八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

ジェーン・アイルデール ユニバーシティー 

4月1日(日)、ミネラルコスメブランドの
ジェーン・アイルデール主催のメイクアップ
アカデミーに当院のスタッフが参加してき
ました。他のミネラルブランドとは比較に
ならない品質の高さとセンスの良さが人気
で、数多くのハリウッド女優や各国のセレ
ブ達に広く愛用されているブランドです。

 

 

3日間にわたるカリキュラムのなかで、第1日目はベースメイクとフェイスプロポーションについて勉強しました。

皮膚とメイクの相関関係、ジェーンの商品
のプロダクトと成分について学びました。
合成保存料を含有していないことは言うまでもなく、化学精製された染料やタルクすら使用しないその技術にはあらためてジェーンの素晴らしさを実感させられます。
安心安全ばかりでなく、そのスキンケア効果にも本当に驚かされます。

その後の実習ではプロのメイクアップクリエーターの渡辺康次さんからメイクアップの基礎を教えていただきました。

 

 

 

 

実際に生徒さん同士でメイクアップをトレーニングしました。

ジェーン・アイルデールの商品の良さは一度使ってみれば、どなたにもご満足いただける
ものですが、天然色素のためファンデーションの色合わせは難しいものがありました。
今回のアカデミーでは色合わせのコツや、よりきれいな仕上がりにできるような技術を
習得できましたので、皆様にももっともっとジェーンの素晴らしさをご実感いただける
ことと思っております。

私 院長はこのジェーン・アイルデールを約8年前より愛用していますが、
他のミネラルコスメに浮気したことは一度もありません。
夜に美容液をぬっている時間よりも、日中ファンデーションをぬっている時間
の方が長いのですから、美しい肌を保つには美容効果の高い、ハイクオリティー
なベースメイクにこだわりたいものです。

施術後などにジェーン・アイルデールを
お試しいただけますので
ご興味のある方はお気軽にお声をかけてください。

投稿日:2012年4月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

医療用 手あれの予防・皮膚の保護クリーム

これまでは保湿がメインのハンドクリームが多かったのですが、
うるおいも与えつつ、手みえないベールで水仕事から保護する
新しい発想のハンドクリーム。医療の現場では頻回に手を洗うため
手あれや乾燥に悩む医療従事者が多いです。私たちはこの
モイスポリアを仕事の合間にぬっておくことで、手が乾燥せず
手あれもしなくなりました。効果を実感しています!

私のクリニックは築地市場や銀座に近いため
飲食業や美容師さんが手荒れにお困りで
受診されることが多いのですが、これまでは
すでにできてしまった手湿疹を お薬を塗って治す
ことしかできませんでした。この皮膚をコーティング
できるクリームは水仕事から肌を守ってくれるのみな
らず、保湿効果が高く、においやべとつき感もないの
でお仕事に支障がないと大変好評です。

 

 

価格 35g   778円         75g    1,296円
(税8%)

 

投稿日:2012年2月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

第75回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ・レーザートーニングについての話題・

 

2月18日(土曜日)、19日(日曜日)に行われた皮膚科学会に参加しました。

なかでも当院でも今年からはじめたレーザートーニング
についてのご講演がとても参考になりました。
このセッションは多くの先生方から注目が高く、
講演開始前から会場の前には大行列ができていました。
まだまだレーザートーニングを取り入れているクリニックが
少ないので、多くの症例を長期間経過をみられている
お二人の先生によるご講演はとても参考になります。

これまで肝斑には行うことのできなかったレーザー治療
が、このQスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニングでは可能であること。そして効果があるばかりでなく、いい状態で長期間肝斑が再燃することなく維持できていること。最後の治療から2年後もきれいな状態の症例提示が
ありました。これまでトラネキサム酸を内服していれば肝斑
がめだたなくなりますが、やめると元にもどってしまう方や
内服していても効果が不十分の方には朗報です。

多くのケースでは1-2週間に1度の治療でトータル4~8回治療を行っていました。
最初の数回目は効果はまだ実感されにくい方が多いそうですが回数を重ねていくと満足いく効果
を実感されているとのことです。
また肝斑ばかりでなく、これまでのIPL治療にかわる治療ともいえる美肌効果があり、
顔全体の照射を定期的に行うと、くすみ・しみ・目立つ毛穴の改善効果が高いことを
ロボスキンアナライザーで評価していました。当院でもロボスキンアナライザーで症状の経過を
定期的撮影をしていますので、患者様と効果を確認していきたいと思います。
またこんなご発表もありました。シミをとるレーザー治療の1か月ほど前からプレトリートメントと
してビタミンCとトラネキサム酸の服用、ハイドロキノンの塗布を行い、顔全体のレーザートーニン
グ治療を行ってからピンポイントで濃いしみをとっていくと、効果が一段と良好であるとのことで
す。先にレーザートーニングを行っておくとメラニン細胞の活動性がおちてその後のレーザー治
療を邪魔しないようです。当院でもはじめてみようと考えています。

当院のレーザートーニング(レーザーピーリング)について詳しくみる
→ http://www.skinsolutionclinic.com/category/スペクトラ/

投稿日:2012年2月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★