Weblog
 

院長ブログ・医療情報

 

トレチノイン療法

 

トレチノイン酸とハイドロキノンを用いた
トレチノイン療法(LIVE SKIN  PROGRAM)

クリニックでしか行えない
メディカルスキンケアトリートメントです。
また熟練した医師でないとそのコントロールが難しい治療です。
良くも悪くも医師の腕次第です!

当院では塗り薬の組み合わせにより、その方のお肌にあった
プログラムを作成します。

既存のトレチノイン配合ラインの化粧品は欧米人むきで
日本人には刺激が強くやりづらい部分がありました。
長年の経験を生かして、皆様がご使用しやすいように
刺激を抑えて安心してご使用いただけるように開発された
プログラムです。

使用感のみにこだわる化粧品ではなく
あくまで効果を出すためのものです!
皮膚科専門医がお肌をチェックしながら使用して
いただきますのでご安心ください。

 

約3か月間のプログラムです。
1年に数回繰り返すことでよい状態をキープします。

1、診察
洗顔していただき、お肌全体の状態を医師がチェックします。
専用の撮影機にて治療開始前の状態を記録します。

2、開始
お悩みに合わせて使用する塗り薬・化粧品の配合をご説明します。

3、経過の診察
最初は刺激の出やすい2週間くらいの時期に、経過を診察いたします。
配合を調整して継続していただきます。

4、効果の判定
ご本人の実感のみでなく、同条件で撮影した写真で治療効果を判定します。
配合をさらに調節して継続。
月に1回 再評価します。

5、3か月後
さらに治療を継続するか、いったんお休みするかをご相談します。

6、再開
写真撮影を行い、良い状態が保たれているかを評価し、
プログラムを再開するかどうかを決定します。

当院での美容皮膚科受診の方の8割が行っている人気の治療です。

治療費はプログラムにより異なりますが
おおよそ1か月¥10,000~20,000です。

治療の際は初回カウンセリング料¥3,240および再診料¥2,160が必要です。

当院のトレチノイン療法は刺激を減らす工夫をしています>>>

刺激を減らして行う「プロアクティブ療法」>>>

「鼻の毛穴治療」について詳しく見る

「目もとのケア」について詳しく見る

「手のシミ治療」について詳しく見る

 

投稿日:2013年8月24日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, トレチノイン療法

遅延型フードアレルギー検査(/_;)

夏の食生活のチェックに遅延型フードアレルギー検査しました。

え~~~~
嫌ぁ~~~

びっビールで出ています(T_T)

半年間ビールは控えめにします・・・

IMG_3158

 

IMG_3157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フードアレルギーのシステムには数種類あります。
即時型アレルギーはかゆみ、じんましん、湿疹、くしゃみ、呼吸困難など食べてすぐに症状がでます。IgEという抗体が関係する免疫反応です。保険診療で調べることができます。
遅延型アレルギーはすぐに症状が出ず、食後6時間から24時間後に反応が出現するため
気が付かずに食べ続けてしまい、慢性的な症状を引き起こします。
IgGという抗体が関係する免疫反応です。
約半年間摂取を控えると消失することの多いアレルギーですので、
食生活で改善ができます。

ということで
確かに暑くなってから ついついビールをたくさんいただいてたのかもしれません。
体に何らかの不調をきたしていたのかもしれませんので
今日から控えます・・・(*_*)ポロっ(/_;)

 

当院で遅延型アレルギー検査をご希望される方は
あらがじめご予約が必要です。まずはその必要性について医師とご相談ください。

検査料 96項目 ¥27,000 (税8%)
初回診察料¥3,240、再診料(結果説明、指導)¥2,160

*上記の料金等は2013年8月23日時点でのものです。
金額が変わっている可能せいがございますので
その都度お問い合わせください

 

投稿日:2013年8月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

ヒアルロン酸メソセラピー

ヒアルロン酸メソセラピーは とろとろしたヒアルロン酸を
水滴状に顔にまんべんなくお注射で浸透させます。
注射の後でマッサージでなじませればぼこぼこ感はみられません。
(稀に額ではしばらく気になることがあります)

IMG_3055 - コピー

 

私でやるとこんな感じ♪ by シワ代ちゃん(シワ代ちゃんについて知る)

★つるつるもちもち肌にしたい方は レスチレンビタールライト

小ジワを改善したい方は レスチレンビタール

ひとしずくごとに同じ量で注入できるように
専用のインジェクター(注入器)を使用します。

一度でも効果は実感できますが、
1か月に1回 数回行うと効果的です。

目元まわりのみや 口まわりのみなど
ピンポイントでもできます。

施術直後は赤い注射の跡がありますが
数日で気にならなくなります。
お化粧は翌日からできます。

注入されたヒアルロン酸は少しずつ吸収されます。
でもその場でヒアルロン酸はコラーゲン増生を促し
美肌効果を発揮します。
飲むヒアルロン酸や化粧品のヒアルロン酸よりも効果的!

