八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

目の下のぶつぶつ「汗管腫」のAGNESアグネス治療 つながっているものでも対応できます

他の先生方より、汗管腫のAGNESアグネスでの
治療症例をブログに挙げてほしいというご要望があり、
汗管腫の治療について続けて投稿しています。
今では大変多くの先生方より汗管腫の治療をご紹介いただいております。

目の下や体にぶつぶつができる遺伝性の疾患「汗管腫」は
とても治療が難しいです。
私自身もひどい汗管腫があり、学生時代に何か所か皮膚科を受診しましたが
「治らない」とか「治療すると跡がひどく残る」とか言われるばかりで
基本的にきれいにはできないものだといわれてきました。
私は、このきれいに治療ができない
といわれている汗管腫を
私が治してみせる!!と思い、皮膚科医になりました。
私が医者になった20年以上前は、
状況はまだ変わっていませんでしたが、
次第に炭酸ガスレーザーでの治療を行っている先生が
でてきまして、私も5-6回治療をうけました。
「鳥のとさかのようだなー」と同僚の医者から
いわれるくらいでしたが、何とか化粧で隠せるくらいにはなりました。
でも5-6年するとまた目立ってくるのを繰り返し、
何度も治療をくりかえしました。
しかも炭酸ガスレーザー治療後はただれるため、
テープを数週間貼る必要があり、
仕事を始めてからは、なかなか治療を受けることができなくなってしまいました。
そして今は赤い瘢痕(傷跡の盛り上がり)が残っています。

その後出会ったのがAGNESアグネス。
別の治療として聴きにいったAGNESのセミナーでしたが、
汗管腫にも有効であるという事を知り、さっそく自分にためしました。
テープをはる必要もないのでいつでも治療がうけられますし、
もう炭酸ガスレーザーではこれ以上行うのは難しいと
思っていましたが、さらにまた改善することができました。
残念ながら、昔の傷跡の盛り上がりはAGNESでは縮ませるのが難しく、
まだぶつぶつは残っていますが、今度は別の機械でこの昔の炭酸ガスレーザーでの傷跡がきれいにならないかを試しています。

現在では、大型のものや内容物の露出するものなど
タイプによっては炭酸ガスレーザーやエルビウムレーザーで
治療をしますが、多くのケースではAGNESで治療を行っております。

 

前置きが長くなりましたが、
私のようにつながっているタイプは
炭酸ガスレーザーやエルビウムでの治療がとても
難しいです。
ですがAGNESではこのような連続しているタイプでも
問題なく治療ができます。
私のタイプに似たつながっているタイプの汗管腫の
治療の経過をご覧いただきます。

治療前


AGNES 1回治療後 3ヵ月

 

治療前


AGNES 1回治療後 3ヵ月

このようにつながっている場合には他の治療では、間引いて削るしかなかったり、大きく削って瘢痕が大きくなったりしがちですが、AGNESでは
孤立しているものでも、連続しているものでも関係なく治療が可能です。
またもともとAGNESは、目の周りのシワを改善する治療もできるため、汗管腫により形成される横に走るシワも同時に治療することで、さらに見栄えが良くなります。
この方はまだたった1回の治療ですのでまだまだ残りますが、大変ご満足いただき、今回2回目の治療をうけていかれました。治療を繰り返しますとさらに目立たなくなっていきます。
またその後の経過もお伝えしたいと思います。

*治療当日~数日は赤く腫れます
*翌日から化粧ができます
*治療後に縮むには3ヵ月以上かかります。治療後数か月は変化に気が付かないことも多いです。
*全く効果がないことはありませんが、1回後との改善度、改善するまでの期間には個人差があります。
*治療回数はもともとの大きさや年齢などにより異なります。
*現在あるどの治療でも、消しゴムで消したように全くなくなり事はありません。
*傷跡(瘢痕)が残ることは非常に稀です。

 

料金
片側目の下 1回¥50,000
(個数に関係なくですが、少ない場合には減額いたします)

モニターサービス(お写真のご提供)がございます。
ご希望の方はクリニックまでお問い合わせください💛

 

*上記の情報は2018年9月20日現在のものです。
お日にちが立っている場合には変更がある場合がございます。
詳細はクリニックまでお尋ねください。

 

 

 

投稿日:2018年9月20日  カテゴリー:汗管腫・エクリン汗のう腫, ★ 院長ブログ・医療情報 ★