八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ: グリーンネイル

グリーンネイル

 

ネイルはもはやおしゃれの常識ですね♪
サンダルの季節になれば、マニキュアも
かかせません。
でもネイルとする前に気をつけたい
爪の病気があります。
爪白癬(爪みずむし)です。
爪の色が白色や黄色に変色します。
いわゆる水虫らしい症状がなく、気づかず
に放置されがちです。
色を隠そうとしてジェルネイルやマニキュアを
するさらに悪化してしまいます。

また最近、女性の間に増加しているのが、
「グリーンネイル」という爪の感染症です。
緑膿菌やカビなどの感染により、爪が緑色や
黒っぽい緑色に変色します。
以前は爪白癬と合併して発症することがほとんど
でしたが、ジェルネイルや人工爪をつけている人に
多くみられるようになりました。
メンテナンスを怠ってつけっぱなしにすると、
ジェルや人工爪と自分の爪の間にすき間ができます。
そこに手洗いや入浴などの際に水がたまり、雑菌が
繁殖します。
久しぶりにネイルサロンに行き、人工爪を取って
はじめて変色に気づく人も多いです。

 

 

 

おしゃれを楽しむならまめなケアが肝心
初期段階のグリーンネイルなら、ジェルや
人工爪を取って抗生物質の塗り薬を使うと
改善しますが、爪が生えかわるまで変色が残る
こともあります。
カビの繁殖(爪カンジダ症や爪白癬)が重篤な
場合は、 半年くらい抗菌剤を内服することになり
ます。(レーザー治療もあります)
そして爪への感染は自覚症状がないので、放置する
と爪の深部や周囲に感染が広がります。
その分、治療にも時間がかかりますので
早めの受診が大切です。
グリーンネイルの予防には、ネイルの
まめなメンテナンスが重要。
スカルプチュアはつけっぱなしにせず、
2~3週間おきにサロンでケアをしてください。
専用のアルコールなどで、セルフ消毒をするのも有効です。

「Style 2008.5月号 院長取材記事より」

 

 

グリーンネイルの予防に キビキビ>>>
「グリーンネイルのレーザー治療」>>>

 

 カテゴリ:グリーンネイル