八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

肥満を有するメタボリックシンドロームの方は腸内細菌サプリメントが症状改善に有用ですよ☺

数兆個の細菌から成る腸内細菌は、代謝や免疫防御、
脳の機能にいたるまで、多岐にわたり影響することが示唆されています。
この腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)は、インスリン抵抗性や体重増加を発生する原因である炎症性因子に影響を与える可能性があり、肥満や自己免疫疾患、うつ病などのリスクとの関連性について最近では広く周知されるようになりました。

よって当院では、アトピー性皮膚炎や乾癬、慢性じんましん、花粉症等の患者様に対して、腸内細菌叢の改善のための食事指導、サプリメント療法を10年以上前より試みております。

今回ご紹介する報告ではAkkermansia muciniphiaという腸内細菌サプリメントがメタボリックシンドロームの症状の改善に役立つというものです。

*Clara Depommier et al.Supplementation with Akkermansia muciniphia in overweight and obese human  volunteers:a proof-of-concept exploratory study.Nature medicine,1096-1103.doi:10.1038/s41591-019-0495-2

以前より肥満者や2型糖尿病の人の腸内には、Akkermansia muciniphia(アッカーマンシア・ムシニフィラ)少ないことが知られています。
過去にルーヴェン・カトリック大学の研究により、この生菌を与えられたマウスでは、高脂肪食を摂取しても体重増加が抑えられることが発見されています。
今回の研究では、過体重または肥満で、インスリン抵抗性のある32人を対象に、12人には低温殺菌処理したAkkermansia muciniphiaを投与し、9人には生菌のサプリメントを投与、11人にはプラセボについて3ヵ月効果を検証しています。

その結果、低温殺菌処理したAkkermansia muciniphiaを
投与した群では、プラセボ群に対して体重が平均2.27kg減少し、
インスリン感受性は30%向上し、総コレステロール値は9%減少したことが明らかとなっています。

このAkkermansia muciniphia以外にもメタボの改善にエビデンスのある菌があります。

【メタボリック・フォーミュラ】は、エビデンスに基づき、厳選された7種類のプロバイオティクスを1カプセルあたり250億個以上含有し、糖代謝を促進し、健康的な体重管理が期待されています。

 

主要成分(1カプセルあたり):
プロバイオティクス・ブレンド(250億個)
Lactobacillus acidophils, Lactobacillus plantarum,Lactobacillus rhamnosus,
ifidobacterium lactis, Lactobacillus, gasseri, Bifidobacterium breve,
Bifidobacterium longum

 

¥7,020税込み

当院で販売しておりますので
ご希望のある方はお尋ねください♡

 

投稿日:2019年8月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

MWデュアルリフトして2日目です☺

施術後の軽度の腫れもおちついて
さらにスッキリしました。
スタッフに今朝「院長やせました??」と( *´艸`)

右頬のへこみがややありますが
これは2週間後くらいにはなじむのでそのままにします♪

投稿日:2019年8月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

さすがに自分でできないのでMWデュアルリフトしてもらいました☺

当院の美容外科担当 村川先生が院長をしている
大阪の81クリニックを訪問。
私はここの顧問をしております。>>>

新しい治療の打ち合わせなどなどし、
MWデュアルリフトをしてもらいました。

このたび「MWデユアルリフト」は商標登録いたしました★

MWデュアルリフトは数種類の糸を組み合わせて使用しますが、
進化し続けているMWデュアルリフトは
さまざまな素材の糸を試作中です。
今回もnew糸でお試し。

左が治療前
右がMWデュアルリフト後。
顔が小っちゃくなりました💛
たるむとアゴにもたるみがきて
顔が長くなってたんだな、、、と実感。顔が短くなりました。


右のみ挿入したところ

なんと劇的変化過ぎて
SNSでの私の顔が認識できなくなりました(笑)

FaceIDを超える変化(笑)

やっぱり「小顔」が一番若返ると思います☺

今日遭遇した女医ちゃんに
「会うたびに小顔になってます!!」
「私もやってください!!」
っていわれ、受けに来るそうです( *´艸`)💛

料金
フェイスラインと頬リフト(片側5本) ¥250,000
フェイスラインのみ (片側3本)          ¥200,000

MWデュアルリフトプレミアム¥300,000

別途診察料等が必要です。(税別)

モニターサービスもございます。

詳しくはこちらを>>>

 

現在MWデュアルリフトをお受けいただける施設

東京
当院 スキンソリューションクリニック
銀座みゆき通り美容外科 銀座院>>>
光伸メディカルクリニック(新宿)>>>

大阪
81(エーティーワン)クリニック>>>
銀座みゆき通り美容外科 大阪梅田院>>>

山陰
林原医院(鳥取県米子)>>>

 

料金は現在MWデュアルリフトを行っているどの施設でも同じですが、
モニターサービスの有無など、
多少異なる場合もございます。
料金の詳細につきましては、受診されるクリニックに直接お問い合わせください。

*麻酔を使用しながら行いますのでお痛みは軽度です。
*カニューレという先のとがっていない管で糸を挿入しますので内出血は稀です   が生じることもあります。
*術後の腫れることは少ないですが、多少腫れるケースもございます。
*顔から糸を挿入しませんので、顔に傷跡が残りません。
*2週間でなじみますが、多少のバランスを整えますので2週間後に必ずご来院いた  だいています。
*溶ける糸を使用しますので、効果は永久的ではありませんが、
数年の効果と考えています。

他でスレッドリフトを受けて
効果を実感できなかった方。
数か月ですぐに効果が感じられなくなってしまったという方。
痛みや腫れが強かったという方。
MWデュアルリフトをお試しになってみてください♡
多くの方々にその違いに感動していただいております。

 

 

投稿日:2019年8月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

医師・医療関係者むけのイベント「自費研フェス」で講演いたしました

本日の午前中はお休みさせていただき、
医師、看護師等医療関係者を対象としたメディカルイベント
「自費研フェス」で講演をしてまいりました。

さまざまな分野で著明な先生方の講演がたくさんで、最新のおもに美容医療、予防医療について勉強できるイベントです。
今年はホリエモンさんもいらっしゃるみたいですね。

私は滋賀の麗ビューティー皮フ科クリニックの居原田 麗 先生と同じセッションで講演をしました。

「今注目の満足度の高い最先端治療」というセッションで
麗先生は「ピコシュア」
私は脂肪融解レーザー「スカルプシュア」について講演しました。

講演前にお友達の麗先生と自撮り(笑)(緊張とか(*’▽’)ないのか私たち・・・多分ないです(笑))

来年は時間をとってスタッフと見にきたいと思います☺

投稿日:2019年8月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

難治性のウイルス性のイボ(尋常性疣贅)。液体窒素で治らないときには「ブレオマイシン注射」や「レーザー治療」をお試しください。

数年間 液体窒素の治療を受けていらっしゃいましたが
改善しないとのことで当院を受診されました。

治療前
前医での液体窒素の治療の影響で黒いかさぶたになっています。

ブレオマイシン注射とYAGレーザー治療後

料金(税別)
保険適用外のため
診察料も自費となります。
初診料¥3,000
再診料¥2,000
指の場合 神経ブロック麻酔代¥5,000

ブレオマイシン注射 1回 ¥15,000
YAGレーザー 1発 ¥1,000

ともに治療後は数日から1週間痛みがあります。
ともに内出血が生じます。
状態により治療回数が異なります。
再発することもあります。
レーザー治療の場合は傷跡が残る場合があります。
どちらの治療で行うかにつきましては、診察にて判断させていただきます。

 

投稿日:2019年8月8日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

「夏の紫外線対策はスキンケアのみでなく、内側からも☺」

正しい食生活と、
不足している必要栄養を補充し、筋肉、骨、皮膚、神経・・・
全身を整えて
健康維持や病気を予防する

オーソモレキュラー療法の医師向けの記事です。>>>
専門用語で難しいのですが
「夏の紫外線対策」について書きました。>>>

肌の老化には、加齢による自然な老化である経年性の老化と、
主に紫外線による光老化があります。
紫外線は1年を通じて降り注いでいますが、夏がピーク。
紫外線を浴びますと活性酸素が生じ、それによる酸化ストレスによりさまざまな生体反応が起こることで光老化をきたします。
サンスクリーン剤の使用で、紫外線の吸収を予防することが最も重要ですが、
それでも浴びてしまった紫外線の影響を残さない対策をしたいものですね。