浸透系の施術では吸収がはやく、シャビシャビなので
シワをしっかり改善することはできませんが
メソセラピーではとろとろのゼリー状のヒアルロン酸のしずくを注入するので、
もちもよく、しわ改善効果は抜群です♪

 

★ヒアルロン酸+抗酸化ならリデンシティーⅠ
マイクロニードル(パスキン)という極細の小さな針(3本針)
を用いて、気になる部分にヒアルロン酸と美容成分が豊富に
含まれた美容液を浸透させます。 ヒアルロン酸、アミノ酸、
ビタミンB6がコラーゲンを増生と 引き締め効果があります。
グルタチオン、L-システイン、α-リポ酸の高い抗酸化作用
そしてヒアルロン酸とアルギニン酸による保湿力のupが期待できます。

そしてこれらの作用が重なって真皮層の密度が高まり、 肌のハリが増します。

このようにしわ改善効果はもちろんのこと、 より美肌効果に優れています。

 

料金

PC用料金表
スマートフォン用料金表

 「目もとのケア」について詳しく見る

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2013年8月23日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

たるみは治療より予防!

IMG_1169 - コピー (3) - コピー - コピー - コピー

 

たるみのケアは
たるんでからでは大変!!

 

 

 

 

 

 

20130807110550155

こうなってからでは
戻すのは大変です!!

 

顔が台形、四角い(ーー゛)

 

 

 

 

たるまないようにケアしていくほうが
よっぽど効果的なんですよ(*^_^*)

IMG_3077

「そうなんだね」
「何をしたら たるみの予防になるの?」 by たる実ちゃん(たる実ちゃんについて知る)

 

タイタンがおすすめ♪

お肌の奥からぎゅぅっとひきしめて
たるまないようにします。もちろんたるだ皮膚もひきしめますよ。

近赤外線ランプを使用した、痛みの少ない次世代タルミ治療機です

近赤外線は皮膚深部を加熱することで コラーゲンを収縮し、
また長期にわたるコラーゲン増生を促します。
肌の内側からキュッと引き締め、余分なたるみやシワを 安全に軽減していきます。

直後も加熱による収縮でひきしまった感じが実感できますが、その後も引き締め作用は持続します。
数か月かけてコラーゲンが増生されると 忘れたころに小顔に(^_-)-☆

3か月に1回 ・・・ 難しければ 6か月に1回行うと
たるみのケア・予防になります

最近皆さんに 院長 顔シャープになったとか
小顔になってけど何したんですか?と
おっしゃっていただけます(*^^)v
img20130821_162432

 

どうですか~~?!
たしかにエラがくっきりして
頬もシャープになりました♪

 

 
院長のbefore – after を写真のせればいいのにと いわれましたが
beforeの写真がありませんでした(/_;)
実際に見にいらしてください(^_^)/

 

料金

PC用料金表
スマートフォン用料金表

投稿日:2013年8月22日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

10月からの日曜診療は保険診療も営業いたします(^_^)/

10月からの第3日曜日は薬局さんのご協力により
保険診療も行うことになりました。

休日の診療は 休日加算 がかかることが保険で決まっております。
初診休日加算は250点(3割負担の場合750円)
再診休日加算は190点(3割負担の場合570円)の追加料金がかかります。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2013年8月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

うなじスッキリできるんですよ(*^_^*)

暑い日が続いております。

髪を上げたくなりますね(^_-)-☆
でも うなじのおくれ毛 ぼうぼう じゃないですか?!

おくれ毛をレーザー脱毛でとってしまってすっきりさせたり、
おくれ毛の量を減らしたり、
首や背中につながる濃いうぶ毛を脱毛したり できます(^_^)/

剃ってジョリジョリ(/_;) 除毛剤でヒリヒリ(>_<) から脱出です!

 

さらに背中の上の方をレーザー脱色すると なお素敵 ♪ヽ(^。^)ノ

素敵なうなじ
素敵な後姿を
ご提案いたします(^_^)/

 

 

★ 料金 ★

うなじのレーザー脱毛 1回¥10,800(うなじのデザイン+剃毛代込み)
背中のうぶ毛のレーザ脱色 1回 ¥21,600(上背部のみ)

 

 

 

 

投稿日:2013年8月21日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

当院でのレーザーによるフェイシャルトリートメント(^_-)-☆

レーザーによるフェイシャルトリートメント方法にはいろいろな種類があります。
各クリニックによって レーザーの種類、機器の種類、やり方に大きな違いがあります。

当院ではNd:YAGレーザーをロングパルスYAG、QスイッチNd:YAGの
2つの照射モードを組み合わせた新しい方法で行っています。

昔 流行ったロングパルスYAGレーザーのみによるフェイシャルトリートメントでは
物足りず、若干の美白??、若干のキメ改善?、ひきまったような気がするだけ?!
から
QスイッチNd:YAGをさらに加えることで効果を高めています
それがスペクトラ デュアルコンビネーション 治療です。

QスイッチNd:YAGレーザーは、いわゆるシミとりレーザーで、
通常はかさぶたにしてシミをとるときに用いるレーザーです。
そのレーザーをシャワーのように顔全体にまんべんなく照射することで
より美白を高め、キメを整えてつるっとしたお肌にします。
またうぶ毛の脱色効果もあり毛穴感の改善が得られます。

以前にロングパルスYAGレーザーのみでのレーザーフェイシャルで
効果が実感できなかった方。それはあたりまえかも(*^^)v
当院のスペクトラ デュアルコンビネーションによるレーザートリートメントを
ぜひお試しください!

さらにさらに
本当に引き締めたいのであれば YAGレーザーだけではコラーゲン増生は難しく、
熱で少しひきしまるだけなので本来のタイトニング効果は得られにくいのです。
当院ではより肌の深くから効果的にひきしめ、コラーゲンを増生して本来のリフトアップをするタイタンを組み合わせています
それが マルチレイヤー リフトアップ(タイタン&デュアルコンビネーション)治療です。
このタイトニングの治療器も多種ありますが、タイタンはタイプⅠコラーゲンという
ぷるぷる感をだすコラーゲンの増生が得意。
ひきしまるばかりでなく肌質も変わります。
そして忘れたころに引き締まった小顔に(^_-)-☆
スペクトラ デュアルコンビネーションとタイタンのWで皮膚表面からたるんだ奥まで
すべての層に働きかけます

 

他との違いを実感してみてください(*^^)v

料金

PC用料金表
スマートフォン用料金表

「鼻の毛穴治療」について詳しく見る

投稿日:2013年8月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 未分類

ワキの色素沈着

IMG_3121

 

ワキの下が

なぜか色がくすんでいるぅ~~

 

 

シワ代ちゃん あせる・・・(ーー゛) シワ代ちゃんについて知る

 

 

ワキの毛の処理による色素沈着や
肥満、ホルモンの影響などでの色素沈着など原因は様々です。

まずは
① レーザー脱毛で永久脱毛をして、毛の処理をしなくてもよいようになると
薄くなることが多いです。

それでも色が残る場合は
②  スペクトラレーザーでレーザーピーリング
月に1回の照射で少しずつ薄くなっていきます。

 

気になっている方はお試しください♪

★ 料金 ★
* ワキのレーザー脱毛
1回 ¥5,400(税8%)(女性の場合)

* スペクトラ レーザーピーリング
1回 ¥5,400(税8%)(ワキの下のみ)

初回カウンセリング料¥3,240 再診料¥2,160が別途必要です

投稿日:2013年8月20日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★

アトピー性皮膚炎

アトピー関連ブログはこちらへ >>

背中が痒い女性

アトピー性皮膚炎は慢性的に湿疹を
くりかえす疾患で、多くは素因(体質)が
あります。
つまり家系的にも肌が弱い人が多い、アトピー性
皮膚炎と診断されている人がいるなど

アトピー性皮膚炎になりやすい体質を遺伝的に持っていることが
多いことがわかっています。
近年は皮膚のバリア機能をつかさどるフィラグリン遺伝子の異常が、
アトピー性皮膚炎と診断されている人の20-50%に認められることも
報告されています。
したがってこの遺伝子の異常をもっているとアトピー性皮膚炎を
発症しやすいということになります。
この遺伝子は他にも気管支ぜんそくなどの他のアレルギー疾患も
関与していることもわかてきました。

 

バリア機能が低下しているとどうなる?

バリア機能が低下していると、外気の乾燥、汗、ハウスダスト、
ダニ、衣服などのさまざまな刺激を受けやすくなります
そしてかゆみや湿疹を引き起こします

そしてバリア機能がこわれていたり、湿疹の状態でいると、
健康な皮膚では入らないダニやハウスダストが皮膚の奥に入り込み、それらに対してアレルギーを獲得してしまいます
近年では食物が壊れた皮膚に接触することで、食物アレルギーになる
可能性についてもわかってきました。
したがって皮膚炎を放置せず、バリア機能を回復させて
さまざまな刺激から守ることがとても大切です。

 

バリア機能を悪くしないためには?
バリア機能を高めるには?

