八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 
院長インスタ スタッフインスタ

新しい ウイルス性のイボ 治療  塗るだけ!!

保険診療での液体窒素による凍結療法治療で難治性の
イボ治療には、ブレオマイシン注射がおすすめですが、
お痛みが苦手な場合や、注射のできない部位の場合には
今回ご紹介する外用療法がおすすめです。
ただし、薬が浸透しにくい場所では効果が難しい場合もありますので
液体窒素で無効な場合には第一選択はブレオマイシン注射です。

この方は数々の治療を長期間され、切除して植皮までしたそうですが
再発し、このような状態でした。

イボの増殖でかなり指が太く盛り上がっています。

当院では
ブレオマイシン注射を試みましたが、植皮の影響で硬く、針が刺さらず断念。YAGレーザー治療もレーザーが深部には届かず難しいと判断し、新しく開始した塗薬の治療を行いました。
外用開始してからみるみる改善していきました!

外用開始2ヵ月後

そして3ヵ月後にはほぼ治癒といえる状態になりました!!

全例のウイルス性のイボに有効とは言えないかもしれませんが、この方の様に増殖性の強いタイプには有用な可能性があります。
まずは保険診療で液体窒素での治療をお受けいただき、難治の場合にはお問い合わせください。

この方で1月に1本ほど使用しています。
*いぼ治療外用薬 1本 ¥2,500 (税別)
自費診療となりますので診察料も自費となります。
初診料¥3,000 再診料¥2,000

* ウイルス性のイボ 全例に有効でるというエビデンスはまだございません。
* 治癒した後の再発率についてのデータはまだございません。
* 使用部位によっては赤み、ひりつきなどが多少生じる可能性があります。
* 妊娠授乳中はご使用いただけません。

投稿日:2020年10月28日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★