紫外線が肌に当たった後の肌への影響を最小限に抑えるためには、
スキンケアのみならず体の中から整えることも重要です。
すなわち美しく健康的な肌を保つには、健康的な食生活そして
それだけでは補いきれない必要栄養素を補充することが役立ちます。
それがオーソモレキュラー的光老化予防対策です。

紫外線を浴びるとミトコンドリアが損傷し、お肌の老化につながります。
糖質を制限すると増加する「ケトン体」
肌細胞のミトコンドリアを活性化、保護してダメージに強い肌になります。
そして紫外線を浴びて生じる活性酸素は、
ビタミンc、アスタキサンチン、レスベラトロール、水素等の抗酸化サプリメントの摂取で守りましょう。

さらにダメージを受けたコラーゲンを新しく再生させなければ、
痛んだコラーゲンが蓄積し、肌のハリや弾力が低下します。
コラーゲンを作るための材料として必要なビタミンCそしてタンパク質をたっぷり摂ることも大切です。
またコラーゲンの摂取も皮膚のコラーゲンを増加させる信号を送ってくれますよ。
最近ではプラセンタエキスのコラーゲン増生作用、そしてコラーゲンそのものの摂取もコラーゲン増生刺激を与えたり、血行改善効果等により肌の弾力が増し、シワの改善や保湿作用が高まると言われています。

これらの栄養素をたくさん摂って、紫外線の影響が、
シミやシワ、たるみとして残らないように、体の中からも整えましょう☺

ちなみにこれらのサプリメントは、私はすべて摂取しています💛

 

投稿日:2019年8月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

昨日は午後からお休みをいただきまして、MWデュアルリフトのセミナー&納涼会をいたしました

お顔のたるみを改善させるMWデュアルリフト。
このたびアゴの下のたるみのMWデュアルリフトを銀座みゆき通り美容外科の銀座院、大阪院の先生方にテクニックシェアいたしました。

「おーーーーー」
と、その仕上がりの良さに先生方から声がもれましたよ💛

このモニター様のお写真をおかりできる予定ですので
後日紹介いたします。

そしてこの後、浴衣に着替えて

銀座みゆき通り美容外科の方々と、青山セレスクリニック、船橋中央クリニックの皆様と合同で、屋形船で納涼花火大会を行いました。

我々スキンソリューションのスタッフみんなも浴衣に着替えて合流💛
みんなほんとよく似合っています💛💛💛

私はかなりぶりっ子な浴衣と帯🎀🎀

手前の少し個性的な方々は、今回ショーをしていただきました
ニューハーフちゃん方です☺
美意識がとても高くて(笑)勉強になります。

そして、実は今回、、、
スキンソリューションが幹事でして、、、💦
宴会芸をやらなくてはならず、、、( ゚Д゚)

おかまショーの後、
私と、銀座みゆき通り美容外科の先生と
踊ったのです(笑)(笑)
TWICEの「What is Love?」
私、50年近く生きてきて( ;∀;)余興、、初めてです💦

これが最初で最後です(笑)(笑)(笑)

動画は(笑)面白すぎでアップできませんので、
ご覧になられたい方はクリニックにいらしたときにお声かけてください(笑)

私たちのお見苦しい仮装の映像ではなく(笑)
屋形船からみた美しい江東区花火大会の映像をお届けいたします★

投稿日:2019年8月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

聖路加病院定期meetingへ

聖路加病院と医療提携をしている近隣の皮膚科の先生方と
定期的にミーティングを行っております。
先週も診療を早く切り上げさせていただき、参加させていただきました。

毎回ご高名な先生をお招きしてご講演いただくとともに、
また聖路加病院へ紹介した患者様の経過の報告をしていただいております。

今回は皮膚潰瘍や血管の疾患で数々の功績を挙げられている
墨東病院の皮膚科部長 沢田泰之先に「下腿(すね)潰瘍の診断と治療」についてお話いただきました。

すねの潰瘍には、さまざまな原因があります。
循環障害、血管炎、膠原病、癌などなど
とくに骨盤内の体内の癌が血管を圧迫することで循環障害が生じ、
血管の怒張や皮膚のダメージが生じることがあり
見逃されやすい点について強調されていました。
血管に関しての検査機器の充実した墨東病院と提携して
下腿潰瘍の原因の追究、治療に努めたいと思います。

