八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

溶けにくい糸PCL素材のスレッドリフト「ミントリフト」のモニターさん

たるみを改善させる糸リフト。
これまでにたくさんの糸を試してまいりまして、
当院での施術もどんどん進化しています。
最近は「長持ち、しっかりリフト」が人気。
脳外科、心臓血管外科、形成外科など外科手術で使用される
吸収糸のPCL(poly-caprolactone)という
溶けるけど溶けにくい長持ちの糸がスレッドリフトに応用
されるようになり、様々な糸が出てきました。
当院でもこれまでに採用していたPCLもありますが
糸は長持ちですが、引き上げ力が弱いなど
あともう少し!!ってところでした。

最近導入した「ミントリフト」はそのPCLで、
かつしっかりとした太さがあり、
引き上げ力も持続も長くなりました。

さらに引き上げ力に影響するコグ(棘)の形状を工夫したもの
も出てきまして、先日私の顔に入れましたので
後日供覧いたしますね。

さてミントリフトのモニターさんの経過です。

施術前


両側2本ずつ挿入

 

 

施術前


両側2本ずつ挿入後

写真で見るよりも
実際は小顔になって
口角下 マリオネットラインが改善します。

 

 

 

の部分改善をしています。
糸は頭皮内から入れていますので傷跡はわかりません。

ミントリフトについて詳しくはこちら>>>

 

 


投稿日:2017年10月18日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング