八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

シミ・赤みの光治療機「I2PLノーリス」のユーザーズミーティングで当院の形成外科専門医の林原医師がシミ治療について講演いたしました

当院でも大人気のシミや赤みの治療、美肌治療に使用している光治療「ノーリス」のユーザーズミーティングがアメリカンクラブで行われました。

当院の形成外科専門医の林原医師はレーザー治療に関する講演をたびたび行っておりますが、今回はI2Pl「ノーリス」でのシミ治療についてユーザーの先生方に講演をしてまいりました。

シミは専用の撮影機器で写真をとると、
毛細血管の拡張(赤み)と伴うシミと伴わないシミがあり、伴うシミはレーザー治療後の炎症後色素沈着を起こしやすいので、事前にもしくはレーザー治療後に適切な対応をしませんとレーザー治療後にシミが濃くなりやすいという内容です。これはシミ治療におけるトピックスです。

したがって肉眼でパット見ただけでレーザー治療をするという安易な方法は時代遅れ。シミの性質を画像診断でしっかりと評価をしてから行うというのが常識となっています。
当院の肌解析装置も先日リニューアルしました☺

このようにヘモグロビンモードでみると、血管拡張を伴ったシミかどうかがわかります。
そして血管拡張を伴うシミをそのままレーザー治療をしてしまうと、炎症後色素沈着をおこして濃くなってしまいます。

レーザー治療前の色素斑に隠れた血管拡張の確認は重要です。

そして、林原医師によるノーリスのデモンストレーション。

同じ機器でも使用する先生によってさまざまなアレンジがあってとても勉強になりました。

シミ、くすみ、赤みの改善、キメの改善にノーリスがおすすめですよ💛

ノーリスについて>>>

投稿日:2019年12月2日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング