八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

アトピー性皮膚炎の原因、治療の変遷(その4)~正しいスキンケア用品の選び方~

(その3)ではスキンケアをすることで
皮膚バリア機能が改善
することについてお話いたしました>>>

アトピー素因のある方、アトピー性皮膚炎の方、
乾燥肌の方、ご高齢の方、お子様が
健康的な丈夫な肌を保つには保湿ケアが重要です。
保湿ケアをすることで皮膚バリア機能は改善し、
乾燥しにくく健康な肌を保つことができます。
ただし!
その保湿ケアに使用する外用剤、ボディークリームの内容成分
重要です。
以前にお話しました>>>

平常時に知らないうちにかいている汗(不感蒸泄)が
皮膚の保湿に重要な役割をしています。>>>
ワセリンなどの油分の多いものを塗っていると
汗の出口が詰まったりして大切な保湿のための発汗が低下して
自力で保湿できなくなっていきます。
そして結果的にワセリンの保湿では皮膚のキメの改善がなかった
すなわち皮膚の状態の改善は難しいということがわかっています。
また塗りやすいローション、泡タイプのものなどは
一時的に潤った感じになっても
この本来の保湿機能をあげるまでには至りにくいです。
昨年の日本皮膚科学会総会において
今のところもっともこの本来もつ保湿機能を改善するのは
マルホの「ヒルドイドクリーム」との報告がありました。
ヒルドイドソフト軟膏でもローションでもありません。
必要な平常時の汗を正常な状態にし、
保湿機能を上げて角質水分量を高められる保湿剤です。
またジェネリックでは基剤が違うため
同じ効果ではないとのことでした。

 

当院でもアトピー性皮膚炎で通院されているうち
月に一回程度の定期通院をされている90名で
ヒルドイドクリーム(ジェネリックも含む)を
ご使用いただいた効果について
検証しました。
(ヒルドイドソフト軟膏ではありません)

角質水分量や経表皮水分蒸散量(TWL)などの測定は
していませんので、患者さんの印象と私の皮膚の診察で
ざっくりと評価しました。

保湿剤をヒルドイドクリームに変更することで
症状が著明改善し、ステロイドの使用量も減った方21名
以前よりもやや皮膚が保湿され、ヒルドイドクリームで継続している方54名
特に変化がなく、患者様も特別改善した実感がなかった方13名
合わなかった方2名

80%以上の方で、保湿クリームを
ヒルドイドクリームに変更することで改善しています。
一度お試しいただくといいですね♡

でもあの独特の薬臭いにおいが
使いにくかったですね。
ようやくそのにおいの原因の防腐剤添加物のチモールが除去されます
10月頃より処方できるようになりますので
これまでヒルドイドクリームのジェネリックを使用されていた方
はヒルドイドクリームへ戻してお試しください。

 

またオーガーニックのものなら安心、
天然素材の方が安心と思われがちですが、
そうであるとはいえません。
正常な皮膚に塗布する場合には問題がなくても
壊れた皮膚から浸入した成分に対して
アレルギーを獲得しやすい(感作)ことがわかっています。
特に精油に注意です>>>
炎症を抑えたりする効能のある精油もありますが
アレルギーの感作の報告も多数あります。気をつけてください。
皮膚が荒れている場合には、アレルギーテストがされている
保湿剤を使用してください。

投稿日:2017年9月15日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