八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

皮膚の老化に対抗するためのサプリメント! のまとめ ~本日の講演内容から~

お肌にいいサプリメント。

なんとなーーくで選んでいないでしょうか。

本日薬剤師さん受けに講演をしてまいりますが
そのうちの一部を紹介します。

皮膚の老化に対抗するために
摂っておくとよいサプリメント。

皮膚の老化は外側からと体の中からと
襲われます💦

この内的要因にいかに対抗するかなのです。

この4つです。

まずは
老化の原因活性酸素を抑えるためのさび止め「抗酸化サプリメント」

この中でお断トツとった方がよいおすすめは
「ビタミンC」です。
1日2000mg-3000mgはとりたいですね。

でも消化の影響を受けやすいため、
「ビタミンC1000㎎配合」と書いてあっても、実際に吸収されるのはおよそ半量。

当院の「リポカプセルC」は1袋で1000mgがほぼ全量に近く吸収されます。(シナール27個分)
30包¥7,200
詳しくはこちら>>>

そして「レスベラトロール」
市販のものもありますが、私が調べた中では一番高濃度でお安いです。
60粒¥11,498
詳しくはこちら>>>

 

そして「水素」です。

水素は次の抗糖化作用もあります。

「抗糖化サプリメント」

「糖化」はさまざまな病気の原因や肌のハリの低下、シワやたるみの原因になることについてお話しました>>>

先ほどの抗酸化サプリメントも抗糖化に役立ちます。
そして「水素」です。
抗酸化作用と抗糖化作用の療法があります。>>>

 

そして「ビタミン、ミネラルの栄養素の補給」

例えば皮膚のコラーゲンは、壊して、作ってを繰り返していますが、その材料となるタンパク、鉄、ビタミンcが不足しているとコラーゲン産生が悪くなり、肌のハリの低下、しわ、たるみの原因となります。
その人によって欠乏しているビタミンやミネラルが異なりますので
それを血液検査から解析して
足らないものを補充します。

 

そして「ホルモン補充」

 

そして人間の体はおおよそ寿命を50歳として設計されていますので、
それ以降は急激にホルモンが低下し、さまざまなホルモンの低下による症状が出てきます。
女性が減るのは女性ホルモンだけではなく、
閉経頃には男性ホルモンのテストステロンも0に近くなります。
女性ホルモンのエストロゲンとともに
それらの減少は急激なシワ、たるみの原因となります。
更年期の不調の時期の5年程度のみ補充する
保険診療で行うホルモン補充療法は、合成ホルモン(薬)
のためその代謝産物に発がん性があり、長期投与はしないほうがよいと
されていますので、治療できるのは5年間までが目安です。
それに対してナチュラルホルモンは私たちの分泌している
ホルモンそのものと全く同じなため、有害な代謝産物はなく
発がん性はありません。
当院でも処方しております。

そして
最近話題のこれ「飲むコラーゲン」

以前はコラーゲンいあるロンさんを摂取しても効果がないとされいましたが、実は素晴らしい効果があったのです。
それらを摂取することで、摂取したコラーゲンが
直接肌に到達することはないですが、
コラーゲンを増やそうと働く因子が増えて
実際にお肌でコラーゲンが増えることがわかってきました。

当院でもさっそく導入いたしました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どろどろしたコラーゲンをくいっと飲みます(笑)

28本 ¥10,000(税別)

 

投稿日:2018年6月14日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

明日は講演のため診療を18時までとさせていただきます。

明日は夜、講演があるため
診療を18時で終了させていただきます。
明日は薬剤師さん向けの講演です。

約1時間半ほど、薬剤師の先生方に、皮膚の老化のメカニズムと、最新の皮膚アンチエイジング治療の現状についてお話してまいります。

皆さんも薬局で
「ケシミ〇」とか「ハイチオー〇」とか買うときに、どのくらいの効果があるのかないのか
販売している薬剤師さんに伺うことありますよね。

きっと知識がないと薬剤師さんも
皆様にアドバイスをするのが難しいと思いますので、
ご参考にしていただけたらと思っております。

 

 

 

 

投稿日:2018年6月13日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

「汗臭い」を強力消臭。デオドラント「デオナール」入りました!首筋、ワキ、足等全身に使用できます。

じめじめ梅雨の時期、暑い夏に向かい
汗ばんで体の臭いが気になってきますね💦💦

当院では医療用の制汗剤や消臭剤を取り扱っております。
詳しくはこちら>>>

 

