八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

ヒアルロン酸リフト(頬のボリューム回復によるたるみ治療+ホウレイ線のしわ+口角下のしわ)のセット料金を追加しました♪

連日ヒアルロン酸注入による
リフトの施術のご希望が多くなりました。

これまでは、ヒアルロン酸注入による
頬のたるみ・くぼみのボリューム回復
(ヒアルロン酸 頬リフト)ホウレイ線+口角下
の施術料をわけておりましたが、
ホウレイ線+口角下のヒアルロン酸治療のご希望の方でも
頬リフトを併用する方がほとんどとなりましたので
これらの施術料をまとめたお得なセット料金を
作成しました(^_^)/

ホウレイ線や口角の下のたるみが気になっている場合の多くは
頬(目の下あたり)のボリュームが減っていたり、
ホウレイ線に頬のお肉がかぶっていたりして
ホウレイ線のシワをさらに深くしていることが多いです。
そのため最近ではまず頬のヒアルロン酸リフトを行ってから
ホウレイ線を改善する治療をすることが多くなりました。
その方が顔の立体感が整い、
若々しいお顔の輪郭を形成できます。

詳しくはこちら→→→★★★

 
ヒアルロン酸注入 頬        施術料 ¥43,200(税8%)
ヒアルロン酸注入 ホウレイ線+口角下 施術料 ¥64,800(税8%)

にくわえて
ヒアルロン酸注入 リフト
(頬のボリューム回復によるたるみの改善+ホウレイ線のしわ+口角下のしわ)
施術料 ¥86,400(税8%) (+使用するヒアルロン酸の料金がかかります)

別途 ヒアルロン酸の料金、麻酔代、
診察料(初回カウンセリング料¥3,240、再診料¥2,160)がかかります。

ヒアルロン酸リフト
(頬のボリューム回復+ホウレイ線のしわ+口角下のしわ)の
平均 ご予算は約20万~25万円ほどです
(注入するヒアルロン酸の種類と量により料金は異なります)

 

投稿日:2013年12月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

放射線被爆による影響を予防するために。

2011年3月12日から2年半。
目に見えないから
本当に影響がないのかがわかりません。
東電は本当に大丈夫?
国は本当に信用できる?

これからは
自分の身は自分で守らないとならない日本です。

真実は?
だれも本当のことは教えてくれません。

a Gift  http://hibakutaisaku.net/dvd/

 メディアが騒がなければ大丈夫?
みんなが騒いでなければ大丈夫じゃない?という国民性・・・。

 

放射線被爆は
DNAに放射線があたり生じる直接的障害だけでなく、
80%は浴びたときに生じる活性酸素によるダメージということ
ご存知ですか?

今後何十年と続くこの被害は
目にみえません。
じわじわと影響がでてくる。
私たち医師は本当は知っています。

でも
活性酸素のダメージは予防できる。
知っている人だけが
守られる。不公平な世の中。
これからの子供たちは守りたい。
そう思うので伝えます。

 

1999年の東海村での臨界事故にあたり、
防衛医大と陸上自衛隊は
放射線被爆の際のアスコルビン酸(ビタミンC)の投与の
重要性についてすでに述べていました。
福島原発事故において、
レスキュー部隊はアスコルビン酸(ビタミンC)を経口投与してから
出動されたことは、皆様には知らされていません。

 
福島原発事故当初より、
低濃度でも放射線被爆により生じうる健康被害を抑え、
可能な限り次世代への影響を防ぐため、
該当地域に移住する方々に、
ビタミンCなどの活性酸素を押さえる抗酸化サプリの摂取を実施すべきと
各国からもアドバイスをうけながらも
国は無視した事実は皆様には伝えられていません。

 

もはや自分の身は自分で守るしかないのです。
国も守ってはくれません。

 

たった、たったビタミンCを服用したり点滴をするだけで、
ほかにも抗酸化サプリをとりいれるだけで
どれだけの影響を予防できることか。
でもこれを推奨すると、
安全です。が否定されます。

だから教えてはもらえないのです。

 

放射線被爆対策の基本はアンチエイジングとがん予防と同じ。
活性酸素の除去です。
特別なことではないので
だれにでも
いつでも
簡単にできます。

 

事実、福島原発作業者の遺伝子検査を行い
異常を示した5名について、
2ヶ月にあたり超高濃度ビタミンC点滴(25g)と抗酸化サプリメントを
服用させたところ、異常を示した中で癌リスク値高値の3名中2名は
正常化しました。(正常化しなかった1名は再度原発に従事していました)

 

たったそれだけのことで
少しでも
少しでも
これからの子供たちに影響を残すことが
防げるのであれば
勇気をだして私も伝えたいと思います。

 

投稿日:2013年12月1日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

グリーンネイルの予防に(^_-)-☆

最近はジェルネイルをしていない方を
探すほうが大変なほど
もはや常識なお手入れとなりました。
ですが、その反面ネイルによるトラブルケースも増加
しています。
もっとも多いのがグリーンネイル。
人工爪と自分の爪との間に隙間ができ、
水が入ってカビが生えたり、緑膿菌という緑色に変色する
雑菌が繁殖します。
治るまでネイルはできません。
重度ですと治療に何カ月もかかります。

防に大切なのは、メンテナンスをこまめに行い
水の入る隙間を作らないこと。
3週間に一度はメンテナスが必要といわれています。
でもそんなに頻回にお手入れにいけない(T_T)
お金もかかるし、忙しい・・・。という方に。

グリーンネイルを予防する消毒液があります。

指消毒剤キビキビ(旧ネイルホスピタ)」
サトウキビから生まれた天然由来アルコールを使用しています。
菌にキビしく、手にやさしい。
有効成分クロルヘキシジングルコン酸塩配合で確かな効き目。
天然由来の保湿剤配合で乾燥を防ぎます。
1日数回爪のまわりに吹きかけてください。
IMG_3541

IMG_3554

 

 

*それでも隙間ができれば菌は繁殖しますので
こまめなメンテナンスは引き続き必要です!
*必ずグリーンネイルにならないというわけではありません。

1本(150ml) ¥1,296(税8%)  当院で販売しています(^_^)/

 

投稿日:2013年11月26日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

最新アンチエイジング情報 第8回日本美容抗加齢医学会に参加しました

20131024111716-1koreHead  of Depertment of Hopitaux de Parisより DrPatrick Trevidic による
Filler update 2013と題して加齢によりボリュームダウンした
頬上部のボリュームアップについての最新のテクニックについて
学びました。すでに当院でも行っている手法ですが、
さらにファンテクニックと呼ばれるカニューレの進め方により
より美しく立体的に形成するテクニックを習得しました♪
さらに美しくボリュームアップでき、ハート型の立体感とシャープな顎のラインを
形成できます。

そのほかやはりレーザートーニングの話題。
これまでできなかった肝斑に対する有効なアプローチとして
今やスタンダードな治療となりつつある欠かせない治療であることを
確信し、スキンケア指導とともに第一選択となる方向となりました。

今回のセミナーで私がもっとも感銘を受けたのは
資生堂名誉会長である福原義春氏の講演です。
82才の福原氏による「サクセスフル エイジングー美しく年を重ねるために」と題して
ただ生きるのではなく、よく生きる!というエイジングの意義について
語られました。
今もはや日本語となっているアンチエイジングという言葉ですが、
Anti-aigingすなわち老化することを防止すること。
加齢というあってはならない悪いことに対して抵抗すること。
というこの言葉に対する違和感!
私も同感です。最近同じ意見の先生方が増え、
福原氏のいうサクセスフルエイジング
well-エイジングhappy-エイジングなど
アンチエイジングという言葉は消えつつあります。
私も以前より、加齢を否定せず
楽しく活動的で美しく幸せに過ごすエイジングという理想をもとに
アクティブエイジングという言葉に共感し、
使用しています。

福原氏は
「年齢とともに経験をつんで
老年だからこそ際立った能力というものもある。」
また「エイジングケアは単に身体機能遅らせるのではなく
どう生きるか、どうよく生きるかを大切に」と述べられました。
そう語る福原氏は82才でありながらキラキラと輝き
まるで少年のようなオーラが漂っていました。
まさにサクセスフルエイジング!
これです。人生が充実し、楽しく幸せに健康で心身ともに素敵に
エイジングできていると
中からにじみ出るオーラーが若々しく魅せるのです。
スキンソリューションクリニックのアクティブエイジングclubも
こんなエイジングをサポートしたいと思います♪

今日もまたそのヒントをたくさん得ました。
来春から始まるアクティブエイジングClubが楽しみです♪♪♪

投稿日:2013年11月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

横顔のバランス(*^_^*)

横顔のバランスが整うと
横顔美人です♪♪
結構大切な要素です。
私たちが手術やヒアルロン酸注射をする際に
このバランスにとても気を配ります。
エステティックライン(Eライン)と呼ばれるラインです。

IMG_3516

鼻の先(鼻尖部)から顎の先を結んだ線をエステティックラインといいます。
横顔の美しさと美的バランス・調和を評価する基準となります。
欧米の方は鼻が高いのでこのラインよりも
上下のくちびるがやや後ろにあるほうが理想的ですが、
日本人ではこのライン上に接して上下のくちびるの先があることが理想的です。
定規などをあてて確認してみましょう(^_^)/

当院で行っているリップのヒアルロン酸注入によるボリュームアップや
顎先のヒアルロン酸注射においても、
このラインから外れるとご本人は満足されていても
他の方からは美しいと評価されません。

たとえばリップのボリュームアップも
下くちびるにボリュームを出しすぎてしまいますと

IMG_3516 - コピー (3)
前からは良くても横から見ると、
だらしのないお顔になってしまいます(/_;)
お上品ではないのです(/_;)入れすぎ注意!

 

 

またこのように顎先が後退している場合は
IMG_3516 - コピー (2)

顎先にヒアルロン酸を注入してボリュームを出すと↓↓↓
IMG_3516

バランスが整います。

出っ歯(上顎前突)や受け口などの不正咬合で乱れてしまっている場合にはこのバランスは歯科での矯正治療で改善することもありますよ(^_-)-☆

 

皆さんも横顔(*^_^*) 確認してみてくださいね(^_-)-☆

 

 

投稿日:2013年11月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

医療用制汗剤 Perspirex (パースピレックス) 

IMG_3499

1回の使用で汗とニオイを3~5日間予防します!

市販の制汗剤では効果の持続時間は1日程度。
パ-スピレックスの持続時間は3~5日です。
しかも65%の強い発汗抑制効果です。

パーピレックスはアルコールベースの塩化
および乳酸アルミニウム溶液です。
塩化アルミニウムが汗の水分と反応すると汗の出口をふさぎ、
汗の分泌を一時的に抑制します。

これまでの塩化アルミニウム製品では
汗との反応により生じる副産物の塩酸が、
皮膚に刺激を与えて炎症やかゆみを引き起こすことが
しばしばありました。
パーピレックスでは乳酸アルミニウムを添加(特許取得)
によってこの刺激が軽減されると同時に、
発汗抑制効果も増大します。

就寝前の発汗低下時に塗付し、よく乾かします。
翌朝石鹸と水で洗い流します。
(塗り直しはしないでください)

 

ロールオンタイプ 1本 ¥3,780(税8%)

投稿日:2013年11月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

皮膚の老化は紫外線だけではない!

皮膚老化~「DNA修復」からみた考察
(Aesthetic Dermatology Vol23:117~123.2013)より引用

皮膚の老化にはだれにでも起こる内因性老化
活環境に伴う外因性老化の2種類がさまざまな割合で関与して進行する。
・・・中略
いつまでも美しい健康な皮膚を保つためには、
皮膚の紫外線性DNA損傷の蓄積を減少させる、すなわち
紫外線防御に加え、DNA修復能を皮膚に補うことが
一つの手段となりうるかもしれない
・・・中略
内因性老化(自然老化)の一方、
外因性老化には紫外線の慢性暴露、合併する内科疾患(病的老化)や
生活習慣(喫煙など)も影響する。
・・・中略
遺伝的素因がかかわる内因性老化に対して、
外因性老化は太陽紫外線から皮膚を守り、
皮膚を含め健康な体を維持するようなライフスタイルに
十分留意すれば
進行の予防は可能である。
・・・中略

皮膚老化~「DNA修復」からみた考察
(Aesthetic Dermatology Vol23:117~123.2013)より引用

 

以上のように紫外線から肌を守ればよいだけではないのです(ーー゛)

紫外線によるDNAの損傷の代表的なものに
酸化的DNA損傷というものがあります。
太陽光線の暴露により、皮膚内にさまざまな活性酸素が発生して起こります。
したがって中から活性酸素を抑える抗酸化作用の高いものを摂取することで、
浴びた紫外線によるダメージの修復力をupできるのです
年齢とともにこの修復力は減弱するので
より抗酸化作用を促す物質が要求されます。

よって まずはビタミンC(^_^)/はいかかですか~~♪
比較的単独の服用でも効果が発揮されやすい♪
ビタミンCは高い抗酸化作用をもつ代表的な成分です。
しかも皆さんがよく飲んでいるシナール27錠分を1パックで摂取できる
高い吸収率のリポスフェリックビタミンCは私のおすすめです(^_^)/

↓↓↓
詳しくはこちら(^_^)/

 

そして食生活や生活習慣も影響します(^_^;)

皆さん頑張りましょう(^_^)/

 

投稿日:2013年11月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

インプラント治療後のたるみ(/_;)

インプラントなどで抜歯をすると、
歯の埋まっていたところの骨が少し吸収され、
歯肉の量も減ります。歯肉がぎゅっと痩せてしまいます。
歯を抜いた後にインプラントをしても、元の歯がお亡くなりになってしまうと
歯肉(骨)は痩せてしまうのです。
これは仕方がないこと・・・。

そうなってしまうと顔の骨格が下がり、たるみが出るのです。
この事実を否定されている歯科の先生もいらっしゃいますが、
当院にはこのような患者様が多数いらっしゃいますので、
やはり関係があるのではないかと思っています。

このようにインプラント治療後や多数の抜歯後に
鼻下のシワがめだったり、ホウレイ線や口角下のシワが深くなり、
治療を希望される場合には
タイタンなどのリフトアップの機械による引き締め治療よりも、
ヒアルロン酸注射を行って、ボリュームを回復させてシワを改善させる
ヒアルロン酸リフト+シワ注射がおすすめです。

頬上部にヒアルロン酸を注入して皮膚を持ち上げて
そのあとでホウレイ線や口角下のシワにヒアルロン酸を注射して
シワを目立たなくします。

鼻下の縦ジワは、下がった鼻下の皮膚を持ち上げるため、
上くちびるの辺縁にヒアルロン酸を注射してはりを出します。
縦ジワがでにくくなるばかりでなく
くちびるにもハリがでて若々しい印象になります。

歯科の先生からのご紹介状をお持ちの方は
施術料を20%offさせていただきます。

 

ヒアルロン酸注入の詳細はこちら→★★★

 

投稿日:2013年11月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

男性のアンチエイジング たるみについて

 

ここ最近30才代から40才代の男性の方の美容施術が増えています
どうして通ってみようかなと思われたのですか~?と
お尋ねすると 婚活の一貫という方が大半です(^_-)-☆
そうなんですね~~ 若々しい雰囲気のほうがきっとモテますよね

一番多いのは たるみ治療のご希望 (^_^)/
次にシミ

断トツ たるみを気にされている方が多いです。

女子に比べると 美容初心者の方ばかりですので
どの施術を受けてよいものか
とても迷われているようです

一番多いのはホウレイ線が気になる方。
ヒアルロン酸注射がおすすめです。
タイトニングの施術(タイタン)ではとても時間がかかってしまいます。
男性の皮膚は厚いので女性に比べると治療回数がかかります。
ホウレイ線のヒアルロン酸注射の費用は、注入量によりますが
大体平均15万前後です。リフトアップの機械の施術を何回かするよりも
効果は歴然!
その場で改善されるのでご自分でも出来栄えを確認しながら
注入量を調節できます(^_^)/→でも結構私にお任せですけどね(^_-)-☆
お痛みも麻酔の処置でかなり軽いので
全く痛みは気にならなかったという方が大半です。
術後の内出血もなりにくいように
カニューレという先のとがっていない管状のもので注入しています。

そして頬もくぼんで 老けた印象になってしまっている方も多いので
一緒に頬にもヒアルロン酸を注入して
ヒアルロン酸リフトアップもおすすめです

注入量のバランスは女子目線でアドバイスします(^_-)-☆

受診するのが恥ずかしいし最初は勇気がいると
思いますが、みなさん通われるうちに慣れていらして
いろいろなお話で盛り上がることもしばしばです(^_-)

集団お見合いの結果を毎回ご報告してくださったり・・・
婚活の進行状況や・・・
ちょっとした女子意見を聞きたいと相談もあったり・・・
私とは赤の他人なので何でも聞いてください(^_-)-☆

ご相談だけもお受けいたします♪←施術のご相談ですよっ(^_-)-☆

 

ヒアルロン酸治療についてさらに詳しく見る→→★★★

 

投稿日:2013年11月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ビタミンCは風邪やヘルペスなどのウイルス感染の予防や早く治すのを助けてくれる♪

ビタミンCとウイルス」  より

引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」
RL(http://www.iv-therapy.jp/omns/

 

『ビタミンCには、一般的にウイルスを不活性化
する効果がありこれまでにビタミンCによって
試験管内で中和されたり、感染者の体内から根絶
されたウイルスは多種にわたり、

ヘルペスウイルスはその一つに過ぎない
(Levy, 2002)。

他のウイルスを試験管内(生体外)でビタミンCと
混ぜ合わせたときに見られた不活性化と同様に、
以前に行われた2つの研究では、

ヘルペス感染症にビタミンCを用いることによって
後に見られた臨床結果と一貫性のある結果が見られ
ている。

試験管内でビタミンCをヘルペスウイルスと混ぜ合
せたところ、ビタミンCによって、ヘルペスウイルスが不活性化されたのである

(「Holden and Resnick, 1936; Holden and Molloy,1937」)。

ビタミンCを用いたウイルス治療における最も重要な要素は、
十分な量を、十分に長い期間にわたって与えることである。
特定の慢性ウイルス症候群は、ビタミンCを投与してもすぐ
には消散しないが組織や臓器にすでに甚大な損傷があり
文字どおり死の一歩手前にある患者でないかぎり、

ビタミンCで急速に消散させることができない急性ウイルス
症候群というものは、今の時点ではない。

ビタミンC療法は、複数の形態のものが大用量で併用された
のでなければ、急性ウイルス症候群に効果がないとみなす
ことはできない。

急性ウイルス症候群の大半は、種類を問わない適正量の
ビタミンCによって急速に消散することになるが、難治性
の場合は、複数のビタミンC投与法を組み合わせて行う必要
がある。こうした投与計画には以下のような方法が

考えられるが、必ずしもこれだけに限らない。

1. リポソームカプセル入りのビタミンC 1,000~5,000 mg
を毎日、経口摂取する

2. アスコルビン酸ナトリウムの形態で、腸が耐えられる用量
のビタミンCを毎日、経口摂取する

3. 1,000~3,000 mgの脂溶性パルミチン酸アスコルビルを毎日、
経口摂取する

4.体の大きさにより、感染1回につき25,000~150,000 mgの
ビタミンCを、感染の重症度に応じて、毎日くらい頻繁に
静脈内投与する

ウイルス粒子の中に蓄積したビタミンCは、そのアプローチ
によって、急速にウイルスを破壊することができる。

バクテリオファージウイルスのスパイク(とげ)は鉄を
たくさん帯びており、おそらく、局所的なフェントン反応に
よって、スパイクがその宿主細胞膜を突き抜けると思われる
(「Bartual et al., 2010; Yamashita et al., 2011;
Browning et al., 2012」)。
ウイルスには鉄と銅が蓄積され、こうした金属もウイルスの
表面の一部となる
(「Samuni et al., 1983」)。そして、どの部分でその濃度が
最も高くなっていようと、

ビタミンCによってフェントン反応が局所的に上方調節され、
その結果、一般的にウイルスの不可逆的損傷が生じる。
ビタミンCによって、ウイルスや病原体、ならびにガン細胞も
殺すことができる仕組みとして唯一、実際に十分裏付けられて
いるのが、フェントン反応とその上方調節なのである。
ビタミンCは、こうした反応を刺激するため、

多くの感染症やガンの消散における治療効果があるとされている
(「Vilcheze et al., 2013」)。

ビタミンCは、あらゆる種類の感染症の消散に役立つが、
急性ウイルス症候群には、とくに劇的かつ迅速な効果を
もたらすため、感染患者に対する治療プロトコルに

必ず取り入れるべきである。』

(Dr. Thomas Levyは、専門医師会認定の心臓専門医であり、
弁護士でもある
。Curing the Incurable: Vitamin C, Infectious Diseases, and Toxins(不治の病を治す: ビタミンC、感染病、毒素)をはじめ、いくつかの著書がある。)

<オーソモレキュラー医学ニュースサービスー日本語版>
<国際版編集主幹>
Andrew W. Saul, Ph.D. (USA)
<日本語版監修>
柳澤 厚生(点滴療法研究会)
溝口 徹 (新宿溝口クリニック)
姫野 友美(ひめのともみクリニック)
齋藤 糧三(日本機能性医学研究所)
北原 健 (日本オーソモレキュラー医学会)
<翻訳協力>
西本貿易株式会社ナチュメディカ事業部

引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」
RL(http://www.iv-therapy.jp/omns/

 

★今年の夏頃から帯状疱疹や口唇ヘルペスが例年よりもかなり
多くの方がかかられました。
しかもこれまでは免疫力が低下している高齢者で多かったのですが、
今年は20歳台から30歳台の比較的若い方での罹患がめだちました。
明らかな原因はわかりませんが、これからはインフルエンザや風邪の
流行期に入ります。
上記のリポソームカプセル入りのビタミンC超高濃度ビタミンCの静脈注射
風邪やインフルエンザ、ヘルペス、帯状疱疹の予防や、かかってしまった際に
早く回復させる効果が期待できます。

ちなみにビタミンCをたくさん摂取している私は、
めったに風邪をひきません。またかかかっても数日で回復します(^_^)/
ビタミンCの効果と思います♪♪

みなさんもビタミンCをたっぷりとって感染症にまけない体を
作りましょう(^_-)-☆

 

投稿日:2013年11月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★