八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

おとなニキビを根本から改善しようヽ(*´∀`)ノ

思春期にできるニキビと大人になってから
できるニキビは主な原因が異なります。
大人のニキビは、複雑にいろいろな原因が
絡み合っています。

まずは毛穴の詰まり。
毛穴の入り口が角質化して狭くなると
ニキビになりやすくなります。
ホルモンの影響や 毛穴の刺激物質の増加、
物理的刺激(摩擦など)、化学的刺激(洗顔料
、シャンプー、リンス、化粧品などの界面活性
剤や毛穴に詰まりやすい化粧品成分など)
その結果 毛穴に皮脂がたまると ニキビ菌が
増加し、赤くはれて炎症を起こします。

それに加えて皮膚のコラーゲンの脆弱、
皮脂分解能の低下、腸内細菌の乱れ、
皮膚の角化異常、ストレスなどが複雑に
関与しています。

保険診療でのニキビ治療は、抗生物質を、
飲んだり、抗菌剤を塗ったりしてニキビ菌
を減らすものが主体です。
一時的に症状を抑える対症療法にすぎません。
したがってやめればまたもとに戻って
しまいます。

根本的に治してにきびのできにくい肌にするには、
皮膚のコラーゲンの強化、皮脂代謝の改善、
皮膚の角化改善そしてストレスの影響を減らすこと
が重要です。

当院では保険診療でのにきび治療のほか、
自費診療にてにきび跡、クレーターを治すレーザー
治療、ビタミンA外用療法などのスキンケアを
行っております。
そして
にきび体質を根本からケアする栄養療法アプローチを
行っております。
皮膚は内臓の鏡です!
にきびになりやすいまたはにきびが治りにくいのには、
体の中の代謝に問題があります。
にきび肌を改善するために不足している栄養素の補充
により、にきびになりにくいお肌へ導きます。

IMG0040

ビタミンA角化異常を改善し、やわらかな肌に
ととのえます。
毛穴の角化異常を改善して毛穴の中に皮脂が貯留
しないようにします。
保険診療で使用しているアダパレン(ディフェリンゲル)
もこのビタミンAの仲間です。
鉄・ビタミンC・タンパク質コラーゲンの増生
必要です。
はいろいろな酵素を活性化したり、酵素の構成成分
となり、体内のさまざまな代謝に関わります。
とくに生理前に悪化する方は鉄欠乏を改善させると、
有効です。
健康診断での鉄欠乏性貧血を指摘されていなくても、
貯蔵鉄が不足していて、十分足りていない方も
大勢いらっしゃいます。
したがって当院ではニキビの方にも血液検査を行い、
栄養状態を確認することもあります。

これらの必要栄養素を当院の特別なレシピでバランスよく
サプリメント(食品)で補充して
根本から治療!

Food Supplements vs Healthy Diet

根本的にニキビ体質から脱出したい方には
当院の栄養アプローチによる治療をお試しください。

★クリニックオリジナル ドクターズサプリメント★

ニキビケアケアセット(スペシャル)30包 ¥12,075
ニキビケアセット(プチ)       30包 ¥8,793

 

 

投稿日:2014年3月10日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, ニキビ

トータルホルモン補充療法について  by(まもなく開設) アクティブエイジングClub

トータルアンチエイジング
アクティブエイジングClubは来月開設をめどに
準備を進めております♪
logo_1-1

 

 

ご希望の方にはすでにはじめている
ホルモン補充療法ですが、
アクティブエイジングClubでは、
保険診療内での最小限の補充療法も行いますが、
トータル(総合)ホルモン補充療法
すなわち性ホルモンなど特定のホルモンの
補充だけでなく、数々あるホルモンの加齢による
減少を総合的に診断し、最適値に補充して
体全体を健康で若々しくする理想的なホルモン補充療法
を行います。
体のホルモンは全体のバランスが大切です。
そしてひとつのホルモンだけを補充しただけでは、
病気の予防や健康で若々しいエイジングを
おくることは難しいのです。

日本の保険診療は予防医学が遅れています、
そして医療経済の破綻からその内容はとても貧相な
ものです。
現状としては、いまだ最小限の性ホルモンの
補充しかできず、充分ではありません。
そして使用できるお薬も古典的でさまざまな副作用が
あります。
日本の保険診療は製薬会社に握られているため、
より高品質な進化した安全な薬剤を柔軟に取り入れ
られないシステムが出来上がっています。
決して安全性に慎重なばかりではなく、
うけいれられない日本の医療における事情が根底に
あります。
このことに対する改革はまだまだ時間を要します。
したがって、より安全でエビデンスのある治療は、
保険診療にこだわらず、皆様自身が判断して
健康をつかむことが必要です。


アクティブエイジングClub
では、
米国でのナチュラルホルモン補充療法を取り入れ、
最先端のホルモン療法をご提供します。
米国における総合ホルモン療法の先導的医師
Dr.Rouzierと提携し、彼の処方をもとに、
みなさまひとりひとりにテーラーメード処方を
ご提供いたします

このトータルホルモン補充療法で用いるお薬は、
ナチュラルホルモンとも呼ばれ、お薬というよりは、
私たちの体のホルモンに限りなく近づけた
バイオアイデンティカルホルモンです
保険診療で使用しているホルモン剤は私たちの体の
ホルモンとはことなった合成ホルモンです。
なぜそれをいまだ日本では使用しているのか?
製薬会社は合成ホルモンでないと特許が取得できず
儲けにならないから。ただそれだけです。
安全性重視ではありません。
そしてホルモン補充療法における副作用の多くが、
合成ホルモンであるがゆえのものであることを
皆様にお知らせした上で、どのようなトリートメントを
ご希望するかは皆様しだいです。
そんな合成ホルモン剤を、いまやにきび治療や
PMSにまで多用されていることは非常に心配です。

アクティブエイジングClubでは、さまざまな医療情報
をグローバルな視点でご提供いたします。
真実は何か、正しい情報はどれかを追究し、
充分にお知らせした上で、治療を皆様とともに選択して
いきたいと考えております。

栄養解析オーダーサプリメントをはじめ
一部のサプリメント療法やホルモン検査などは
はじめております。
ご希望の際は私までご相談ください♪

投稿日:2014年3月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

運動後だけじゃない!痛み止めの飲み薬でも 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(食物アレルギーの一種)と同じ症状が出ることもあります

小麦を食べたあとに運動で誘発される
食物依存性運動誘発アナフィラキシーという
重篤な食物アレルギーがあります。
小麦を食べただけではアレルギーを起こさず、
食後安静にしているとならないのですが、
食べてすぐに運動をした時にだけ
呼吸困難、血圧低下、失神、腹痛、嘔吐、
かゆみ、発疹などの重篤なアレルギー症状を
起こします。

そもそも食物アレルギーは、消化が不十分な
おもにタンパク質が、腸で良くない異物と認識
されると獲得してしまいます。
次にその物質が体に入ってきた際に、
速やかにそれらを排除しようとする反応が
強く起こるようになったものがアレルギーです。

消化しにくい食物や消化機能が低下していると
アレルギーになりやすいといわれています。

乳幼児に食物アレルギーが多いのは、
この消化機能が未熟なためです。
十分に消化されないまま腸にとどまる
ことによります。
したがって乳幼児期の食物アレルギーは、
胃腸機能が成熟する2歳頃には
食べられるようになることが大半です。

加熱をしたり、食事の形態を工夫して
消化をよくすることや、胃腸の調子のわるいときに
消化の悪いものをいただかないようにするのも、
食物アレルギーにならないための予防になると言えます。

そして胃酸は蛋白質の消化に重要です。
不必要に胃酸を抑える薬を服用することも、
食物の消化が悪くなり、アレルギーを獲得しやすくなる
可能性があります。

そして冒頭にお話した食物依存性運動誘発アナフィ
ラキシーについて書かれたもののまとめを以下抜粋
いたしました。
(SEMINARIA DERMATOLOGIE
「食物の形態および消化・吸収食物アレルギー」
西神戸医療センター皮膚科部長 堀川 達弥先生
より)
食事依存性運動誘発アナフィラキシーは小麦
によるものが多いのですが、その大多数は小麦成分の
グリアジンという蛋白質に対するⅠ型アレルギーのある
個体におこります。小麦を食べるだけではアレルギー
症状はおきませんが、小麦を食べた後に運動すると発症
します。その機序は、島根大学の研究グループによって
明らかにされました。
 小麦を食べて安静にしていると、グリアジンは十分に
消化されてから吸収されるため血中には検出されませんが、
小麦を食べた後に運動すると、血中にグリアジンが検出
されるようになります。非常に激しい運動をしたときには
消化管への血流が80%に減少し、消化管粘膜の障害が
おこるとされています。

そしてさらには
食事依存性運動誘発アナフィラキシーは食物摂取と
運動の組み合わせだけでなく、食物摂取とNSAIDs内服
でもおこります。NSAIDsは胃だけではなく、小腸の
障害も起こすことが判明しました。
実際に、NSIDs内服後に小麦を食べると、運動をした
ときと同様に血中にグリアシンが検出されるように
なります。
 つまり、NSAIDs内服は消化障害を来すため、小麦
を食べたときに通常では吸収されないグリアジンが
吸収されてしまいます。
* NSAIDsとは痛み止めのことです。

またストレスでも消化管障害により、
同じようなことが起こりうるとも述べら
れています。

 

このようにアレルギー疾患は
胃腸機能が原因の場合が多く見られることが
わかってきています。
健康な胃腸すなわち粘膜が健康であることが
アレルギーを予防するうえでとても
重要です。

当院ではアレルギー疾患の方や、
胃腸粘膜を整えるために
ラクトフェリンのサプリメントを
処方しております。

ラクトフェリンは腸内のビフィズス菌を増やし、
腸の免疫機能を整えます。
ビフィズス菌がアレルギーの予防やアトピー性皮膚炎
を改善させる効果については多数報告があります。
(*Xiao JZ,Kondo S, Yanagisawa N,et al:
Effect of probiotic Bifidobacterium longum BBS36
in relieving clinical symptoms and modulating plasma
cytokine levels of Japanese cedar pollinosis during the
pollen season.
*Kalliomäki M,Salminen S,Arvilommi H,et al:Probiotics
in primary prevention of atopic disease : a randomized
placebo-controlled trial. Lancet 357: 1076-1079,2001)

 

アレルギー体質を改善したい方は
ぜひお試しください。

 

美肌と健康は腸から♪

 

バイオラクト(ラクトフェリン) 20錠 ¥1,050

投稿日:2014年3月1日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

3月16日(日曜日)は診療しております♪ プレゼントありますヽ(*´∀`)ノ

毎月第3日曜日は
保険診療、美容皮膚科ともに
診療しています。

診療時間は10時~13時、14時~17時
です。

3月16日(日曜日)に
美容皮膚科を受診された方には
日頃の感謝をこめまして
ささやかなプレゼントをさせていただきます♪

今回はホワイトデーにちなんで
プロテインビスケットを少しですが
おすそわけいたします♪

プロテインビスケット ソイココア と
プロテインビスケット ミルク があります♪

IMG_0538

 

 

 

 

 

1日大体30gほど蛋白質が足りていない人が
多いといわれています。
でも、30gをあととると思うと大変です。

お豆腐なら9丁あと食べなければなりません。

プロテインパウダーでとるのが
もっとも効果的ですが、それもなかなか
大変です。

でも潤いのある美しいお肌のためにも
タンパク質は重要です
そして健康なダイエットにはタンパク質が
必要です

そこで私のお気に入りはこれ!!
このビスケットでは、
ココア味のソイココアは、さっぱりした
ココアクッキーという感じです。
1袋小さなビスケット4枚で約5gのタンパク質
を摂ることができます。大豆タンパクをベースに
しています。(1袋97.2kcal )
そして砂糖やマーガリン不使用です。
ミルク味の方は、乳タンパクをベースとした
甘すぎず食べやすいビスケット。
1袋にスティックタイプのものが12本入って
約10gのタンパク質が摂取できます
もちろんこちらも砂糖やマーガリンは
入っていません。(1袋138.6kcal )
ともに食物繊維入り♪
とくにミルク味の方はすあまで
私好きです♪

おやつたべていいんだ~ヽ(´▽`)/

 

販売もしています★

プロテインビスケット
● ソイココア 1箱(4枚x5袋)  ¥3,675
● ミルク   1箱(12本x10袋)¥5,040

投稿日:2014年2月28日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

マスクだけではもはや防御できない花粉・・・

テレビをみていても、PM2.5と花粉の話題
ばかりですね。
花粉症のある方はこの時期は大変ですね。
花粉の入らないメガネやマスクなどみなさん
いろいろ工夫されています。
メガネは息を吸わないので有効だと思いますが、
マスクはなかなか難しい・・・。という
悲しいお話をさせていただきます。

大気中に浮遊する粒子状物質の径が
2.5μmより小さいものをPM2.5と呼びます。
黄砂、自動車の排気ガス、工場からの煙等で
かなりの集合体とならないと、眼に見えること
は稀です。
いうまでもなく、粒子が小さくなるほど、
肺の奥、さらには血管へと侵入しやすくなり、
アレルギー、ぜんそく・気管支炎・肺疾患の
発症リスクが増加します。

これらの物質は非常に小さいため、通常のマスクを
ただつけているだけでは、素通りです。
気分の問題だけで、実は吸いまくっています
(>_<)キャー
N95や国家検定規格DS2などのマスクを着用する
ことがすすめられていますがとてもそれをはめて
外出するのには抵抗のある本格的(◎o◎)な
マスクなのです・・・。

200px-N95mask
通常の花粉の粒子の大きさであれば、
それ以外のマスクでは、値段には差がありますが、
効果にはあまり差がないようで、それなりに有効
なようです。
(cf.「花粉などの捕集をうたったマスク」についての
独立行政法人 国民生活センターの報告による)

マスクを正しく装着し、マスクと顔の隙間を
なくすように顔にフィットさせれば
ある程度防御できそうである?

ところが・・・。

スギ花粉とPM2.5などの大気汚染物質が一緒に
なると、花粉の粒子が大気汚染物質により
傷き壊れやすくなり、内部からアレルギーの原因
となる物質が大量に放出されます。
そして元のスギ花粉の大きさよりさらに小さな粒子
になり、PM2.5どころではないさらに小さな
PM1.0となることがいわれています。

こうなってしまうと、防御するのは非常に困難です。
あの異様なマスクしない限りは吸い込んでしまいます。

だから、粘膜の強化ヽ(・∀・)ノ
このような微量な粒子を寄せ付けないように
粘膜機能を高めて抵抗力をupしましょう。

健康な粘膜は異物が侵入しないように、
粘液という液体の膜の層で覆われています。
また、線毛という粘膜に生えている
毛のようなものが異物を掃き流してくれます。
たんぱく質量グルタミン(アミノ酸の一種)
不足すると 粘膜は弱くなります。
またビタミンA鉄分は線毛運動に重要です。
これらの栄養素が欠乏していると、 うるおった
健康な粘膜を維持できず、 アレルギーを獲得し
やすくなります。

もはや防御だけしていてもだめ!
適当なマスク装着や衣服をはたいたところで
たいして花粉からさけられません。
粘膜機能を高めて異物に抵抗できる体作りで
予防しましょうヽ(´▽`)/

当院で処方している
クリニックオリジナルサプリメントの
花粉症セットは、これらの機能をバックアップし、
花粉によるアレルギー反応を抑えます。

効果を実感していただいております♪
からだに優しく、根本から治療!
抗アレルギー薬で抑えるだけの治療
から脱却しましょうヽ(´▽`)/

 

クリニックオリジナルサプリメント
ドクターズレシピ 花粉症セット

30回分    ¥6,987

 

 

 

投稿日:2014年2月27日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

3月限定キャンペーンのお知らせ

増税前にやっておきたいトリートメント
no1は年に1回のヒアルロン酸注射
のようです。

毎日多くの方が、ちょっと早めに。という
ことで来院され、この2月も非常にたくさん
お注射治療しました。

やっぱり増税となると
する予定のものは早めにしておこうと
言う気持ち・・・しょうがないですよね~。

当たり前ですが、お納めした税金は
適切に使用していただきたいものですね!

そんなわけでヒアルロン酸の注射は
もうしたからしばらくは大丈夫かな~。
とお思いの方が多いと思いまして、
お顔の輪郭は整えたところで
つやっと、ぷるるんっと表面をヽ(´▽`)/
3月のキャンペーンには
メソセラピーをいれておきました ♪
マイクロニードルを使用する
このメソセラピーは一度してみると
またしたくなっちゃう人気のトリートメント
ですよ♪
私も夜な夜な行っております( ´艸`)

そしてお買い物メニューも♪♪♪
一番人気リポ・スフェリック™ビタミンC
育毛サプリのパントガーです。

3月限定キャンペーン アップしていますので
みてみてくださいね →→★

 

 

投稿日:2014年2月26日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

お子さんへの放射線障害対策のビタミンCはどうやって飲ませたらいいですか?

放射線障害を予防するために
抗酸化サプリメントの補充をぜひ
お願いしたいのですが、どのように
取り入れたらよいかについてお問い合わせが
多いので、当院での投与方法をご紹介します。

お子さんにとりいれやすいのは
ビタミンCです。
吸収率を考えるとリポソームタイプが
理想的ですが、美味しくないし高価なので
当院ではビタミックスという粉状のものを
処方しています。砂糖不使用ですが美味しいです♪
そのままでも美味しく舐められますし、
ジュースにして飲むこともできます。

1袋に500mgのビタミンCが入っています。
1日1袋を飲んでいただいています。
ビタミンCの他にも成長に必要なビタミン補給、
集中力や能の機能をアップするビタミンBなども
含まれています。
えっ?子供にもサプリメント?って思われるかも
しれませんが、最近は食生活習慣により、大人以上に
必要栄養素が取れていないお子さんが多く、
落ち着きがない、多動、学力低下そして
切れやすい若者も必要栄養素の不足が原因と
なりうることがわかってきています。
放射線障害以外の目的も含めて
食事からの摂取が不足しやすいビタミンB群を含めた
マルチビタミンのビタミックスをすすめています。

そしてビタミンC単独で摂取するよりも、うまく活用
されてます。

これに加えて市販のお安めなビタミンCで摂取量を
調節して分割して補うのが良いと思います。
ビタミックス 1箱30包 ¥4,320(税8%)

投稿日:2014年2月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

やはり悪い予想が現実となりつつあります。予防をわすれないで!!

「汚染水を知り、内部被曝を防ぐ」
診療研究 第493号 2013.12 より 以下
抜粋

すでに多発している甲状腺がん
2013年8月、福島県は43人の子供が

甲状腺がんもしくは「ほぼ確実な疑い」と
診断されたとは発表した。
半減期の短いヨウ素131は、事故初期の
被爆の中心で子どもたちに甲状腺がんを
多発させる。
チェルノブイリでは、事故後5年を過ぎる頃
から急速に子どもの甲状腺がんの発病が
目立った。
 福島県は、事故当時18歳以下だった36万人
のうち21万人の甲状腺の検査が終わった時点で
中間報告を行った。43人の甲状腺がんということは、
もともと100万人に1人か2人しか発病しない
子どもの甲状腺がんが、204人も出ている計算に
なる。これに対して県は「原因が原発事故とは
考えられない。福島の被爆はチェルノブイリと
比較すると少ないし、5年以前には目立たな
かったから」と答えている。
 2年目の時点で、チェルノブイリと比較できない
ほど大量に発病している理由は、「計測できなかった
被曝量が多かったから」と考えるのが自然の
解釈であろう。このペースで5年過ぎる頃には膨大な
数の子どもたちに甲状腺がんが発病せずに、エコー
技術の進歩が早期からがんを見つけ出したのだと
結論できる日が来ることを願うしかないのだが、
福島で被曝した親子の恐怖と怒りはいかばかりで
あろう。これは「風評」でも差別でもない。
科学的な事実で「実害」なのである。

そして食物からの放射性物質の摂取を抑える注意に
ついても書かれています。

 

 

私の周りのご家族も、食品の産地に気をつけていたり、
外食を控え、お惣菜を買わないようにしていたりして
汚染された食品を可能な限り摂取をしないようにする
工夫をしている方が多いです。
でも、限界があると思います。
年数が経てば経つほど、食物連鎖により放射性物質は
濃縮されていきます。もはや入らずにはすまない状況が
やってきます。

放射線障害を予防することが大切なのです!
以前にもお話したように、放射線被爆は
DNAに放射線があたり生じる直接的障害だけでなく、
80%は浴びたときに生じる活性酸素によるダメージです。
すなわち抗酸化作用のあるものを摂取することで、
被害を減らすことができるのです。
ビタミンCで言えば1日にたった3~5gの摂取でも
予防になります。
ビタミンCに限らず抗酸化サプリを摂取することで、
被害を最小限に食い止められるのです。
お母さんが美容のためにと飲んでいるサプリメントを
お子さんに差し上げてください。

放射能の影響はまだまだ何万年と影響
し続けるものもあります。見えないだけに、
みなさん忘れてきていませんか?
この見えない恐ろしい悪魔を意識して、
もっともっと子供たちを守ってほしいのです!
影響がでてからでは遅いのです。
子供たちには選択できません。
お母さんやお父さんが意識してくれないと・・・。
ご両親が無頓着なばかりに、
お子さんに健康被害が生じることのないように
もっともっと勉強しましょう。

このような情報をもっと発信すべきマスコミは
また別の悪魔に犯されているようです・・・。
この真実をこっそりとしか伝えません。
政府も信用できない・・・。
それに早く気がついてくださいね。
もはや自分たちで守るしかないのですよ/(-_-)\

 

以前よりお話しているように、日本の医療は
病気になった後の治療は進んでいますが、
病気にならないための予防医学は海外に比べて
非常に遅れています。
もっと予防意識を高めましょう!

投稿日:2014年2月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

脱毛はクリニックでやれば安全。とは限らない・・・。

以前よりエステでの脱毛施術後の
皮膚トラブルのフォローアップを
させていただく事はしばしばありましたが、
このところ、他のクリニックでの脱毛後の
トラブルのご相談がたびたびあり心配しています。

レーザー脱毛後の毛のう炎(毛穴に一致して
赤いぶつぶつができる)、脱毛後の毛穴の色素沈着、
硬毛化(脱毛後にかえって毛が濃くなる現象)など。

驚くことに、患者さんは医師にその旨を相談しても
経過観察してください?!(観察してどうなるので
しょうか?)とかひどいときには皮膚科がご専門
ではないようで「皮膚科に受診するように」!?と
いわれたといって当院を受診された方もいます。
そして最近多い硬毛化の相談。
経過の記録写真をとっておらず、かえって濃くなった
ことを相談しても、証拠がないと診ていた
だけなかったとか、硬毛化現象についてすら知らない
という医師の返答であったり驚くことばかりです。

これでは、みなさんが安心できるからと
クリニックで脱毛を行っていても、
エステでの脱毛とまったく変わりありません。

私は開業前の2年間、他のクリニックで実際に
レーザー脱毛をそのクリニックの医師の指導のもと
看護師さんにまじって自ら照射を行い経験をつみました。
ですが最近はまったく経験もないまま治療をはじめて
しまう施設が多いことが以前から問題視されています。
施術自体はだれにでも簡単に行えるたいして
技術を要しないものです。
問題はその方の肌や毛にあった強さと照射密度、
治療時期の間隔、照射後の皮膚反応を診察して
アフターケアを行うこと、硬毛化傾向を初期に
見つけることそしてその対策をこうじること。

当たり前のようですが、実際はきちんとされて
いないというよりは医師自身に経験がなく対応
できないていない ようなのです。

以前他で勤めていた当院で働く看護師に
「このクリニックでは脱毛後に毛のう炎起こす人
見たことがない、硬毛化もみたことがない」と
関心していわれました。
いずれも誰にでも起こる可能性のあるレーザー脱毛
におけるリスクではありますが、
その対策をしていることはリスク回避に大きく影響します。
これがやはり経験の一言につきます。

みなさんが医療施設で脱毛治療を受ける際には、
最新の機械であるかなどはあまり関係ありません。
施術後のケアが行き届いているか、硬毛化対策を
講じているか、医師が治療前後に診察しているか、
看護師まかせでなく医師がきちんとレーザーの強さ
を決めているか、そして当たり前ですが医師に
十分な治療経験があるかを確認してください。

 

 

投稿日:2014年2月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

「皮膚は内蔵の鏡」は本当です。

毎日私たちの肌は、
さまざまな刺激を受けています。
日光を浴びて紫外線のダメージ、
毎日の洗顔の刺激、
メイク、乾燥、汗・・・。
でも、私たちの皮膚には、
このような外部からの刺激を受けても、
修復して元の皮膚に戻る力があります。
その治癒力、回復機能が何らかの原因で
衰えて修復がしきれなくなると皮膚症状
として残ってしまいます。

「最近化粧品がが合いにくくかぶれやすい。
以前はそんなことなかったのに・・・。」
もちろん、実は合わない化粧品をしらずしらずの
うちに使用しているためであったり、
洗顔のしすぎなどの原因の場合も多いのですが、
皮膚ばかりでなく、全身の創傷治癒能力が
低下しているサインのこともあります。

「皮膚は内蔵の鏡」
加齢による創傷治癒力の低下や
肌のバリア機能を維持するために必要な

栄養素の欠乏すなわち治すために必要な
材料がなくて治せなくなっている。
そんなこともあるのです。
全身の皮膚が乾燥して、弱くなっているとき
にはその可能性があります。
保湿することだけでなく、
どうして乾燥して弱い肌になってきて
しまったのか?を考えましょう

 

「皮膚は内蔵の鏡」
「顔のくすみが気になる」と
美容皮膚科を受診される方の中には、
顔色が緑黄色でくすんでいる、
肌にはりがなく元気がない。そして乾燥ぎみ。
こんな方は鉄欠乏性貧血の事、結構あります。
写真をとった時に、自分だけ緑黄色く
くすんでいる時は要注意です。
それは肌のくすみではなく
体全体のくすみ
美白化粧品を使用したり、美容の施術でケアをしても、
外側からの治療だけでは改善しません。

 

「皮膚は内蔵の鏡」は本当です。
皮膚の「膚」という時には「七つの胃」
という字が入っているように、内蔵の状態
すなわち体の中の健康状態を
反映しているのです。

肌を美しく健康にするには、
体の中から綺麗!ですよ♪

 

 

 

 

 

投稿日:2014年2月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★