そしてこの度さらに強力最新デオドラント製品を導入しました。

「デオナール」

抗原抗体反応を利用して、ニオイの原因菌のみに吸着し
消臭します。

 

ニオイの原因菌のみを吸着して消臭。
良い菌は 殺菌せずに肌の常在菌フローラを整えます💛

美肌成分も配合し、刺激がないので、首筋やワキ、足等臭いの気になるところにどこでもご使用いただけます。

1本40ml ¥4,000(税別)

投稿日:2018年6月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

聖路加病院形成外科の大竹尚之先生の定年感謝の会に参加させていただきました。

聖路加病院形成外科部長の大竹尚之部長が定年を
お迎えになり、6月をもって部長を退任されます。
聖路加病院は定年のお誕生日月に退任する習わしなんですよ。
大竹先生は6月生まれ💛

大竹先生が聖路加に就任した15年ほど前に
私も同じ年に聖路加の皮膚科に入職しました。
当時は聖路加病院には形成外科がなく、新規立ち上げにかかわったのが
大竹先生と当院にも手術に来ていただいている
今回大竹先生の後任で部長になられた松井瑞子先生です。

 

 

 

 

当院が開業した際には
「ちょっと脇田のクリニック、見に行かせてよ」
と先生の素敵なマイカーに乗せていただき
見学にいらしてくださりました。

大竹先生は北里大学の先輩でもあります。

鼻の手術が得意でいらっしゃいましたので
大竹先生のところへは
全国各地から鼻の手術、鼻の修正手術に大勢の患者様がいらしていました。
これからもまだまだ手術をお続けになられるとのこと。
飲みすぎないで(笑)お体に気お付けて
これからも頑張っていただきたいです💛

今回の会の進行は部長になられた
松井瑞子先生です。

 

当院での松井先生の診療は非常に混んでおり
数か月のキャンセル待ちです💦
お急ぎの方は聖路加病院へご紹介しますね!

投稿日:2018年6月5日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

広島で開催されている日本皮膚科学会総会に参加しています!

全国の皮膚科医。とくに専門医はみーんな広島に来ています💦
といいますのは新制度が非常に厳しく
専門医資格を更新するには遠方でも学会に参加しないと
難しくなりまして!!
皮膚科専門医は学会参加で大忙しなのです。

この週末は神無月です!!広島に皮膚科専門医が集まっていますので・・・
皮膚科医いません!!
皆様皮膚病になりませんように💛

私もお休みをいただきまして
早朝飛行機で飛んで学会にきました。
そして日帰りします((+_+))

広島暑い・・・ジャケット脱いでます💦

この皮膚科の学会、今回から?4日間みっしり行われています・・・。
(そんなにお休みできません・・・)

今回もいろいろお伝えしたい情報たくさんありますが、

まずは帯状疱疹の予防のためのワクチンについて。

 

私も感じていましたが、
私が医者になった頃20年以上前にはこんなに帯状疱疹になる人・・・いませんでした。
やはり年々帯状疱疹に罹患する人が増加しているとのことです。
理由はわかりません。
特に50歳以上の方で増加。
帯状疱疹は、昔かかった水ぼうそうのウイルスが
体内で潜伏し、免疫力が低下するとまた元気になって皮膚に出てくる病気です。
痛みが残ってしまう帯状疱疹後神経痛が厄介な後遺症・・・。
高齢な人ほど痛みが残りやすいのです。

そこで最近では水ぼうそう(=帯状疱疹)のワクチンをうつことで
帯状疱疹を予防しようという治療が始まっています。

特に免疫力の低下する50歳以上で、このワクチンを打っておくことが
お勧めです。
ワクチンの効果は10年弱なので、追加のワクチンや、
一度帯状疱疹にかかったことのある方も、
またかかる可能性がありますので、しばらくたったら
ワクチンを打っておくといいですね。

 

当院でも行っています。

1回¥8,000

注射した患部が赤くなって腫れたり、熱が出たり
時々副反応がありますので、体調の良いときに
うけてくださいね。

 

投稿日:2018年6月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング

第18回日本抗加齢医学会総会に来ました ご報告その2 「糖化」対策してますか?

今回の学会では「糖化ストレス」についての話題が目立ちました。
学会で私の「AGEs」を測定してくれました。

ふふふ
同年代ランキング100人中15人✌

糖化ストレスかなり少ないです💛
私の食生活を知るDrたちは
みんなびっくり(;゚Д゚)!???

