八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:ニキビ

 

最近のニキビ治療は昔と違う!

日本でのニキビの治療は、とても遅れていました。
特に保険診療においては
皮膚科を受診しても
抗菌剤の飲み薬と抗菌剤の塗薬を
ひたすらもらうだけだったと思います。

でもようやく日本も20年ほどの遅れをもって
欧米においついてきました。
私も微力ながらもブログで
この遅れた日本の医療の問題点について、
お偉い先生方のバッシングを受けながら
書いてきました(笑)
やっとやっと私の思いがかないました♡
海外ではもっと以前から、抗菌剤の使用を最小限に
とどめることに対して強く意識した治療方針が
一般的でしたが、
日本においては、まったく抵抗なく頻回に、長期間
使用されつづけてきました。
今頃になって、その体への影響を切実に考え、
日本でのニキビ治療の治療指針は大きく変わりました。

 

このアルゴリズムのようにようやく改定されました。
抗菌剤の服用は、ある程度ひどいニキビのときのみ使用。
ひどく腫れてきているニキビのときには
毛穴が爆発してニキビ跡にならないために、抗菌剤の服用も必要です。
中等度以下のニキビの場合、重症のニキビも良くなってきたら、抗菌剤の服用、塗布はやめます。

この治療指針の中に多く出てくる推奨度Aの治療薬は
「アダパレン(ディフェリンゲル®)」
「過酸化ベンゾイルBPO(ベピオゲル®)」
「アダパレン+BPO(エピデュオゲル®)」
「BPO+クリンダマイシン(抗菌剤) (デュアックゲル®)」


アダパレンもBPOも図のように毛穴の詰まりをとり、
できているニキビを治したり、ニキビの原因の面皰の形成
抑制します。

最近は抗菌剤ではなく、
これらの薬を積極的に使用することが推奨されています。
ただしデュアックゲルには抗菌剤が入っていますので
耐性菌ができないように(抗生剤が効くかなくなる現象)
初期のみ、悪化時のみの使用が好ましく、
よくなってきたら他の3つのお薬へ変更していくのがいいですね。

アダパレンもBPOも使い始めの数週間は
乾燥したり赤くなったり、刺激があることが多いので
ノンコメドジェニック(毛穴につまりにくいもの)の
保湿剤
との併用がおすすめです。
これらのお薬との併用でおすすめの保湿剤や

化粧品について次回ご紹介します♪


デュアックゲル

濃グリセリンジメチルポリシロキサンなどの
保湿成分が入っているため他の3つのお薬よりも
少し刺激が少なく一番初めに使用しやすい処方となっています。

この刺激症状には注意も必要です。
BPO
の場合には、数パーセントで
アレルギーのある場合があります。
数週間が過ぎても、刺激症状が強い場合には
その可能性がありますので他のものへの変更が必要です。
アダパレンにはアレルギーがある場合はまずありません
ので上記の保湿にて上手に使用すると
問題なく継続できるようになる場合がほとんどです。

当院では10年ほど前よりすでに
抗菌剤のみを使用するニキビ治療を最低限にしか行わず、
このBPOとアダパレンに似たお薬で治療をしてまいりました。

他の皮膚科でこれらの塗薬を処方されて
うまく使用できなかった方でも
当院で使用方法についてもう一度指導すると問題なく使える方が多いです。
一度使用してその刺激症状に懲りてしまった方も
どうぞ一度ご相談ください♡

そしてこれらのお薬のある程度の期間の継続が必要です。
前のブログでご説明したように>>>
また毛穴が詰まってしまいますと
またニキビ菌が増殖して再燃しますので
間隔をあけながらも、面皰ができないように
お薬の継続や、面皰ができないようなスキンケアの
継続が必要です。
BPOは使用している間に突然アレルギーになる
こともあるのでディフェリンゲルで継続することを
おすすめしていることが多いです。

次回はニキビの原因「面皰」を作らないための
スキンケア、
アダパレンやBPOの刺激症状を最小限に抑えながら
上手に使用していくコツについて
お話いたします♡

 

 

投稿日:2017年4月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

ニキビの原因を解説

今度の講演会の内容を一部お見せします。

大人の女性に多い肌トラブルは

乾燥ニキビ(特にフェイスラインの)
そして化粧かぶれです。

中でも大人ニキビは厄介ですね。
昔より増えている気がしています・・・。

 

↑「ニキビのできるまで」です。
ニキビの出発点は「面皰(めんぽう)」

とにかく毛穴が詰まることから始まるのです。

毛穴の入り口の周囲の角質が厚くなって
ふさがりやすくなったり、
汚れや化粧品の成分などで毛穴が詰まる
アクネ菌が増殖します。

角質が厚くなる角化異常は男性ホルモンの関与*1や
ビタミンAや亜鉛の不足などによる
皮膚のターンオーバーの異常などが関係している
と考えられます。

そして毛穴の中で、アクネ菌の大好物の皮脂が充満し、
また毛穴が詰まって酸素が少ない環境になると
酸素を嫌う嫌気性菌のアクネ菌が増殖します。

そして増えたアクネ菌は、
炎症を起こす様々な物質を出し、
毛穴の炎症(赤く腫れる)が起きます

アクネ菌が出す物質のうちの一つ細菌性リパーゼは
皮脂も分解してくれますが、毛穴の壁を破壊するのにも
影響し、毛穴が爆発します。
そして周囲の組織に毛穴の内容物が広がって
さらに大きな炎症(大きく腫れます)となります。
そうなってしまうと固いしこりとなって
残ってしまったり、陥凹してニキビ跡になります。
したがって、早めに治療をしてニキビ跡にしないことが
大切ですね。

 

*1 Eichenfield LF ,et al:Evolving perspectives
on the etiology and pathogenesis of acne vulgaris.
J Drugs Dermatol and psthogenesis of acne vulgaris.
J Drugs Dermatol,14:263-272.2015
*常深 祐一郎:挫創の種類とその発症機序,
薬局 vol68.no3.2017

 

投稿日:2017年4月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

「大人ニキビのスキンケア方法」について大阪で講演します

講演会が続いておりまして
出張出張続きです。
診療時間のご変更など
ご協力ありがとうございます。

私は、テレビや雑誌などメディアには露出しない
主義です。
向こうのいいように操作が入り、
こちらの伝えたいことと異なった情報を
皆様にご提供することになることが多かったので
今はすべてお断りをしております。
ですが、医学会、セミナーなど勉強の場では
講演します。

来月は東京、大阪で講演会の予定があり、
資料作りにドタバタ・・・。

今は5月に大阪で開催予定の
ヒルドイドでおなじみの製薬会社「マルホ」主催の
患者様むけのセミナーが大阪でありその準備をしています。

大人のニキビのスキンケア方法について話します。
せっかくなのでその資料を作りながら
このブログでもご紹介していこいうと思います。

この内容は、講演後にWEBでも流れる予定とのことですので、またお知らせいたしますね。

投稿日:2017年4月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

新しいニキビ治療薬の処方が開始になります♪「エピデュオ®ゲル」

img260

 

ニキビ治療薬の「エピデュオ®ゲル」
11月4日より処方開始になります。

内容を分かりやすく言いますと
従来よりあります「ディフェリン®ゲル」アダパレン0.1%
「ベピオ®ゲル」過酸化ベンゾイル2.5%が合体したようなものです。

アダパレンはレチノイド(ビタミンA誘導体)様物質で
角質を剥離して毛穴のつまりをとる以外にも
顆粒細胞から角化細胞への分化を抑制し、
すなわち表皮細胞の全体に作用して
狭くなった毛穴の開口部の肥厚を抑制する作用があります。
効果出てくるまでにおよそ3か月以上かかり
ゆっくりであるため
過酸化ベンゾイルと併用することが多かったのです。
そこで今回合剤となった過酸化ベンゾイルは、
塗布するとフリーラジカルによる酸化作用により、
アクネ菌を殺菌します。
通常の抗菌剤よりも殺菌作用はやや劣るものの、
抗生剤に効かなくなった菌にも作用し、また使用継続する
ことでも耐性菌ができない利点があります。
また抗菌作用以外にもアダパレンよりも浅い角質層にて
ピーリング作用も発揮します。
よってこのアダパレンと過酸化ベンゾイルを併用
することで、深部から表層までまんべんなく作用させて
ニキビ対策ができ、
理想的な組み合わせといえます。

 

11月4日より処方開始です。

 

 

 

投稿日:2016年10月26日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

今旬のAGNESの開発者DrAHNのセミナーに参加してまいりました。<その3>最もニーズのあるAGNESによるニキビ根絶治療!

AGNESアグネスちゃん(笑)←ちゃん付けすると
ご年代によっていろいろなアグネスを連想しますね( *´艸`)

アグネス

アグネスちゃんを使用している私のお友達の先生は
ニキビ治療で大活躍だそうです!

AGNESでのニキビ治療はまだ始めていませんでしたが
今回のセミナーでも非常に素晴らしい結果が出ています
ので、当院でもはじめます!

にきびニ_ドル__

皮脂腺が発達して、皮脂の大好きなアクネ菌が
増殖し、また毛穴の過度な角質化によりふさがりやすくなり、ニキビを繰り返しやすくなります。
繰り返しできやすくなった「ニキビ毛穴」を根絶!

グラフィックス2

AGNESでは皮膚表面を傷めることなく
治療できます。

既存の治療では、できてしまったニキビの炎症を沈めた
り、治療を継続していれば新しくニキビができない
けれど、
やめると戻ってしまう場合が多くありました。
AGNESではそんな繰り返すニキビ毛穴の皮脂腺を破壊して
繰り返さない毛穴への改善を目指します。

AGNES ニキビ

 

AGNES ニキビ3

AGNESニキビ2

 

AHN先生からいただいた症例写真です。

同じ機器で同強さで、同じやり方で当院でも行います♡

 

< 施術の流れ >

1日目
①洗顔
グリコール酸のケミカルピーリングを行います。
③ニキビ毛穴にたまった膿を一つ一つ出します。
④麻酔クリームを30分塗布します。
⑤AGNESで皮脂腺を破壊
⑥クーリング
⑦施術当日はお化粧はできません。
⑧塗薬と飲み薬を処方します。

施術 翌日~3日までの間に
残留物や浸出液の除去をメルティングします。
傷を早く治し、コラーゲンの再構築を高める効果もあります。

1週間後
再度グリコール酸のケミカルピーリングを
行います。

2か月後
診察にて、残っているニキビをもう一度処置が必要であるかをみます。

 

< AGNESアクネ 料金 >(税別)

 1クール(ケミカルピーリング2回、メルティング込み)
顔  1回 ¥80,000
背中 1回 ¥範囲により50,000~100,000

★ ちょこっとだけAGNESアクネ
1個~  5個 (AGNESのみ)¥20,000
5個~10個 (AGNESのみ)¥30,000
ちょこっとメルティング        ¥2,500

別途 麻酔クリーム代 ¥1,000
初回カウンセリング料 ¥3,000
再診料¥2,000が必要です
(SSCプレミアム倶楽部会員さまは診察料はかかりません)

 

8月開始!

お写真提供していただけるモニターさんは
7月19日より募集します。
1クール 料金の半額でお願いいたします。

 

 

投稿日:2016年7月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, 健康情報・アンチエイジング, ニキビ

ニキビ跡のクレーターを残さないためには、早目に受診して治療を開始するのがいいのですよ

Frontal view of girl's cheeks and chin with acne scars

ニキビはこじらせて、
しかも長引かせてひどくしてしまうと
クレーターになってしまいます。

そのことに関しての論文がでました。
img197

「日本人のざ瘡患者における
はん痕および「ミニ・スカー」の有病率とGOLへの影響」

*Nobukazu HAYASHI et al :Prevalence of scars and “mini-scare”,and their impact on quality of life in Japanese patients with acne,Journal of Dermatology 2015;42:1-7

いわゆる深いクレーター状のはん痕までなくとも
0.5mm以上2mm未満の小さな萎縮性はん痕(へこんだ傷
跡)を「ミニ・スカー」といい、
ほとんどの患者さんで認められたとのことです。
このミニ・スカーを含む萎縮性はん痕の有病率は約90%
このような はん痕のある患者とない患者とで、
はじめて医療機関で治療した年齢が、
はん痕のある患者よりも有意に低かったそうです。
医療機関での治療を早期に開始することで、
はん痕化を予防できる可能性があるといえます。

自己流でにきびを治そうとせず、
早目に皮膚科を受診してくださいね。
以前に受診して、あまり良い効果が実感できな方も、
もう一度受診してみてください。
現在では保険内で可能な治療薬の種類が増えました。
毛穴の化膿が著しく、毛穴が爆発してしまうと
もとの毛穴には戻らずはん痕になってしまいます。
はん痕を治すのは大変です。
そうなってしまう前の早目の治療が大切ですね。

 

 

 

 

 

投稿日:2015年11月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, 美容・アンチエイジング, ニキビ

新しいニキビ治療薬「ベピオゲル」使用中の敏感肌にも「イニクス」がおすすめです

先週末は、横浜で
日本皮膚科学会総会が開催されました。

医療に関連した業者さんが、個別に詳細な説明を
してくださる企業展示ブースでは、手術器具、
医療機器、医薬品、化粧品など多数みることができます。

おっ(^^♪
私がアドバイザーをしております
製薬会社マルホさんが製造する「イニクス」もありました♪
14330721769020

14330721490070

まだレパートリーの少ないこの製品ですが、
ディフェリンゲルやベピオゲルなど
多少の刺激症状を伴うお薬の登場により、
併用する化粧品にも注目が高まり、
「イニクス」の認知度が上がってまいりました。

これまでは決まった施設でしかご案内でき
ませんでしたが、今後は広く展開されていくようです。

この「イニクス」のセンシティブラインは、
敏感で肌トラブルの多い方が、
皮膚疾患の治療中または治療後にも、安心して使用
できるスキンケア用品としてつくられました。
敏感肌だけど肌を明るくしたり美肌効果のあるものを
安心した成分のもので使いたいっ!!という
女心をつかんだ製品です( *´艸`)
「君は敏感肌だから、美白やアンチエイジングの
化粧品などは刺激になるからやめた方がいい!」
なんて言われしまったことありませんか?
そんな方にお教えしたい♪

そしてようやく日本も海外からかなり
おくれをとりましたが、「ディフェリンゲル」や
「ベピオゲル」が保険診療で使用できるようになりました。
そして「デュアクゲル」も間もなく登場します。
これらのニキビ治療薬は共通して、赤くなる、乾燥する、
ひりひりする、むず痒いなどの刺激症状を、特に
初期に伴うことがあります。
その時期をいかに不快がすくなく過ごせるかによって
「この薬は嫌、合わない」となってしまうか
「多少の刺激はあったが効果が実感できる」に
印象が変わってしまいます。
医師の腕のみせどころなんです。
この「イニクス」と同じ製薬会社マルホさんの
「ヒルドイド」のローションやソフト軟膏との併用で
初期の刺激症状は回避できますが、
「イニクス」のACラインは、
これらのニキビ治療薬の刺激を抑え、
さらにあのにっくきぶつぶつの炎症を鎮めたり、
ぶつぶつできにくくする成分を含有しています。
そして化粧品に含まれる毛穴に詰まりやすく、
ニキビの原因となりやすい成分を配合せず、
ノンコメドジェニックテストでしっかりと確認しています。
せっかく治療でよくなったぽつぽつ肌が再燃しないように
お勧めしたい化粧品です。

