八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

乾癬の治療には保険適用「エキシマ光線療法」を併用することで、難治性の皮膚症状の改善、ステロイド剤の使用量の減量に役立ちます。

乾癬は難治性の慢性皮膚疾患です。
さまざまな内因性の要因が関与し、その悪化因子の改善とともに
皮膚症状の改善の治療が必要となります。
乾癬についての医療ブログはこちらです>>>

皮膚症状治療の一つに保険適用となっている「エキシマ光線療法」があります。
エキシマ光線療法について>>>

現在使用されている方の多い「オテズラ」を服用中の方も
併用できます。
オテズラについて>>>

症例1

症例2

症例3

 

名古屋市立大学大学院 森田明理教授監修
小樽皮膚科クリニック前田和男先生の症例写真をお借りいたしました。

エキシマ光線療法は乾癬を完治させる治療ではなく、外用治療や内服治療でも改善の難しい皮膚症状の改善と、ステロイド等のお薬の使用を減らす事が目的です。
一度改善しても、その後も治療間隔をあけて継続が要する場合もございます。

オテズラ服用やエキシマ光線療法においても難治性の場合や関節症状を伴う場合には「生物学的製剤」の適応となるケースもあります。

次回はこの「生物学的製剤」およびその医療費サポート制度についてご説明いたします。

 

投稿日:2019年3月19日  カテゴリー:美容・アンチエイジング, 乾癬