八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

リンゴ果実培養細胞エキスがやってくる!

スイスの「腐らないリンゴ」の幹細胞を培養したエキスが
エイジングケアとして今後注目をあびそうです。
腐らない=老化しない ことからアンチエイジング物質として着目されています。
幹細胞は定期的な細胞の再生や壊れた組織の修復にかかせない細胞です。
その幹細胞を活性化させることで、紫外線によるダメージの回復、
コラーゲンやエラスチン生成の活性化などさまざまな細胞が活性化され、
うれしい効果がいっぱいです。

さっそく試してみることにしました。

まずは「リンゴ果実培養細胞エキス」配合の
化粧下地。ジェーンアイルデールの新商品
下地として塗っておくことで、
UVカットクリームだけでは防ぎきれない
紫外線のダメージを修復できそうです。
その効果はどう評価してよいかがわかりませんが、
理にかなっているのでこの夏は使ってみようと
思います。

 

 

 

皆様からも使ってみたいというご要望が
多いようでしたら、当院での取扱いを検討いたします★

 

そして「未成熟リンゴ由来成分配合」の美容液 mesoestetic®のシリーズ

 

こんなかわいいセットになっています。

 

タオルまで
入っています♪

 

 

 

 

 

 

*ステム セラ セラム
*ステム セラ アクティボ
*ステム セラ リップコンテユア

の3種類

 

 

週に
一度の
集中美容液

高濃度
リンゴ
由来成分配合

 

 

 

 

 

リンゴ由来成分の他に
ビタミンA 、E
ペプチドも配合。
アンチエイジングには欠かせない成分ですね。

 

 

 

 

 

口唇周囲の肌のキメを細かくする
口元専用美容クリーム

リンゴ由来成分の他、
高濃度ヒアルロン酸も配合。

 

 

 

 

 

当院で人気の高いライブスキンプログラムやCクエンスシリーズと
比べると即時効果は実感できませんが、
ひそかに取り入れたい成分です。

 

投稿日:2012年5月31日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

日差しをたっぷり浴びた後は・・・

週末はワン子たちとのお散歩が一番の楽しみ。
秘密の場所でLunchしながらすごします♪

 

大草原でお散歩♪

 

 

ラトゥールとラフィットもうれしそう♪

 

おもいっきり走ります♪

 

 

 

 

 

たくさん日差しを浴びた日は、しみにならないようにお手入れが大切。
紫外線を浴びたあと5日後までが勝負です!!
35%ビタミンCパックでお手入れします★
ぬって3分待ってすすぐだけの
簡単お手入れ。
塗布するとポカポカと温まり、
ビタミンCのカプセルが溶けだして、
お肌に浸透していきます。
顔、デコルテ、手、腕をケア。
日差しをたっぷり浴びてしまっても
その後お手入れすれば
大丈夫ですよ!

 

 

¥4,200

 

 

 

 

投稿日:2012年5月28日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

キッズスペース新しくしました☆

お子様の受診も多い当院では、
待合スペースの一角にキッズスペース
を設けてあります。時間によっては
ちびっこ達でとても盛り上がっています!
せっかく泣かずに診察できたのに
帰りたくない!とキッズスペース
で泣いてしまっているお子さんも
よく見かけます。

 

 

病院を怖がるお子さんに、少しでもリラックスしていただければと
思っています。

また、美容の施術をお受けになる間、お子様をお預かりする
サービスもしています。(要予約)

投稿日:2012年5月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

第13回 キャンデラ ユーザーズミーティング

キャンデラ社ではシミやアザの治療に使用される
Qスイッチアレキサンドライトレーザーと
レーザー脱毛器を2大主力商品とし、
とくにレーザー脱毛器のGentleLASE®、
GentleYAG®は全世界で約10,000台が導入
されおり、日本でも多くのクリニックに普及
されています。
当院でも厚生労働省の承認を得ている
アザ・シミ治療器のAlexLAZR®と
永久脱毛の可能なGentleLASA®を使用しています。

年に数回キャンデラ社のユーザーである医師が
集まり、新たな治療方法や問題点などを議論して
いま す。

 