ミーティング後の懇親会にて。

向かって右が沢田先生
左は私の恩師である新井春江枝先生。
膠原病の分野で著明な先生です。
いつも私のことを「娘みたいなもののです」と紹介してくださいます💛

投稿日:2019年7月30日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

東大監修の脂肪幹細胞培養液の美容医療への応用の実際について東京大学で講演をしてまいりました

昨日は東大で講演をしてまいりました。
東大病院の研究棟が新しくなったそうで、
現在お引越し中。

旧研究棟
そうそう、ツタがはってるこのイメージ
(実は研究室の部屋の中まで、天井からツタが・・・(笑))


新しくなった研究棟

 

まずはじめに東大の研究院の先生からは、最新の再生医療についての情報と、今回東大が監修している脂肪幹細胞培養液の効果と安全性について説明がありました。

次にこの脂肪幹細胞培養液(GFS)を製造販売する会社より、製造方法、安全性についてさらに詳細な説明がありました。
再生医療に使用される幹細胞を培養する際に使用した培養液には、サイトカイン、成長因子などさまざまな細胞を活性化させる因子が分泌されます。
これらの成分は皮膚の修復・再生、コラーゲン生成の促進、メラニン生成の抑制、育毛効果等があるため、美容治療に使用しています。
その製造方法により、含有成分の種類や量が異なってきますが、
私たちが今回使用しているこの培養液GFSには、他の既存の脂肪幹細胞培養液に比べて非常に多くの「エクソソーム」を含有しています。
「エクソソーム」はさまざまな医療分野で今注目の成分です。
細胞間の情報伝達に大きくかかわっているといわれており、皮膚に浸透させたい成分を効率よく、また皮膚表面から離れた細胞まで情報を届ける役割が注目されています。

私からはこのGFSを実際にどのように美容皮膚や発毛に応用するのか、またその実際の効果について報告いたしました。

 

講演後にはお花をいただきました💛

 

私の講演の後は、この脂肪幹細胞培養液を点滴で体内に投与し、アンチエイジング治療を行っているJTKクリニックの方より症例報告をしていただきました。
全身の活力の向上や睡眠の改善、そして共通して肌質の改善効果を実感される方が多かったです。また糖尿病による神経症状や皮膚病変の改善も興味深いです。私も今度体験してみようと思います。

当院ではこの東大監修の脂肪幹細胞培養液(GFS)とPRP>>>をダーマペンを使用して行う「PRP艶肌セラピー」を一番お勧めしていますがその他、GFS単独で行うもの、
新たにヒアルロン酸入りのGFS(GFSH)を直接注入するメソセラピーも開始しています。

今、一押しのこのPRPとGFSの治療💛
費用がお高めなので、、、まだまだ中国の富裕層の方への治療が圧倒的に多い現状ですが、
日本の皆様にもご体験いただきたいです☺

 

投稿日:2019年7月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

明日は東京大学で講演をしてまいります。 ~注目の「エクソソーム」が従来の脂肪幹細胞培養液より莫大に豊富な「GFS」~

当院で以前から使用していた脂肪幹細胞培養液AAPEにかわり
新たに使用を開始している東大監修の脂肪幹細胞培養液GFS
当院での皮膚での臨床応用について講演をしてまいります。
そして静脈投与における効果についてもディスカッションされる予定です。

私が注目しているこの新しい脂肪幹細胞培養液は、
従来のものと内容成分を東大で分析比較していただいたところ、
近年注目されている「エクソソーム」の含有量が莫大に多く、
特に優れたアンチエイジング特性をもち、美肌や発毛に期待ができる成分結果が出ています。
このエクソソームが未検出の脂肪幹細胞培養液製品も多いなかで、特殊製法によりこのような違いを得ることができています。

エクソソームの重要な機能は細胞間の情報伝達に大きくかかわっているところです。drug delivery systemの運搬体として期待できるため、
皮膚に浸透させたい有効成分をこれまで以上に肌に効率よく、そして肌の奥の皮膚表面から離れた細胞へまで送り届けてくれることが期待できます。

 

当院ではこの脂肪幹細胞培養液(GFS、GFSH)を
直接皮膚に注入する方法、マイクロニードリング(ダーマペン)、
プラズマNEO GEN evoで導入する方法を行っております。

来週は中国から有名男優さんが当院へこの治療を受けにいらっしゃいます💛

そして
当院ではPRPとの併用でさらに良い結果を出しております。
一度ご体験くださいませ☺

 

 

投稿日:2019年7月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング