八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 
院長インスタ スタッフインスタ

カテゴリ:その他

 

お子さんにもUVケアを!18歳までの日焼けの量は将来の皮膚がんの発生率に影響します!

先週末は、都内で開催された
第34回日本美容皮膚科学会 総会へ出席いたしました。
Screenshot_2016-08-06-16-26-52

今回非常に盛り上がっていたのは
ニキビ治療に関係した講演と
8月7日日曜日の最終
シンポジウムでのとくに「子供の日焼け対策」に関するセッションでした。

「太陽紫外線による皮膚の老化と発がんの分子機構」 大阪医科大学 森脇 真一先生

「サンスクリーン剤の選び方・使い方」
東北大学病院 菊池 克子先生

「学校における啓発活動」
島田ひふ科 島田 辰彦先生

「光老化啓発プロジェクトについて」
川島 眞先生

 

私が子供のころは、友達同士で日焼けを競いあって
夏はみんな真っ黒でした。
世の中も日焼けしたセクシー美女で盛り上がっていた時代(笑)。

日本では、
大人の女性は美容のために日焼けをしないように
気を付けていますが、今でも子供は構わず日焼け。

「日焼けは健康的!」というイメージがまだまだ定着しています。

私たちよりも色の白い人種、日差しの強い国では、
皮膚がんの発生率が高いため、
今では子供たちもUVケアに気を配り、
なんと学校に日焼け止めがタンクで置かれていて
使用しているところまであるそうです。
意識が違いますね。

18歳までに浴びた紫外線量が、将来の皮膚がんの発生率に
影響するといわれています。

事実として、
オーストラリアで学童期の紫外線対策の教育プログラムを
充実させたところ、皮膚がんの発生が減少しているとのことです。

日本臨床皮膚科学会では、2011年から
「学校生活における紫外線対策に関する具体的指針」
発表し、普及に努めていますが、
学校側の理解はなかなか得られず
いまだに浸透していません。
校則で化粧品の持参が禁じられているため、
学校に日焼け止めをもちこめないであるとか、
日焼け止めは高価なので日常的な購入は難しい、
日焼け止めを塗るとプールの水が汚れるなどの理由があるようです。
(決してプールの水質の汚染にはならないというデーター
がでています!!)

では、子供たちにも日焼け止めのクリームを使用する場合
どのようなものを選んだらいいのか。
● SPF15以上、PA++以上で十分。
● 「ノンケミカル」のものを使用する
● 効果の持続がやや長い、プールの水を汚しにくい
ウォータープルーフのものを使用する

そしてSPFの強さよりも塗る量が大切!
これは大人も一緒です。
私もよく患者様に「バカ殿」くらい塗らないと
効果ないですよ。ってお話ししています
(最近、バカ殿って言っても通じなくなってきましたけどね・・・(*_*;)、
ダメよ~~ダメダメってのも衰退気味(笑)、
チクショー(笑)もっと通じない・・・)
とにかく真っ白になるくらい塗らないと効果ありません。
そのSPFの効果を出すための塗布量の
およそ半分しか私たちはぬれていないそうなので
2度塗りしましょう(^^)/

 

そして日焼けの予防は日焼け止めクリームをぬることだけではありません。
オーストラリアでは、紫外線暴露を予防するスローガンに
5つのSを掲げています。
lip  衣類で肌を守る
lop 日焼け止めを塗る
lap 帽子をかぶる
eek 日陰に入る
lide サングラスをかける

です。

日焼け止めを塗るだけでは全然UVカット効率が
悪いことについて以前にお話しいたしました。

「日焼け止め塗るだけでは全然だめ」>>>

帽子は7cmのつばがあると太陽光を6割カットできるそうです!
なら私の(#^.^#)
「日傘のいらないUVカットセレブ帽子」なら♡♡♡
.facebook_1457673914850
かなりカットできますね♪( *´艸`)>>>

そして
飲む日焼け止めもあります>>>
IMG_4440

 

そしてそしてもちろん皮膚がんだけではありません。
肌の老化の8割は紫外線による影響
すなわち「光老化」です!
だいぶこのことも浸透していると思っていたのですが
光老化の認知度はたった4.2%とのこと(*_*;
生涯にわたって健康的で美しい肌を守るには
紫外線対策が重要です。
よって
皮膚科関連学会が後援し
「光老化啓発プロジェクト」が立ち上がりました。>>>
スクリーンショット (18)

皆さまも
紫外線予防の大切さについて
ご家族で知識を高めてくださいね♡

 

投稿日:2016年8月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 小児皮膚科, その他

難治性の「酒さ」にメトロニダゾールゲル外用療法の有用性の報告が日本でもありました。当院では自費で処方いたしております。

おそらく皮膚科医が日常診療で治療に頭を抱える
難治性の皮膚疾患の一つが「酒さ」ではないかと思います。
ご提示できる臨床写真がありませんので
みなさまにはあまりなじみがなく、どんな皮膚疾患か
わかりにくいかもしれませんね。

「酒さ(しゅさ)」とは原因不明もしくは多彩な原因
によって生じ、慢性的に顏の赤みやニキビ様のぶつぶつを
伴うことの多い主に顏の皮膚疾患です。
原因がさまざまであるうえに、基礎疾患の有無の違い、
体質的な素因を伴う場合のある病気である
ことなどから、治療法が確定しておらず難治性です。
さらには諸外国では有用性が確立しているにもかかわらず
日本では使用できない薬が多く
今現在使用できるお薬の中で、
漢方薬なども併用しながら駆使して行い、治療に難渋して
いるが現状です。

ざ瘡治療に次いで、日本で治療の遅れている皮膚疾患の分野とも言えます。

今回日本でも報告のあったメトロニダゾール軟膏の
酒さへの有効性は、1983年にすでに海外では報告があり、
現在FDA(米国の厚労省にあたる機関)においては
酒さの治療薬の第一選択薬となっています。
今回日本において2015年5月11日に処方可能となった
0.75%メトロニダゾールゲル(ロゼックス®)は、
今現在は「がん性皮膚科医用部位の殺菌、臭気の軽減」
に対してのみ厚労省より製造販売の承認がおりています。
酒さに対してはまだ保険適用ではありません。

今回のような酒さへの有効性と安全性の報告が
積み重なり、早く酒さへの適応症が拡大されることを期待いたします。

当院では現在自費で0.75%メトロニダゾールゲルを
10g¥1,620で使用しております。

 

「酒さ35症例に対する1%メトロニダゾール外用の有効性
検討」
菅 裕司 ほか 札幌医科大学医学部皮膚科学教室からの報告です。
日皮会誌:125(3),419-426.2015

海外での1%メトロニダゾール軟膏の有効率は50~65%と
されています。

メトロニダゾールは嫌気性菌や原虫、ニキビダニを減らす効果があります。
酒さのすべてがニキビダニが原因ではありませんが、
抗菌作用以外にも、抗炎症作用、免疫抑制作用、活性酸素
減少作用など他の作用も重なって酒さに有効であるといわれています。

今回84名の酒さの症例に1%メトロニダゾール軟膏の効果をみています。
1%メトロニダゾール軟膏外用のみで治療した
「単独群」と
抗生物質(テトラサイクリン系)との併用にて治療した
「併用群」とで
治療効果を解析したところ、
1度では「単独群」の奏効率は83.3%(著効5、有効10、不変3、悪化例0)
「併用群」では85.7%(著効4、有効2、不変1、悪化例0)
2度では「単独群」の奏効率は50%(著効2、有効0、不変2、悪化例0)
「併用群」では83.3%(著効3、有効2、不変1、悪化例0)
という結果でした。


1度(紅斑性酒さ)顏の赤みと毛細血管の拡張
2度(酒嗄性ざ瘡)1度の症状の増強と、ざ瘡様の丘疹、
膿疱(膿をもった丘疹)がある場合
3度(鼻瘤)鼻が腫瘤状の盛り上がった状状態
4度(酒性角膜炎)目の症状を伴うもの

効果が表れるまでの期間は平均1.5か月
特に丘疹膿疱に対しても効果が良かったそうです。
逆に毛細血管拡張、乾燥症状には無効であったそうです。
副作用は乾燥症状や、刺激感が6例、発赤が4例あったようですが
いずれも軽く認容性は高いと判断されています。

抗生剤の併用の効果が良いですが、
メトロニダゾール軟膏を併用することで、
抗生剤の使用を減量できたり、
中止できる症例が41.2%もあります。
腸内細菌叢を悪くしないため、そして長期使用による
耐性菌を生じさせないためにも併用したいものですね。

当院では現在自費で10g¥1,500(税別)で使用しております。

ご使用になられたい方は、まずは診察にて
適応があるかを確認させていただいてから
処方いたします。

 

その他プラセンタ軟膏について>>>

 

 

投稿日:2015年10月19日  カテゴリー:酒さ, ★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

関東美容医師会にて♪

1年に数回、おもに関東地域での
トップクラスの美容外科・美容皮膚科の先生方の
集まりがあります。
最近は、関東のみならず全国から著名な先生が
いらっしゃるようになりましたので
「関東美容医師会」から「日本美容医師会」に会の名称が
変わりました。
銀座でご開業されている池田クリニックの池田欣生先生が
主催してくださっています。

今回は銀座のBVLGARI の秘密のお部屋?( *´艸`)で
開催されました。
14433422979294

女性は華やかにドレスアップしていくことが
ドレスコードであるため、どの先生もゴージャス♪

ずら~~っとこんな感じです★
大勢いらっしゃいますのでご紹介は省略しますが、錚々たるメンバーです。
14433421822843

そして毎回
ベストドレッサー賞として女性の医師が一人選ばれるのですが

なんと
今年は私でした~~( *´艸`)
私なんぞでどうもすみません・・・。
14433420205021

 

14433419408640

このドレスは、先日行きましたシンガーポールで買ったものです。
ワンピースになっておりまして、上が明るいグリーンのレース、スカートは淡いグリーンで
植物が描かれています♪
全体的にグリーンでまとめてみました( *´艸`)

14433431128675

ありがとうございます♡
14433420734202

そして、会のはじめには
ちゃんとお勉強。
毎回著名な先生方が講演してくださいます。

ベストドレッサー賞をいただきましたとともに、
次回のその講演は私がスピーカーをという
ご指名も受けてしまいました(*_*;

ホルモン補充療法について話してほしいという
リクエストがありました。
表面のみの美容治療だけでは、本来の若々しさは表せません。
体の中から健康で美しくあるためのアンチエイジング治療
の一つとして、ホルモン補充療法は重要です。
外科の先生が多いので、クリニックでホルモン補充療法を
されている先生はあまりいらっしゃらないようです。
では、次回のこの会で、リクエストに応じまして
その話をさせていただきましょう♪

投稿日:2015年9月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

皮膚科の病名は、変えた方がいい病名がたくさん・・・(゜-゜)

WHO(世界保健機関)は2015年5月8日、
新たなヒトにおける感染症の名称を定める上での指針を公表しました。
そこでは、国名、人名、動物名などは含むべきではないとされています。
たとえば「鳥インフルエンザ」や「日本脳炎」、
人名の入った「クロイッツフェルト・ヤコブ病」
職業などの入ったレジオネラ症(在郷軍人病)などです。

皮膚科においては感染症に限らず、
変えた方がいい既存の病名がたくさんあります( ゚Д゚)
皮膚科医もうすうすみなそう思って別のいい方を
したりしますが、統一されていません。

今時そんなのわかりにくい・・とか
どうしても発見した人の名前がつく・・・
まだ原因がわからなかったころの症状名が病名もまま・・・

でも、どのタイミングで新しいわかりやすい病名に
変えていただけるのでしょうね。

お偉い方がびしっと!
お願いいたしますm(__)m

でも皮膚科の偉い先生方は、
難しい漢字が好き♡(゜-゜)
そして病気を発見された先生は自分の名前残したいかもしれない・・・
病名のついた由来のうんちくを語るのが好き♡
などなど
病名を変えるには難しい?問題があります・・・(-.-)

医療の世界は、民間企業では考えられないほど
非常に保守的です・・・。
慎重を装い、変えることを嫌います・・・。

「change!change!」ってあのお方も
ゆ~とりましたよね( `ー´)ノ

 

私が変えた方がいいんじゃない?と思う
皮膚科の病名(〃艸〃)挙げてみます。
(偉い先生に怒られそう・・・)

* アトピー性皮膚炎 これはもういいか・・・
「場所が不特定」、「topic:正常な位置」の否定形
という意味のギリシャ語から由来し、
先天的に過敏症である点、通常のものではないという
意味からきているようです。

* クインケ浮腫
ドイツのお医者さんの名前です。
「血管神経性浮腫」とか「急性限局性皮膚浮腫」と
いわれつつあります♡
まさに急に唇やまぶたが腫れます。
そのいい方のほうがわかりやすい(*´з`)

* ジベルばら(薔薇)色粃糠疹
なんとも色っぽい名前♡
色の白い欧米の方では薔薇色の発疹だそうだけど
バラ色には見えなかったなぁ・・・
日本でも季節の変わり目に多い疾患なので、
たびたび患者様に説明する機会がありますが、
この病名をいうと、みなさん何だか(*_*)・・・
これ本当のことですが
「性病ですか?!」って言われたことも
あります(笑)

* カポジー水痘様発疹症
これは最も勘違いされるのは他科のDrからです(笑)
エイズでみられる「カポジー肉腫」と紛らわしく、
「この方エイズですか?」とよく聞かれます・・・。
オーストリアのカポジ先生の名前のついた病気の一つです(*_*)
口唇ヘルペスで知られている単純ヘルペスウイルス(HSV-1)が
広範囲に広がったものです。
エイズとは関係ありません。
そして水痘(水ぼうそう)とも全く似ていません・・・。
エイズにおいて、健康なヒトでは症状のでない
ヒトヘルペスウイルス8が血管に感染することで
癌化したカポジ肉腫との関連を想像させてしまい
とても紛らわしいです。
「疱疹性湿疹」に統一してほしいです。

* 手足口病
今年も流行ました。
「手足口病です」とおかあさまに説明しても、
「うちの子は手にないから手足口病ではないのでは?」とか
「手足口以外にも発疹がたくさんあるから違うでしょ?」とか
いわれてしまいました・・・。
ウイルスは変異するので症状は日々変わります。
なんか・・・病名変えますか?(゜-゜)

* 尋常性疣贅、青年性扁平疣贅、老人性疣贅・・・
尋常性疣贅:「ふつうのイボ」っていう意味です。
ふつうって?( *´艸`)
青年性扁平疣贅 思春期の男女とは全く限らないし・・・
最近は青年性っていうのは略してますね。
ともにヒトパピロマウイルス(HPV)の感染症です。
老人性疣贅は老人でなくてもできます(*_*;
患者様には「イボです」っていいます♡
「老人性イボです」って言った日には…叱られます<(_ _)>
気を使って「脂漏性角化症」という場合が増えました。

* 猫ひっかき病
猫にひっかかれることで患部のみならず、全身にも
症状がでます。
Bartonella henselaeによる感染で、猫だけではく犬でもなりえます。

ちなみに動物の名前を付けないようにっていっても
ムカデ咬症、ヒル咬症、ウニ棘刺症、蜂刺症・・・
これはしょうがないですね~

他にもベーチェット病(トルコのお医者さんの名前)、
スイート病(Sweet先生)、
女子下腿うっ血性紅斑(女子♡)・・・
キリがありません(*_*)

要するには、古いわかりにくい、紛らわし病名は
さっさと直しましょってことを言いたいのです・・・。

お偉い先生方
そこのとこよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

投稿日:2015年9月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

シルバーウィーク目前!海外旅行先でのデング熱感染に注意!

昨年の夏、代々木公園でのデング熱の感染が
話題になりました。

日本では越冬できないので、冬にはいなくなると
考えられますが、海外旅行の多いこの時期、
海外で感染して来るケースがあります。

もともと代々木公園の場合も、海外でデングウイルスに
感染した人が日本で発症し、その人が代々木公園で蚊に
さされたことによって、
公園の蚊がデングウイルスを持つようになり、
この公園で蚊にさされた他の人も、流行地域への渡航歴が
ないのにもかかわらず、デング熱を発症したと考えられています。

シルバーウィークにデング熱の流行地域に行かれる方は
注意しましょう。
媒介する蚊の存在する熱帯・亜熱帯地域、
特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸国
ですが、アフリカ、オーストラリア、中国、台湾において
も発生しています。
また蚊に刺されることで感染する病気は他にもあります
ので、基本的に蚊に刺されないように対策をすることが重要です。

デング熱は、蚊に刺された3~7日後に発熱、頭痛、関節痛
などで発症します。
このような症状はデング熱に限らず、他の感染症でも
みられますのでこれだけではデング熱とはわかりません。
そして解熱するころに発疹が全身にでます。
風疹や麻疹(はしか)とも間違えられやすく、
実際に当院へ受診されたデング熱であった患者さんも、
前医の内科では風疹と診断されていました。
渡航歴を伝えませんと疑われにくいと思います。

みなさんも、海外旅行から帰国後しばらくしてからの
このような症状は、デング熱をはじめとした輸入感染症
である可能性を考えて、医療機関を受診するようにしましょう。

投稿日:2015年9月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

おかげさまで当院は開業10年。長い間ご利用いただいている方に感謝いたしまして「SSCプレミアム倶楽部」を設立します♪

当院は開院からおかげさまで
10年を迎えました ♪

八丁堀、新富町で、相変わらず目立たないように
ひっそりと診療しております(笑)
私のクリニックは、口コミも含め、ご紹介の患者さまを
優先的に診察しており、宣伝広告は必要最低限しか出しておりません。
最近は、インターネットの情報でいらっしゃる方も
増えましたが、それでもまだ大半はご紹介の方です。
あまりに宣伝をしていないので
「こんなところに皮膚科があったなんて知らなかった~」
とよく言われてしまいます( *´艸`)

 

予約制にしています。
1日100名は診察をしないと経営的に成り立たないと
いわれる保険診療ですが、質が高く充実した医療を提供
するために、診察できる患者数は減ってしまいますが、
保険診療においても予約制とし、時間におわれた粗雑な
診療にならないように努めてまいりました。

 

私はメディアへの露出、雑誌への露出は控えております<(_ _)>
皮膚科の保険診療だけでなく、
当院は美容医療も行っております。
最近はテレビなどでも華やかにご活躍の美容医療の女医
さんをよく見かけるようになり
患者様から
「どうして美容雑誌などに出ないのですか?」とか
「どうして先生はテレビに出ないのですか?」
とたびたび聞かれることがありますが
主に健康な方の治療をされる美容医療専門の先生方とは
異なり、私はお辛い病気の方を診ることがメインの皮膚科
医ですので、病でお悩みの患者様が不愉快な思いを
しませんように質実剛健なクリニックの雰囲気を心がけております。
そのような理由から、
医療からかけ離れた内容の雑誌やテレビなど
メディアでの露出はしないようすべてお断りをしております。


増え続ける患者様をどのようにして、

質を落とすことなく診させていただくか・・・
宣伝もしない、メディアもでない(*_*;
現在の集客方法の常識からは、かけ離れておりますが、
それでも今では、おかげさまで大変多くの方に長く通院していただいております。
こんな私の頑固なやり方でも、非常に患者さまの数が
多くなり、皆様のご希望の時に予約が取れない
ということで日々お叱りいただいています<(_ _)>
大変ご迷惑をおかけいたしております。
当院の開業10年目の今の課題はそこです。
従いまして、会員制としてこれ以上患者様の数を増やさ
ないようにしようかとも考えましたが、
当院は保険診療も行っており、急性の疾患の方は優先して
診る必要があります。
よってそれも難しく、今後も非常に混みあうことが予想されます・・・。
おそらく予約がとりづらくなる一方です・・・。


そこで( *´艸`)!

私に長くついてきてくださっている患者様には、
何か特別扱いをしたい・・・
(予約が取れないことの解決にはなりませんが・・・)
このたび「SSCプレミアム倶楽部」を設立しました!
その会員様には会員様限定のキャンペーン内容や割引き、
特別なイベント開催
そして診察料の再診料2,160円や施術初回カウンセリング
料3,240円をサービスさせていただくことにいたしました!
会費はもちろんございません。
現在のところ、当院でこれまでに美容皮膚科に通われて
いる方は2万人近くいらっしゃいますが、
その中でも年間100万円以上の施術費用や化粧品に
お支払いいただいている方、5年以上定期通院されている
方が1000名ほどいらっしゃいます。
そのような方々を対象に基準に該当するご常連様には
「SSCプレミアム倶楽部会員」になっていただき、
より上質な特別なサービスをさせていただきます ♡
該当される方にはご来院の際にご説明させていただきます。
どうぞこれからも末永く、スキンソリューション
クリニックをよろしくお願い申し上げます。

 

投稿日:2015年9月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

トコジラミ(南京虫)に注意!

シルバーウィーク。
海外へ旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。
注意すべきはトコジラミ

米国でここ数年トコジラミの発生が増加しているそうです。
先日は英国から帰国された患者様が、
向こうではやっていたとおっしゃっていました。

シラミといってもカメムシの仲間だそうです。
海外のホテル等に泊まって刺されたり、
荷物等に付いて虫を家に持ち帰ってしまったり、
また外国の方が泊まった宿で、日本国内でも刺されたり
することがあるそうです( ゚Д゚)

ベッドのまわり3フィート(約91.5cm)以内にいる傾向があり、
普段は暗いところにいて、夜寝静まると
ヒトの血を吸いに行動します。
旅行先では,ベッドの角などを確認して、リンゴの種ほどの
虫を注意してみましょう。

トコジラミ(南京虫)画像はこちらを(゚д゚lll)>>>

トコジラミの詳しいサイト>>>

皮膚に虫さされの赤いぶつぶつが多数でます。
刺されてすぐには赤くならないことがあり
半日から数日後に発疹になる場合もあるようです。
ダニに刺された場合と区別がむずかしいです。
旅行した後のこのような症状は、トコジラミを疑いますね。
発疹とかゆみは皮膚科お薬で治りますが、虫の駆除が必要ですね。
ところが駆除が大変難しいようで、
最近では殺虫剤に効果のいない強靭なトコジラミも
出ているようです。
発見したら専門業者にお願いする方がよろしいですね。

 

投稿日:2015年9月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

クライオエレクトロポレーション混みあいまして申し訳ございません!

ヒアルロン酸やビタミンc、成長因子など
美肌有効成分を痛みなく、ダウンタイムなく浸透
させるクライオエレクトロポレーション

e004

クライオエレクトロポレーションについて>>>

導入直後から非常に混みあっており、
1日中施術のご予約が続いております。
今は1台しか機械がないため、きちきちの予約状況です(*_*)
ご都合で10分以上、ご来院が遅れてしまわれますと、
それ以降の患者様がすべて時間がずれていってしまい
多くの方にご迷惑をおかけしてしまうことになります
電車のトラブル、もろもろご事情はおありかとは
思いますが、10分以上遅れてしまわれた場合には
その日の施術はお断りさせていただくことと
いたしました。

今後はもう1台追加導入を検討しております。

ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2015年9月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他

引き続きプロペシア®もご用意しております

男性の脱毛症の治療薬の
フィナステリドは、日本で治療開始になってから
10年がたち、先発品のプロペシア®の特許がきれまして、
ジェネリックが登場いたしました。
ジェネリックは主成分が同じでありますが、
若干製造工程や原材料が異なる場合がありますので、
薬によっては効果や副作用の異なる場合もあります。
私はジェネリック医薬品を好みませんが
今回はファイザー製薬さんが製造されているということで
当院でもジェネリックのフェナステリドも
取り扱いを開始いたしました。
今のところ効果や副作用に差はでておりません。

当院はプロペシアの処方数は
全国での上位3%以内に入る男性型脱毛治療患者さんの
多いクリニックです。
副作用の多いミノキシジルの服用は一切行わず、
大変良好な結果をだしております。
プロペシアの処方開始した10年前から
ずっとご通院いただいている方も非常に多いです。
「これまで特に副作用がなく、良い効果が得られている
ので少々値段が高くてもジェネリックに変更したくはない」
という方もいらっしゃいますので、
引き続きプロペシアも取り扱っております。
ご希望の方は私かクリニックスタッフまで
お伝えください。

投稿日:2015年9月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング, その他

テストステロン補充による赤血球数の増加は心配ありません

加齢によって、さまざまなホルモンが減少します。
それによる不調は女性の更年期症状として代表されます
が、最近は男性の更年期症状LOH症候群についても
周知されるようになりました。
女性においてはホルモン補充療法が一般的になりました
が、男性においてはまだまだ治療の認知度は低く、
うつ状態と診断されていたり、
年のせいだからしょうがないと
受け止めている方も多いのが現状です。
ホルモンの低下により、男女ともにさまざまな機能が
低下します。そのことが病気の原因となっていることは
もはや常識となっていますが、
病気にならない限り、健康保険では面倒見てもらえません
ので、日本においては、まだまだこの治療が広く浸透
されるのは先のこととなりそうです。

天然型ホルモン補充療法について>>>

さて、精神面の改善、やる気を取り戻す、記憶力の回復、
男性機能の維持、メタボリック症候群の予防として
補充を開始されることが多いです。
男性では主にテストステロンというホルモンの低下が
このような症状に影響しています。
したがって補充の中心はテストステロンになります。
このテストステロンは40歳代で大幅に減少します
女性においてのテストステロンの補充は
微量なため、あまり見られませんが、
男性でのテストステロンの補充療法においては、
赤血球数が増加します
これはほぼみなさんに見られることです。

テストステロンはもともと、赤血球を増加させて、
効率よく酸素運搬がなされるような働きをもっており、
男性の方が女性よりも赤血球数が多いのが一般的です。

テストステロンが造血幹細胞を刺激するためや
鉄吸収抑制作用のあるヘプシジンを抑制する作用があり、
赤血球細胞内への鉄移行の増加と関連しているといわれています。

したがいまして、テストステロン開始から
多少の赤血球数の増加は、生理的な反応でありまったく心配ありません。
病的な影響のある増加でないことは、定期検査でも確認
しておりますのでご安心ください。

また先日Drニールにもコンサルトしましたところ、
いわゆる病気の多血症とは異なり、
軽度の赤血球の増加は生理的な範囲内での
正常な反応であり、まったく問題がない。
過去40年においても、多血症でみられるような
血栓症や不整脈などとのリスクは決してない。
と申しておりました。
従いまして、健康診断にて、軽度の赤血球の上昇を
指摘されましても、心配はございません。

ただし注射によるテストステロン投与は別です。
注意を要しますが、
当院で使用している経皮クリームにおいては
心配ありません。

 

以上、患者様からのお問い合わせがございましたので、
ホルモン療法をされている方にお知らせいたしました ♪

 

 

 

投稿日:2015年8月28日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, その他