 

詳しくはこちら>>>
Web販売のみです。
当院からの紹介番号があると
少しお得です( *´艸`)

 

投稿日:2015年6月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

ベピオゲル®(BPO)で髪の脱色 本当におこるか。 試しました。

4月1日より処方開始になった
ニキビ治療薬ベピオゲル®(BPO)
小麦を脱色するのに使用されていたこともあり、
髪や衣類に付着すると色が抜けることがあると
注意書きにあります。
IMG_3248

保険診療で使用できるようになる前には、
もう少し濃度の高い5%BPO含有のものを使用していましたが、私が注意を促していたこともあってかもしれませんが、そのような症状がでた方はいらっしゃいませんでした。

漂白?!というと、肌の色が抜けてしまう心配をしてしまう方もいらっしゃると思いますが、海外では長く使用されているお薬ですが、これまでに白斑になった症例の報告はありません。

ただし、1例髪の毛と眉毛の色が抜けたという症例の
報告がありました。
*Jacob Bleiberd et al;Bleaching of Hair After Use of
Benzoyl Peroxide Acne Lotions.Arch Dermatol Vo 108,Oct 1973

日本で承認されているベピオゲルはBPOは2.5%配合
ですが、この報告で使用されているのは5%のものです。
15歳の白人の方で、こげ茶色の髪。
1月から6月の半年近く使用し、
髪の生え際と眉毛も脱色したとのことです。

でもどのくらい気を付けたらよいのか?
このベピオゲルの説明書では具体的に書かれておらず、
はっきりしません。
顏に塗っているところに髪が触れるだけでもその可能性があるのか?
たっぷりつかなければ心配ないのか?
ベピオゲルを扱っている製薬会社さんにうかがっても、
はっきりとしたお返事はありませんでした・・・。

そこで、
ためしに私とスタッフの髪に直接塗ってみてみました。

1週間 髪に直接塗りました。
私は毛染めをしていません。
ベピオゲルではなくこの報告と同じ5%のBPO(輸入)を
〇の部分に1日1回 塗布しました。

塗布前
IMG_3186



塗布1週間後
IMG_3263

まったく変化はありません。
脱色は見られませんでした。

 

では、毛染めしているとどうか?
スタッフでもみてみました。
彼女は毛染めをしています。
ブリーチはしていません。
BPO5%のベピオゲルを1日1回毛先に塗布しました。

塗布前
IMG_3191 - コピー - コピー

 



1週間塗布後
IMG_3264 - コピー

写真の撮り方がいい加減で、
少し色が薄くなったように見えますが、実際は問題ありませんでした。

べっとりと髪に直接塗っても、1週間では変化がありませんでした。
あくまで短期間の、数人での印象ですので、
製薬会社さんには、使用実績の長い海外での実情を調べて
いただくように製剤開発部門の方にお願いしています。
先ほどの症例以外には、はっきりとした報告はないようです。
でも、症例報告までしていない可能性もありますよね。

この報告のように、半年ほど長期間に付着すると
髪の色が抜ける可能性がありますが、
絶対につかないように気をつけないと色が抜けてしまう!
というほどは心配ないようです。
ですが、眉や髪の生え際ぎりぎりまでは、塗らないように
された方がよさそうですね。

 

 

投稿日:2015年4月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

4月1日処方開始のベピオゲル®につづいて、デュアック®配合ゲルが製造販売承認されました

日本の医療は、意外にも後進国(*_*; といわれて
いますが、ニキビ治療においては欧米と20~30年も
遅れています。
ようやく世界水準に近づこうというところです。
4月1日に処方開始になる過酸化ベンゾイル(BPO)2.5%
配合の外用薬に続いて、BPO 3%にクリンダマイシンも
配合されたデュアック®ゲルが製造販売承認を取得し、
6月頃から処方できるようになります。
ただし、果たして・・・
このゲルの存在意味は疑問もあります。

ニキビ治療において、慢性的に長期間に及ぶ抗生物質の
使用によって、皮膚に常在している菌が耐性菌(抗生剤に
効かなくなる菌)になる問題や、抗生剤の服用にいたって
は、健康維持や病気の予防に非常に大切な腸内細菌叢を
悪くしてしまうことが問題になっています。
そこで、抗生剤に頼らないニキビ治療へ改善されようと
しています。
クリンダマシンは、ニキビ治療で頻用される抗菌外用成分
ですが、すでに耐性菌が増えてきています。
BPOは耐性菌ができないため、長期の使用も安心できるの
ですが、クリンダマシンが同時に配合されていると、
その意味はなくなります。
治療初期や、感染の著しい状態の初期には、おそらく効果
が早いことが期待できますので短期間のみ使用し、
クリンダマシンの入っていないベピオゲル®へ移行させる
使用法を、私は厳守したいと考えています。
デュアック®ゲルの方がベピオゲル®より効き目が良い
印象があっても長期使用せず、ベピオゲル®に切り替える
ようにしてくださいね。

img140

投稿日:2015年3月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ

ニキビ治療薬のBPO ようやく厚労省より新薬として製造販売の承認がされました!

当院では2年以上前より導入している
ニキビ治療薬のBPO(過酸化ベンゾイル)が
ようやく保険診療で処方が可能になります。
来春の予定です。
これまで自費でご購入いただいていた方、
朗報ですね。

BPOは、これまでの抗菌剤の塗り薬とは
異なるアプローチで抗菌作用を示します。
いわば消毒液の軟膏のようなもの。
したがって抗菌剤の効かなくなる「耐性」
が生じません。
BPOは1960年代から多くの国で尋常性ざ瘡(にきび)
の治療に使用され、欧米の治療ガイドラインにおいては
標準的な治療薬として位置づけられていたにも
関わらず、抗生物質天国の日本では、かなり遅れて、
ようやく海外の医療レベルに届きました。
欧米など40か国以上でとっくの昔に承認済み
のお薬です。
やたらと抗生剤を飲んだり塗ったりする
安易な治療から、少しは意識が変わると
安堵しています。

このBPOは、抗菌作用のみでなく、
ピーリング作用や美白作用もあります。
毛穴のつまりを除去して、にきびになりにく
い肌へ誘導し、またニキビ跡の色素沈着も
改善されることが多いです。
(美白作用については、5%BPOの使用経験に
よるものです。BPOは小麦、歯の漂白にも使用
されています。)

「ベピオゲル2.5%」

当院で使用していたものは5~10%でしたが、
欧米人にくらべて皮脂の少ない日本人では、
今回のベピオゲルのように2.5%でも
効果にはそれほど差は生じないのではないかと
思っています。
報告によると、皮膚刺激の発生頻度は
ベピオゲルで8.3%、BPO5%のものでは12.3%と
なっていますので、濃度だけでなく、基剤の工夫もある
のかだいぶ刺激を軽減できている印象です。
ディフェリンゲルとの併用もしやすいのでは
ないかと考えています。

BPOは基剤によって刺激感にかなり差があります。
また、ディフェリンゲルと同様に、
有効かつ刺激を軽減して使用するには工夫が必要です。
使い方次第で、使いにくい!となってしまったり、
効果が実感できない!となりがちです。

BPOの使用経験の長い私に、お任せください♪

残念なことに、このベピオゲルは、
12歳未満の方にはまだ使用できません。
思春期ニキビの方に特に有効であると
感じていますので残念です・・・。

処方開始の詳細が分かりましたら
またこのブログでお知らせいたします。

処方開始までに、お試しになりたい方は
クリニックで処方しております(自費)

BPO 5%  57g  ¥4,320

投稿日:2015年1月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ ★, ニキビ