八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

当院の医師が次回の日本医学脱毛学会の会頭を務めることになりました

「脱毛治療は医療行為です。」というCMでおなじみですが、
ご存知でしたか?
詳しくはこちらをご覧ください>>>

医師免許のないエステでは、永久脱毛、すなわち毛根を永久的に破壊することは
違法になりますのですることができません。
そこで「ムダ毛を減らすだけ」、「一時的に生えにくくする」のがエステ。
永久的に生えないようにする永久脱毛が医療脱毛です。

エステで脱毛していたが、もう何年も通っているのに
まだ生えてくると文句を言って当院にレーザー脱毛にいらっしゃる方も多いのですが、それは当たり前なのです。(時には結果的に永久脱毛になる人もいますが)

同じようなことをしているようで
具体的にはやり方に何が違うのか。

医療機関の「レーザー」とエステの「光(IPL)」の違いは、
簡単に言いますと
目的に合わせて有効な光線のみに絞ってハイパワーで照射するのが「レーザー」
美顔や脱毛、ニキビ治療等さまざまなものに有効な光が、
弱いけど多種類混ざっていて、一応減毛効果がある光も混ざっているのが「IPL(光)」です。

そもそも「レーザ機器」は医療機関でなければ使用できませんので
エステではレーザー脱毛は行っておりません(行うことができません)。
エステで使用している「光脱毛(IPL、プラズマ)」はレーザーではありません。
レーザー治療は毛根を破壊するのに対して
光脱毛ではそのパワーが弱く、完全に破壊できず減毛や一時的には得なくなることで終わることが多いです。
それでもかなりの回数を繰り返しますと、ほとんどは得なくなることもありますが
結果的に治療期間と費用が高くなります。

 

よって、頻繁に通ってもいい、一時的に生えにくくなればいい、
減るだけでいいという方は光脱毛を。
永久脱毛にしたいという方は医療機関でレーザー脱毛を。

当院でもIPLがあり、それを用いた脱毛も可能ですが、使用しておりません。
それは効果が格段に違いますし、ほぼ皆さんは永久脱毛のご希望であるからです。同じように最近ではIPL(光脱毛)で脱毛治療を行うクリニックはほとんどなくなりました。
レーザーであれば、お顔のうぶ毛の脱毛、ひげの脱毛も可能です。
そして痛みも、当院では自動的に出るクーリングガスにより緩和されます。

さまざまなエステでの光脱毛の問題が挙がっており、
私も所属する「日本医学脱毛学会」では、安全に脱毛治療が行えるよう
効果と安全性について定期的に学会で勉強会が催されています。
この学会の理事でもある当院の形成外科医 林原医師が
次回の学会の会頭を務めます。
最新脱毛機器の情報、安全性、脱毛以外の効能などを医師間で議論します。
その模様はまたこのブログでもご紹介いたしますね。

投稿日:2018年8月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング