八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

カテゴリ:★ 院長ブログ・医療情報 ★

 

鼻の毛穴用 「マスクピール」開始!

脂っぽい鼻
毛穴の詰まりの多い人
毛穴の過剰な開きに
「マスクピール」をご紹介します。

プラズマ治療や
鼻の脱毛の後のオプションとして
行います。

一度でもこのように
毛穴の詰まりがとれて、お鼻が明るくなります。
治療前



マスクピール直後

プラズマや脱毛で毛を飛ばした後で行うと
効果的です♪

マスクピール鼻オプション
(鼻のレーザー脱毛またはプラズマとの併用のみとなります)
¥2,500(税別)

投稿日:2018年10月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

ホクロの除去

ホクロの除去は、
場所や大きさによって
切って取る場合とレーザーで削る場合とがあります。

この方のように大きなホクロは切って取る場合が多いです。

治療前


治療後

小鼻の付け根に沿って切っているため
傷跡は目立ちません。
1週間絆創膏を貼ります。
抜糸後より化粧が可能です。
しばらくは傷の赤みが目立つ人もいます。

ホクロの状態、種類によっては保険適用(自己負担1個1万円ほど)となります。
(レーザー治療は保険適用外です)

投稿日:2018年10月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

鼻下の縦ジワの治療には唇にハリを♪唇の縁へのヒアルロン酸注射がおすすめです

年齢とともに
鼻の下の皮膚もたるんで伸びて
鼻下が長くなり、
上唇にたるみがかぶり
唇が薄くなっていきます。

そして
鼻下の縦ジワが目立ってきます。

鼻下の縦ジワに沿ってヒアルロン酸を注入したり
皮膚にハリを出す治療を行ってもなかなか
改善しません。

軽度の場合はボトックス注射でしわが寄らないようにするのもよいですが、
鼻下の長さがかなり出てきてしまっている場合には
唇の縁にヒアルロン酸を注入してハリを出したり、
上唇をヒアルロン酸でリフトするのがお勧めです。
リフトにより伸びた鼻下を短くできます。

治療前 78歳女性


治療後

若いの上唇にはM字型の「キューピット・ボウ(天使の弓)」がありますが、それが消失したり、
唇の輪郭が曖昧になってきます。
それをヒアルロン酸で再現させることで
口元が一気に若返ります。
おばあちゃんっぽい口元が
一気に若返りましたよね♪

料金
唇のヒアルロン酸注射施術料¥25,000

ヒアルロン酸(STYLAGE SpecialLips)1本 1ml ¥25,000
(税別)

別途初回カウンセリング料¥3,000
または再診料¥2,000が必要です。
(SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません)

モニターサービスもございます。

 

*上記の情報は2018年10月16日現在のものです。
お日にちがたっている場合には、変更がある場合がございます。
詳細はクリニックまでお問い合わせください。

 

投稿日:2018年10月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

ほうれい線のシワ治療 ヒアルロン酸注入 軽度の場合にはヒアルロン酸リフトでなく、直接ほうれい線への注入で十分です

ほうれい線が気になってきた場合の有用な治療には
ヒアルロン酸注射がおすすめですが、
注入方法にはさまざな方法があります。

当院では以前より、シワにヒアルロン酸で埋める方法
のみでなく「SSCヒアルロン酸リフト」を行っております。
>>>
このようにリフトする方法のほうが、
顔にボリュームが出すぎず小顔効果がありますので
お勧めしています。
でも、軽度のほうれい線のシワの場合には
シワ部分に少量のヒアルロン酸注射でも十分きれいに
整います。

治療前
それほどほうれい線のシワは深くはないですが、
このくらいでも、お化粧をするとしわが寄ってめだったりしますよね。


治療後

ヒアルロン酸はたったの1mlのみの使用です。
不自然に盛り上がることなく
自然な仕上がりです。

この方のように、
厚生労働省の承認のヒアルロン酸
「ジュビダーム ウルトラプラス」を1ml使用した場合には
施術費用は¥75,000です。
それ以外にも、もう少し価格を抑えた韓国製のヒアルロン酸のご用意もございます。

先が針になっていないカニューラを使用していますので、内出血は少なく、お痛みもわずかです。
腫れることも非常に稀です。

モニターサービスもございます。

*上記の情報は2018年10月15日現在のものです。
お日にちが立っている場合には、内容が変わっている場合もございます。
詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

投稿日:2018年10月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

どの痩身機器がいいのか・・・それは使用している医師の体形を見るのが一番の判断要因になると思っています( ´艸`)

痩身機器には多種ありますが、
多くのものは脂肪を溶かしだしてボリュームを減らしたり、
焼いて縮めたりするもので、脂肪細胞の数の減少は少ないですが、
当院のスカルプシュアは脂肪細胞の数自体も有効に減らせる機器です。
その効果と安全性について、世界で唯一FDAに承認されている痩身機器です。

50歳女性 治療前


4回治療以後2ヵ月

 

 

治療前


4回治療後2ヵ月

脂肪吸引手術なみの減少といえます。

ぶっちゃけ(* ´艸`)
どの痩身機器がいいかを皆様が選ばれるときに、
エステの機器との効果の差は今更言うまでもないですが、
メディカルにおいては、
使用している医師のスタイルをみるのが一番効果について判断しやすいと思います(笑)。
どの痩身機器が効果的で、痛みも少なく治療をリピートでき、
きれいな効果が出せて
リバウンドなくそれを維持できているのか!!
そういう視点で観察してみてください♡(* ´艸`)クスクス

結果が維持できていないということは
効果はあるけど痛くてリピートできていないのか・・・
効果が悪いのか・・・
効果は出たけどリバウンドしやすいのか・・・

などなど
その長期結果を最も得ているのは
自分自身に使用している医師ですから・・・

料金
1回(4パート)¥60,000

★割引キャンペーンしていることもありますのでクリニックまでお問い合わせください

★モニターサービスもございます!

治療中は多少の熱さやぴりぴり感があります。
治療直後は軽度の発赤がでますが、すぐにひきます。
治療後に筋肉痛のような痛いが生じることがあります。
治療後にしこりが生じることがありますが、自然に消失します。

食事制限は特に必要ありません。

スカルプシュアについて>>>

 

*上記の情報は2018年10月11日現在のものです。お日にちが立っている場合には内容が異なっている場合がございます。詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

投稿日:2018年10月11日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

さらに進化!たるみを改善 強力リフト力&固定力がさらにパワーアップ 溶ける糸リフト「MWデュアルリフト プレミアム」

全国から多くの方にご来院いただいております
当院の開発した溶ける糸の糸リフト
MWデュアルリフト>>>

さらに進化してリフト力がupしました。

治療前 68歳の女性の方です


右顔が「MWデュアル フェイスライン+頬」
左顔が「MWデュアルリフト プレミアム」
です

左顔のほうが明らかにリフトアップしていますよね。
マイルドの仕上がりを希望されます方には
従来のMWデユアルで。
この際しっかりリフトを希望される方は
プレミアムで💛
MWデュアルリフトはどんどん進化しております★

糸の挿入部は顔にはありませんので傷跡が見えません。
カニューレという先のとがっていない器具で糸を挿入しますので
内出血を起こすことは稀です。
腫れは軽度です。
治療直後からメイクが可能です。
麻酔をしながら行いますので痛みは軽度ですが
多少のちくちく感があります。

料金
MWデュアルリフト
フェイスラインのみの場合¥200,000
頬側まで追加¥250,000
MWデュアルリフト プレミアム¥300,000

別途初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000、お薬代が必要となります。
SSCプレミアム俱楽部会員様は診察料はかかりません。

モニターサービスもございます💛

*上記の情報は2018年10月4日現在のものです。
お日にちが立っている場合には内容に変更がある場合がございます。
詳細はクリニックまでお問い合わせください。

投稿日:2018年10月4日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

傷跡 傷の陥没 へこみに プラズマNeoGen evo &TCAダーマピール

傷跡のへこみを治すことは
非常に難しいです。
当院での治療方法をご紹介します。

幼少時の水痘(水ぼうそう)のへこんだ跡が
眉間にあり、20年前にそのあとを手術で切除したそうですが
その傷が陥没してしまったそうです。
そして1年前に他院でCO2(炭酸ガス)フラクショナルレーザーで
治療をうけましたが効果がなく、
さらに別の傷跡治療専門のクリニックで
内容のわからない(医師より教えていただけない施設のようです)
レーザーのようなもので治療をうけましたが
効果が不明であり
当院を受診されました。

治療前


プラズマNeoGen evo ハイエナジーで7回治療後です。

これでも陥没が浅くなり、目立たなくなってきましたが、これ以上の改善が難しくなり、TCAダーマピールへ変更しました。


TCAダーマピール開始3回後

ほぼ平坦になりました。

よって当院では
プラズマNeoGen evo ハイエナジーとTCAダーマピールにて
傷の陥没治療を進めていきます。

プラズマNeoGen evo ハイエナジー 1shot ¥500

TCAダーマピール 1cm当たり¥3,000

初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000

麻酔クリーム代¥500~

TCAダーマピールについて>>>

 

 

投稿日:2018年10月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

加齢に伴う女性の「頭皮臭」 にも対応!もちろん男性にも💛日本初!頭皮の消臭薬用シャンプー新発売

男性において30~40歳代になると
「ミドル臭」と呼ばれる悪臭が多く発生することが
知られていますが*1
女性においても同じような加齢による「頭皮臭」があります。
女性の「頭皮臭」の研究では、加齢に伴い変化し、
30~40歳代でピークを迎えるようです*2。

女性の頭皮臭のニオイを次のように分類して、
SMORKY:香ばしい、しょうゆのような、スモーキーなニオイ
SOUR:ヨーグルト、酸っぱい、シトラス調のニオイ
OILY:油っぽいニオイ
WAXY:埃(ホコリ)、粉っぽい、蝋のようなニオイ
SWEATY:垢っぽい、納豆のような、蒸れた

20~50歳の日本人女性229名にて評価しています。

分析結果は、
SMORKYは、年代との有意な相関はなかった。
SOUR、OILYは50歳代では有意に減少する傾向がみられた。
WAXYは、20歳代では有意に少ない傾向がみられた。
SWEATYは、30歳代、40歳代が他の世代よりも優位に上昇する傾向がみられた。

この臭いの中では、SWEATYが総合的不快度との
相関が最も高い可能性が示唆されていて
そのピークは30~40歳代でピークを迎えるとのことです。

*1.原 武史 他、日本味と匂学会誌,17,413~416(2014)
*2.水野紗耶香 他、加齢に伴う女性の頭皮臭の変化について,pragrance Journal,43~46

 

体のニオイにきをつけている人は多いと思いますが、
頭のニオイ・・・気が付いていない場合もありますね💦

そこで!!

日本初!
ニオイの原因を退治!

ニオイの原因となる菌を抑える
抗菌剤の入っているシャンプーは他にはありません。

そして「ミドル脂臭ジアセチル」「加齢臭ノネナール」をしっかりと包み込んで抑えます。

洗髪直後からニオイを抑え、24時間たってもしっかり消臭効果を持続!

週に何回か、これで洗うというのもいいですね💛

1本      200ml   ¥1,780
詰め替え用 340ml  ¥2,400

 

投稿日:2018年9月28日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング

目の下のぶつぶつ「汗管腫」のAGNESアグネス治療 つながっているものでも対応できます

他の先生方より、汗管腫のAGNESアグネスでの
治療症例をブログに挙げてほしいというご要望があり、
汗管腫の治療について続けて投稿しています。
今では大変多くの先生方より汗管腫の治療をご紹介いただいております。

目の下や体にぶつぶつができる遺伝性の疾患「汗管腫」は
とても治療が難しいです。
私自身もひどい汗管腫があり、学生時代に何か所か皮膚科を受診しましたが
「治らない」とか「治療すると跡がひどく残る」とか言われるばかりで
基本的にきれいにはできないものだといわれてきました。
私は、このきれいに治療ができない
といわれている汗管腫を
私が治してみせる!!と思い、皮膚科医になりました。
私が医者になった20年以上前は、
状況はまだ変わっていませんでしたが、
次第に炭酸ガスレーザーでの治療を行っている先生が
でてきまして、私も5-6回治療をうけました。
「鳥のとさかのようだなー」と同僚の医者から
いわれるくらいでしたが、何とか化粧で隠せるくらいにはなりました。
でも5-6年するとまた目立ってくるのを繰り返し、
何度も治療をくりかえしました。
しかも炭酸ガスレーザー治療後はただれるため、
テープを数週間貼る必要があり、
仕事を始めてからは、なかなか治療を受けることができなくなってしまいました。
そして今は赤い瘢痕(傷跡の盛り上がり)が残っています。

その後出会ったのがAGNESアグネス。
別の治療として聴きにいったAGNESのセミナーでしたが、
汗管腫にも有効であるという事を知り、さっそく自分にためしました。
テープをはる必要もないのでいつでも治療がうけられますし、
もう炭酸ガスレーザーではこれ以上行うのは難しいと
思っていましたが、さらにまた改善することができました。
残念ながら、昔の傷跡の盛り上がりはAGNESでは縮ませるのが難しく、
まだぶつぶつは残っていますが、今度は別の機械でこの昔の炭酸ガスレーザーでの傷跡がきれいにならないかを試しています。

現在では、大型のものや内容物の露出するものなど
タイプによっては炭酸ガスレーザーやエルビウムレーザーで
治療をしますが、多くのケースではAGNESで治療を行っております。

 

前置きが長くなりましたが、
私のようにつながっているタイプは
炭酸ガスレーザーやエルビウムでの治療がとても
難しいです。
ですがAGNESではこのような連続しているタイプでも
問題なく治療ができます。
私のタイプに似たつながっているタイプの汗管腫の
治療の経過をご覧いただきます。

治療前


AGNES 1回治療後 3ヵ月

 

治療前


AGNES 1回治療後 3ヵ月

このようにつながっている場合には他の治療では、間引いて削るしかなかったり、大きく削って瘢痕が大きくなったりしがちですが、AGNESでは
孤立しているものでも、連続しているものでも関係なく治療が可能です。
またもともとAGNESは、目の周りのシワを改善する治療もできるため、汗管腫により形成される横に走るシワも同時に治療することで、さらに見栄えが良くなります。
この方はまだたった1回の治療ですのでまだまだ残りますが、大変ご満足いただき、今回2回目の治療をうけていかれました。治療を繰り返しますとさらに目立たなくなっていきます。
またその後の経過もお伝えしたいと思います。

*治療当日~数日は赤く腫れます
*翌日から化粧ができます
*治療後に縮むには3ヵ月以上かかります。治療後数か月は変化に気が付かないことも多いです。
*全く効果がないことはありませんが、1回後との改善度、改善するまでの期間には個人差があります。
*治療回数はもともとの大きさや年齢などにより異なります。
*現在あるどの治療でも、消しゴムで消したように全くなくなり事はありません。
*傷跡(瘢痕)が残ることは非常に稀です。

 

料金
片側目の下 1回¥50,000
(個数に関係なくですが、少ない場合には減額いたします)

モニターサービス(お写真のご提供)がございます。
ご希望の方はクリニックまでお問い合わせください💛

 

*上記の情報は2018年9月20日現在のものです。
お日にちが立っている場合には変更がある場合がございます。
詳細はクリニックまでお尋ねください。

 

 

 

投稿日:2018年9月20日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★

体の汗管腫はAGNESアグネス治療をお勧めしています。 治療してハッピーになって欲しい!

目の下にぶつぶつができる汗管腫は、
体にもできる方がいらっしゃいます。
下腹部、ワキ周り、胸の周り、腕、首、そしてほぼ全身にある方もいらっしゃいます。
体の汗管腫はこれまでは特に治療が難しく、
大学病院等でもさまざまな治療を試された方も多く受診されますが、
大半は白い瘢痕が残り、決して良いとはいえない結果に終わっています。
こののような白色瘢痕です。

当院では皮膚表面を焼かずに、汗管腫の内容物のみを焼いて縮めるAGNESアグネスという治療器で行っていますのでこのような白い瘢痕にはなりません。

治療前 (座位)
皮膚生検にて汗管腫の診断をしております


部位によって回数が異なりますが5回~7回治療後です。(仰臥位)
ぶつぶつした盛り上がりはほぼなくなり、
茶色い色もうっすらピンク色が残る程度になりました。

胸のところを拡大してみてみましょう。

治療前


3回治療後


そして4回
治療後3ヵ月

少しずつ少しずつの改善のため、きっとどこまで目立たなくなるのかご心配だったと思います。あきらめずに続けてくださった患者様に感謝しております。
私の経験上、汗管腫の中身がこのように減ってきますと、茶色い色素沈着もなくなっていきます。

 

「これで健康診断にも恥ずかしくなく行けます!」ととても喜んでいらっしゃいました。

次回は目の下の汗管腫の治療に入ります。

料金
発疹の密度、数、範囲によって異なります。
下記はあくまで料金の目安です。
数が少ない場合は減額しています。
またモニターサービスもございます(他院でAGNESの治療を受けたことのある方は対象外です)
首(前全体)¥100,000
下腹部(臍から下全体)¥80,000
初回カウンセリング料¥3,000
再診料¥2,000
麻酔クリーム代¥2,000~

*上記の情報は2018年9月19日現在のものです。
お日にちが立っている場合には変更がある場合がございますので詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

投稿日:2018年9月19日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★