八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 
院長インスタ スタッフインスタ

稗粒腫様汗管腫(はいりゅうしゅようかんかんしゅ)の治療例

目の周りにぶつぶつできる「汗管腫」には
さまざまなタイプがあります。
目の下のみの方、瞼や眉間にもある方、
首や体に多い方、
陰部にもある方等。

そして皮疹も細かいものや大きなもの。
赤みのあるもの、茶色いもの
そして
今回ご紹介する方の様に
「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」の様に一見みえるようなタイプの
「稗粒腫様汗管腫」というものがあります。

汗管腫の内容物の排泄・露出が強いタイプで
汗管腫の1タイプと今のところはされています。>>>

今回ご紹介する方は以前にご紹介した方です。
その後の治療の経過をお伝えしたいと思います。

まず、白い内容物を除去します。
汗管腫のこの白い内容物は、通常の稗粒腫よりも固い場合や、境界がはっきりせず針で刺すだけではきれいに取り除きにくい場合が多いです。
よって炭酸ガスレーザーで除去します。
そしてこの内容物を取るだけでは改善はなく、
元にある汗管腫を治療しませんとすぐにまた白い内容物ができてしまいます。
内容物を除去した後で、もう少し深いところをAGNESで焼灼します。

この方は4年間で右は上まぶたと下まぶたをともに5回治療をしました。

治療前


治療後

以前にCO2フラクショナルレーザーで治療を受けられたときは、すぐに内容物がまた出てきたそうですが、
当院でこの治療方法にしてからは、治療を重ねるごとに新しくできるものも減り、最近ではかなり目立たなくなりました。

他の「稗粒腫様汗管腫」の治療例>>>

★治療後はレーザーで削ったところはかさぶたになるところもあります。
★AGNESで治療をしたところは1週間くらい赤くやや治療前よりも腫れて粒が多くくなることがあります。
★メイクは翌日からできます。
★AGNESで焼灼した汗管腫がきちんと分解吸収されてから、次の治療をすることをお願いしています。
★一度焼いたものが再発することはまずありませんが、その周辺のものが年齢とともに新たに目立つってくることはあると考えられます。
★上眼瞼は、治療部位によっては保護用のコンタクトの装着が必要です(別途¥2,200)
★局所麻酔の注射により内出血を生じることがあります。
★おおよそ治療後の目立つ期間(ダウンタイム)は1週間ほどです。
★治療後のテープ貼付はありません。

料金(税込み価格です)
①炭酸ガスレーザーで白い内容物を除去する処置
1回片側の上まぶた又は下まぶた ¥16,500
②AGNESでの汗管腫焼灼
1回片側の上まぶた又は下まぶた ¥55,000

別途
麻酔テープ代または麻酔クリーム代
薬の処方代
初回カウンセリング料¥3,300
再診料¥2,200
等が必要となります。

投稿日:2021年2月3日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★