AGEsは「糖化ストレス」を評価する指標です。
体内、皮膚のたんぱく質が食後の血糖値が高いと「糖化」し
糖化最終生成物(AGEs)となります。
このAGEsは血管の内皮に蓄積し動脈硬化の原因、
皮膚においてはコラーゲンが糖化によってハリ、弾力低下をきたします。
このように糖化は老化やさまざまな病気の原因となります。

*1より引用

 

最近ではこれをいかに予防するかが話題になっています。

*1より引用

 

私は糖質制限は全くしていなくて、
お昼ごはんはみんなでお弁当を頼んでいますが、私のごはんはスタッフさんの倍量(*´з`)
アルコールも(たくさん💦)飲みますし・・・

糖化しやすい食生活ですが、これほどAGEsが低いのは
サプリメントのおかげです。
抗糖化作用と抗酸化作用のある水素サプリメントを摂っていること。

酸化は糖化を促進させますので
その他にも
抗酸化作用の高い高吸収タイプのビタミンC
レスベラトロールも摂っています💛

 

間違いなくこれらのおかげです💛
★水素サプリメント 30粒¥9,200

★リポカプセルビタミンC 30包¥7,200
★高濃度レスベラトロール60粒¥11,498
(税別)

皆様も糖化ストレス対策してくださいね💛

*1.八木雅之:糖化ストレスによるリスク対策.Modern Physician38(4):373-376

 

投稿日:2018年5月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

第18回日本抗加齢医学会総会に来ました ご報告その1

この週末は大阪で開催されている
抗加齢学会に来ています。

美容皮膚科や美容外科ばかりでなく
内科や歯科、婦人科などアンチエイジング医療に携わる
すべての科の先生方が集まる学会です。
科を超えた知識を共有でき、とても勉強になります。

ランチョンセミナーでは、当院でも行っている
女性器のアンチエイジング治療について。
当院でも行っています>>>
当院の「プチレディー」についての効果についての論文紹介>>>

年だからしょうがない・・・
相談しにくい・・・
治療できるなんて知らなかった・・・
という方多いと多いと思います。
デリケートな悩みですので、治療についての情報が広まりにくいのです。
よって当院でこの治療をお受けになられるのは
長年当院に通われている気心の知れた患者様や知人の女医です(笑)
気になっている方、お気軽にご相談くださいね💛

そしてまたよさそうなもの
見つけてまいりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ひときわオーラを放っていたこの商品!
「Collagen Lift Paris」
飲むコラーゲンです💛

以前はコラーゲンを食べても
その摂取したコラーゲンがお肌や関節に届くなんてことはなく、飲んでも無駄といわれていました。
もちろん摂取したコラーゲンがそのまま肌に沈着することはないのですが
最近では、コラーゲンを摂取すると、
コラーゲン中のペプチド成分が
全身のコラーゲン増生を増やす信号をだし、働きかけ、
実際に肌でもコラーゲンが増えるといことがわかり、
ガラッと一転、コラーゲンサプリメントの位置づけが変わりました。
コラーゲン摂取の効果についての報告>>>

このコラーゲンリフトのシワの改善や
お肌の潤い効果等については臨床試験で実証されています♪
(コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリメントも色々ありますが
このようにきちんと効果について検証しているものは少ないです)

当院ではこの「コラーゲンリフト」を採用使用と思います💛
試飲して、資料をいさせていただいて、私が飲みたくなりました(笑)
お楽しみに♫♪

 

 

投稿日:2018年5月27日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング

フェイスラインすっきりシャープに「MWデュアルリフト」

フェイスラインをすっきりシャープにする
溶ける糸を挿入する「MWデユアルリフト」
当院でとても人気の高い施術です。

リフトアップの機器は「引き締める」というものなので
スレッドリフトの引き上げ力には劣ってしまいます・・・。

でも糸の挿入はハードルが高い・・・と思われる方も
いらっしゃいますが、
手術の際に使用する縫合糸と同じような糸で
細い糸をフェイスラインに挿入するだけなので
皮膚を切ってリフトをする手術に比べますと
侵襲はかなり少ないです。

メリットは
即効性。
カニューラという先のとがっていない細い棒でするする挿入しますので
内出血が少なく
腫れることもかなり稀です。
溶けた糸によりコラーゲン増生が高まり、肌艶、ハリがよくなります。
施術時間は挿入する糸の本数にもよりますが
20分から30分ほどで終わります。

デメリットは
フェイスリフト手術のような持続は難しく
数年で効果は戻ってしまいます。

施術前


施術後

両側のフェイスラインに3本ずつ挿入しています。
ほとんどの方はお痛みは軽度とおっしゃります。

最近はこのようにフェイスラインをかなりシャープにして小顔にするのが人気です。

引き上げ力が強く、PCL素材の糸は持続がいいので
最近ではNCOGリフトよりもミントリフト、MWデュアルリフトを行うことがほとんどになりました。

料金
当院オリジナル「MWデュアルリフト」
フェイスラインのみ¥200,000
フェイスライン+頬¥250,000
別途初回スレッドリフトカウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

若々しさの秘訣は輪郭!小顔治療、たるみ治療について>>>

 

 

投稿日:2018年5月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

おばちゃんっぽい臭い「加齢臭」・・・が増えることより若い女性の臭い「SWEET臭」が減っていることがおばちゃん臭さだった!!!新事実。

先日また一つ年を重ねました💦
スタッフからお祝いしていただきましたが、
年々ローソクの数が増え(きっちり年の数(笑))
とうとう一人でふーふー吹き消せなくなり(笑)
消すのをスタッフに手伝ってもらう始末・・・(-_-メ)

年を重ねていくといろいろと体に変化が生じますね・・・。

顔のしわやたるみ→自分のクリニックでケアできます💛

昔はなかった余分な「ぷに肉」→痩身レーザー「スカルプシュア」買いました💛これで退治!

体の中の老化は充実したサプリメントでアンチエイジング💛

当院の治療メニューは、私自身の加齢とともに、日々充実していっています(笑)

さて
最近依頼のあった加齢臭や汗等についての原稿を書くのにあたり、
論文を集めていましたところ
知らなかった「加齢臭」についての新事実を発見!!!

昔そうだと思われていることが今は違うということもありますし、
最新の知見を一から調べなおさないと書けない性格で💦
今回もざっとこのくらいは論文集めて書きました。

 

くだらない依頼記事は大半断っていますが、
あーーこの辺り今どうなっているのかなと
私が興味を持った内容の依頼は、また勉強することになるので
かなり厳選してお受けしています。
今回はボランティアで書いている記事ですが、論文集めるだけで数万円かかっていて赤字です💦
でも私の脳みそはたくさん知識の栄養を吸って元気になったはずです💛

 

さて本題ですが、
ロート製薬さんのこの論文
*望月佑次他:加齢に伴う女性の体臭変化に関する研究.日本味と匂学会誌 PP.S97-S100,(2017)

加齢に伴う女性の体臭変化について調査されたものです。
10歳代から50歳代の女性についてみているのですが、
意外にも加齢に伴い増加することが知られている
ノネナール臭は、各世代において差がでていませんでした。
それに対して35歳付近を境に、
若年女性特有の「SWEET臭」
と呼ばれる臭いの低下がみられ、
女性の加齢による体臭の変化はこの「SWEET臭」の減少によるもののようなのです。
この「SWEET臭」の原因成分はラクトンC10およびC11と同定されており、
加齢臭を改善する効果や、なんと見た目年齢を引き下げる効果があるとのこと。
どんな臭いなんでしょうね( *´艸`)

そのうちに、見た目年齢を下げる香水とかできるかしら♪

 

 

 

 

 

投稿日:2018年5月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

第106回 日本美容外科学会に参加しました

16日はクリニックを休診にさせていただきまして、
日本美容外科学会に参加いたしました。


発表された多くの先生方は、ほとんどお友達の先生ばかりです💛

同じ地域に開業しながらも、
それぞれの先生の得意とする分野が
異なり、いつも大変勉強させていただいております。

学会の企業展示コーナーでは、新しい医療機器や医療用品の情報が満載です♪

今回もよさそうなものたくさん見てきましたよ。
ボトックスの含有されているパックやら
ステロイドに代わる炎症を抑えるクリームなど。

医療機器もたくさん。

最近では韓国のレーザ会社や業者のブースが明らかに際立って元気です!!(お金かかってます(笑))
当院で扱っているルートロニックさんや、最近導入しましたヒアルロン酸の会社は有名な韓国ブランドです。

チャン・グンソクおった((´∀`))

ヒアルロン酸のニューラミスだったかボツリヌストキシンのニューロノックスだったかのイメージキャラクターだそうです。
日本の芸能人はヒアルロン酸注射やボトックス注射していることをあまりオープンにはしませんが、韓国は違いますね・・・(笑)

 

いろいろ試しまして、当院で導入するものがありましたら、順次ご紹介いたしますね。

投稿日:2018年5月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング