八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image
 

鏡をお見せした瞬間「先生 すごーーい💛」と言っていただけました☺ たるみ治療 当院商標登録スレッドリフト治療「MWデュアルリフト®」スレッドリフト

この方は以前に他院でスレッドリフトを受けられたことがあるそうですが、
その時の痛みが強かったためとても心配されていました。
また糸の端が皮膚をつついて盛り上がり、
しばらく気になったそうです。
糸を挿入する場合に、表情筋の動きを考えて挿入しませんと
顔の動きで糸の端が皮膚をつつくことがあります。
また顔の動きの多い位置に、硬い糸を入れた際にも
同じようなことが起こります。

「痛みが少ないスレッドリフト」でお調べいただき
当院のMWデュアルリフト®にたどりつかれたとのことでした。

30歳代半ばの方です。

治療前
右の咬筋が張っており、右のエラが目立ちますので挿入デザインで調整しました。
MWデュアルリフト®を片側3本計6本使用しました。


治療後
仕上がりを鏡でご覧いただきましたところ
「先生、すごーーい!」と喜んでいただけました💛

お痛みも大丈夫だったようです☺
左右差調整もできたと思います。

MWデュアルリフト®は当院の商標登録治療です。

4種類の糸から症状に合わせて使用する糸を選んでおります。
引き上げ専用の糸で引き上げた後、
固定用の糸でlockします。そこが他のスレッドとの違いです。
側頭腱膜には固定しませんので痛みが持続することもありません。

引き上げ力の強さと少ない本数でも効果の持続が長いのはそこに秘訣がありあす。

挿入方法にテクニックが必要なので、今現在MWデュアルリフト®を行っている先生方ともたびたび症例検討を行い、技術の維持、さらなる技術upをめざして日々議論を重ねております。

現在私が直接指導をし、行える施設を増やしております。
私が厳選した医師ばかりですので
ご遠方の方は以下にご案内しましたお近くのクリニックをご利用ください♡

またPCLは糸が溶けていくとコラーゲン増生が高まって、お肌のハリやキメも良くなります。(MWデュアルリフト®プレミアムの場合にはPCL以外の素材も含みます)

効果の持続はヒアルロン酸と同じくらいで数年間です。
当院では費用もヒアルロン酸と同じくらいです。

料金
フェイスラインと頬リフト(両側で10本使用) ¥250,000
フェイスラインのみ (両側で6本使用)          ¥200,000

MWデュアルリフトプレミアム(挿入部位・本数お任せ)¥300,000
アゴ下MWデュアルリフト ¥200,000

幹細胞培養上清液同時注入は +¥200,000>>>

別途診察料等が必要です。(税別)

モニターサービスもございます。

詳しくはこちらを>>>

 

現在MWデュアルリフトをお受けいただける施設

東京
当院 スキンソリューションクリニック
銀座みゆき通り美容外科 銀座院>>>
光伸メディカルクリニック(新宿)>>>
池袋サンシャイン美容外科(池袋)>>>

横浜
マスダクリニック形成外科・皮膚科(綱島)>>>

大阪
81(エーティーワン)クリニック>>>
月に1回私も81クリニックで診療をしております。
  2020年2月11日(祝日)が診療日です。
  カウンセリングのみもお受けしております。
  ご予約は81クリニックに直接お問い合わせください☺

銀座みゆき通り美容外科 大阪梅田院>>>
つかはらクリニック (大阪天王寺あべのハルカス)>>>

中国地方
林原医院(鳥取県米子)>>>
津山クリニック(岡山県津山)>>>

九州地方
みやざき美容クリニック(宮崎)>>>

 

料金は現在MWデュアルリフトを行っているどの施設でも同じですが、
モニターサービスの有無など、
多少異なる場合もございます。
料金の詳細につきましては、受診されるクリニックに直接お問い合わせください。

*麻酔を使用しながら行いますのでお痛みは軽度です。
*カニューレという先のとがっていない管で糸を挿入しますので内出血は稀です   が生じることもあります。
*術後の腫れることは少ないですが、多少腫れるケースもございます。
*顔から糸を挿入しませんので、顔に傷跡が残りません。
*2週間でなじみますが、多少のバランスを整えますので2週間後に必ずご来院いた  だいています。
*溶ける糸を使用しますので、効果は永久的ではありませんが、
数年の効果と考えています。

他でスレッドリフトを受けて
効果を実感できなかった方。
数か月ですぐに効果が感じられなくなってしまったという方。
痛みや腫れが強かったという方。
MWデュアルリフトをお試しになってみてください♡
多くの方々にその違いに感動していただいております。

投稿日:2020年1月17日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング