することで、難治性の皮膚症状の改善、ステロイド剤の使用量の減量に役立ちます。

乾癬は難治性の慢性皮膚疾患です。
さまざまな内因性の要因が関与し、その悪化因子の改善とともに
皮膚症状の改善の治療が必要となります。
乾癬についての医療ブログはこちらです>>>

皮膚症状治療の一つに保険適用となっている「エキシマ光線療法」があります。
エキシマ光線療法について>>>

現在使用されている方の多い「オテズラ」を服用中の方も
併用できます。
オテズラについて>>>

症例1

症例2

症例3

 

名古屋市立大学大学院 森田明理教授監修
小樽皮膚科クリニック前田和男先生の症例写真をお借りいたしました。

エキシマ光線療法は乾癬を完治させる治療ではなく、外用治療や内服治療でも改善の難しい皮膚症状の改善と、ステロイド等のお薬の使用を減らす事が目的です。
一度改善しても、その後も治療間隔をあけて継続が要する場合もございます。

オテズラ服用やエキシマ光線療法においても難治性の場合や関節症状を伴う場合には「生物学的製剤」の適応となるケースもあります。

次回はこの「生物学的製剤」およびその医療費サポート制度についてご説明いたします。

 

投稿日:2019年3月19日  カテゴリー:美容・アンチエイジング, 乾癬

手足にぶつぶつ「掌蹠膿疱症」には保険適用「エキシマ光線療法」は有用です

皮膚科における慢性難治性疾患のひとつ
掌蹠膿疱症

手のひらや脚の裏に、膿疱と呼ばれるぶつぶつを伴った
ガザガザと角質が厚くなる症状です。
鎖骨の周囲や頸部、腰ー臀部の関節痛を合併することあります。

さまざまな原因、体質が多因子性に絡み発症すると考えられ、
いまだに詳細は不明な点が多い疾患です。

80~90%の人が喫煙者であること。
金属アレルギーを伴う場合があり歯科金属を変えたり、
アレルギーのある金属を多く含む食品を除去する食生活、
キレート治療を行うと改善する例もあります。
(保険診療で金属アレルギー検査を行っています)
また口腔内病巣感染との関与もあり、
慢性扁桃腺炎のある場合の扁桃摘出術で改善する例*1
う歯、歯周病など歯科領域の歯性病巣感染の改善による効果も多く報告されています*2。

*1.高原 幹ら:掌蹠膿疱症に対する扁桃摘出術の効果と術後の皮疹改善に寄与する臨床的因子の解析.耳鼻免疫アレルギー,36(2)135-136,2018
*2.村井 治ら:掌蹠膿疱症と歯周治療.日歯周誌,60(3):131-138.2018

 

これらの誘因となりうる原因の改善をする根本治療を試みるとともに、
外用療法による治療、ビオチン療法が多く行われていますが、
人目が気にならない程度までの皮膚症状にすることは非常に難しいのが現状です。

そこで
現在保険適用となっている「エキシマ光線療法」
(3割負担の方で1回1000円ほどです)は大変有用です。

 

当院の症例です。
外用療法やビオチン療法等でもなかなか皮疹が良くならず
難渋していた症例ですが、
たったの2回のエキシマ光線照射でかなり改善しています。

治療前


エキシマ 2回照射後

根本治療を行いますと同時に「エキシマ光線療法」を併用することをお勧めします。

エキシマ光線療法は終日込み合っておりますので、必ずご予約の上、受診いただきますようご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

投稿日:2019年3月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

保険適用「エキシマ光線療法」によるアトピー性皮膚炎、乾癬、白斑、掌蹠膿疱症等への治療。「塗薬を塗るだけの治療」から「副作用のより少ない治療」へ治療法は進化しています。

最先端の医療をクリニックでも!

当院では保険適用となった「エキシマ光線療法」を導入いたしました。
大学病院や総合病院でしかなかなか置いていない大面積型のため
短い時間で治療が行えます。
1か所 約144cm2 を 10秒前後で照射できます。

当院の「セラビーム」は名古屋市立大学とウシオ電機による
共同開発による特別な光学フィルターを搭載することで、
これまでのエキシマライトよりも、
紅斑(赤み)とDNA障害を軽減でき、治療による日焼けも少なく済みます。

保険が適用になっているため
全身に何か所治療をしても、3割負担の方で1回治療費 ¥1,000ほどです。
痛みは全くなく、ほんのり温かい程度のため
お子さんにも使用できます。

治療に有効な紫外線のみを照射し、有害な紫外線を除去しています。
紫外線の過剰になっている免疫抑制作用を利用して、
皮膚の症状を鎮静化させます。
治りにくい症状の改善や、ステロイドの使用の軽減を図ることができ
その有効性については多くのエビデンスがあります。

