八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

「おでこのシワ」は「瞼のたるみ」がでてきた証拠。ボトックス注射よりもヒアルロン酸注射の方が治療後に瞼が重くなることがありません&効果も長持ち♪

「おでこの横ジワ」は、
瞼が下がってきているために、
額の筋肉を使って持ち上げて瞼を持ち上げようとして
できてしまいます。

ボトックス注射ででシワを寄らないようにすると
少なからず、瞼をおでこの筋肉で落ち上げにくくなるので
瞼が重くなったり、瞼がかぶってしまいやすくなります。
当院では通常の注射方法ではなく、
「マイクロボトックス」という手法を取り入れておりますので
額の筋肉の動きを残しながら、
額のしわを改善させる方法で治療しておりますので、
そのような不具合は起きにくいですが、
かなり瞼のたるんでしまっている方では
おでこのシワがつるつるになくなるほどボトックス注射を効かせてしまいますと
さすがに瞼が重く感じてしまうので、少し眉毛の上のシワは残して
目を開けやすく保つことを優先する必要があります。

したがって、ボトックス注射よりも、ヒアルロン酸注射でシワを改善させる方法を勧めます。

 

この方は4年前まではボトックス注射で治療をしていましたが、
最近は瞼の下垂がだいぶ進行していましたので
今回からはヒアルロン酸注射での治療に切り替えました。
治療前

治療直後

当院では少ない量のヒアルロン酸で
十分なボリュームを形成する手法を韓国で額のヒアルロン酸注入で著明な医師に直接ご指導いただき、その技術を習得してまいりました。
この方は、たった1本1mlのみで治療を行っています!
(小さじは5mlです。本当にごく少量しか使用しておりません)

神経ブロック麻酔とヒアルロン酸にも麻酔のお薬が入っていますので、お痛みはとても軽度です。
カニューレという細い管で注入しますので、内出血は起きにくいです。
特別な注入方法で行っておりますので、
ボコ付きにくく、なめらかで自然な仕上がりです。

少ない量でボリュームを形成する技術を習得しておりますので
この方はたったの1本(1ml)で仕上げております。
したがってこの方の場合の費用は8万円ほどです。

費用は注入するヒアルロン酸の量により変わります☺

 

*この情報は2019年2月16日現在のものです。
お日にちが立っている場合には内容に変更がある場合がございます。
詳細はクリニックまでお問い合わせください。

 

投稿日:2019年2月16日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング