八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

小児の遅延型フードアレルギー検査も始めます~アトピー性皮膚炎の原因、治療の変遷(その1)~

成人においては慢性疲労、肥満、アレルギー体質
等の原因の一つになりうる腸内環境の精査として
遅延型フードアレルギー検査を当院では行っております。
当院では日本国内では比較的早い段階である
5年前よりこの検査を導入し、
様々な疾患、症状におけるデーターの集積を
行ってまいりました。
その中でアトピー性皮膚炎患者における腸内環境の異常、
リッキーガット症候群の保有率は高く、
腸内環境に問題がある場合が多いことが
わかってまいりました。
これまでは成人のみで検査を行ってまいりましたが、
小児における状態の把握のため、
3歳以上の小児においても遅延型フードアレルギー検査を
開始いたします。

検査には人手が必要なため予約制とさせていただきます。

 

腸内細菌は、母親の産道及びその周辺から
新生児の消化管に定着します。
よって腸内細菌叢の形成には
分娩様式にて大きく左右されます。
母親から腸内細菌を受け継ぐため
当院では、アレルギー体質の母親が妊娠した際には
出産前にプロバイオティクス、バイオラクトの摂取を勧めています。

このように形成された腸内細菌叢は、
その後の食事、薬剤、後天的に入ってきた微生物、
ストレスなどで変化し、1~3歳ころには成人型の
腸内細菌叢へ移行します。
よって、それまでの時期の小児への抗生剤の投与は
腸内細菌叢に大きく影響を生じますので
医原性のdysbiosisとならないように

私は慎重に行っております。

腸内細菌のうち、有用菌(善玉菌)が
腸のバリア機能を整えており、
腸内細菌叢の乱れ、dysbiosisは腸での炎症を引き起こし、
その免疫異常は全身へ波及し、
アレルギー症状、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、
喘息など原因、悪化させます。

アトピー患者と健常者の腸内細菌叢とを比較すると
乳酸菌が有意に低下しているなど、
腸内細菌叢に異常を認めている
という報告は多数あります。
*1.Björkstén B et al.:The intestinal microflora
in allergic Estonian and Swedish 2-year-old children.
Clin Exp Allergy 29:342~346.1999
*2.Björkstén B et al.:Allergy development and
the intestinal microflora durring the first year of life.
J Allergy Clin Immunol 108:516~520.2001
*3.Kalliomäki M st al.:Distinct patterns of neonatal
gut microflora in infants in whom atopy was and was
not developng.J Allergy Clin Immunol 107:129~134.2001
*4.Watanabe S et al.:Difference in fecal microflora
between patients with atopic dermatitis and healthy
control subjects.J Allergy Clin Immunol 111:587~591.2003
*5.Penders J et al.:Gut microbiota composition and
development of atopic manifestations in infancy:
the KOALA Birth Cohort Study.Gut56:661~667.2007
*6.Suzuki S et al.:Differences in the composition of
intestinal Bifidobacterium species and the development
of allergic diseases in infants in rural Japan.Clin Exp Allergy 37:506~511.2007
書き切れませんのでこのくらいにします

 

この腸管でのバリア機能異常がありますと
遅延型フードアレルギーを引き起こしやすくなります。

当院では腸内フローラを調べる検査もしていますが、
詳細を見る検査は高額です。
本来は自分に保有している菌を
プロバイオティクスとして多く摂取することが
理想的であり、この検査を広く行いたいところ
ではありますが現実的にまだ難しいです。

遅延型フードアレルギー検査は、
腸で刺激になっている食べ物を
調べる目的のみではなく、
ある程度の腸環境、リッキーガット症候群の有無を
把握できます。

 

アトピー性皮膚炎の治療は、
生じている湿疹を速やかに治し、皮膚バリア機能を
改善することがとても重要ですが、
それは症状を抑えているだけにすぎません。
それ以外にも悪化因子を改善をしなければ
良い状態は保てません。
検査は自費となりますが、ご希望のある方は医師にご相談ください。

 

皮膚アレルギー疾患は腸内環境の影響>>>

 

遅延型フードアレルギー検査
¥28,000 (成人・小児ともに)
この検査に関係する診察料として別途初回診察料¥3,000
再診料¥2,000がかかります。(税別)

投稿日:2017年9月7日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, アトピー性皮膚炎, 小児皮膚科