週に1~2回の治療が推奨されていますが、症状が改善しますと
治療間隔をあけて維持できるようになります。

少しずつ強さを強めていく必要があるため、
効果が実感できるまでには10回前後の治療回数がかることもありますが、
かゆみの軽減は比較的早期に得られることが多いです。

これまでは、大きな病院へ通院する必要がありましたが、
当院でも受けることが可能になりましたので、
お仕事の合間やお仕事帰りに寄って
治療を受けることができます。

院長の私は日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医であり、
長年大学病院、総合病院にて光線療法を行ってまいりましたので
治療経験が豊富です。
大学病院等から当院への転院もお受けいたします。
当院で治療をご希望される場合には
紹介状をご持参ください。

また機械は1台しかございませんので、エキシマ光線療法のご希望の際は
必ずご予約をお願いいたします。

アトピー性皮膚炎、慢性痒疹の症例>>>

アトピー性皮膚炎 手湿疹の症例>>>

掌蹠膿疱症の症例>>>

乾癬の症例>>>

投稿日:2019年2月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬, 小児皮膚科

保険適用あり。アトピー性皮膚炎、乾癬、円形脱毛症、白斑等に有効な「ターゲット型エキシマライト(大面積タイプ)」を導入しました。

最先端の医療をクリニックでも!

アトピー性皮膚炎、乾癬、円形脱毛症、白斑等に有効な「ターゲット型エキシマライト(大面積タイプ)」を導入しました。
大学病院や総合病院にしかなかなか置かれていない
大型のタイプのエキシマライトです。

現在保険適用になっております。
治療費は 1回の照射で3割負担で約¥1,000です。

痛みはなく温かいだけ、
副作用もすくないので、お子様でも安心してお受けいただけます。
クリニックでの導入の少ない大型のタイプを導入しましたので、照射時間がかなり短く治療が可能となりました。

この「エキシマ光線療法」を併用することで
ステロイドの使用量も減らす事ができ、
またつらい痒みの軽減、塗薬だけでは治ることの難しかった皮疹にも有効な場合も多いです。

この「エキシマ光線療法」の効能につきまして
この後のブログでご紹介していきます。

ご希望の場合には必ずご予約をお願いいたします。

投稿日:2019年2月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 乾癬

今日の午前中はお休みをいただきまして、前職場の聖路加国際病院の皮膚科で、今度当院で導入するあたらしい医療機器の使用実施状況について見学してまいりました。

アトピー性皮膚炎や乾癬、円形脱毛症、掌蹠膿疱症などにおいて
皮膚症状を改善したり、かゆみを抑えたり
さまざまな効果の期待できる紫外線療法ですが、
エキシマライトというこれまでの紫外線療法の中でも
有効性が早くそして効果もより高く、治療時間も短く、
そして最近では治療による日焼けの少ない改良された治療機が登場してきております。
当院でも紫外線治療機をこの新型のものに買い替えを検討しております。
その中でもいくつか機種があるため、数種類のエキシマライトで
実際に多くの治療を行っております聖路加病院の皮膚科で
治療の様子を見学させていただきました。

聖路加病院では紫外線治療を受ける患者様が多く、それ専用の部屋が2部屋あります。

このお部屋は主に、紫外線療法の中でも
エキシマライト専用のお部屋です。

比較的大きな面積を当てることができる
大型のタイプのエキシマライト

円形脱毛症や白斑等に小範囲で当てられるコンパクトなタイプ。

現在エキシマライトでの治療も保険適用となっています。

アトピー性皮膚炎や乾癬の多い当院ではとても活用してくれるはずです。

診療所ではありますが、高度機能病院同等のレベルの治療が行えますよう取り組んでまいります!

投稿日:2018年12月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング, アトピー性皮膚炎, 乾癬, 小児皮膚科

乾癬治療。医師と患者様との治療目標のギャップから見えてくること。私たちは初診時に病気の説明、悪化因子、生物学的製剤含めた治療の選択、合併症の予防などについての詳しい説明をしています。

当院では、アトピー性皮膚炎、乾癬、酒さ、ニキビ等
難治性の慢性疾患をとくに多く診ています。
全国各地、遠方からのご来院も多いですが
状態が良くなられても、10年以上にわたり定期的に通院
してくださっている方が大勢いらっしゃいます。
その中で、私が特にいつも気を付けていることは、
日進月歩変わる治療や病気についての情報について、
最新の情報を漏らさず皆様にお伝えしていくことです。
私が情報を提供しなかったばかりに、治療の選択の幅を
狭めてしまうことがないように心がけています。
そして気を付けなければならない合併症のチェックです。
皮膚疾患、特に慢性炎症性の疾患においては、
長い期間において生じてくる可能性のある合併症や
治療の副作用が出てきていないかを診ていく必要があります。
長期間治療に通っていただくということは、
その方の一生を診る責任があります。
例えば
開業14年目になりますと、アトピー性皮膚炎のお子さんが成人されて
その患者さんがご妊娠されたということも
しばしばあります。
アトピー性皮膚炎は遺伝性がありますので
生前からそのお子さんのアトピー性皮膚炎の予防の指導をしたり、
生まれたお子さんのスキンケア、食事指導をしたり、
ご家族を診ていくことにもなります。
また
乾癬の方においても、関節症状が出てきたり、
メタボになりやすいので、あれ?少し太ったかしらと
思いましたら食生活指導をしたりしています。
たわいのない会話の中で、患者様の小さな変化を
診ています。
いつも変わり映えしない診療じゃないか!!と
思っていらっしゃる方もあるかもしれませんが
そんな「変わりのない(問題ない)」ことを確認していますので
許してくださいね。

さて先日、このような記事をみました。

ここでは54施設で425の医師と患者のペア回答を集計し、「乾癬の治療におけるギャップに関する調査」について調査された結果について書かれています。

乾癬はなかなか完治が難しいですが、
皮疹の少ない良いコンディションを保つために
さまざまな治療があります。
その治療目標を
「皮疹の完全な消失」
「皮脂のほぼ完全な消失」
「前回治療よりも経過」等の7項から選択してもらった結果、
患者、医師ともに
「皮疹のほぼ完全な消失」を選んだ割合が
患者42.5%、医師44.4%でした。
その他の67.9%は、医師と患者で治療目標が不一致で、
患者のほうが医師よりも、より高い治療目標を持っていることがわかりました。
この中では、乾癬の患者様との対談についても書かれていますが、
治療をしていくなかで、目標の設定を変えていっていることがわかります。
「完全に皮疹がない状態」の目標から
現実的には、治療が大変なので完璧を目指すのではなく、
支障なく日常生活が送れればそれでいいと思うようになったり、
外用剤を塗る手間や通院に要する時間が負担になっていたので
それらの負担をなるべく減らしたいという目標に変わったり、
自分に無理をしないように気持ちの置き方を変えていかれているのですね・・・。

この対談に出ていらっしゃるお二人の先生は、
ともに初診時の病気に関する説明に力を入れていらっしゃるとのことです。
私も、非常に大切なことだと考えています。
「乾癬」という病気の病態の説明、遺伝の有無、
一般的な治療の経過、
生物学的製剤、免疫抑制剤、アプレミラストの適応の有無、
食生活習慣との関与、腸内環境との関連、
入浴時の注意などなど
たくさんお伝えしておきたいことがあります。

「乾癬」と診断されていても
「乾癬について」の説明を受けていない患者様
大変多くいらっしゃるのです。

当院へは、すでに乾癬の治療を他で受けているが、
「乾癬についての話をもっと詳しく聞きたい」とか
「ここに通院はできないが、自分の乾癬の状態を一度診てほしい」
「今の治療でよいのか診てほしい」

など、ご遠方からのご来院がしばしばあります。
時々中国等海外からご来院される方もいらっしゃいます。

それはやはり、医師からの説明に十分満足されていない
現状が多いからだと思います。

当院ではこのように
通院はできないけれど、一度治療の相談に乗ってほしい
という方もたくさんお受けしています。
今現在受けている治療内容のわかるものを
ご持参いただき、お気軽にいらしてください♡

 

 

投稿日:2018年7月30日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

「お薬を出してもらえない」「そんな薬は知らない」といわれてしまう問題・・・乾癬の治療薬PDE4阻害剤アプレミラスト(オテズラ錠)、クロベタゾールプロピオン酸エステル含有シャンプー(コムクロシャンプー)、カルシポトリオール水和物ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(ドボベットゲル)は全国どこの皮膚科でも処方できるお薬です!

皮膚科のお薬も、どんどん新しいものが出て、
治療の幅も広がってまいりました。

全国どこでも同じ日に処方開始になり、費用も同じです。
多少薬局にそろうまでには時間を要し、数日送れることもありますが、
その時にその薬がなくても、薬を取り寄せれば
製造販売が承認されているお薬は、
どの皮膚科でも処方が可能です。

ですが、オテズラ錠、コムクロシャンプー、ドボベットゲルについて
最近皮膚科を受診しても「処方できない」といわれたとか
「その薬は知らない」(←その皮膚科にはいかないほうがいいです!)
などなど・・・言われたとのことで
当院を検索してかなり遠方から受診されるケースが増えています・・・
南は九州、四国地方、北は北海道です!!!

この問題、いったいどうしたらよいのでしょう・・・。
処方開始直後ならともかく
数年たったお薬でもそのようなことがあります・・・。

地域によって、処方できる薬のあるないがあるとか、
治療の選択に差があってはならないと思います。

皮膚科のお薬も、どんどん新しいお薬が処方開始になっています。
情報がいきわたっていない可能性を考えて(あってはなりませんが)
せめて「皮膚科」と標榜してあっても
「日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医」を受診してください。

もし処方できないといわれた場合には、
症状に対して適応がないのか、なぜなのか、
その医師に理由をうかがいましょう・・・。

投稿日:2018年7月3日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬

関節症性乾癬の15.5%は見逃されて(診逃されて)います・・・6ヶ月以上診断治療が遅れると予後不良です。初期の爪所見は診療経験の豊富な医師でないと診断できません。

ひじやひざ、頭皮そしてからだのあちこちに
湿疹に似た赤い皮疹がみられる乾癬。
食生活習慣の欧米化により近年増加しています>>>
その皮膚症状は多彩で、非常に誤診の多い皮膚疾患でもあります。

当院でよく見かける間違った診断名は
「湿疹」
「アトピー性皮膚炎」
「脂漏性湿疹」
そして
「爪白癬」です!爪だけの乾癬もあります。

軽症の場合や、ほかで治療をすでに受けていて
皮疹が修飾されていますと、私たちも診断がつきにくいこともあります。

「乾癬」は塗り薬だけもらっているケースも非常に多いですが
メタボリック症候群との合併が多く
心血管系の疾患リスクが急速に増加するため
生活指導が重要な疾患です。

また関節症状を見逃すと、20年後には5関節以上の不可逆的な変形を生じるといわれています。

6か月以上診断治療が遅れますと、予後不良な関節炎となります。
その初期症状は爪症状です。
痛みや腫れ、変形が生じる前に治療を開始することが重要です。

こうなってしまいますと
元には戻りにくいです。

 

お写真は聖路加病院 リウマチ膠原病センター医長 岸本暢将先生、ノバルティスファーマ株式会社さんよりお借りしました。

 

当院にいらっしゃる乾癬の患者様でも、
そんな話これまでに一度も生活指導を受けたことがない
という方を多く見かけます。
医師の診療が専門の分野に偏ることも問題となっているのですが、
これだけ診断および治療が複雑かつ高度になって参りますと
新しい薬の情報や新しい治療、最近の治療方針の流れなど日進月歩です。
専門的な知識が常にアップデートされていませんと
治療を受ける医師の力量により
患者様の予後に大きく影響するということが生じてまいります

よって私は、「標榜科目」について
見直すすべきと最近強く感じます。
「皮膚科」と標榜されていても
乾癬の診断、生活指導ができない。
膠原病を診断できない。
アトピー性皮膚炎の子供たちの食生活指導について熟知していない。
爪白癬が診断できない。

などなど

先日も数年診断のついていなかった皮膚筋炎という自己免疫疾患の方を
大学病院へ紹介しました。
内科・皮膚科数件で湿疹、かぶれ、手湿疹
美容皮膚科・皮膚科で赤ら顔の治療・・・
だるいのは疲労・・・
悪性腫瘍に先行することの多い疾患です。
皮膚科の専門医であれば一瞬で確実に即診断できます。
もとにある悪性腫瘍がどうなってしまっているのか・・・とても心配です。

湿疹と診断され、5-6年ステロイドの外用を続けていた
悪性リンパ腫。
みためは慢性湿疹に似ていますが
治療をしたことのある医師であれば診断できます。

などなど。

 

本題に戻りますが、
そんなわけで関節症状を伴うまたは伴うようになる乾癬、関節症性乾癬の
15.5%は見逃されており治療が遅れてしまう現状があります。
関節症状がでてからでは間にありません。
治療開始のスピードが大切です。

最も多く間違えられているのは
爪白癬です。
これは爪白癬ではありません。

いったん爪白癬と他で診断をされていると
患者さんに爪白癬ではないことを修正するのが大変なのです・・・
もちろん乾癬の方で本当に爪白癬になっていることもありますが。

皮膚疾患には皮膚科の専門医でないとわからない難しい病気がたくさんあります。
そして皮膚科専門医でないと認められていない治療があります。
受診される際には皮膚科の専門機関で治療をお受けください。

投稿日:2018年6月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 乾癬