今回のセッションで一番熱い議論が交わされたのは、最近増えているといわれている
レーザー脱毛や光脱毛による硬毛化(太毛になる現象)の問題についてです。
当院ではごく一部の方でしかみられていませんが、先生の中には30%、80%(!?)の
患者さまで生じてしまうとおっしゃる施設もありました。驚愕です。
施設によって若干の強さの設定や照射後のケアなどによる差のようです。
当院では毛質、毛量、肌質を私が毎回診察をして強さの設定と照射する密度を
決定しています。ごく稀に体質的に硬毛化する方がいらっしゃいますが、
かなり稀なことですし、経過中に一部で硬毛化しつつある所見がわずかにでも
みられる際には照射方法を工夫してその都度対応していますので、
当院では少ないのではないかと思っています。
今回の報告では、硬毛化しやすい部位はうなじ、肩まわり、背中とのことでした。
海外では照射部位ではなくその周囲の硬毛化の報告があります。
いずれもそうならない方がもちろん大半ですが、
硬毛化を起こしやすい方の特徴として毛の密度の高い(濃いめ)の方、ニキビ肌の方、
ピルを内服している方、婦人科的にホルモンバランスの乱れている方、肌の色の濃い方、
20歳台の若い方に多いとどの先生がたも同じご意見でした。
これらの体質の方には今後は事前のご説明が必要といえます。
また、万が一硬毛化してしまった際の対処方法についても議論されましたが、
先生方によって意見はさまざまでした。今後もさらなる情報の集積、検討が必要です。
そして脱毛機器による差はないとのことで、GentleLASE®でとくにおこりやすいという
わけではなく、ユーザーがただ単に多いだけであり、多種機器をお持ちの先生はどの機器に
おいてもほぼ同じ頻度で起こり、やはりその方の体質によるとのことでした。
10年近くレーザー脱毛をしてきましたこの経験を生かして、今後もより慎重に丁寧に
ケアを続けていきたいと存じます。

投稿日:2012年5月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

誕生日でした♥

今日は4?才の誕生日でした。記念すべき金環日食の日に。
患者さまやスタッフからお祝いをいただきました。
ありがとうございます!
これからも充実した楽しい40歳台を送りたいと思います♥

ふぅ~ ~
久しぶりにろうそく吹き消しました。

 

 

 

 

もう1個のケーキにも ふぅ~ ~

投稿日:2012年5月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ジェーン・アイルデールスタッフによるメイクアップトレーニング 第2回

あのジェーン・アイルデールのスタッフが
直接クリニックに出向き、皆様にご使用方法を
アドバイスさせていただくメイクアップトレーニング
第2回を開催いたしました。前回は講習会スタイルで
行いましたが、終了後の個別のメイクアップ指導に人気が
殺到し、ご迷惑をおかけしてしまいました。
今回は当日ご来院された方にお声をかけて、診察後お時間のある方に
お試しいただくかたちとさせていただきました。

初めてお試しになる方、これまで使用しているが色合わせに迷っている方、
ニキビの隠し方などのテクニックなどをうかがっていらっしゃいました。
私たちクリニックのスタッフよりも、ジェーン・アイルデールの方に直接みて
いただきますと、より的確なアドバイスをいただけますので皆様もご安心されて
いるようでした。

またこのような機会をたびたび設けたいと思います。
今回はあらかじめ皆様にご連絡ができず申し訳ございませんでした。
次回の日程がきまりましたら、早めにお伝えいたします!

投稿日:2012年4月27日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

第28回臨床皮膚科医会総会(博多)

2012.4月22日(日) 博多で行われた日本臨床皮膚科
医会総会に参加しました。
東京はまだ肌寒い日がありますが、
福岡空港におりると、まるでグアム島にでも着いた
かのようなムワッとした温かさと湿度!やはり南国
です。(残念ながらバカンスではなくお仕事。。。)
土曜日も夜まで診療がありますので、開業してからは
学会はいつも日帰りばかりです。

今回の大会のテーマは「基本に忠実・変化に対応
~よりよき皮膚科診療をめざして」でした。
まさに日常の診療に直結する役立つ演題が多くありま
した。

 

 

最近の手足口病は腕やすね、おしりなど手足口?といえないほど広範囲に
発疹のみられる典型的ではないケースが多いと感じていました。
私の大先輩である浅井皮膚科クリニックの浅井俊弥先生が、このことについて
ご発表されました。さすがです。今回のテーマのまさに「基本に忠実・変化に対応」
です。近年ウイルス疾患の皮疹は変化しています。
そして頭皮のフケとかゆみをおこす脂漏性皮膚炎でお困りの方に朗報です。
この皮膚病の原因となるマラセチア(カビ)に対する抗真菌(カビ)成分
配合のシャンプーはこれまでにもご紹介してきましたが、シャンプーの使用
のみでは症状が落ち着かず、塗り薬の併用が欠かせない方が多いのが現状でした。
今回ジンクピリチオン配合シャンプー・コンディショナーでは、その単独使用でも
原因菌のマラセチア菌量が減り、軽症~中等症であれば治療薬を併用しなくても
症状が改善し、維持できるとの報告がありました(順天堂大学 皮膚科
比留間 翠先生方より)。さっそく患者様にすすめてみます。

などなど一生懸命 講演ききました。 学会終了。
クリニックのスタッフに博多のおみやげたくさん買いました。
明日からもがんばりましょう。

投稿日:2012年4月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ジェーン・アイルデール ユニバーシティー 

4月1日(日)、ミネラルコスメブランドの
ジェーン・アイルデール主催のメイクアップ
アカデミーに当院のスタッフが参加してき
ました。他のミネラルブランドとは比較に
ならない品質の高さとセンスの良さが人気
で、数多くのハリウッド女優や各国のセレ
ブ達に広く愛用されているブランドです。

 

 

3日間にわたるカリキュラムのなかで、第1日目はベースメイクとフェイスプロポーションについて勉強しました。

皮膚とメイクの相関関係、ジェーンの商品
のプロダクトと成分について学びました。
合成保存料を含有していないことは言うまでもなく、化学精製された染料やタルクすら使用しないその技術にはあらためてジェーンの素晴らしさを実感させられます。
安心安全ばかりでなく、そのスキンケア効果にも本当に驚かされます。

その後の実習ではプロのメイクアップクリエーターの渡辺康次さんからメイクアップの基礎を教えていただきました。

 

 

 

 

実際に生徒さん同士でメイクアップをトレーニングしました。

ジェーン・アイルデールの商品の良さは一度使ってみれば、どなたにもご満足いただける
ものですが、天然色素のためファンデーションの色合わせは難しいものがありました。
今回のアカデミーでは色合わせのコツや、よりきれいな仕上がりにできるような技術を
習得できましたので、皆様にももっともっとジェーンの素晴らしさをご実感いただける
ことと思っております。

私 院長はこのジェーン・アイルデールを約8年前より愛用していますが、
他のミネラルコスメに浮気したことは一度もありません。
夜に美容液をぬっている時間よりも、日中ファンデーションをぬっている時間
の方が長いのですから、美しい肌を保つには美容効果の高い、ハイクオリティー
なベースメイクにこだわりたいものです。

施術後などにジェーン・アイルデールを
お試しいただけますので
ご興味のある方はお気軽にお声をかけてください。

投稿日:2012年4月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

医療用 手あれの予防・皮膚の保護クリーム

これまでは保湿がメインのハンドクリームが多かったのですが、
うるおいも与えつつ、手みえないベールで水仕事から保護する
新しい発想のハンドクリーム。医療の現場では頻回に手を洗うため
手あれや乾燥に悩む医療従事者が多いです。私たちはこの
モイスポリアを仕事の合間にぬっておくことで、手が乾燥せず
手あれもしなくなりました。効果を実感しています!

私のクリニックは築地市場や銀座に近いため
飲食業や美容師さんが手荒れにお困りで
受診されることが多いのですが、これまでは
すでにできてしまった手湿疹を お薬を塗って治す
ことしかできませんでした。この皮膚をコーティング
できるクリームは水仕事から肌を守ってくれるのみな
らず、保湿効果が高く、においやべとつき感もないの
でお仕事に支障がないと大変好評です。

 

 

価格 35g   778円         75g    1,296円
(税8%)

 

投稿日:2012年2月29日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

第75回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ・レーザートーニングについての話題・

 

2月18日(土曜日)、19日(日曜日)に行われた皮膚科学会に参加しました。

なかでも当院でも今年からはじめたレーザートーニング
についてのご講演がとても参考になりました。
このセッションは多くの先生方から注目が高く、
講演開始前から会場の前には大行列ができていました。
まだまだレーザートーニングを取り入れているクリニックが
少ないので、多くの症例を長期間経過をみられている
お二人の先生によるご講演はとても参考になります。

これまで肝斑には行うことのできなかったレーザー治療
が、このQスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニングでは可能であること。そして効果があるばかりでなく、いい状態で長期間肝斑が再燃することなく維持できていること。最後の治療から2年後もきれいな状態の症例提示が
ありました。これまでトラネキサム酸を内服していれば肝斑
がめだたなくなりますが、やめると元にもどってしまう方や
内服していても効果が不十分の方には朗報です。

多くのケースでは1-2週間に1度の治療でトータル4~8回治療を行っていました。
最初の数回目は効果はまだ実感されにくい方が多いそうですが回数を重ねていくと満足いく効果
を実感されているとのことです。
また肝斑ばかりでなく、これまでのIPL治療にかわる治療ともいえる美肌効果があり、
顔全体の照射を定期的に行うと、くすみ・しみ・目立つ毛穴の改善効果が高いことを
ロボスキンアナライザーで評価していました。当院でもロボスキンアナライザーで症状の経過を
定期的撮影をしていますので、患者様と効果を確認していきたいと思います。
またこんなご発表もありました。シミをとるレーザー治療の1か月ほど前からプレトリートメントと
してビタミンCとトラネキサム酸の服用、ハイドロキノンの塗布を行い、顔全体のレーザートーニン
グ治療を行ってからピンポイントで濃いしみをとっていくと、効果が一段と良好であるとのことで
す。先にレーザートーニングを行っておくとメラニン細胞の活動性がおちてその後のレーザー治
療を邪魔しないようです。当院でもはじめてみようと考えています。

当院のレーザートーニング(レーザーピーリング)について詳しくみる
→ http://www.skinsolutionclinic.com/category/スペクトラ/

投稿日:2012年2月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★