体質的にバリア機能が弱い状態を丈夫な体質に変える
ことは難しいことです。
ですが可能な限り 弱いバリア機能をさらに弱めてしまわない
ような工夫はできます。

1.入浴・洗顔の注意

・ 熱いお湯につかると一時的にかゆみが軽減されることも
ありますが、それは間違い!
36℃~40℃がバリア機能回復の最適温度と考えられています。

・ 石鹸は脱脂力が弱く、保湿成分配合の乾燥肌用の低刺激の石鹸
やボディーソープを使用しましょう。

・ 洗うときは手であらいましょう!ボディータオルを使用すると
強く洗いすぎてしまい、バリア機能がさらに低下します。
手洗いで汚れや雑菌は十分落とせます。

・ 顔の洗顔は、洗顔料の使用は夜のみにしましょう
朝はぬるま湯で洗うだけにしましょう。

2. 保湿
入浴後、洗顔後30分~1時間の間に急速に肌が乾燥していきます。
まだ潤いのある間に保湿剤をぬり、肌を保護しましょう。

3.湿疹のケア
肌が壊れている湿疹を放置すると、その部分から雑菌や
刺激物質は侵入し、さらなるかゆみを引き起こします。
適切なお薬を使用して早くバリア機能を回復させましょう。

4.食生活の改善
皮膚を丈夫に保ったり、湿疹を治すには材料が必要です。
食事が整っていないと皮膚が弱くなります。
食生活習慣を伺って食生活指導も行います。

 

 

湿疹ができてしまったらどのような治療がありますか?

1.外用療法

・ ステロイド外用剤
ステロイドと聞くと昔の悪いイメージがあり、使用することを
少しためらってしまう方もいるのではないでしょうか。
適切に使用することで湿疹を早く治しバリア機能を回復してくれます。
ステロイドの強さの選び方、塗る量、塗る回数やタイミング、減量方法、
ステロイドを使用しなくてよくなった後のスキンケアの方法、
再度症状が悪化したときの再開の方法など適切に使用するには
気をつけることがたくさんあります。
それらについて医師からアドバイスをもらって正しく使用できれば
問題ありません。
当院では、通院の中で自分で調節していけるようなトレーニングを
こころがけています。

・ プロトピック軟膏
炎症を抑えて皮膚炎を治してくれる効果の他に
低下している皮膚のバリア機能を回復させる
効果があります。
湿疹が改善した後も定期的に使用することで
湿疹をできにくくしてくれます。

「プロトピック軟膏の刺激が気になって
使用しにくい方へ」>>>

 

2.内服治療

・ 抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤
すでにハウスダストやダニなどにアレルギーを持って
しまっている方は、それらが肌に触れるとかゆみが生じます。
あらかじめ抗アレルギー薬を服用しておくことで、
それらの刺激物質が付着した際にひき起こるアレルギー反応・かゆみを
効果的に抑えてくれます。
また掻くことでさらにバリア機能を破壊し、さらにかゆくなるという
悪循環を引き起こします。これらの飲み薬を飲むとかゆみを軽減させることができます。
つらいかゆみを飲み薬で和らげて、さらなる悪化を防ぎましょう。

・ 免疫抑制剤
症状が重篤で日常生活に支障のある場合に使用することがあります。

 

3.光線療法(健康保険がご使用になれます)

有害な波長を取り除き、有効な紫外線B波(ナローバンドUVB)のみを
照射する治療です。
患部のみでなく、全身に照射することで
異常な免疫反応や炎症を抑え、発疹を改善し、かゆみも軽減させます。
週に1-3回の通院が有効です。

 

 

 

 

 

投稿日:2013年8月20日  カテゴリー:アトピー性皮膚炎

クリニック納涼会♪

img20130818_205831

 

 

 

 

 

 

お盆休みなくみんなで協力しあって頑張りました(^_^)/
お休みを利用して受診する方が多く、とても混みあいました。
8月17日(土曜日)、まだまだ続く暑い毎日を乗り切ろうと
クリニックで納涼会開催♪♪

日頃の疲れからか皆 ぱ~~っとはじけてしまった(/_;)

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004895/
巨大なアクアリウムのあるアジアンレストランで。

夏休みのなかった私には とても癒されました♪
まるで南国にいるよう。

img20130818_205925

 

 

 

 

投稿日:2013年8月19日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★