八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

ビタミンCは風邪やヘルペスなどのウイルス感染の予防や早く治すのを助けてくれる♪

ビタミンCとウイルス」  より

引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」
RL(http://www.iv-therapy.jp/omns/

 

『ビタミンCには、一般的にウイルスを不活性化
する効果がありこれまでにビタミンCによって
試験管内で中和されたり、感染者の体内から根絶
されたウイルスは多種にわたり、

ヘルペスウイルスはその一つに過ぎない
(Levy, 2002)。

他のウイルスを試験管内(生体外)でビタミンCと
混ぜ合わせたときに見られた不活性化と同様に、
以前に行われた2つの研究では、

ヘルペス感染症にビタミンCを用いることによって
後に見られた臨床結果と一貫性のある結果が見られ
ている。

試験管内でビタミンCをヘルペスウイルスと混ぜ合
せたところ、ビタミンCによって、ヘルペスウイルスが不活性化されたのである

(「Holden and Resnick, 1936; Holden and Molloy,1937」)。

ビタミンCを用いたウイルス治療における最も重要な要素は、
十分な量を、十分に長い期間にわたって与えることである。
特定の慢性ウイルス症候群は、ビタミンCを投与してもすぐ
には消散しないが組織や臓器にすでに甚大な損傷があり
文字どおり死の一歩手前にある患者でないかぎり、

ビタミンCで急速に消散させることができない急性ウイルス
症候群というものは、今の時点ではない。

ビタミンC療法は、複数の形態のものが大用量で併用された
のでなければ、急性ウイルス症候群に効果がないとみなす
ことはできない。

急性ウイルス症候群の大半は、種類を問わない適正量の
ビタミンCによって急速に消散することになるが、難治性
の場合は、複数のビタミンC投与法を組み合わせて行う必要
がある。こうした投与計画には以下のような方法が

考えられるが、必ずしもこれだけに限らない。

1. リポソームカプセル入りのビタミンC 1,000~5,000 mg
を毎日、経口摂取する

2. アスコルビン酸ナトリウムの形態で、腸が耐えられる用量
のビタミンCを毎日、経口摂取する

3. 1,000~3,000 mgの脂溶性パルミチン酸アスコルビルを毎日、
経口摂取する

4.体の大きさにより、感染1回につき25,000~150,000 mgの
ビタミンCを、感染の重症度に応じて、毎日くらい頻繁に
静脈内投与する

ウイルス粒子の中に蓄積したビタミンCは、そのアプローチ
によって、急速にウイルスを破壊することができる。

バクテリオファージウイルスのスパイク(とげ)は鉄を
たくさん帯びており、おそらく、局所的なフェントン反応に
よって、スパイクがその宿主細胞膜を突き抜けると思われる
(「Bartual et al., 2010; Yamashita et al., 2011;
Browning et al., 2012」)。
ウイルスには鉄と銅が蓄積され、こうした金属もウイルスの
表面の一部となる
(「Samuni et al., 1983」)。そして、どの部分でその濃度が
最も高くなっていようと、

ビタミンCによってフェントン反応が局所的に上方調節され、
その結果、一般的にウイルスの不可逆的損傷が生じる。
ビタミンCによって、ウイルスや病原体、ならびにガン細胞も
殺すことができる仕組みとして唯一、実際に十分裏付けられて
いるのが、フェントン反応とその上方調節なのである。
ビタミンCは、こうした反応を刺激するため、

多くの感染症やガンの消散における治療効果があるとされている
(「Vilcheze et al., 2013」)。

ビタミンCは、あらゆる種類の感染症の消散に役立つが、
急性ウイルス症候群には、とくに劇的かつ迅速な効果を
もたらすため、感染患者に対する治療プロトコルに

必ず取り入れるべきである。』

(Dr. Thomas Levyは、専門医師会認定の心臓専門医であり、
弁護士でもある
。Curing the Incurable: Vitamin C, Infectious Diseases, and Toxins(不治の病を治す: ビタミンC、感染病、毒素)をはじめ、いくつかの著書がある。)

<オーソモレキュラー医学ニュースサービスー日本語版>
<国際版編集主幹>
Andrew W. Saul, Ph.D. (USA)
<日本語版監修>
柳澤 厚生(点滴療法研究会)
溝口 徹 (新宿溝口クリニック)
姫野 友美(ひめのともみクリニック)
齋藤 糧三(日本機能性医学研究所)
北原 健 (日本オーソモレキュラー医学会)
<翻訳協力>
西本貿易株式会社ナチュメディカ事業部

引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」
RL(http://www.iv-therapy.jp/omns/

 

★今年の夏頃から帯状疱疹や口唇ヘルペスが例年よりもかなり
多くの方がかかられました。
しかもこれまでは免疫力が低下している高齢者で多かったのですが、
今年は20歳台から30歳台の比較的若い方での罹患がめだちました。
明らかな原因はわかりませんが、これからはインフルエンザや風邪の
流行期に入ります。
上記のリポソームカプセル入りのビタミンC超高濃度ビタミンCの静脈注射
風邪やインフルエンザ、ヘルペス、帯状疱疹の予防や、かかってしまった際に
早く回復させる効果が期待できます。

ちなみにビタミンCをたくさん摂取している私は、
めったに風邪をひきません。またかかかっても数日で回復します(^_^)/
ビタミンCの効果と思います♪♪

みなさんもビタミンCをたっぷりとって感染症にまけない体を
作りましょう(^_-)-☆

 

投稿日:2013年11月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

最新美容情報ー国際美容医療研究会主催「話題の水光治療 機器を用いての肌質改善のための選択」に参加してきました

IMG_3493

 

2013年11月10日(日曜日)都内で開催された
国際美容医療研究会主催のセミナーに参加しました。
美容技術は日本で開発されることが少なく、
海外から、とくに最近は韓国から日本へ入ってくるものが大半となっています。
肌質の違いや社会背景の違いにより、
そのまま日本で導入することが難しいことが多いのが現状です。
そこで医師が集まり、日本人にあった治療方法を検討するのが
この会の目的です。

今回も水光治療の機器を各業者から集めて、
実際にその場で被験者にデモンストレーションし、
機械の評価や調節方法、
注入液のレシピについての議論などがなされました。
とでも実践的なアクティブな会です。

 

水光治療(ムルガアン ビブ)は韓国で流行していて、
日本でも人気のでている治療です。
メディアでも取り上げられることが多くなり、
問い合わせが多くなりました。

みずみずしく潤った光輝く艶肌にする治療★であることから
そう名付けられています。

当院でもヒアルロン酸メソセラピーとして行っています(^_-)-☆
医師の手で肌の状態をみながら注入量や注射する密度を変えます。
たとえばシワや毛穴の目立つところは細かくたくさん入れます。
当院では専用のインジェクターと呼ばれる一定量が注入される
手打ち用の器具を使用しています。
最近は機械で自動的に注入されるものが出てきていますが、
まだまだ改良途中です。
うまく皮膚内に注入されずに漏れでてしまう分が多かったりで、
まだまだ手打ちに比べると確実性に欠けている印象です。
ダウンタイムが短いと言われながらも、
実際は手打ちとあまり変わらない状況と感じました。
またどんな注入液のレシピが有効で、どのように機器の設定を行い
有効に施術するかも議論されました。
(注入する美容液の粘度により、うまく肌に入らないことがしばしばなようです)

当院ではヒアルロン酸のみでのメソセラピーにより水光治療を行っております。

レスチレン ヴィタールライトとヴィタールを
手打ち用のインジェクターで行っています。
治療当日は赤く点々として注射痕がわかりますが、
多くの方は翌日からはほぼ化粧でカバーできるとおっしゃっています。
3-4日後からはプルンっとしたみずみずしい肌になり、
小じわや毛穴の改善効果が好評です。
まさに水光★★★!
今後はビタミンやアミノ酸などを加えて
注入する美容液のメニューを増やし、
潤いとハリのさらなる効果と、美白作用など
グレードupしようと思います(^_^)/

 

投稿日:2013年11月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 未分類

最新美容情報ーTotal Solution Workshop に参加しました(^_^)/ フラクショナルレーザーを中心に

 

2013年11月9日(土曜日)診療後に(^_^;)
帝国ホテル内で開催された
Workshopに参加しました(^_^)/

残念ながら美容医療の分野も世界的には日本は出遅れています(ーー゛)
ですのでなるべく海外情報を密にとりいれて
皆様に最新の美容情報をお届けできるよう
私 院長のセミナー参加は休みなく(T_T)続きますぅ~~

IMG_26626628695721

今回はフラクショナルレーザーや痩身機器のお話でした。
当院でも使用しているフラクショナルレーザーは、
肌に微小の点状に分割して細かくレーザー光を照射します。
肌の表面から深部まで到達し、その後の創傷治癒機構を利用して
コラーゲン増生を高める治療です。

最近はこのレーザー光によって生じた穴を利用して、
皮膚表面からぬるだけでは浸透の難しい美容成分を
肌の表面から深部まで直接届けるdrug delivery systemとして
応用されています。

当院で行っているmild アファーム+グロスファクター導入
それにあたります(^_^)/☆

グロスファクターは肌細胞に直接働きかけて
コラーゲン増生を活発にします♪
したがってアファームレーザー治療後の効果を高めてくれます。

当院のグロスファクター(成長因子)導入では
美白・美肌・皮膚細胞の修復を目的とした
グロスファクター(成長因子)プロテインの他にも、
抗酸化剤、14種類のビタミン、24種類のアミノ酸、ミネラルなど
が含まれていています。

グロスファクター(成長因子)プロテインはコラーゲンの再構築を促し、
しわや毛穴の開き、肌の弾力の改善、きめを整えます。
また抗酸化剤やビタミンの作用も加わり、活性酸素を抑制して肌の老化を抑え、
メラニン色素の抑制作用により美白効果があります♪
にきび跡や赤ら顔の治療としても有効です。

この成長因子(グロスファクター)プロテインはアメリカのCTFA(Cosmetic,Toiletry,andfregrance
Association)より承認を得ており、その効果と安全性について
認められています(^_-)-☆

今話題の水光注射(注射によるメソセラピー)に匹敵する治療です(^_-)-☆

 

アファームレーザー後は日焼け後のような赤みが生じて
ひりひりします(ーー゛)
翌日には赤みが改善する方が大半ですが、
3-4日ほど続いてしまう方もあります。
そこでアファームレーザーの強さを少しおさえて
グロスファクター導入を併用することで
drug delivery systemを活用して効果を高め、
ダウンタイム(赤くなったりかさかさしたり、生活に支障のあるお肌の状態の時期)を
短くする工夫をしたのがmild アファームです。

夏にくらべるとこれからの時期のほうがやりやすいので
今回11月から12月のサービスキャンペーン
取り入れさせていただきました(^_-)-☆
念のため1週間は大切なご予定は避けてくださいね。
また当日は真っ赤っかなのでマスクしてお帰りいただきます(/_;)
お化粧もしないでそのまま半日ほど過ごしたほうが美容液の浸透が高まりますよ♪

ぜひ おためしを(^_^)/~

投稿日:2013年11月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 未分類

ニキビ治療の問題点now

ニキビはニキビ菌(P.acnes)が毛穴で増加し、
それにより産生されるさまざまな物質により炎症をおこして
毛穴が赤く腫れた状態です。

では、抗菌剤を飲んで菌を減らせば治るでしょ!
っと思うかもしれませんが、
P.acnesは皮膚に一生常在し、いなくなることのない菌です。
抗生剤をやめればまたすぐに増えてしまいます。
そのため何か月、何年にもわたり抗生物質を飲み続けているという方を
しばしば拝見します。

近年ニキビ治療によく用いられるマクロライド系抗生剤の
耐性菌(抗生物質に効かなくなってしまった菌)が増加しています。
残念ながらこれは、医師による間違いだらけの抗菌薬の使用による
残念な結果です。

スキンケアよりも飲めば速やかに改善のみこめる抗菌剤の内服治療を
安易に選択し、ニキビのできやすい状態や時期が続く限り
処方し続けている光景をいまだによく目にします。

患者さんも、すぐに効いてニキビのストレスから解放される
抗菌剤の飲み薬を希望されるのは仕方がないことです。
ですが私たち医師が使用に関しての注意、リスク、
必要性または必要でない状態である説明を充分に行い
皆様に理解していただく努力に欠けています。
混み合った診療の中で、医師も時間と手間のかかるスキンケア指導よりも
簡単な抗菌剤の処方を選択せざるを得ないという背景にも問題があります。

 

日本皮膚科学会のざ瘡治療のガイドラインにおいても
中等症以上(ニキビが6個以上ある場合)には
抗菌薬の内服を行うよう強く推奨するとされています!!!!

治療のガイドラインにこのように書かれているために
医師側も何の抵抗もなくぽんぽんと処方してしまうのです(/_;)

 

 

さて、どのようなニキビの時に抗菌剤の服用が必要なのでしょうか。
「ニキビ跡になったら嫌だから早く抑えたい!」
もっともです。
軽度の毛穴の炎症では跡になることはまれですが、
膿がたまって毛穴が爆発してしまうと
毛穴ごと傷跡になり、陥没(クレーター状にへこむ)してしまいます。
したがって化膿が著しい場合は抗生剤を服用をして
早く抑える必要があります。
そのようなばい菌感染がひどい状態でなければ
スキンケアで十分綺麗になります。
ニキビの状態によって抗生物質の飲み薬を処方するかどうかを
見極めるのが本来の皮膚科医の仕事です。
また、次回来院されるまでの間に症状には波がありますので、
どんな状態なら薬を飲むのかをアドバイスするのも大切な指導です。

 

では耐性菌を獲得してしまったらどうなるのか。
大きなニキビができてしまって、ここぞというときに薬を効かせたくても
抗生剤がきかないということがもちろんあります。
そして近々には特に困ることはないかもしれませんが、
皮膚ばかりでなく、体にはたくさんの常在菌がいますので
その菌までが耐性菌になってしまいます。
免疫力が低下した際や、大きな病気をしたとき、怪我をしたとき、手術後などに
自らの菌におかされてしまうことがありますが、
その場合にその菌をやっつけたくても抗生剤が効かなくなっていて
重篤になってしまいます。
その時になってはじめて耐性菌を獲得していることに後悔をするのです。
ですから自分の中で飼っている菌を耐性菌にしないために、
抗生剤の内服薬に依存したり、安易に服用したり、
長期間だらだらと服用したりしてはいけないのです(ーー゛)

 

とはいってもスキンケアだけではうまく菌を軽減できない場合もありえます。
その場合はBPO!
抗生物質ではなく、酸素を嫌うP.acnesに酸素を送りこんで殺菌するこの塗り薬は
耐性菌を作ることもありませんし、すでに耐性菌になってしまっている菌にも有効です!
欧米では第1選択薬のこのお薬ですが、残念ながら日本ではまだ保険適応外の治療薬です。
保険で使用できるようになるのはまだ先になりそうですが、
当院ではすでに取り入れています。
抗生剤を使用しなくても行える治療があることを知ってください(^_^)/

 

 

またお薬を使用したスキンケアばかりでなく、
ニキビを悪化させないための基礎化粧品のご紹介や、
ニキビ治療に相乗効果のある化粧品のご案内もしております。

抗生物質を飲み続けているニキビの方!
ぜひご相談ください(^_-)-☆

投稿日:2013年11月9日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

第64回 皮膚科学会中部支部学術大会に出席しました(^_^)v

11月3日(日曜日)に名古屋で開催された
皮膚科の学会に参加してきました(^_^)v

実は私 愛知県の出身です。名古屋人なのです(*^_^*)

高校生時代の同級生にも会うことができて
お勉強&プチ同窓会しました
さて 学会では
新しい医療機器、医療材料などたくさん探索
今後に役立ちそうなものをたくさん発掘してまりましたよ(^_^)/
乞うご期待 

 

20131103120847359

 

お勉強の後は 名古屋観光(^_^)/
意外に行かない名古屋城。
やっぱり好き♪
やっぱり しゃちほこは金だぎゃぁ~~

img20131106_174755

 

 

 

 

 

 

 

img20131106_174701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 名古屋飯~~
久しぶりにthe 名古屋っていう感じのものを
いただきました 懐かしいです(*^_^*)

味噌煮込みうどん
必ずごはんと一緒に! 炭水化物&炭水化物(/_;)
img20131106_174908

 

 

そして 大好きなひつまぶし
img20131106_174829

 

 

 

楽しかった~~

投稿日:2013年11月6日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

最新美容情報ー第11回トータルアンチエイジングセミナーに参加しました(^_^)/

10月27日(日曜日)第11回トータルアンチエイジングセミナー
参加しましてきました(^_^)/

もっとも多かった話題は
Qスイッチヤグレーザーによるレーザートーニングについてです。

当院でもスペクトラで行っています(^_^)v

もはや、どのクリニックにおいても
かかせない治療の一つとなっています。

肝斑治療として有名になったこの治療ですが、
実際は肝斑のみでなく多彩なしみが混在している方が多いことから
レーザートーニングでは多くの色素沈着に対応でき、
とても効果的です(^_^)/

そして美肌効果、しわ改善効果もあります

これまでのIPL治療に変わる治療として
今や多くの先生方が取り扱っていらっしゃている治療です。

ですが、医師の技量によって効果に差があり、
その点についての議論の多い会となりました。

ますますこれからも力を発揮する治療となることを
実感♪♪♪

(*^_^*)詳しくはスペクトラ(レーザートーニング)

 

今回ランチセッションでは
ソムリエの田崎真也さんに「至福のおもてなし」について
ご講演いただきました。
お客様に心地よい時間を過ごしていただくための
サービスのコツについて学びました♪

そして セミナー後は
田崎さんおすすめのワインで
ご講演いただいた先生方を囲んで懇親会♪
朝10時半から16時まで
みっちりお勉強したご褒美です(^_-)-☆

img20131029_123930img20131029_123908
img20131029_124011img20131029_123844

投稿日:2013年10月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

美活 シーズン到来♪

紫外線が弱くなってくる これからのシーズンは 美活に最適(^_-)-☆
脱毛、シミ取り、美白、たるみ治療など・・・

受診される方が増えています( 予約が取りづらくてすみませんm(__)m )
予約が先のほうになってしまった方に(^_^)/ぜひ!

 

治療効果を高めるために(^_^)/ できることがあります

たとえば同じようなシミを同じ方法で治療しても
とれやすい人、とれるのに時間のかかる人がいらしたり、
同じタルミ治療器で同じ強さで行っても
すぐに顕著な効果が出る方と、回数のかかる方

この違いはなんでしょうか。

 

私たちにはもともと自分でしみを改善しようとしたり
コラーゲンを増やしたりする作用があります。

治療によってそのきっかけを与えています。
そのアクションの後の治癒力には個人差があります。

年齢の差? それもあります。
食事の差? 大きくあります。
普段のスキンケアの差? それも十分あります。

したがって 施術を受ける前や施術中、そして施術後に
しておくことで効果を高めることができることがあるのです(^_^)/

年齢・・・ これは仕方がないですね(~_~;)・・・

食事の差・・・ コラーゲンの増生を高めてくれるビタミンAやビタミンCなどを
普段からたくさん取っている方は効果が断然upします。
食事でとるのが難しい方は当院おすすめのサプリメントをどうぞ(^_^)/

特におすすめはリポ・スフェリック・ビタミンCです★
ビタミンCは抗酸化作用が高く、シミの予防ばかりでなく治癒力up
メラニン色素の生成を抑制し、コラーゲン増生も促進させます。

普段のスキンケアの差・・・最近ではシミ治療の前にプレトリートメントとして美白剤の使用を数か月行ってからレーザー治療を行う先生もいらっしゃいます。
またレーザー後にしっかりと美白剤を使用することでレーザー後に現れやすい一時的な色素沈着の増強を改善させたり、
最終的な仕上がりをよくする効果があります。
またタルミの治療においても施術の前後に肌のビタミンAの含有量を上げていると
コラーゲン増生がされやすくなります。
おすすめはビタミンA導入(イオン導入)やビタミンA配合化粧品です。

 

このような差が治療効果に影響します(^_^)/

この秋に治療をお考えの方は
このような治療効果を高める治療前後の「施術効果upサプリ」を
ご相談ください(^_^)/

 

投稿日:2013年10月25日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

電車の窓ガラスで確認してみて! (/_;)

私は毎日電車通勤です (^_^)/
車で通勤ですと運動不足になるので
徒歩&階段 消費消費っ(~_~;)

 

電車に乗っているとよく確認します。夜や地下鉄で 窓ガラスにうつる自分の顔を・・・

たるみの確認に最適です!

うわぁっ 目の下にクボミが! ホウレイ線がひどい!
と感じたら それはお手入れ時期 (ー_ー)!!

 

ぜひ(^_^;) ご覧になってください
怖い怖いっ

投稿日:2013年10月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ここにお肉がたまってきたら 要注意! たるみ進行のサイン!

IMG_8524

 

=== 鼻のワキにお肉が乗っかってきたら それはたるみです!
ーーー それと同時に目の下がへこんできます!

それはたるみ!たるみ!!

小鼻のワキのホウレイ線の始まりの部分が深くなってきます!

こうなってしまうと
もう機械のリフトアップではなかなかもちあがりにくい状態まで進行しています。

ヒアルロン酸 リフトの適応です(^_^)/

 

ーーー黄色の部分にヒアルロン酸を注入して ぷっくり持ち上げます ♪
そうすると 垂れこんでいた頬のお肉が きゅっと もちあげられてすっきり(^_^)/

鏡や自分のお写真を見てみてください(~_~;)

もし こうなってしまっていたら ご相談を(^_^)/

 

頬のヒアルロン酸リフト(ヒアルロン酸注射)について詳しくみる

投稿日:2013年10月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

国際オーソモレキュラー医学会 公式教育セミナー を受講しました

 

先日の連休に 初めて日本で開催された
国際オーソモレキュラー医学会 公式教育セミナーに参加いたしました。
IMG_3373

 

オーソモレキュラー療法は、適切な食事やサプリメント、点滴などにより、
不足している栄養素を補い、本来の健康な状態の細胞のはたらきを取り戻す治療です

慢性疾患においては不足している栄養成分によって、
引き起こされている病気や病気の悪化を招いていることがあります。

お薬を使って症状を軽減させるだけでなく、
病気の発症または悪化の原因をコントロールし、
自然治癒力を高めて治していく方向へ誘導します。

似た治療に東洋医学の漢方治療がありますが、
原材料が植物由来というだけであって、お薬には変わりありません。
オーソモレキュラー療法では
細胞の活性化、ホルモンの生成など生体内に必須な成分である
ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを調節または補充することで
本来の正常なシステムに誘導するものです。
これが本当のサプリメントです

最近は安易に、血液検査であたかも理論つけて解析をしたようにみせかけて、
根拠なくビタミンなどを投与する悪質なサプリメント事業が横行しています。
当院ではエビデンスにもとづき、科学的根拠のある方法で投与します
もちろん血液検査で皆様の状態を把握いたしますが
その先の処方はオーソモレキュラー療法の理論に基づき、
科学的データ、治療実績にもとづいて処方いたします。

健康で、元気いっぱいで、そして美しく すごしましょう(^_-)-☆

 

★ ★ 準備が整い次第またお知らせをいたします(^_^)/ ★ ★

今後のスキンソリューションクリニックでの
健康増進部門においては美肌に対してばかりでなく、
「中から美しく」をテーマに心と体のケアにも力を入れていきます。

少しずつご紹介してまいりますので
よろしくお願いいたします(^_^)/

 

 

投稿日:2013年10月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★